トップ :: E 固定構造物 :: E02 水工;基礎;土砂の移送

【発明の名称】 河川浄化設備の取水装置
【発明者】 【氏名】中田 昌利
【氏名】亀井 稔
【氏名】坂口 卓也
【氏名】山縣 徹生
【氏名】武藤 栄一
【氏名】米田 晃
【課題】河川浄化設備を設置する個所に水位差を人為的に形成して、商用電源を用いることなく、この水位差を利用して自然に河川浄化設備への河川流水の一部を供給、戻しを行うようにした河川浄化設備の取水装置を提供する。

【解決手段】河川1に隣接して配設した河川浄化設備5の取水口3と戻し口6とを河川1の流水面に開口して設けるとともに、取水口3にごみ阻止装置を配設し、取水口3と戻し口6間の河川1を横切るようにして堰板7を配設したことを特徴とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 河川に隣接して配設した河川浄化設備の取水口と戻し口とを河川の流水面に開口して設けるとともに、取水口にごみ阻止装置を配設し、取水口と戻し口間の河川を横切るようにして堰板を配設したことを特徴とする河川浄化設備の取水装置。
【請求項2】 堰板が、取水口に設けたごみ阻止手段前面の水流の速度を、他の部分の速度に比べて増大させる形状に形成されていることを特徴とする請求項1記載の河川浄化設備の取水装置。
【請求項3】 ごみ阻止装置が、円板を回転軸に固定した多重回転円板式スクリーンを、スクリーンの円板間隙間に隣接するスクリーンの円板が挿入されるようにして並設するとともに、各スクリーンを水流方向に回転するように構成されていることを特徴とする請求項1又は2記載の河川浄化設備の取水装置。
【請求項4】 ごみ阻止装置が、水流方向に配設したバースクリーンと、このバースクリーンに水流方向に移動するよう配設したレーキ装置とより構成されていることを特徴とする請求項1又は2記載の河川浄化設備の取水装置。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は河川の浄化設備において、河川を流下するごみを浄化設備内に流入することなく下流側へ流下させ、かつ河川流水の一部をポンプアップなしで河川浄化設備へ自然に流入させ、浄化後再び自然に河川へ戻すようにした河川浄化設備の取水装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来河川の浄化を行うための、河川流水の一部を取水して浄化設備内を流通して浄化した後、再び河川に戻すシステムにおいては、この取水路の取水口を河川の流水面、例えば図示のように河川の法面に流水方向に沿って開口して形成し、取水路内に流下ごみ等が流入しないように取水口にごみ阻止装置を設置するようにしている。そして、ごみを除去した河川流水の一部を河川浄化設備へ供給し、ここで所要の浄化をした後、再び河川に戻す際、この河川流水の河川浄化設備への供給又は戻しのいずれか一方、或いは双方をポンプアップして行っている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来河川の流水の一部を取水して浄化設備を経て浄化した後、再び河川に戻す河川浄化設備は、取水口と戻し口間に一定の水位がないと河川浄化設備への流入排出が行えないため、河川浄化設備の設置場所がある程度限定されたり、またこのような河川浄化設備を設置する個所に商用電源が無い場合、ポンプアップ用の電源を新たに配電する必要があり、設備費が嵩んだり、さらには太陽発電を利用する場合は小電力しか利用できないため、大電力を用いた大型のシステムを設置できないという問題点があった。
【0004】本発明は河川浄化設備を設置する個所に水位差を人為的に形成して、商用電源を用いることなく、この水位差を利用して自然に河川浄化設備へ河川流水の一部の供給、戻しを行うようにした河川浄化設備の取水装置を提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため、本発明の河川浄化設備の取水装置は、河川に隣接して配設した河川浄化設備の取水口と戻し口とを河川の流水面に開口して設けるとともに、取水口にごみ阻止装置を配設し、取水口と戻し口間の河川を横切るようにして堰板を配設したことを特徴とする。
【0006】上記の構成からなる本発明の河川浄化設備の取水装置においては、河川浄化設備の取水口と戻し口との間に堰板を設置しているので、取水口側水位が戻し口側水位よりも高くなるよう水位差が生じ、この水位差にて河川流水の一部がポンプアップなどの動力を用いることなく、自然と取水口を経て河川浄化設備内へ流入するとともに、浄化後も自然に河川側へ排水できるものである。
【0007】またこの場合、堰板を、取水口に設けたごみ阻止手段前面の水流の速度を、他の部分の速度に比べて増大させる形状に形成することができる。
【0008】上記の構成からなる本発明の河川浄化設備の取水装置においては、堰板にて取水口に設けたごみ阻止手段前面の水流速度が、他の部位の水流速度よりも高められるので、河川を流下するごみを確実に下流方向へ流下させることができ、また水位が低下した場合でも、確実に河川浄化設備へ給水できるものである。
