トップ :: D 繊維 紙 :: D02 糸;糸またはロ−プの機械的な仕上げ;整経またはビ−ム巻き取り

【発明の名称】 潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸とその製造方法および複合糸
【発明者】 【氏名】清水 敏昭
【氏名】菱沼 澄男
【氏名】土倉 弘至
【課題】織物とした時潜在3次元捲縮を発現する自己伸長糸とその製造方法および複合糸を提供する。

【解決手段】ポリエステルマルチフィラメントからなるフラットヤーンであって、染色加工時の沸水処理および/または乾熱処理等によって3次元捲縮を発現すると同時に糸軸方向へ自己伸長性を示し、式1に示す伸縮伸長率CSが2%以上10%以下で式2に示す伸縮弾性率CDが60%以上で、さらに180℃乾熱処理後の自己伸長率ΔSHが式3に示す範囲にあることを特徴とする潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸。
【特許請求の範囲】
【請求項1】ポリエステルマルチフィラメントからなるフラットヤーンであって、染色加工時の沸水処理および/または乾熱処理、あるいはこれらに準ずる熱処理によって実質的に3次元捲縮を発現すると同時に糸軸方向へ自己伸長性を示し、次式(1)に示す伸縮伸長率(CS)が2%以上10%以下かつ次式(2)に示す伸縮弾性率(CD)が60%以上で、さらに180℃乾熱処理後の自己伸長率(ΔSH)が次式(3)に示す範囲にあることを特徴とする潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸。
CS(%)={(LC2−LC1)/LC1}×100 …(1)
CD(%)={(LC2−LC3)/(LC2−LC1)}×100…(2)
0%<ΔSH≦12% …(3)
ここで、LC1:180℃乾熱処理後2mg/d荷重下の長さ(mm)
LC2:180℃乾熱処理後0.1g/d荷重下の長さ(mm)
LC3:LC2測定後再度2mg/d荷重下をかけた時の長さ(mm)
である。
【請求項2】請求項1記載の潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸と沸水収縮率が2%以上20%以下の熱収縮性糸とが流体交絡および/または合撚されている複合糸。
【請求項3】流体交絡が流体乱流処理によるものであることを特徴とする請求項2記載の複合糸。
【請求項4】複屈折率が20×10-3〜80×10-3のポリエステルマルチフィラメント未延伸糸を該未延伸糸の自然延伸倍率(NDR)以上破断倍率以下の延伸倍率でガラス転移点プラス20℃以下の温度下で、かつ仮ヨリ数(K)が下記式(4)を満足する条件下に延伸仮ヨリした後、オーバーフィード率25%以上でかつ処理温度(T)が下記式(5)を満足する条件下で糸条を収縮させることを特徴とする潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸の製造方法。
3.16×104 ×1/D1/2 ≧K≧ 3.16×104 ×(1/D1/2 )×0.6 …(4)
TK+40≦T≦TK+170 …(5)
ここで、D:延伸後デニール(d)
K:仮ヨリ数(T/m)
TK:仮ヨリ加工時の加熱温度(℃)
T:仮ヨリ加工後の処理温度(℃)
である。
【請求項5】延伸仮ヨリ加工時に摩擦仮ヨリツイスターを用いることを特徴とする請求項4記載の潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸の製造方法。
【請求項6】収縮熱処理に非接触式ヒータを用いることを特徴とする請求項4または5に記載の潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸の製造方法。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ポリエステルマルチフィラメントからなる潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸とその製造方法および複合糸に関するものであり、さらに詳しくは製織あるいは編立て時にはフラットヤーンでありながら通常の染色加工を実施することによって実質的に3次元捲縮発現方向へ自己伸長性を示すことで、従来にない膨らみ・ソフト感を有する布帛を提供できるポリエステルマルチフィラメントからなる潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸とその製造方法および複合糸に関する。
