トップ :: D 繊維 紙 :: D02 糸;糸またはロ−プの機械的な仕上げ;整経またはビ−ム巻き取り

【発明の名称】 特殊賦型嵩高加工糸及びその製造方法
【発明者】 【氏名】武田 重一
【課題】ドレープ性、ソフト感及びヌメリ感が向上し糸条の風合いが改質されると共に、糸条の長手方向に凹凸を有する表面変化や染色濃淡の色差変化が十分に付与された特殊特殊賦型嵩高加工糸及びその製造方法を提供する。

【解決手段】2本以上の糸条がエア交絡により混繊された混繊糸に50%以下の緩和率で緩和熱処理を施した直後に、凹凸加熱ローラと平坦なゴムローラとからなる賦型ローラにより加圧して賦型加工を施すことにより、偏平な特殊賦型嵩高加工糸(10)が得られる。前記加工糸(10)は加熱加圧により凹凸状に形成された溶着部(10a) と未溶着部(10b) とを有し、前記溶着部(10a) は糸条表面積の単位面積当り10%以上50%以下を占め、同溶着部(10a) の糸条長手方向に沿った最長部分の寸法が100μm以上である。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 マルチフィラメント糸を賦型加工して得られる特殊賦型嵩高加工糸であって、前記賦型加工が局部的な加熱加圧による加工であり、同加工により溶着された溶着部が糸条表面積の単位面積当り10%以上50%以下を占め、同溶着部の糸条長手方向に沿った最長部分の寸法が100μm以上であることを特徴とする特殊賦型嵩高加工糸。
【請求項2】 前記マルチフィラメント糸は2以上の糸条を混繊した混繊糸からなり、少なくとも1本の前記糸条はイオン性染料に対して可染性である請求項1記載の特殊賦型嵩高加工糸。
【請求項3】 前記マルチフィラメント糸は2以上の糸条を混繊した混繊糸からなり、少なくとも1本の前記糸条は沸水収縮率が15〜25%である請求項1又は2記載の特殊賦型嵩高加工糸。
【請求項4】 前記賦型加工により全体が偏平をなす糸条である請求項2又は3記載の特殊賦型嵩高加工糸。
【請求項5】 2本以上の糸条が混繊交絡された熱可塑性合成繊維フィラメント糸に賦型加工を施して特殊賦型嵩高加工糸を製造する方法であって、前記フィラメント糸に50%以下の緩和率で熱処理を施した直後に、少なくとも一方が加熱された一対の賦型ローラにより局部的に加圧して賦型加工を施すことを含むことを特徴とする特殊賦型嵩高加工糸の製造方法。
【請求項6】 前記賦型ローラの少なくとも一方は表面に凹部又は凸部が形成されている凹凸ローラであり、前記凹凸部の長手方向寸法が100μm以上で、且つ前記凸部は前記凹凸ローラの表面積の10〜50%を占めてなる請求項5記載の特殊賦型嵩高加工糸の製造方法。
【請求項7】 加熱された前記賦型ローラは160〜220℃に設定されてなる請求項5又は6記載の特殊賦型嵩高加工糸の製造方法。
【請求項8】 前記熱処理は融点−50℃〜ガラス転移点+10℃以上でなされる請求項5〜7のいずれかに記載の特殊賦型嵩高加工糸の製造方法。
【請求項9】 前記加熱加圧により前記熱可塑性合成樹脂繊維フィラメント糸の全体を偏平に加工する請求項5〜8のいずれかに記載の特殊賦型嵩高加工糸の製造方法。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明はマルチフィラメント糸を賦型加工して得られる特殊賦型嵩高加工糸及びその製造方法に関し、ドレープ性、ソフト感及びヌメリ感に優れ、特に、布帛に織編成された場合に優れた表面変化及び色差変化を付与できる特殊賦型嵩高加工糸及びその製造方法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、織物の仕上げ加工としてフラットなローラ面によりカレンダー加工を施し、織物の風合いを改良したり織物につや出しを行っていた。また、織物面に表面変化を付与するためにモアレ模様などの柄でエンボスローラ加工を施すことも周知である。
