トップ :: E 固定構造物 :: E02 水工;基礎;土砂の移送

【発明の名称】 仮設波返し構造
【発明者】 【氏名】才川 功
【氏名】浦岡 博美
【課題】本発明は、本設の波返しが構築される迄の越波を防止することができると共に、本設の波返しを構築できるように撤収可能な仮設波返し構造を提供する。

【解決手段】仮設波返し1は、これらセル4及びアーク5各々の蓋コンクリート9にその護岸法線Lに沿って所定間隔をおいて一列に設置された複数の箱抜き11、11、…と、箱抜き11、11、…各々に立設されたH鋼杭12、12、…と、これらH鋼杭12、12、…それぞれの間に上方から引き抜き可能に挿入された防波板13とにより構成されている。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 海上構造物、堤防、その他の構造物上に撤収可能に構築されて本設の波返しが構築されるまでの越波を防止する仮設波返し構造であって、前記構造物の海面より上の部分に、複数のH形鋼が、それぞれのウエブ同士が互いに対向するように、所定間隔をおいて立設され、これらH形鋼間に上方から引き抜き可能に防波板が挿入され、この防波板はH形鋼にボルトにより締結されていることを特徴とする仮設波返し構造。
【請求項2】 前記構造物に、所定間隔をおいて複数の箱抜きが配設され、これら箱抜き各々にH形鋼が立設されていることを特徴とする請求項1記載の仮設波返し構造。
【請求項3】 前記H形鋼間に、前記構造物の沈下により生じる高さ方向の差を調整すると共に、前記防波板の下端との間に間隙が空かないようにするための調整コンクリートが打設されていることを特徴とする請求項1又は2記載の仮設波返し構造。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、海上構造物、堤防、その他の構造物上に、セルの沈下量が所定範囲内に収まるまでの間、撤収可能に構築されて本設の波返しが構築されるまでの越波を防止する仮設波返し構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来よりケーソン等により構築される、海底地下トンネルの海上換気塔、或いは臨海開発における埋立工事等において、海上換気塔の内部、埋立敷地内等への荒天時における越波を防止するために本設の波返しが設けられている。
【0003】本設の波返しは、鉛直に構築されるフェンス状のものである。例えば、海上換気塔の場合においては、その周囲を囲繞するように構築された堤防の上面に構築されて越波を防止する。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】ところで、本設の波返しが構築されるセルは、その構築後、時間の経過と伴に漸減的に沈下することとなる。他方、本設の波返しはSRCで構築されているためにセルが不等沈下した場合、本設の波返しよりもセル(蓋コンクリート等)の方にひび割れ、亀裂等が生じてしまう。その為、沈下量が所定範囲内(沈下量が零になることはないが、収束したとみなせる若しくはそれに近い場合)になった時に、本設の波返しを構築することとなる。その為、例えば、蓋コンクリートの打設後直ぐに本設の波返しを構築することができないのである。
【0005】それ故、従来においては本設の波返しが構築されるまでの間に越波による被害が生じるという問題点があった。特に東京湾マヨネーズ層等の軟弱海底地盤においては沈下量が大きく、前記所定範囲内になるまでの期間も長い為、大きな問題点であった。
【0006】本発明は斯かる問題点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、本設の波返しが構築される迄の越波を防止することができると共に、本設の波返しを構築できるように撤収可能な仮設波返し構造を提供する点にある。
【0007】
【課題を解決するための手段】請求項1記載の発明の要旨は、海上構造物、堤防、その他の構造物上に撤収可能に構築されて本設の波返しが構築されるまでの越波を防止する仮設波返し構造であって、前記構造物の海面より上の部分に、複数のH形鋼が、それぞれのウエブ同士が互いに対向するように、所定間隔をおいて立設され、これらH形鋼間に上方から引き抜き可能に防波板が挿入され、この防波板はH形鋼にボルトにより締結されていることを特徴とする仮設波返し構造に存する。請求項2記載の発明の要旨は、前記構造物に、所定間隔をおいて複数の箱抜きが配設され、これら箱抜き各々にH形鋼が立設されていることを特徴とする請求項1記載の仮設波返し構造に存する。請求項3記載の発明の要旨は、前記H形鋼間に、前記構造物の沈下により生じる高さ方向の差を調整すると共に、前記防波板の下端との間に間隙が空かないようにするための調整コンクリートが打設されていることを特徴とする請求項1又は2記載の仮設波返し構造に存する。
