トップ :: E 固定構造物 :: E02 水工;基礎;土砂の移送

【発明の名称】 高含水比粘土の袋詰脱水用脱水袋
【発明者】 【氏名】三木 博史
【氏名】山田 哲也
【氏名】千田 昌平
【氏名】和田 信昭
【氏名】小久保 裕
【課題】

【解決手段】
【特許請求の範囲】
【請求項1】高含水比粘土を注入するための注入口を有し、袋体が透水性の織布からなる脱水袋であって、前記袋体の前記注入口に対向する部分に粘土粒子の不透過部を設けたことを特徴とする高含水比粘土の袋詰脱水用脱水袋。
【請求項2】前記不透過部が前記袋体の内面又は外面に設けられたシートからなることを特徴とする請求項1記載の高含水比粘土の袋詰脱水用脱水袋。
【請求項3】前記シートが透水性材料からなることを特徴とする請求項2記載の高含水比粘土の袋詰脱水用脱水袋。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、高含水比粘土の袋詰脱水用脱水袋に関する。さらに詳細には、河川、湖沼などの底部表層に堆積している高含水比粘土を袋詰にして脱水し、盛土などに有効利用するための袋詰脱水用脱水袋に関する。
【0002】
【従来の技術】近年、環境浄化のために河川、湖沼などの底部表層に堆積している高含水比粘土あるいは超軟弱粘土の処理がクローズアップされてきている。高含水比粘土あるいは超軟弱粘土は、一般にヘドロと称されているもので、河川、湖沼から浚渫により除去される。浚渫された高含水比粘土は、脱水装置により機械的にあるいは固化材を添加して化学的に脱水され、埋立て、造成地などの土砂として利用されている。
【0003】一方、浚渫された高含水比粘土の処理方法として、機械的な脱水装置を使用せずに、高含水比粘土を透水性の大型の脱水袋に注入して脱水し、脱水後に袋詰めのまま盛土などの一部として有効利用する袋詰脱水工法も提案されている。この袋詰脱水工法においては、高含水比粘土を大量に処理するために、周長が4m以上という大型の脱水袋を使用することが多い。また、それによって袋内粘土の自重が大きくなるため、自重による袋の破断を防止すべく、通常袋体を構成する材料に引張強度の大きい織布を用いている。
【0004】ところで、袋詰脱水工法においては脱水袋により水と粘土とをほぼ完全に分離し、粘土を流出させないようにすることが重要である。大量の粘土が流出すると、汚濁などの環境汚染の原因になるからである。しかし、織布で構成された脱水袋に高含水比の泥状粘土を注入すると、織布は厚さが一般に1mm以下と薄いので、その流速によっては特に袋体の粘土落下部分において、粘土が流出してしまう。
【0005】すなわち、高含水比粘土の流速が非常に遅い場合には、織布の表面に脱水された粘土によってケーキ状の粘土層が形成されるので、水のみが流出して粘土の流出はなくなる。しかし、この場合脱水効率が極めて悪い。
【0006】他方、高含水比粘土の流速が0.5m/秒以上と大きくなると、脱水効率はよい。しかし、注入初期においては高含水比粘土が袋体に高速で衝突することから、注入口に対向する部分の織布表面の粘土層が注入される高含水比粘土によって常に洗い流される状態となって消失し、粘土が織布の目合いを通して流出してしまう。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】この発明は上記のような技術的背景に基づいてなされたものであって、次の目的を達成するものである。この発明の目的は、脱水効率を低下させることなく、粘土の流出を防止した袋詰脱水用脱水袋を提供することにある。
【0008】
【課題を解決するための手段】この発明は上記課題を達成するために、次のような手段を採用している。すなわちこの発明は、高含水比粘土を注入するための注入口を有し、袋体が透水性の織布からなる脱水袋であって、前記袋体の前記注入口に対向する部分に粘土粒子の不透過部を設けたことを特徴とする高含水比粘土の袋詰脱水用脱水袋にある。またこの発明は、前記不透過部が前記袋体の内面又は外面に設けられたシートからなることを特徴とする高含水比粘土の袋詰脱水用脱水袋にある。さらにこの発明は、前記シートが透水性材料からなることを特徴とする高含水比粘土の袋詰脱水用脱水袋にある。