【0002】
【従来の技術】従来より、ポリエステルマルチフィラメントを用いた織編物は、薄地から中厚地にいたるまで多数上市されており、熱収縮差を利用して織編物にふくらみ感を与えた異収縮混繊糸が利用されている。
【0003】異収縮混繊糸の構成として、2種以上の糸が共に収縮糸でありながら、熱処理により収縮の大なるフィラメントと収縮の小なるフィラメントを組み合わせたものは十分な熱収縮差を得るため収縮の大なるフィラメントの熱収縮率を大きくする必要があるが、ふくらみ感は出るものの芯のある硬い風合いになりやすい欠点を有している。
【0004】この点を改善し、かつふくらみやソフト感に富む織編物を得る手段として、熱処理により収縮するフィラメントと自己伸長性を示すフィラメントとを混繊あるいは合撚した糸条を用いて製織編し、染色加工工程等の熱処理により自己伸長性糸状を織編物表面へ浮き出させる提案、例えば特公昭61−36099号公報、特公昭62−60504号公報、特公平3−42334号公報、特公平4−1097号公報、特公平4−18051号公報など多数提案され一応の効果は得られている。
【0005】しかしながら、これらに提案された手法では、染色加工工程等の熱処理により結晶配向化が進み、自己伸長性を示すものであるが、自己伸長性の構成フィラメントが一様に繊維軸方向に伸長してしまうため、均整な表面感となるばかりでなく、ポリエステル特有のヌメリ感が残存したものであった。
【0006】そこで単純で均整な自己伸長性を示さないものとして、糸に捲縮を付与する提案が特開平8−325871号公報、特開平9−3739号公報、特開平9−21026号公報などに示されているが、熱処理前の段階ですでに捲縮を有しているために、通常の仮ヨリ加工糸のようにふかつきの強いものであったり、熱処理後に捲縮が発現するものであっても捲縮発現力が弱いばかりでなく、2次元捲縮のため織物拘束力下で十分に嵩高性を発揮できないものであった。さらにはこれらの提案に開示されている製造方法では、捲縮あるいは潜在的捲縮を付与するために糸加工を低速で行わなければならなかったり、特殊な設備が必要であり、生産性に劣るものであった。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】本発明は上記従来の問題点に鑑み、染色加工時の沸水処理および/または乾熱処理によって、あるいはこれらに準ずる熱処理によって、3次元捲縮発現と自己伸長性を同時に発現させ、織編物とした時に十分な膨らみとソフト感を提供できるポリエステルマルチフィラメントからなる潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸とその製造方法および複合糸を提供することを目的とするものである。
【0008】
【課題を解決するための手段】本発明の潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸とその製造方法および複合糸は上記の課題を解決するために次の構成を有する。すなわち、[1]ポリエステルマルチフィラメントからなるフラットヤーンであって、染色加工時の沸水処理および/または乾熱処理、あるいはこれらに準ずる熱処理によって実質的に3次元捲縮を発現すると同時に糸軸方向へ自己伸長性を示し、次式(1)に示す伸縮伸長率(CS)が2%以上10%以下かつ次式(2)に示す伸縮弾性率(CD)が60%以上で、さらに180℃乾熱処理後の自己伸長率(ΔSH)が次式(3)に示す範囲にあることを特徴とする潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸。
【0009】
CS(%)={(LC2−LC1)/LC1}×100 …(1)