【0008】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて詳細に説明する。なお、各図において、同一構成要素には同一符号を付している。
【0009】図1は、本実施の形態に係る仮設波返し構造を示す平面図、図2は図1のA−A線に沿う断面図、図3は図1のB−B線に沿う部分断面図である。図において、符号1は仮設波返しであり、鋼殻ケーソンにより構築される海底地下トンネルの海上換気塔2を挟むように互いに略平行に構築された一対の護岸3、3上に構築されている。
【0010】護岸3は、円柱状のセル4と、円柱の側面の一部がセル4、4と相補形状になるように湾曲して曲面とされたアーク5が交互に配列され、これらセル4及びアーク5は互いに接合されて一体化されている。
【0011】セル4は、図2及び図3に示すように、円筒状の鋼矢板7内に砕石8が中詰めされ、これらの上に蓋コンクリート9が打設されている。また、アーク5もセル4と同様の構成である。
【0012】仮設波返し1は、これらセル4及びアーク5各々の蓋コンクリート9にその護岸法線Lに沿って所定間隔をおいて一列に設置された複数の箱抜き11、11、…と、箱抜き11、11、…各々に立設されたH鋼杭12、12、…と、これらH鋼杭12、12、…それぞれの間に上方から引き抜き可能に挿入された防波板(防波板)13とにより構成されている。
【0013】H鋼杭12は、セル4、4、…及びアーク5、5、…に立設固定しかつ防波板13を固定するに十分な長さを有するもので、図4に示すように、護岸法線L側のフランジ12aの所定位置に防波板13取付用の縦長のボルト穴15が複数、所定の間隔をおいて形成されるとともに、少なくとも蓋コンクリート9の上面より露出する部分には、例えばライトミントグリーン等の防食用の塗装が施されている。このH鋼杭12は、ボルト穴15を縦長としたことにより、H鋼杭12の高さ方向の誤差を吸収することができる。
【0014】防波板13は、図5に示すように、長尺の鋼板21の一主面側の長手方向に沿う両側部各々に、H鋼杭12にボルト締結するための複数の横長のボルト穴22(ここでは7箇所)が所定間隔をおいて形成されている。これらボルト穴22、22、…の列の内側に補強鋼材である断面コ字状の長尺のチャンネル23が溶接により固定されている。
【0015】これらチャンネル23、23の間には、補強鋼材である複数のアングル24、24、…が互いに平行にかつ所定の間隔をおいて溶接により固定されている。この防波板13は、ボルト穴22を横長としたことにより、H鋼杭12、12のスパンの誤差を吸収することができる。
【0016】そして、チャンネル23、23の各上端部には、図示しないが吊り込み用の穴が形成されている。この防波板13には、H鋼杭12と同様、例えばライトミントグリーン等の防食用の塗装が施されている。
【0017】この防波板13は、施工の進行に応じて施工現場近くに船付き場を移動する際に、船への昇降を容易にするために、この昇降位置のものを図6に示すドア部取り付け用防波板14に取り替えることができる。このドア部取り付け用防波板14は、防波板13の下部にドア25が設けられている。
【0018】この防波板13と前記H鋼杭12は、図7に示すように、ボルト穴22、15が同一の軸線になるように位置決めされ、この防波板13と前記H鋼杭12との間に防水用のゴム板31を挟んだ状態で、座金32、32を介してこれらボルト穴22、15にボルト33を挿通し、このボルト33にナット34を締結する事により固定されている。防水用のゴム板31は、予め接着剤でH鋼杭12の内面に貼設されている。
【0019】次に、この仮設波返し構造の施工方法について説明する。まず、図1〜図3に示すように、セル4、4、…及びアーク5、5、…の蓋コンクリート9打設時に、複数の箱抜き11、11、…を護岸法線Lに沿って所定間隔をおいて一列に設置しておく。なお、箱抜き11の蓋コンクリート9上面より突出している部分については、蓋コンクリート9を養生し終えた後に切断し、箱抜き11、11、…の上端が蓋コンクリート9の上面と面一になるようにしておく。
【0020】この間に、仮置き場にH鋼杭12、防波板13、(必要に応じてドア付き防波板14も)及び打設用定規41を搬入する。
【0021】打設用定規41は、H鋼杭12を打設する際に用いられて該H鋼杭12を挟み通りを確保するもので、図8及び図9に示すように、ウエブ42aに移動用吊りピース43、43が所定の間隔をおいて設けられたH形鋼42が2本、その間隔がH鋼杭12のウエブの幅より若干広くなるようにかつそれぞれの相対向するフランジ42b、42bが互いに平行になるように配置される。