【0009】注入口から袋体の内部に注入された高含水比粘土は、不透過部に衝突する。この不透過部は粘土粒子を通過させない部分である。したがって、高含水比粘土を高速で注入しても粘土が袋体から流出することがない。
【0010】不透過部はシートを袋体表面に層状に設けて構成することができ、この場合シートは袋体の内面、外面のいずれの側に配置してもよい。また、袋体それ自体の一部すなわち注入口に対向する部分を不透過部としてもよい。
【0011】不透過部は粘土粒子を通過させないものであればよく、その材質は問わない。すなわち、粘土粒子を通過させないが水を通過させる透水性のもの、あるいは粘土粒子も水も通過させない不透水性のものいずれでもよい。透水性のものとしては不織布、織布、編物などの繊維性シートが用いられ、その素材は天然繊維、合成繊維いずれでもよい。特に、合成繊維製の不織布シートが強度、耐久性の点で望ましい。繊維製シートを層状に設ける場合、シートの透孔の大きさは袋体の透孔の大きさ(通常90〜600μm程度)以下であれば十分である。シートを層状に重ね合わせることにより、袋体の厚みが部分的に増して粘土粒子が流出しなくなるからである。
【0012】不透水性のものとしては、塩化ビニルシート等の合成樹脂シート、皮革シート等を用いることができるが、高含水比粘土の注入後の脱水効率という観点からは前記のような透水性シートの方が好ましい。その他、シートに代えて木製や金属製の板を用いることも可能であるが、袋運搬時には袋を小さく折り畳むため、運搬性については多少難点がある。
【0013】
【発明の実施の形態】この発明の実施の形態を図面を参照しながら以下に説明する。図1はこの発明の実施の形態を示す外観図であり、図2は図1のA−A線断面図である。脱水袋1は、この実施の形態では互いに縫合された上部袋体2と下部袋体3とからなっている。袋体2、3は従来と同様に、透水性の織布から作られている。上部袋体2には注入口4が設けられ、高含水比粘土はこの注入口4から注入される。
【0014】下部袋体3の内面、具体的には注入口4に対向する部分に粘土粒子の不透過部を構成するシート5が設けられている。シート5としては、不織布シートが用いられている。シート5の形状は矩形、円形等種々の形状とすることができる。また、シート5の大きさは、注入口4から注出された高含水比粘土流が広がりを呈するため、注入口4の開口面積よりも大きくする。
【0015】シート5は上下部袋体2、3の縫合前に、縫合あるいは接着により下部袋体3に固定することができる。下部袋体3及びシート5がともに合成繊維からなる場合は、高周波溶着、超音波溶着等によりシートを固定してもよい。シート5は下部袋体3の外面に配置してもよい。また、下部袋体3それ自体を不織布で構成してもよい。
【0016】上述のような脱水袋によれば、注入口4から袋体2、3の内部に注入された高含水比粘土はシート5に衝突するが、シート5は粘土粒子を通過させないので、高含水比粘土を高速で注入しても粘土が袋体から流出することがない。
【0017】
【実施例】周長が4m、厚さが0.25mmの織布からなる脱水袋に、含水比2000%の泥水状粘土を注入したところ、粘土粒子が袋体を通過して大量に流出した。そこで、図1、2に示したように、袋体の内部に不織布製のシート5を施したところ、粘土粒子の流出は全く生じなかった。
【0018】
【発明の効果】以上のようにこの発明によれば、高含水比粘土を高速で注入しても粘土が流出ことがなく、脱水効率も低下することがない。
【出願人】 【識別番号】590005999
【氏名又は名称】建設省土木研究所長
【識別番号】000173810
【氏名又は名称】財団法人土木研究センター
【識別番号】000166627
【氏名又は名称】五洋建設株式会社
【出願日】 平成8年(1996)6月29日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】端山 博孝
【公開番号】 特開平10−18264
【公開日】 平成10年(1998)1月20日
【出願番号】 特願平8−188209