トップ :: D 繊維 紙 :: D04 組みひも;レ−ス編み;メリヤス編成;縁とり;不織布

【発明の名称】 穴開けアップリケ
【発明者】 【氏名】塚本 盛喜
【課題】デザインの範囲が広がり、しかも通気性を持たせなものやリバーシブルなものができる穴開きアップリケ【解決手段】接着性布地1、1aに開けた穴の周囲を接着し、同接着部を布地2に開けた穴5に挿入して、布地2を接着性布地1、1aにより挟み込むようにしている。

【解決手段】接着性布地1、1aに開けた穴の周囲を接着し、同接着部を布地2に開けた穴5に挿入して、布地2を接着性布地1、1aにより挟み込むようにしている。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 接着性布地(1)、(1a)と布地(2)に貫通した穴(5)の開いていることを特長としたアップッリケ【請求項2】 布地(2)に穴をあけた周囲を、熱接着性の布地(1)と(1a)で挟み込むことを特長とした請求項1記載のアップリケ【請求項3】 電熱抜き型プレスの電熱プレス部分(12)で、(1a)と(1)の穴開けと、接着端部(4)の構造となる接着を行い、抜き型プレス部分(13)でアップリケの形を打抜くことが同時にできることを特長とした請求項1記載のアップリケ【請求項4】 (1a)と(1)は、熱圧着で、布地(2)に接着できる材料を使用することを特長とした請求項1記載のアップリケ
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は布地などに張り付けるアップリケに関する。
【0002】
【従来の技術】布地に穴を開けた物にはレースや刺繍などがあり、衣類、インテリア等の日用品をはじめ、日常生活に広く浸透しているがその目的はデザイン、ファッション、通気性等を考慮して作られている。これらの布地には刺繍やボタンホールステッチのようなほつれ防止のための処置が穴の周囲に施されている。ビニールシート製で模様の一部を打抜いて穴をあけたテーブルかけ等もある。アップリケとは、本来「縫いつけた」とか「はめた」という意味から来ている。布地・レース・皮革などの上に、別の布地・レース・皮革その他のものを種々の形に切り抜いて縫いつけ、飾りものにしたものとあるが、熱接着の商品には、花や動物やキャラクター品、模様や文字等の形に切られたアップリケやワッペンの形にしたものが市販されている。これらの材料は張り付ける面にあらかじめ乾燥状の接着剤を塗布してあり、それを家庭用アイロン等の熱で溶かし、圧力をかけて布地に簡単に接着することができる。また野球、バスケット、サッカー等の背番号やスポーツマークはナイロン系の繊維やラバー系の素材に乾燥状の接着剤を塗布したシート状の布地の材料を、目的の文字やデザインの形に切り抜き、それをユニフォームやシャツ等に業務用プレス機を用い、熱と圧力で接着するものがある。しかし、いずれも布地と共に穴を開けたものや、穴開きリバーシブルのアップリケはなかった。
【0003】従来のものは、既成の市販品のアップリケを布地に接着するか、熱接着性の布地を花や動物やキャラクター品、模様や文字等の形に切っものを、ただ接着するだけなので出来上がった作品が単純なデザインとなる。穴開きアップリケを加えることによって通気性をもたせたものや、リバーシブルにしたものなど、デザインの範囲を広げた作品ができる。
【0004】シート状の熱接着性布地の材料を、目的とするデザインの形に切り抜く場合、ヒートカッター7や、ハサミ等を用いるが、最近はコンピューター制御で切り抜く機械も開発されている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】従来の方法で、穴開けアップリケを布地に着けて、完成品にするまでには、次のような複雑で、熟練のいる作業が必要であった。穴開けアップリケを作るには、既製品のアップリケ、または熱接着性布地1aを目的とする形に切ったアップリケに、好みの形の穴を開け、その周囲を穴かがりのほつれ防止を施す。つぎに、接着する相手の布地2に1aとまったく同じ大きさ、形の穴を開け、同じくほつれ防止を施す。そして開けた穴の形の部分を互いに合わせ、ズレないように熱圧着をおこない接着させる。
【0006】この方法であると作品の出来上がりまでに(イ)既製品のアップリケまたは、熱接着性布地1aを目的とする形に切ったアップリケに開けた穴の形と同じものを、布地2に間ける熟練度(ロ)ほつれ防止を施す手間(ハ)アップリケと布地2に開けた穴の形を合わせ、熱圧着で接着するときに穴の位置がズレて作品が失敗するなど完成まで経験と時間がかかるという問題があった。本発明のアップリケを使用することによって、複雑な手順や熟練を必要としないで、穴開きアップリケの作品が、誰にでも簡単にできるようにするものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明に係わるアップリケは、熱接着性の布地を使用して、布地2に穴を開けた周囲を、1と1aで、で挟み込むことで問題を解決し、発明を完成することができた。本アップリケを作る方法で、従来から市販のヒートカッター7を用いる手段がある。しかし、本発明の穴開けアップリケが従来に無く、したがってヒートカッターを用いた本アップリケを作成するための手順は無かった。本発明の請求項3は、この手順の原理を応用しているため、以下図5にて説明する必要がある。図5はヒートカッター7を使用した作業の状態を表わしている斜視図で、一例として熱接着性布地1aを花の形に切ったアップリケと、熱接着性布地1の3と3aの面を合わせ、ヒートカッターの針状になった先端部8で好みの穴をなぞれば、熱で1aと1が同じ穴の形に切れる。しかも、その熱で先端部8が、3aと3に接触した部分の接着剤が溶け混じり、冷えて固形化するため1aと1が接着され、接着端部4の構造が穴開けと同時にできる。ヒートカッターの先端部8の温度は約380℃。接着端部4の接着強さは、布地2に穴開きアップリケを接着するとき再度、熱圧着を行うので仮止めていどでよい。10はガラス製の台。