【0022】そして、これらH形鋼42、42のそれぞれの一方の端部が矩形状の鋼板44の一主面に溶接され、さらに各鋼板44はH形鋼42、42のそれぞれの他方の端部にボルト45により締結されて一体化される。
【0023】この打設用定規41は、ボルト45、45、…を外すことにより一対のH形鋼42、42に分解されるので、移動に際しては、分解したままの状態で所定位置に移動し、そこでボルト45、45、…を締結することにより組み立てられて打設用定規41とされる。
【0024】次に、図10に示すように、セル4の蓋コンクリート9上に打設用定規41を搬入し、所定位置に固定する。
【0025】打設用定規41は、分解したままの状態でラフタークレーン等を用いて所定位置に搬入し、一方のH形鋼42を1つの箱抜き11に仮打設されたH鋼杭12を基準にして逃げ墨に沿って(護岸法線Lに平行に)設置し、他方のH形鋼42を箱抜き11、11、…を挟みかつ逃げ墨に平行に設置する。
【0026】次いで、一方のH形鋼42の端部を他方のH形鋼42に固定された鋼板44に、また他方のH形鋼42の端部を一方のH形鋼に固定された鋼板44に、それぞれボルト45、45、…により締結し固定する。
【0027】この打設用定規41の固定は、その一端をH鋼杭12にクランプにより固定し、レバーブロック51を係船柱52及び係留用にアーク5に設置してあるチェーン53それぞれに取ることにより行なう。
【0028】また、この打設用定規41を次の固定位置に移動する場合、図11に示すように、ボルト45、45、…を外して一対のH形鋼42、42に分解した後、これらのH形鋼42、42を次に固定すべき箇所に移動し(図中、矢印の方向)、再度組み立てるという手順を取る。
【0029】次に、図12及び図13に示すように、25tラフタークレーン55を用いて、予め打ち止め高さがマーキングされたH鋼杭12を吊り込み、該H鋼杭12を打設予定の箱抜き11に誘導し、建て込みを行なう。
【0030】この建て込み時においては、予め打設用定規41に墨出しをしておき、H鋼杭12を誘導しながら、該H鋼杭12の打設位置を打設用定規41の墨出しを基準に決定し、H鋼杭12のチャッキングを行なう。このようにして、複数のH鋼杭12、12、…のチャッキングが順次行なわれる。
【0031】次に、ラフタークレーン55のバイブロハンマー56を駆動させ、H鋼杭12、12、…を順次打設する。ここでは、H鋼杭12を固定するために、最初に打設用定規41の端部に位置するH鋼杭12を打設し、その後、順次隣接するH鋼杭12を打設する。H鋼杭12の打設時の鉛直方向の位置決めは、蓋コンクリート9上かつ護岸法線Lに対して直角方向及び平行方向にそれぞれトランシット61、62を据え付け、これらトランシット61、62によりH鋼杭12の立ちの誘導を行なう。また、鉛直方向の位置決めは、吊り込み時に該H鋼杭12に設けられたマーキングを基に行い、最終的に蓋コンクリート9上に据え付けられたレベル63にて確認を行う。
【0032】次に、セル4の打設後の不等沈下により生じる蓋コンクリート9の上面の高低差を調整するために、H鋼杭12、12間の蓋コンクリート9上面に調整コンクリートを打設する。
【0033】まず、図14に示すように、H鋼杭12、12間に、調整コンクリートの割れ防止のための鉄筋71を2本配筋する。鉄筋71の両端は溶接によりそれぞれH鋼杭12、12に固定する。
【0034】次に、H鋼杭12の通りをバール及びレバーブロックを用いて調整する。そして、これらH鋼杭12、12間に矩形状の枠体の片面に合板を貼着してなる型枠72を組み立てる。型枠72は、コンクリート釘73を用いて蓋コンクリート9上面に固定する。
【0035】次に、図15に示すように、型枠72内にコンクリートを打設する。
【0036】セル4に係留されたコンクリートミキサー船75において混練したコンクリートを、シューター76を付けた移動式足場(ローリングタワー)77を介して型枠72内に流し込むように打設する。型枠72内のコンクリートは、打設終了後に天端を均す。
【0037】約1日、コンクリートを養生した後、型枠72を脱型する。この脱型された型枠72は、次の打設のために再利用される。
【0038】次に、H鋼杭12、12間に防波板13を設置する。
【0039】図16に示すように、防波板13のチャンネル23、23の吊り込み用の穴にフック81を通し、25tラフタークレーン55にてフック81を吊り込んだ後、該防波板13をH鋼杭12、12間に移動させる。次いで、この防波板13を吊った状態で、座金32、32を介して防波板13のボルト穴22及びH鋼杭12のボルト穴15にボルト33を挿通し、このボルト33にナット34を締結する。
【0040】ここでは、縦長のボルト穴15により、H鋼杭12の高さ方向の誤差が吸収され、また横長のボルト穴22により、H鋼杭12、12のスパンの誤差が吸収される。