【0003】或いは、特公昭60−14654号公報には、糸条に仮撚加工を施し2次ヒータで加熱した直後に粗面体のローラで加圧処理を施して、同糸条のドレープ性、ソフト感及びヌメリ感を強調する風合いの改質方法が開示されている。更に、特公昭58−109650号公報や特公昭60−2727号公報では、ドレープ性、ソフト感及びヌメリ感を向上させて糸条の風合いを改質するために、熱処理と加圧ローラによる加圧処理とを併用することが提案されている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上述の公報に開示されている糸条の処理方法では上述のように風合いを改質することが主要な目的であるため、糸条に凹凸変化を付与させる前記粗面体のローラや加圧ローラの凹凸模様が小さい。そのため、風合いを改質することはできても、糸条の長手方向に凹凸を有する表面変化や染色濃淡の色差変化を十分に付与することができない。更にこれらの糸条で布帛を織編成した場合に、表面変化及び色差変化の欠如が顕著となる。
【0005】本発明はこれらの問題点を解決すべくなされ、ドレープ性、ソフト感及びヌメリ感が向上し糸条の風合いが改質されると共に、糸条の長手方向に凹凸を有する表面変化や染色濃淡の色差変化が十分に付与された特殊賦型嵩高加工糸及びその製造方法を提供することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】上述の目的を達成するために、本発明は、マルチフィラメント糸を賦型加工して得られる特殊賦型嵩高加工糸であって、前記賦型加工が局部的な加熱加圧による加工であり、同加工により溶着された溶着部が糸条表面積の単位面積当り10%以上50%以下を占め、同溶着部の糸条長手方向に沿った最長部分の寸法が100μm以上であることを特徴とする特殊賦型嵩高加工糸を主要な構成としている。
【0007】ここで前記溶着部の面積は、賦型加工された糸条の任意の部位での電顕による側面写真から測定したものであり、糸条全体の表面積に対する前記溶着部の面積の比率を%表示したものである。なお、前記溶着部は周期性をもって存在していることが前提である。前記溶着部の糸条長手方向に沿った最長部分の寸法も、面積測定と同様に電顕の側面写真から測定したものであり、前記溶着部の形状が円形である場合には、その直径を測定すればよい。
【0008】上述の特殊賦型嵩高加工糸は、前記溶着部が凹凸状に存在するため糸条全体に光沢があり、しかも染色をした場合、前記溶着部は濃色に、その他の部分は淡色になり、ミックス感及びボリューム感に富んだ特異な風合いの加工糸となる。ここで前記溶着部が10%以下の場合には十分なドレープ性、ソフト感及びヌメリ感を付与できず風合いの改質がなされない。一方、50%以上の場合には糸条の物性が劣化し、布帛の形成時に糸切れ等のトラブルが発生する。
【0009】前記マルチフィラメント糸は2以上の糸条を混繊した混繊糸からなり、少なくとも1本の前記糸条はイオン性染料に対して可染性であることが好ましく、その場合には、従来の仮撚加工糸では得ることのできなかったミックス感に富んだ糸条を得ることができる。また、前記マルチフィラメント糸は2以上の糸条を混繊した混繊糸からなり、少なくとも1本の前記糸条は沸水収縮率が15〜25%であることが好ましく、その場合には2以上の糸条の熱収縮差による凹凸が更に加味されて、得られた加工糸は非常にボリューム感があり意匠性の高いものとなる。更に好ましくは、本発明の特殊賦型嵩高加工糸は前記賦型加工により全体が偏平をなす糸条であり、光沢に富んだ糸条となる。
【0010】更に、本発明は、2本以上の糸条が混繊交絡された熱可塑性合成繊維フィラメント糸に賦型加工を施して特殊賦型嵩高加工糸を製造する方法であって、前記フィラメント糸に50%以下の緩和率で熱処理を施した直後に、少なくとも一方が加熱された一対の賦型ローラにより局部的に加圧して賦型加工を施すことを含むことを特徴とする特殊賦型嵩高加工糸の製造方法を他の主要な構成としている。