CD(%)={(LC2−LC3)/(LC2−LC1)}×100…(2)
0%<ΔSH≦12% …(3)
ここで、LC1:180℃乾熱処理後2mg/d荷重下の長さ(mm)
LC2:180℃乾熱処理後0.1g/d荷重下の長さ(mm)
LC3:LC2測定後再度2mg/d荷重下をかけた時の長さ(mm)
である。
【0010】[2]前記[1]項記載の潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸と沸水収縮率が2%以上20%以下の熱収縮性糸とが流体交絡および/または合撚されている複合糸。
【0011】[3]流体交絡が流体乱流処理によるものであることを特徴とする前記[2]項記載の複合糸。
【0012】[4]複屈折率が20×10-3〜80×10-3のポリエステルマルチフィラメント未延伸糸を該未延伸糸の自然延伸倍率(NDR)以上破断倍率以下の延伸倍率でガラス転移点プラス20℃以下の温度下で、かつ仮ヨリ数(K)が下記式(4)を満足する条件下に延伸仮ヨリした後、オーバーフィード率25%以上でかつ処理温度(T)が下記式(5)を満足する条件下で糸条を収縮させることを特徴とする潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸の製造方法。
【0013】
3.16×104 ×1/D1/2 ≧K≧ 3.16×104 ×(1/D1/2 )×0.6 …(4)
TK+40≦T≦TK+170 …(5)
ここで、D:延伸後デニール(d)
K:仮ヨリ数(T/m)
TK:仮ヨリ加工時の加熱温度(℃)
T:仮ヨリ加工後の処理温度(℃)
である。
【0014】[5]延伸仮ヨリ加工時に摩擦仮ヨリツイスターを用いることを特徴とする前記[4]項記載の潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸の製造方法。
【0015】[6]収縮熱処理に非接触式ヒータを用いることを特徴とする前記[4]項または[5]項に記載の潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸の製造方法。
【0016】
【発明の実施の形態】以下、本発明について詳細に説明する。
【0017】まず、本発明の潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸は、熱処理前は捲縮やトルクを有さないフラットヤーンでありながら、通常の染色加工工程での熱処理を受けることで十分な3次元捲縮と自己伸長性を同時に発現するものである。
【0018】熱処理前に捲縮やトルクを有していないことで織物にする際は通常のポリエステル延伸糸と同様の取扱い性となるばかりでなく、熱処理前後で織物交錯点での空隙変化が大きくなり、風合いがふかつくことなく、織物を曲げたり圧縮したり剪断した際に自由度が大きくなることで回復性が良くなり、いわゆる反発性の向上につながるのである。このときに十分空隙を増加させるためには通常の仮ヨリ加工糸で知られる3次元捲縮が有効である。
【0019】伸縮伸長率(CS)は2%以上とすることが重要であり、これを下回ると嵩高効果に劣るものとなり、また10%を越えると通常の仮ヨリ加工糸のようなふかつき感が強く好ましくない。さらにこの時の伸縮弾性率(CD)は60%以上とすることが重要であり、60%に満たないと嵩高効果にへたりが見られるため好ましくない。
【0020】ここで述べる3次元捲縮とは、いわゆる押し込み賦型による折りたたみ捲縮を2次元捲縮と定義したときに、通常の仮ヨリ加工糸の単糸が有する螺旋、反転構造を示すものである。
【0021】また、本糸条は捲縮発現と同時に自己伸長性を示すものであるが、ここで言う自己伸長性とは繊維に張力をかけない状態で熱処理したとき、熱処理後の糸長が熱処理前の糸長に比べ長くなる性質を示すものである。すなわち、熱処理により捲縮発現と同時に伸長することで単糸間の空隙が増大し、先に述べた反発性の向上に加え、糸および織編み物とした際に見掛けカバーファクターは密でありながら空隙を有し、膨らみとソフト感を向上させる効果があるのである。ここで自己伸長性は大きいほど空隙増大の方向であるが、180℃乾熱処理で伸長率が12%を越えるとふかつきが出てくるので好ましくない。
