トップ :: A 生活必需品 :: A47 家具;家庭用品または家庭用設備;コ−ヒ−ひき;香辛料ひき;真空掃除機一般

【発明の名称】 台所用品整理装置
【発明者】 【氏名】永石 昇
【課題】キッチン作業において使用頻度の高い台所用品を、集中的に各作業領域で手の届く範囲に数多く配置して、より使いやすいようにする。

【解決手段】前面に流し台が配置される壁面2の上方に、水平方向を向く長寸の支持部材3を取り付け、多数の係止孔5bを穿設したパネル5の上端縁に形成した係止部5aを、支持部材3に引っかけて係止させ、かつパネル5の任意の係止孔5bに、台所用品整理ユニット7〜12の背部から突出する係止片13、14を引っかけて取り付ける。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 前面に流し台が配置される壁面の上方に、水平方向を向く長寸の支持部材を取り付け、多数の係止孔を穿設したパネルの上端縁に形成した係止部を、前記支持部材に係止することにより、任意の左右位置より垂下させ、かつ前記パネルの任意の係止孔に、台所用品整理ユニットの背部から突出する係止片を引っかけて、この台所用品整理ユニットを架設したことを特徴とする台所用品整理装置。
【請求項2】 支持部材を、シンク、ワークトップ及びレンジ等にわたって延在させ、この支持部材に係止させたパネルの位置に応じて、シンク用、ワークトップ用及びレンジ用台所用品の整理ユニット群から、その用途に応じた任意のものを選んで、前記パネルに取り付けるようにした請求項1記載の台所用品整理装置。
【請求項3】 支持部材をパイプとし、このパイプに上方から引っかかる断面後向半円弧状の係止部を、パネルの上端縁に形成した請求項1または2記載の台所用品整理装置。
【請求項4】 パネルの係止孔を縦長孔とし、これをパネルの実質的に全面に穿設した請求項1〜3のいずれかに記載の台所用品整理装置。
【請求項5】 パネルの下部の背面に、壁面に当接する突子を設けた請求項1〜4のいずれかに記載の台所用品整理装置。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、台所の流し台の後側の壁面に取り付けられる台所用品整理ユニット、すなわちキッチン周りの物品の収納ユニットに関する。
【0002】
【従来の技術】例えば塩、胡椒等のスパイス類、ペーパータオル、布巾、包丁等多くの種類があげられるが、これらの台所用品を、キッチン作業において使いやすく配置するために、従来から数多くの収納手段が考えられている。
【0003】例えば、シンク、ワークトップ及びレンジ等が設置される壁面に、長いパイプ或いはチャンネル材を水平方向に配置し、これに、台所用品の整理ユニット類を引っかけて取り付けるようにしたものがある。このような整理ユニットによると、キッチン作業中の手の届く位置に、使用頻度の高い台所用品を置くことができるので、効率的な作業を可能とし、便利である。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上述の従来の装置では、整理ユニット類を水平方向に並べて配置するため、配置できる整理ユニットの数に限りがあり、数多い使用頻度の高いキッチン周りの台所用品を、手の届く範囲に置き、より使いやすい作業空間を作るには、収納量が少なすぎるという問題点がある。
【0005】本発明の目的は、調理、配膳、食器洗い等、キッチン作業において使用頻度の高い台所用品を、集中的に手の届く範囲に数多く配置して、より使いやすいキッチン空間を実現することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明によると、上記課題は、次のようにして解決される。
(1)前面に流し台が配置される壁面の上方に、水平方向を向く長寸の支持部材を取り付け、多数の係止孔を穿設したパネルの上端縁に形成した係止部を、前記支持部材に係止することにより任意の左右位置より垂下させ、かつ前記パネルの任意の係止孔に、台所用品整理ユニットの背部から突出する係止片を引っかけて、この台所用品整理ユニットを任意位置に架設する。
【0007】(2)上記(1)項において、支持部材を、シンク、ワークトップ及びレンジ等にわたって延在させ、この支持部材に係止させたパネルの位置に応じて、シンク用、ワークトップ用及びレンジ用台所用品の整理ユニット群から、その用途に応じた任意のものを選んで、前記パネルに取り付ける。
【0008】(3)上記(1)または(2)項において、支持部材をパイプとし、このパイプに上方から引っかかる断面後向半円弧状の係止部を、パネルの上端縁に形成する。
【0009】(4)上記(1)〜(3)項のいずれかにおいて、パネルの係止孔を縦長孔とし、これをパネルの実質的に全面に穿設する。
【0010】(5)上記(1)〜(4)項のいずれかにおいて、パネルの下部の背面に、壁面に当接する突子を設ける。
【0011】
【発明の実施の形態】図1に示す本発明の一実施例においては、壁面(2)の前面に据え流し台(1)のシンク(1a)の右側にワークトップ(1b)、さらにその右側に、図示はしてないがレンジがある。