【0041】H鋼杭12の内面には、予め接着剤で防水用のゴム板31を貼設しておく。
【0042】なお、この防波板13に代えてドア部取り付け用防波板14を設置する必要がある箇所は予め決めてあるので、この箇所にはドア部取り付け用防波板14が設置される。
【0043】次に、H鋼杭12、12、…及び防波板13、13、…の傷などに、腐食防止及び美観確保の目的で、ハケ塗りによるタッチアップを行なう。タッチアップ用の塗料は、例えばライトミントグリーン等、H鋼杭12、12、…及び防波板13、13、…の各製作時に用いた塗料と同一のものを用いる。
【0044】以上により、護岸3、3上に仮設波返し1が構築される。
【0045】この仮設波返し1は、本設の波返しが構築されるまでの一時的なものであるため、本設の波返しを構築した後に、H鋼杭12、12、…及び防波板13、13、…が撤収される。
【0046】この際、H鋼杭12、12、…を撤収せずにそのまま残し、防波板13、13、…を耐用性に優れた鉄筋コンクリート板に代えれば、本設の波返しとして用いることも可能である。
【0047】実施の形態に係る仮設波返し1は上記の如く構成されているので、本設の波返しが構築される迄の間の護岸3における越波を防止することができ、荒天になった際に越波による被害が生じるという虞がなくなる。
【0048】クレーン船、砂利運搬船等を施工中の作業場所に係留する際に、係留する場所の防波板13が支障となった場合、この防波板13を取り外すことができる。
【0049】施工の進行に応じて施工現場近くに船付き場を移動する際に、船への昇降位置にドア部取り付け用防波板14を持ってくることができる。
【0050】H鋼杭12には、防波板13取付用の縦長のボルト穴15が形成されているので、高さ方向の誤差を吸収することができる。
【0051】防波板13には、ボルト締結用の横長のボルト穴22が形成されているので、H鋼杭12、12のスパンの誤差を吸収することができる。
【0052】これらボルト穴15、22を設けたことにより、現場で穴を加工する必要が無く、また塗装作業も不必要となるので、作業労力を低減し、作業時間を短縮することができる。
【0053】また、防波板13、13、…を鉄筋コンクリート板に代えれば、本設の波返しとして用いることもできるので、本設の波返しの工期短縮及びコストダウンが可能になる。
【0054】なお、本実施の形態に係る仮設波返し1は、海底地下トンネルの海上換気塔2を挟むように構築された護岸3、3上に構築されたものとしたが、本発明は護岸3、3上に限定されず、本発明を適用する上で好適な海上構造物、堤防、その他の構造物に適用することができる。
【0055】また、上記構成部材の数、位置、形状等は上記実施の形態に限定されず、本発明を実施する上で好適な数、位置、形状等にすることができる。
【0056】
【発明の効果】本発明の請求項1の仮設波返し構造は、構造物の海面より上の部分に、複数のH形鋼が、それぞれのウエブ同士が互いに対向するように、所定間隔をおいて立設され、これらH形鋼間に上方から引き抜き可能に防波板が挿入され、防波板はH形鋼にボルトにより締結されているので、本設の波返しが構築される迄の間の構造物における越波を防止することができ、荒天になった際に越波による被害が生じるという虞がなくなる。
【0057】また、撤収可能なので、沈下量が所定範囲内になったときに本設の波返しを構築することができる。
【0058】また、クレーン船、砂利運搬船等を施工中の作業場所に係留する際に、係留する場所の防波板が支障となった場合、この防波板を取り外すことができる。また、防波板を鉄筋コンクリート板に代えれば、本設の波返しとして用いることもできるので、本設の波返しの工期が短縮され、コストダウンを図ることができる。
【0059】請求項2の仮設波返し構造は、構造物に、所定間隔をおいて複数の箱抜きが配設され、これら箱抜き各々にH形鋼が立設されているので、極めて短時間の間にH形鋼を立設させることができ、工期がさらに短縮され、コストダウンをさらに図ることができる。
【0060】請求項3の仮設波返し構造は、H形鋼間に、構造物の沈下により生じる高さ方向の差を調整すると共に、防波板の下端との間に間隙が空かないようにするための調整コンクリートが打設されているので、H形鋼間に防波板を挿入するのみでよく、防波板の高さ調整が不要になると共に、防波板の下端と、構造物との間からの浸水を防止することができる。
【出願人】 【識別番号】000201478
【氏名又は名称】前田建設工業株式会社
【出願日】 平成8年(1996)6月18日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】堀 城之
【公開番号】 特開平10−1923
【公開日】 平成10年(1998)1月6日
【出願番号】 特願平8−177530