【0011】前記賦型ローラの少なくとも一方は表面に凹部又は凸部が形成されている凹凸ローラであり、前記凸部の長手方向寸法が100μm以上で、且つ前記凸部は前記凹凸ローラの表面積の10〜50%を占めてなることが好ましい。なお、前記凸部の形状は菱形や円形など、どんな形状であってもよいが、前記凸部は周期性のある配置であることが好ましい。また、前記凹凸ローラは鉄製又はセラミック製の何れでも良いが、コスト及び賦型性等を考慮すれば鉄製のローラで十分に賦型可能である。また、他方のローラは糸条繊維の物性劣化等の誘発を阻止するために、ゴム製又は樹脂製であることが好ましい。
【0012】ここで、本発明ではフィラメント糸に緩和熱処理を施すことが必須である。フィラメント糸に緩和熱処理を施さず、同フィラメント糸が室温状態で賦型ローラを通過した場合、同フィラメント糸の分子構造が破壊してしまう。それにより前記フィラメント糸は、見掛け上は糸条長手方向に凹凸状の溶着部を有する糸条は得られるものの弾性が失われ、極端に物性が劣化して布帛に形成する際に糸切れなどの問題を誘発することとなる。また、前記フィラメント糸は緩和熱処理後、軟化状態にあるうちに速やかに賦型加工を施すことで物性劣化を抑えることができるため、前記賦型ローラは前記熱板ヒータの出来るだけ近傍に設置することが好ましい。
【0013】前記糸条は緩和熱処理が施された後、一対の前記賦型ローラを通過することにより加熱加圧されて凹凸状の溶着部が形成される。この際、一対のローラのどちらか一方を加熱することにより半永久賦型させることができ、しかもボリューム感のある糸条が得られる。
【0014】加熱された前記賦型ローラは160〜220℃に設定されてなることが好ましい。加熱された前記賦型ローラの温度は高い程、捲縮の発現が顕著となり嵩高性に富んだ糸条となるが、前記温度が高すぎて糸条が強度に融着されると分子構造が破壊され、糸条強度が劣化し布帛の形成が困難となる。逆に温度が低すぎると捲縮が十分に発現されず、ボリューム感に欠ける糸条となってしまう。また、前記熱処理は融点−50℃〜ガラス転移点+10℃以上でなされることが好ましく、その場合には、糸条が融着を起こすこともなく緩和状態に加熱される。
【0015】前記加熱加圧により前記熱可塑性合成樹脂繊維フィラメント糸の全体を偏平に加工することが好ましい。なお、前記混繊糸はエア交絡又は撚糸混繊された糸条を使用することが好ましいが、撚糸混繊による混繊糸の場合には賦型加工が施されても糸条が偏平になりにくいため、偏平糸条を得たい場合にはエア交絡による混繊糸を用いることがコスト的にもより好ましい。
【0016】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態について図面及び実施例を参照して詳細に説明する。図1には本発明の特殊賦型嵩高加工糸を本発明の製造方法により製造する工程を概略的に示す。図1の符号10は予めエア交絡により混繊された混繊糸を示している。この混繊糸10はエア交絡により混繊されているが、撚糸混繊された糸条であってもよい。但し、撚糸混繊による混繊糸の場合には賦型ローラ3により賦型加工が施されても糸条が偏平になりにくいため、偏平糸条を得たい場合にはエア交絡による混繊糸を使用すると、低コストで且つ高品質の偏平糸条が得られる。
【0017】前記混繊糸10はフィードローラ1により供給されて熱板ヒータ2により50%以下の緩和率で緩和熱処理が施される。同熱板ヒータ2の温度は、糸条が融着を起こさない程度の温度で、しかも糸条が緩和状態となる温度に設定され、好ましくは融点−50℃〜ガラス転移点+10℃以上に設定されている。