【0022】なお、本発明の糸条はポリエステルマルチフィラメントで構成されるものであれば、繊度やフィラメント数、断面形状などは特に限定されるものではなく、例えばカチオン染料でも染められるように第3成分が共重合されたポリマーであったり、前記成分や粘度差のあるものを含むポリマーをブレンド紡糸やサイドバイサイドに貼合わせたものであってもよく、同様に断面形状についても中空や三角の異形断面糸であってもよい。
【0023】次に本発明の複合糸は、前記した潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸と沸水収縮率が2%以上20%以下の熱収縮性糸の少なくとも2糸条で構成されているものである。
【0024】熱収縮性糸と混用して用いることにより、前記した潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸が熱処理により捲縮発現と同時に自己伸長性を示す一方で、熱収縮する糸を含むため、糸自体の空隙拡大を増長することができるものである。
【0025】熱収縮性糸の収縮性は、沸水収縮率が2〜20%のものであることが好ましい。沸水収縮率が2%に満たないと、先に述べた混用効果が得にくくなり、また沸水収縮率が20%を越えると、潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸との糸長差が大きくなり過ぎ、ふかついた風合いやアイロンによるあたりが出たり、収縮率が大きいために織編み物とした際に密度が高くなり過ぎたり、荷重下での歪み回復率が低下し、いわゆる膝抜け現象が出やすくなるばかりか、かえって繊維軸収縮により織編み物内の空隙増大効果をスポイルし、芯のある硬い風合いのものになるため好ましくない。
【0026】ここで、熱収縮性糸は、繊度やフィラメント数、断面形状などに特に限定はなく、いわゆる仮ヨリ加工糸に代表される捲縮を有していても差支えない。
【0027】また熱収縮性糸と混用する際には後工程でのしごき等で複合糸が分離して後の加工工程通過性に悪影響を及ぼさない程度に集束されていればよく、一般に知られる流体交絡や合撚されていることが好ましい。特に、本発明糸を複合する際に流体乱流処理である、いわゆるタスラン加工を採用すると、複合糸構成糸間で発現する糸長差に加え、ループ調の形態変化をも加えられるため、変化に富んだ織編み物が得られ、効果的である。
【0028】次に、本発明の潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸の製造方法について説明する。
【0029】本発明において、供給糸としては、例えば通常の高速紡糸方法によって得られる複屈折率が20×10-3〜80×10-3のポリエステルマルチフィラメント未延伸糸を用いる。未延伸糸の複屈折率が20×10-3未満では配向度が低すぎて繊維の特性が経時変化しやいため一定品質の原糸を加工に供給できにくくなるため好ましくない。また、複屈折率が80×10-3を越えると、配向度が高くなり、以下に説明する仮ヨリ延伸の際十分にヨリ歪みを記憶させにくくなって、染色加工時の熱処理による捲縮発現が不十分であったり、延伸仮ヨリ後の熱収縮性が低下し、自己伸長性を付与しにくくなるため好ましくない。
【0030】本発明では、まず上記の特性を有するポリエステルマルチフィラメント未延伸糸を、該未延伸糸の自然延伸倍率(以下NDRと称す)以上の延伸倍率でガラス転移点プラス20℃未満の温度下で延伸同時仮ヨリする。
【0031】延伸倍率が供給未延伸糸のNDRに満たないと、仮ヨリ張力が低くなって加工安定性に欠け、糸切れを起こしやすいことに加え、繊維軸方向および仮ヨリ歪み方向への分子配向が高められず、ひき続き行うオーバーフィード収縮熱処理を施しても、自己伸長性を付与しにくくなり、好ましくない。