【0008】請求項3の発明によれば、ヒートカッター7の原理を応用した電熱抜き型プレスを使用すれば、穴開きアップリケを量産することができる図6、図7。
【0009】
【発明の実施の形態】花や動物やキャラクター品、模様や文字等の目的とする形に切った布地1aに、デザインの一部として好みの穴を開ける。そして開けた穴の裏側の周囲にそって全体に1aと同じ形に開けた熱接着性の布地1を、同じ穴の形の位置を合わせ接着する。そして布地2に開けた穴に1を押し込み1aの上から熱圧着をすれば、本アップリケの作品は完成する。
【0010】上記、1aおよび1の、熱接着性の布地は、ナイロン、ポリエステル、ラバー系等の素材があり、多くの色調と様々な光沢、種々な厚みのシート状にしたものが材料として市販されている。シートの厚みは約0.2から0.7ミリメートル位が標準品とされている。
【0011】
【実施例】図1は、一例として1aを花の形に切ったアップリケに穴を開け、穴の裏側の周囲に1を取り着けた状態を表わした本発明による製品の斜視図である。1aと1の接着端部4の接着幅は1ミリメートル以下が適する。図2は、図1の側面図である。1は布地2を1aと共に挟み込むだけの十分な幅があれば1のデザイン、形は考慮する必要はない。しかし、リバーシブルなものにする場合は、1にもデザインや形を工夫することによって作品がひきたつ。図3は、図2を布地2に開けた穴に1を押し込んだ状態を表わした断面図である。布地2に開ける穴の大きさは、穴5よりも大きめにする必要がある。布地2に開けた穴の大きさが穴5と同じか小さい場合、熱接着性布地1aと1で挟み込み熱圧着した時に、布地2の穴の周囲が1aと1の交わる箇所にあたるため、1aと1で挟まれた部分の布地2が膨れ、シワ等の原因となり作品の仕上がりが悪くなる。布地2に開ける適した穴の大きさは、接着端部4の接着幅や開ける穴の形や大きさによって異なる。1の熱接着性布地の厚みは1aと同じか、もしくはそれより薄いものが適するが、それは作る作品の穴の形や大きさによって異なる。図4は、プレスまたはアイロン台の上に図3を置いて、1aの上から熱圧着を行い、本アップリケを布地2に接着させた状態を表わした断面図である。熱で3aと3に塗布された接着剤が溶け、圧力でその接着剤を布地2の繊維に浸み込ませて本アップリケを接着させる。穴開きアップリケを接着させるための温度は約100℃から180℃位であるが、その温度は使用する熱接着性布地の素材の種類と、布地2の厚み等によって異なる。
【0012】図6は、電熱抜き型プレスの斜視図である。図7は、シート状の熱接着性布地の接着剤塗布面3aと3を合わせ、電熱抜き型プレスを使用して、1aの上の面から熱接着性布地を打抜いた状態を表わしている断面図である。電熱抜き型プレスの電熱プレス部分の先端の刃15で熱接着性布地の穴開けと、その開けられた穴の周囲が14に接触しているため、その熱で3aと3に塗布された接着剤が溶け混じり、冷えて固形化し、接着端部4の構造がができる。そして花の形に作成したプレス型部分は電熱プレス部分と連動するため先端の刃15aでその形が打抜かれ、電熱抜き型プレスの1回の上下運動で、穴開けアップリケを作ることができる。16はエアーシリンダー等に直結され、約1分間に60回以上の上下運動により本アップリケの量産を可能にする。19は16に着脱ができ、他の型の本アップリケを製造する場合には図6の部分の型の交換が簡単に行える。電熱プレス部分14の温度は約380℃位であるが、使用する熱接着性布地の素材の種類や、電熱抜き型プレスの動きの速度によって最適の温度に設定する必要がある。17は、図6の部分を16に取り外し、固定する脱着ボルト。9aは電線。11は断熱材。
【0013】図8は、複数の穴開けアップリケに紐を通した状態を表わした使用例を示す説明図である。服地に接着した複数のアップリケの穴に装飾性のある紐を順に通し立体感のあるデザインとなり紐が揺れた時などは動きのあるものとなる。
【0014】
【発明の効果】布地2に開けた穴の周囲は、1aと1で挟み込むためほつれることがなく、だれにでも簡単にきれいな穴開きアップリケの作品ができる。しかも熱接着性布地1は布地2を1aと挟み込み、接着させる目的だけでなく、両面から見れるリバーシブルの穴開けアップリケにすることができる。それを、のれんやカーテンとして部屋に飾り、両側からデザインを楽しめ、また夏場においては通気性を持った特長を生かせば涼感を得られる作品ができる。この場合1aと1を異なるデザインにすれば、より変化のある作品となる。
【0015】本発明の穴開けアップリケと刺繍等をさまざまに組合せることによって、従来にない、斬新なデザインのアップリケの作品ができる。
【0016】一例として、女性の衣服の胸元付近に花模様の一部に小さな穴を開けたアップリケを多く張り付けることにより、わずかに肌の部分が穴を通して見えるセクシー感を持たせた作品となる。また穴開けアップリケに装飾性の紐や鎖等を通せば立体的なデザイン効果もでる図8。
【0017】
【出願人】 【識別番号】595149195
【氏名又は名称】諸伏 淳子
【識別番号】596153036
【氏名又は名称】上村 寿夫
【識別番号】594055550
【氏名又は名称】日高 智春
【識別番号】594055549
【氏名又は名称】塚本 盛喜
【出願日】 平成8年(1996)9月17日
【代理人】
【公開番号】 特開平10−96152
【公開日】 平成10年(1998)4月14日
【出願番号】 特願平8−281239