【0009】またこの場合、ごみ阻止装置を、円板を回転軸に固定した多重回転円板式スクリーンを、スクリーンの円板間隙間に隣接するスクリーンの円板が挿入されるようにして並設するとともに、各スクリーンを水流方向に回転するように構成することができる。
【0010】上記の構成からなる本発明の河川浄化設備の取水装置においては、河川を流下するごみも確実に取水口にて阻止され、スクリーンの回転によって川下方向へ流下させることができる。
【0011】またこの場合、ごみ阻止装置を、水流方向に配設したバースクリーンと、このバースクリーンに水流方向に移動するよう配設したレーキ装置とより構成することができる。
【0012】上記の構成からなる本発明の河川浄化設備の取水装置においては、河川を流下するごみも取水口にて阻止され、水流方向に駆動されるレーキ装置にて確実に川下方向へ流下させることができる。
【0013】
【発明の実施の形態】以下、本発明の河川浄化設備の取水装置の実施の形態を図面にもとづいて説明する。
【0014】図において1は河川で、この河川1に隣接して河川浄化設備5を配設するとともに、この河川1の本流面にすなわち河川に面し、水流方向に沿って開口するようにして河川浄化設備に通じる取水路2の取水口3と、この取水口より下流側位置に戻し口6を配設し、この取水路2の取水口3近傍位置にごみ阻止装置4を設置する。
【0015】この取水口3に設置するごみ阻止装置4は、図1に示すように多数の円板を軸に装着して形成する円筒状スクリーンSの多数を互いにその円板が重なるように隣接して並列配置して回動可能にフレームに取り付けて多重回転円板式スクリーンを構成したもの、あるいはバースクリーンを水流方向に配設しこれに水流方向に移動するレーキ装置を配設したもの等、河川を流下するごみが水路内に流入しないように阻止し、下流方向に流下するようにすればこのスクリーンの形状は限定されない。
【0016】また、河川内には河川流水を横切るようにして堰板7を設置する。この堰板7は取水口と戻し口との間の河川内に、取水口側水位HWが戻し口側水位LWよりも高くなる水位差を得るようにして配設する。従って、この堰板7の高さは取水口3の位置では予め設定した水量を取水路2内に取水できる水位を維持できるようにして定め、降雨時の増水により河川水位がこの堰板7の高さ以上になった場合には、堰板の上端縁を越流するようにする。
【0017】この堰板7は図示のように川幅方向に川の流れを横切るようにして、ほぼ垂直にして設けるが、これは川の流れに対し直角であっても、あるいは斜方向であってもよい。この堰板7を川幅に対し斜方向に設ける場合は、取水口側が下流側になるようにすれば取水口側部が反取水口側よりも流速が増すようになる。さらにこの堰板7は、取水口3と戻し口6との間の任意位置に設けることができるが、望ましくは取水口より下流側で、取水口近傍とすることが望ましい。
【0018】堰板は、流水量が設定値より減少した渇水時の時でも河川の取水口に設けたごみ阻止手段前面において、ごみが流下する最低限の水流速度を得る形状とする。例えば、図3に示すように堰板7の上端面を取水口側が低くなるようにその一部を切り欠いて有段状とし、この切欠部7aにて流水量を増したり、低水位時はこの切欠部7aのみにて流水を得るようにする。
【0019】
【発明の効果】本発明の河川浄化設備の取水装置によれば、河川内の取水口、戻し口間に設置した堰板にて、取水口の水位が戻し口の水位より高くなるように両口間に水位差をつけているので、河川からこれに隣接した河川浄化設備へポンプアップすることなく自然に取水することができ、また河川浄化設備内を流下することにより所望の浄化をした浄化水を自然に元の河川に戻すことができる。
【0020】請求項2記載の河川浄化設備の取水装置によれば、堰板にて取水口に設けたごみ阻止手段前面の水流速度が、他の部位の水流速度よりも高められるので、河川を流下するごみを確実に下流方向へ流下させることができ、また水位が低下した場合でも、確実に河川浄化設備へ給水できる利点がある。
【0021】請求項3記載の河川浄化設備の取水装置によれば、河川を流下するごみが確実に取水口にて阻止され、スクリーンの回転によって川下方向へ流下させることができる。
【0022】請求項4記載の河川浄化設備の取水装置によれば、河川を流下するごみが取水口にて阻止され、水流方向に駆動されるレーキ装置にて確実に川下方向へ流下させることができる。
【出願人】 【識別番号】591208261
【氏名又は名称】建設省近畿地方建設局長
【識別番号】000233206
【氏名又は名称】日立機電工業株式会社
【出願日】 平成8年(1996)6月21日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】森 治 (外1名)
【公開番号】 特開平10−8441
【公開日】 平成10年(1998)1月13日
【出願番号】 特願平8−181160