【0032】また、自己伸長性糸を得るためには、分子配向を高めつつ、繊維の結晶化を急激に促進させないことが重要であり、そのために仮ヨリ延伸時にはガラス転移点+20℃以下の温度とすることが重要である。さらに通常の染色加工工程で自己伸長性と同時に十分な3次元捲縮を発現させるためには、仮ヨリ数も重要なファクターであり、仮ヨリ数(K)は下記式(4)を満足する条件下に設定するものである。仮ヨリ数(K)がこの範囲を下回ると、ヨリ歪みの記憶が不十分となり、目的とする十分な3次元捲縮が得られにくくなり、逆にこの範囲を上回ると、糸加工安定性に欠けるため好ましくない。
【0033】
3.16×104 ×1/D1/2 ≧K≧ 3.16×104 ×(1/D1/2 )×0.6 …(4)
ここで、D:延伸後デニール(d)
K:仮ヨリ数(T/m)
また、この延伸仮ヨリ時には、摩擦仮ヨリツイスターを用いることが、糸加工の生産性向上および主に毛羽発生に関する糸質問題の点から有効であり、例えば3軸フリクションツイスターやベルトニップツイスターが好ましい。
【0034】上記条件で延伸仮ヨリした後、引き続いてオーバーフィード条件下で収縮熱処理を施し、仮ヨリによる捲縮およびトルクを潜在化させ、見掛け上捲縮を有さないフラットヤーンとなし、染色加工工程で自己伸長性と同時に3次元捲縮発現を示す状態にするものである。なお、捲縮発現処理は、染色加工工程に限定されるものではなく、これらに準ずる熱処理によっても可能である。
【0035】自己伸長性と同時に3次元捲縮発現を示す状態とは、延伸仮ヨリによって繊維の結晶部および非晶部が繊維軸方向や仮ヨリ加撚歪み方向に配向した後、収縮熱処理により結晶部は繊維軸方向と仮ヨリ加撚歪み方向に成長せずに配向したまま非晶部が十分に緩和した状態にあるものと思われるが、推定の域はでない。
【0036】ここで非晶部を十分に緩和させるためには、収縮熱処理時のオーバーフィード率を25%以上とすることが重要である。25%未満では染色加工工程で3次元捲縮の発現は認められるものの、同時に自己伸長性を示さなくなるため好ましくない。
【0037】また自己伸長性を持たせるためには、先にも述べたように、収縮熱処理時に繊維の結晶化を急激に促進させずにかつ非晶部を十分に緩和させることが重要であり、このため収縮熱処理温度は仮ヨリ加工時の受熱温度(加熱温度)(TK)に対し、プラス40℃以上、170℃以下とすることが重要である。プラス40℃に満たなければ十分なオーバーフィード条件が取れないため、非晶部の緩和が不足して自己伸長性を示さなくなり、またプラス170℃を越えると結晶化が促進し自己伸長性を示さなくなるため好ましくない。
【0038】この収縮熱処理時には通常の接触式プレートヒータを用いてもよいが、好ましくは非接触式ヒータを採用することが糸加工性の安定のため好ましい。
【0039】図1は、本発明に係る潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸の一例を示す側面図であり、図2は、本発明に係る潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸を熱処理により3次元捲縮発現と自己伸長発現した状態の一例を示す側面図である。
【0040】また、図3は、本発明における潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸の製造方法の一例を示す概略工程図である。
【0041】図3において、ポリエステル高配向未延伸糸1は、ガイド2を介して、供給ローラ3に供給され、1次ヒータ4により加熱されるとともに、仮ヨリツイスター5により仮ヨリが付与されつつ供給ローラ3と第1の送り出しローラ6との間で延伸される。第1の送り出しローラ6から送り出された糸条は第2の送り出しローラ8との間でオーバーフィードされつつ2次ヒータ7により加熱され、ワインダー9に巻き取られるようになっている。
【0042】
【実施例】次に、本発明を実施例および図面により具体的に説明するが、本発明はこれにより限定されるものではない。なお本文中および実施例記載の各物性値は以下の測定方法によるものである。
【0043】(1)伸縮伸長率(CS)および伸縮弾性率(CD)
JIS−L1090 伸縮性A法に準ずる(詳細は以下の通り)