【0018】前記熱板ヒータ2の下流側に隣接して1対の賦型ローラ3が設置され、混繊糸10は前記熱板ヒータ2を通過して熱処理が施された直後に前記賦型ローラ3により賦型加工が施されてワインダ4により巻き取られる。この一対の賦型ローラ3は、ロール軸に対して左右対象に50°の角度をもって、約2mm間隔で平行に溝を刻設し、ローラ表面に菱形の凸部を形成した鉄製の凹凸ローラ3aと、表面が平滑な金属製の鏡面ローラ3aとからなる。前記凹凸ローラ3aは加熱ローラであり、そのため混繊糸10を半永久的に賦型することができ、しかもボリューム感のある糸条が得られる。前記加熱凹凸ローラ3aの温度が高いと捲縮の発現が顕著となり嵩高性に富んだ糸条となる反面、温度が高すぎると糸条の融着程度が大きくなり分子構造が破壊されてしまうため、糸条の強度が劣化し、後に布帛に形成される際に糸切れ等が発生しやすく、布帛形成が困難となる。逆に温度が低いと捲縮が不充分なボリューム感に欠ける糸条となってしまう。これらの点を鑑み、前記凹凸ローラ3aの温度は160〜220℃に設定することが望ましい。
【0019】また、前記凹凸ローラ3aの表面に存在する菱形凸部は一辺の大きさが100μm以上であり、この菱形凸部は表面積の10%以上50%以下を占めている。前記凸部の占有面積が50%以上になると糸条の物性が劣化して布帛形成時にトラブルを生じる。又、10%以下になると風合いの改質が不十分となる。
【0020】なお、前記凸部の形状は菱形に限定されるものではなく、例えば円形や三角形状等に形成することもできる。また、ローラ表面に対して突出した凸部ではなく、凹部に形成してもよい。但し、その場合にもローラ表面に対する凸部又は凹部の占有面積は10%以上50%以下とされ、更には前記凸部又は凹部は周期性をもって配置されることが望ましい。
【0021】更に本実施例では前記凹凸ローラ3aはコスト、賦型性等を考慮して鉄製ローラを採用しているが、その外にも例えばセラミック製ローラを使用することもできる。また、他方の凸部が形成されていないローラは鉄製の他にゴム製又は樹脂製のローラを使用してもよく、その場合には繊維の物性劣化等の誘発を効果的に防止できる。
【0022】この賦型加工の際に、混繊糸10に緩和熱処理を施さず混繊糸10が室温状態で賦型ローラ3を通過すると、混繊糸10の分子構造が破壊されてしまう。そのため加熱されることなく賦型ローラ3を通過した糸条は、見掛け上はその長手方向に凹凸状の圧着部が形成されるものの、弾性が失われて極端に物性が劣化したものとなり、同糸条により布帛を形成する際に糸切れなどの問題点を誘発することとなる。しかしながら、本発明の方法によれば、上述の熱板ヒータ2により混繊糸10には緩和熱処理が施され、更に賦型ローラ3は熱板ヒータ2に隣接して設置されているため、混繊糸10は熱板ヒータ2により加熱されて軟化した状態で賦型ローラ3を通過することとなり、分子構造が破壊されることもなく、物性の劣化が少ない。
【0023】図2には上述の製造工程を経て得られた特殊賦型嵩高加工糸11の拡大側面図を示す。前記特殊賦型嵩高加工糸11は前記賦型ローラ3により賦型加工を施されて全体として偏平な形態をなしている。同加工糸11の表面には前記凹凸ローラ3aの凸部により加熱加圧された溶着部11aと、前記凹凸ローラ3aの溝部に侵入して加圧溶着がなされなかった未溶着部11bとが存在し、前記加工糸11は光沢を有する糸条に形成されている。
【0024】前記加工糸11の電顕の側面写真を用いて前記溶着部11aの面積を測定したところ、前記溶着部11aは糸条表面積の単位面積当り10%以上50%以下を占めている。また前記溶着部11aの糸条長手方向に沿った最長部分の寸法も同様に電顕の側面写真を用いて測定したところ100μm以上であった。
【0025】以下、本発明の好適な実施例について具体的な測定結果を例示して説明する。
(実施例1)繊度150デニール、フィラメント本数48本のポリエステル延伸糸を予め2本引揃えてインターレース加工を施した混繊糸に、200℃の熱板ヒータにより緩和率8%で弛緩熱処理を施し、その直後に、軟化状態にある前記混繊糸に賦型ローラにより賦型加工を施して巻き取った。前記賦型ローラはロール軸に対して左右対象に50°の角度をもって約2mm間隔で平行に溝を刻設しローラ表面に菱形の凸部を形成した鉄製の凹凸ローラと、金属鏡面ローラとからなり、前記凹凸ローラは200℃に加熱され、ニップ圧10kg/cmで前記延伸糸を押さえ込んで賦型加工を行った。この賦型加工により糸条の長手方向には前記凹凸ローラの凸部により加熱加圧された溶着部が凹凸状に形成された。得られた加工糸の電顕写真から前記溶着部の面積を求めたところ糸条表面積の単位面積当り38%であり、同溶着部の最長寸法は平均400μmであった。得られた加工糸は従来の仮撚糸とは全く異なり偏平で凹凸感があり光沢に富む糸条であり、この加工糸を20ゲージ丸編機で編成して得られた編物を染色したところ、前記加工糸は嵩高性に富み、ソフトでしかも染色した場合、前記溶着部は濃色に、他の部分は淡色に染色されミックス感のあるものとなった。