【0012】壁面(2)には、流し台(1)の上方に、パイプを好適とする水平の支持部材(3)が、その下側を支える取付金具(4)により、取り付けられている。支持部材(3)は、シンク(1a)、ワークトップ(1b)及びレンジからなる流し台(1)の左右方向の全長にわたって延在している。
【0013】パネル(5)が支持部材(3)に引っかけて吊り下げられている。正面から見て長方形のパネル(5)の上端縁は、図9に示すように、後方に開口する、パイプ(3)の径よりやや大径の半円弧状断面の係止部(5a)となっている。
【0014】この係止部(5a)は、パネル(5)の左右方向長さの全長にわたって形成されており、支持部材(3)に上から係合して、パネル(5)を垂下させている。従って、パネル(5)を持って、左右方向にずらすと、係止部(5a)は支持部材(3)の上を滑動し、パネル(5)を任意の左右方向位置に持ち来たらすことができる。この際、取付金具(4)は下から支持しているので、上側を滑る係止部(5a)の所望位置への移動を妨げることはない。
【0015】図1及び図9に示すように、パネル(5)の背面の下端付近には、左右2つの突子(6)が設けられており、パネル(5)の上端縁(5a)を支持部材(3)に垂下させて係止した時、突子(6)が壁面(2)に当接して、パネル(5)を垂直に保つようにしてある。
【0016】図1及び図8に示すように、パネル(5)には、多数の縦長の係止孔(5b)が、縦列をなして多数行にわたって穿設されている。
【0017】前記係止(5b)に、シンク(1a)、ワークトップ(1b)、レンジ等の作業空間に合わせて、例えば図2に示すスプーンはし立て(7)、図3に示す布巾掛け(8)、図4に示すスパイス棚(9)、図5に示すペーパータオルホルダ(10)、図6に示す包丁差し(11)、図7に示すフック(12)等の各種の台所用品整理ユニットの背面側へ突出している係止片(13)(14)を差し込んで係止させる。
【0018】フック(12)は針金型であるので、その係止片(14)は、針金の後端を水平方向に曲げて形成されている。
【0019】このような台所用品整理ユニットを、例えばシンク周りの位置では、図10の左側のパネル(5)に示すように、スプーンはし立て(7)、スパイス棚(9)、包丁差し(11)、フック(12)等を任意所望の位置に取り付け、各場所においてよく使う台所用品を収納させる。図10の中央は、ワークトップ周りのパネル(5)、右端は、レンジ周りのパネル(5)を示している。このようにすることにより、シンク(1a)の所では包丁差し(11)や、スプーンはし立て(7)等、ワークトップ(1b)の所ではペーパータオルホルダ(10)や、布巾掛け(8)等、レンジのところではスパイス棚(9)やおたま掛け等のためのフック(12)等を集中して設けることができ、使いたい時に、その場で、すぐ手を伸ばして使うことが可能となる。
【0020】
【発明の効果】本発明によれば、台所の作業領域で手の届く範囲に、使用頻度の高い台所用品を配置でき、流し台の配置される壁面を、無駄なく、収納場所として有効に利用することができるので、使いやすく効率のよい、機能的な台所空間が実現できる。また、整理ユニットの追加や、付け替えを容易にできるので、作業内容や収納物の変化にも、簡単に対応することができる。さらに、パネル、整理ユニットともに、取り外しての洗浄もできるので、清潔に保つことができる。
【0021】請求項2記載の発明のように、支持部材を、シンク、ワークトップ及びレンジにわたって延在させ、この支持部材に係止させたパネルの位置に応じてシンク用、ワークトップ用及びレンジ用台所用品の整理ユニット群から、その用途に応じた任意の台所用品整理ユニットを選んで前記パネルに取り付けると、配膳、調理、食器洗い等の台所における各作業領域で使用する特定の台所用品を、集中して配置することができ、極めて効率的な台所空間を実現することができる。
【0022】請求項3記載の発明のように、支持部材をパイプとし、このパイプに上方から引っかかる断面円弧状の係止部を、パネルの裏面の上端縁に形成すると、パネルを横にずらせて、もっとも手都合のよい任意所望の左右位置に移動させることができる。
【0023】請求項4記載の発明のように、パネルの係止孔を縦長孔とし、これをパネルの実質的に全面に穿設すると、簡単な構成で整理ユニットを自由に、しかも変更可能に位置決めして配設することができる。
【0024】請求項5記載の発明のように、パネルの下部の背面に、壁面に当接する突子を設けると、吊り下げられたパネルを安定させることができる。
【出願人】 【識別番号】000000561
【氏名又は名称】株式会社岡村製作所
【出願日】 平成9年(1997)7月23日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】竹沢 荘一 (外1名)
【公開番号】 特開平11−32849
【公開日】 平成11年(1999)2月9日
【出願番号】 特願平9−196676