試料を乾燥機に入れて荷重をかけない状態下に乾熱180℃で10分間処理する。試料を取り出して冷却後、試料の上端をクランプで固定し、2mg/dの初荷重をかけて垂下し、30秒後上部クランプから正しく20cm(LC1)を量って印を付け、次に0.1g/dの荷重をかけて30秒後の試料の長さ(LC2)を測り、除重後、2分間放置して再び初荷重をかけて30秒後の試料の長さ(LC3)を測り、次の式によって伸縮伸長率(%)および伸縮弾性率(%)を算出する。試験回数は20回とし、その平均値を少数点以下1けたまでで表す。
【0044】
伸縮伸長率={(LC2−LC1)/LC1}×100伸縮弾性率={(LC2−LC3)/(LC2−LC1)}×100なお、試料の長さが十分にないときは初荷重下の試長(LC1)を任意とする。
【0045】(2)自己伸長率(ΔSH)
試料に0.1g/dの荷重を掛け、その長さL1(mm)を測定する。次いでその荷重を取り除き、試料を乾燥機にいれて乾熱180℃で10分間処理する。試料を取り出して冷却後再度試料に0.1g/dの荷重をかけ、その長さL2(mm)を測定する。上記L1、L2を下記式に代入し180℃自己伸長率(ΔSH)を算出する。なお、測定回数5回の平均値をもってその測定値とする。
【0046】
ΔSH(%)={(L2−L1)/L1}×100(3)沸水収縮率(ΔSW)
試料を枠周1.125mの検尺機を使用し、1/30(g/d)の初荷重をかけて巻き返し、巻き回数が10回のかせを作る。このかせに0.1(g/d)の荷重をかけ、その長さL3(mm)を測定する。次いで試料をガーゼ等に包んだ状態でバスに入れ、沸騰水常圧98℃で10分間処理する。試料を取り出して自然乾燥後再度0.1g/dの荷重をかけ、その長さL4(mm)を測定する。上記L3、L4を下記式に代入し、沸水収縮率を算出する。なお、測定回数5回の平均値をもってその測定値とする。
【0047】
ΔSW(%)={(L3−L4)/L3}×100(4)複屈折率通常の偏光顕微鏡コンペンセータを用いて干渉縞法により測定する。
【0048】(5)自然延伸倍率(NDR)
INSTRON社製の引張り試験機を用いて、試長20cm、初荷重0.1g/d、引張り速度20cm/minの条件で糸の引張り試験を行い、強伸度曲線を得る。強伸度曲線上で一定強力伸張領域の延長線と同伸張領域を越えて破断に至る立上がり部分の延長線との交点の伸度を読みとる。なお、測定回数5回の平均値をもってその測定値とする。
【0049】(実施例1)ポリエチレンテレフタレートを紡速3000m/minで溶融紡糸し、55デニール24フィラメントで複屈折率が35×10-3、NDRが53%の高配向未延伸糸を得た。この高配向未延伸糸(ガラス転移点77℃)を用い、図3に示す工程で仮ヨリツイスターに3軸フリクションツイスターを使用して、表1に示す条件下で加工した。
【0050】得られた加工糸を荷重をかけない状態下で乾熱180℃で10分間処理したところ、図2に示すように、微細な捲縮を発現すると共に、自己伸長性を示し、糸条は嵩高性に富んでおり、伸縮伸長率は5.3%、伸縮弾性率は79.2%、自己伸長率は3.5%であった。
【0051】該収縮熱処理糸と沸水収縮率9.7%のポリエステルマルチフィラメント通常延伸糸50デニール24フィラメントをHemajet製タスランノズルを使用し、常温の高圧空気流にて混繊加工し、105デニール48フィラメントを得た。この糸に通常法で800T/mの撚糸を施し、タテおよびヨコ糸に用い、綾羽二重を製織した。製織した布帛をリラックス精練した後、180℃でセットし、17%のアルカリ減量加工を施し、引き続き液流染色機を用い分散染料で染色した後160℃でファイナルセットした。得られた織物は適度な膨らみと張り腰を有しており、特に微妙な表面タッチと反発性にすぐれた風合いを有するものであった。またこの織物の表面を走査型電子顕微鏡を使用して観察したところ、収縮熱処理糸が微細な捲縮を発現していることが確認された。
【0052】(実施例2)実施例1で用いたのと同じ55デニール24フィラメントの高配向未延伸糸を用い、1次ヒータ温度を70℃とし、その他の条件は表1に示す条件下に図3に示す工程で加工した。得られた加工糸を荷重をかけない状態下で乾熱180℃で10分間処理したところ、微細な捲縮を発現すると共に、自己伸長性を示し、伸縮伸長率は7.8%、伸縮弾性率は72.3%、自己伸長率は1.0%であった。