【0026】(実施例2)繊度150デニール、フィラメント本数48本のポリエステル延伸糸と繊度150デニール、フィラメント本数48本のカチオン染料に可染性のポリエステル延伸糸とを予め引揃えインターレース加工を施した混繊糸に、180℃の熱板ヒータにより緩和率8%で熱処理し、その直後に、軟化状態にある前記混繊糸に賦型ローラにより賦型加工を施して巻き取った。前記賦型ローラはロール軸に対して左右対象に50°の角度をもって約2mm間隔で平行に溝を刻設しローラ表面に菱形の凸部を形成した鉄製の凹凸ローラと、硬度が70度の硬質ゴムローラとからなり、前記凹凸ローラは180℃に加熱され、ニップ圧15kg/cmで前記延伸糸を押さえ込んで賦型加工を行った。この賦型加工により糸条には前記凹凸ローラの凸部により加熱加圧された溶着部が凹凸状に形成された。得られた加工糸の電顕写真から前記溶着部の面積を求めたところ糸条表面積の単位面積当り35%であり、同溶着部の最長寸法は平均350μmであった。この加工糸を20ゲージを20ゲージの丸編機を用いて天竺組織で編成して得られた編物を染色したところ、前記加工糸は嵩高性に富みソフトで、しかも染色の濃淡が更に強調されてミックス感が非常に優れたものとなった。
【0027】(実施例3)繊度150デニール、フィラメント本数48本の自発性伸長糸のポリエステル延伸糸と繊度150デニール、フィラメント本数48本で沸水収縮率18%のポリエステル延伸糸とを予め引揃えインターレース加工を施した混繊糸に、180℃の熱板ヒータにより緩和率20%で熱処理し、その直後に、軟化状態にある前記混繊糸に賦型ローラにより賦型加工を施して巻き取った。前記賦型ローラはロール軸に対して左右対象に50°の角度をもって約2mm間隔で平行に溝を刻設しローラ表面に菱形の凸部を形成した鉄製の凹凸ローラと、硬度が70度の硬質ゴムローラとからなり、前記凹凸ローラは200℃に加熱され、ニップ圧15kg/cmで前記延伸糸を押さえ込んで賦型加工を行った。この賦型加工により糸条には前記凹凸ローラの凸部により加熱加圧された溶着部が凹凸状に形成された。得られた加工糸の電顕写真から前記溶着部の面積を求めたところ糸条表面積の単位面積当り25%であり、同凹部の最長寸法は平均300μmであった。この加工糸を20ゲージの丸編機を用いて天竺組織で編成し得られた編物を染色したところ、圧着賦型加工に加えて熱収縮差が発現するため、上述の実施例1及び2の加工糸よりも非常に嵩高性に富み軽量感のあるソフトで意匠性の高い糸条が得られた。
【0028】
【発明の効果】以上述べたように、本発明による特殊賦型嵩高加工糸は加熱加圧により凹凸状に形成された溶着部の占有面積が糸条表面積の単位面積当り10%以上50%以下と非常に大きく、これら溶着部の糸条長手方向の最大寸法が100μm以上であるため、従来には得ることのできなかった変化に富んだ加工糸となり、しかも光沢及びドレープ感にも優れたものである。また、この加工糸を用いた布帛に染色を施すことにより、前記溶着部は濃色に、それ以外の部分は淡色に染色されて濃淡による意匠性が付与されるため、産業上の利用価値が非常に高いものである。
【出願人】 【識別番号】000006035
【氏名又は名称】三菱レイヨン株式会社
【出願日】 平成9年(1997)3月26日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】野口 武男
【公開番号】 特開平10−266038
【公開日】 平成10年(1998)10月6日
【出願番号】 特願平9−72954