トップ :: E 固定構造物 :: E02 水工;基礎;土砂の移送

【発明の名称】 管路の布設方法
【発明者】 【氏名】藤本 智也
【課題】地中に開削工法で管路を布設する場合、短い工期で安価、安全に地中に管路を布設する。

【解決手段】トレンチ1内に、鋼矢板2を地中に打込み、鋼矢板2を鋼製U字形支保工3で押える。トレンチ1内に、鋼管4を配設し、溶接接合した後U字形支保工3をトレンチ長手方向に倒して回収し、鋼矢板2を撤去し、埋設土で埋戻す。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 トレンチを掘削し、順次鋼矢板をトレンチの両壁に打込み、鋼製U字形支保工を前記鋼矢板内面に配設して鋼矢板を固定し、鋼管をトレンチ内に配管し、U字形支保工を鋼管長手方向に倒して支保工及び鋼矢板を回収し、埋戻しを行うことを特徴とする管路の布設方法。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は地中に管路を布設する管路の布設工事方法に関する。
【0002】
【従来の技術】地中に管路を布設する一般的な開削工法では、管布設経路に沿ってトレンチ(埋設用溝)を掘削し、トレンチ両側の地山が崩れないように、矢板をトレンチ側壁際に立設し、矢板の表面に矢板を押える腹起し(横梁)を配置し、両側壁の腹起しを突っ張る多数の切梁を用いて山留めを施し、その後、トレンチ内に順次配管し、管体同士を端面溶接して布設し、これらが完了すると、前記トレンチを埋め戻しつつ、山留めに用いた矢板・腹起し・切梁などを撤去するといった手順を踏んで行われていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところが、山留めのための矢板、腹起し、切梁の設置には時間を要することはもとより、トレンチ内へ管を吊り降ろす時にはトレンチを横断するように取付けられた切梁が邪魔になり、この切梁を一旦取り外さざるをえないといった手戻り作業が生じたり、あるいは管を斜め方向から切梁の下をくぐらせながらセットするといった煩雑な作業が伴う。このような工法は従来より改善の余地があると指摘されてきた。
【0004】なお、切梁として水圧ジャッキを使用したものが、特公昭63−10250号公報に開示されているが、この場合もやはり上記と同様の問題がある。本発明は、上記事情に鑑み、短い工期で安価、安全に地中に管路を布設することができる管路の布設方法を提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は、トレンチを掘削し、順次鋼矢板をトレンチの両壁に爪部を連結しながら打設し、鋼製U字形支保工を前記鋼矢板内面に配設して鋼矢板を固定し、鋼管をトレンチ内に配管し、U字形支保工を鋼管長手方向に倒して支保工及び鋼矢板を回収し、埋戻しを行うことを特徴とする管路の布設方法である。本発明は、掘削したトレンチの両側に矢板壁材を吊り降ろし、矢板同士をトレンチに沿って爪部を連結しながら打設する。トレンチ延長方向に適当なピッチで鋼製U字形支保工をそのU字形の開口部が上になるようにトレンチ内に設置する。この状態のまま、鋼管をトレンチ内に吊り降ろして、芯出し、溶接など一連の接合作業を施す。しかる後、埋戻しに合わせて、順次U字形支保工の回収、矢板の回収を手際よく行う。以上の工程を繰り返しつつ、管路布設を能率よく行うことができる。
【0006】
【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明の実施の形態を説明する。図2に示すように、鋼製U字形支保工3として、H形鋼−150×150を使用して、トレンチの幅及び深さとほぼ等しいU字形に曲げ形成し、U字形31の立上り部の両横面に押え板32を取付けた。押え板32は、U字形支保工3をトレンチ内の両側壁の矢板表面に圧着するために、押え板と矢板の間に楔33等を打ち込んで固定するためのものである。例えば、図2に示すように、長さ350〜450mm程度×幅100〜150mm程度の短冊形の押え板32をU字形の立ち上がり部の外面に横向きに貼着するとよい。
【0007】図1は、実施例の斜視図である。幅2m程度、深さ3m程度のトレンチ1内に、その両壁に鋼矢板2、2が配設されており、この鋼矢板2、2を鋼製U字形支保工3が押えている。鋼矢板2は隣接鋼矢板同士が爪部を連結して配置されている。この例では矢板には軽量鋼矢板2を当矢板として用い、U字形支保工3は1.5Mピッチで設置した。そのトレンチ1内に、直径500mm程度の管4が配設されている様子が示されている。
【0008】本発明方法の作業手順は、次のとおりである。
(a)図3に示すように、トレンチ1を重機(例えばバックホウ11)にて掘削する。図3(a)は側面図であって図3(b)のA矢視図、図3(b)は断面図であって、図3(a)のB矢視図である。
(b)図4に示すように、順次、軽量鋼矢板2を土留壁としてトレンチ1の両側壁に打込む。図4(a)は側面図で図4(b)のC矢視を示している。図4(b)は断面図である。
(c)引き続き、鋼製U字形支保工3を軽量鋼矢板2の内側に所定ピッチで配設し、押え板32と矢板壁との間隙に適宜、木製楔33(図1参照)を打込む。図5(a)はこの工程を示す側面図で図5(b)のD矢視図である。図5(b)は断面図である。
(d)トラッククレーン12などにより鋼管4をトレンチ内に吊り降ろし、芯出し、肌合わせなどを行った後、溶接・塗覆装などを施す(図6)。
(e)図7に示すように、U字形支保工3ならびに土留め用の軽量矢板2の撤去作業を行い、埋戻土5により埋戻しを行い、管布設が完了する。U字形支保工3を撤去する段取りは以下の通りとなる。すなわち、楔33を外し、U字形支保工3を管長方向に倒す。次いで、鋼管4の下をくぐらせながら、土留壁と管体の空隙部より重機にて吊上げ、地表面まで持ち運ぶ。
【0009】
【発明の効果】以上の説明の通り、本発明によれば、切梁や腹起しが不要となる。したがって、鋼管をトレンチ内に吊り降ろす時にも、トレンチを横断する切梁が存在しないため、なんら支障なく吊り降ろすことができる。矢板壁同士又は矢板とU字形支保工とは単純な接触状態を保持して組立てられているだけであるから、組立、解体が容易である。さらに、高能率作業が可能となるため、工期短縮、コストダウンを期待することができるという効果を奏する。
【出願人】 【識別番号】000001258
【氏名又は名称】川崎製鉄株式会社
【出願日】 平成8年(1996)6月25日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】小杉 佳男 (外1名)
【公開番号】 特開平10−8445
【公開日】 平成10年(1998)1月13日
【出願番号】 特願平8−164678