【0053】(比較例1)実施例1で用いたのと同じ55デニール24フィラメントの高配向未延伸糸を用い、1次ヒータ温度を150℃とし、その他の条件は表1に示す条件下に図3に示す工程で加工した。得られた加工糸を荷重をかけない状態下で乾熱180℃で10分間処理したところ、微細な捲縮の発現は見られたが、自己伸長性は示さず、熱収縮性の糸であった。この糸の伸縮伸長率は13.8%、伸縮弾性率は68.1%、自己伸長率は−8.2%であった。
【0054】(比較例2)実施例1で用いたのと同じ55デニール24フィラメントの高配向未延伸糸を用い、仮ヨリツイスターにスピンドルタイプを使用して、仮ヨリ数を1800T/mに変更し、その他の条件は表1に示す条件下に図3の工程で加工した。得られた加工糸を荷重を掛けない状態下で乾熱180℃で10分間処理したところ、自己伸長性は示したものの、捲縮発現は不十分であった。この糸の伸縮伸長率は1.3%、伸縮弾性率は87.2%、自己伸長率は2.0%であった。
【0055】この収縮熱処理糸と沸水収縮率9.7%のポリエステルマルチフィラメント通常延伸糸50デニール24フィラメントをHemajet製タスランノズルを使用し、常温の高圧空気流にて混繊加工し、105デニール48フィラメントを得た。この糸を用い実施例1と同一条件で綾羽二重を製織し、精練−セット−アルカリ減量−染色−ファイナルセットした。得られた織物は適度な膨らみを有していたがヌメリ感のある風合いを持つものであった。またこの織物の表面を走査型電子顕微鏡を使用して観察したところ収縮熱処理糸はほぼストレートであることが確認された。
【0056】(比較例3)実施例1で用いたのと同じ55デニール24フィラメントの高配向未延伸糸を用い、収縮熱処理率を20%とし、その他の条件は表1に示す条件下に図3に示す工程で加工した。得られた加工糸を荷重をかけない状態下で乾熱180℃で10分間処理したところ、微細な捲縮の発現は見られたが、自己伸長性は示さず、熱収縮性の糸であった。この糸の伸縮伸長率は6.3%、伸縮弾性率は73.2%、自己伸長率は−13.1%であった。
【0057】(比較例4)実施例1で用いたのと同じ55デニール24フィラメントの高配向未延伸糸を用い、延伸倍率を1.1倍とし、その他の条件は表1に示す条件下に図3に示す工程で加工したが仮ヨリ張力が変動し、しばらくするうちに糸切れが発生しサンプリングできなかった。
【0058】(比較例5)実施例1で用いたのと同じ55デニール24フィラメントの高配向未延伸糸を用い、2次ヒータ温度を50℃とし、その他の条件は表1に示す条件下に図3に示す工程で加工を試みたが、2次ヒータ入口で走行糸がたるみ、糸切れが発生してサンプリングできなかった。
【0059】(比較例6)ポリエチレンテレフタレートを紡速5000m/minで溶融紡糸し、75デニール36フィラメントで複屈折率が85×10-3、破断伸度60%の糸を得た。この高配向未延伸糸を用い、図3に示す工程で加工を試みたが、2次ヒータ入口で走行糸がたるみ、糸切れが発生してサンプリングできなかった。
【0060】
【表1】

【0061】
【発明の効果】上述の通り、本発明の潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸および複合糸は、織編み物とした後に通常の染色工程を施すことにより、潜在3次元捲縮発現性自己伸長糸が実質的に3次元捲縮発現と同時に自己伸長発現することによって織編み物の交錯点および表面にランダムな多層構造をもたらすことで適度なふくらみ、張り、腰およびソフト感を合わせもつ素晴らしい風合いが得られ、また上述の製造方法によれば本発明の糸が特殊な設備を用いることなく安価に安定して得られるものである。
【出願人】 【識別番号】000003159
【氏名又は名称】東レ株式会社
【出願日】 平成9年(1997)5月19日
【代理人】
【公開番号】 特開平10−317245
【公開日】 平成10年(1998)12月2日
【出願番号】 特願平9−128715