トップ :: C 化学 冶金 :: C02 水,廃水,下水または汚泥の処理

【発明の名称】 塩素除去装置
【発明者】 【氏名】北原 正敏
【氏名】堀田 和彦
【課題】殺菌消毒のために水道水に混入された塩素を除去して残留塩素濃度を低減させる。

【解決手段】炭素繊維にバインダーを介して銀のパウダーを付着した濾過材5を通水性を有する紙筒状の内筒3と外筒4との間に充填してフィルターカートリッジ1を形成し、該フィルターカートリッジ1を密閉筒状の装置本体2内に出入可能に装填し、該装置本体2を水道管に通水可能に接続して水道水に含まれる塩素を濾過材5に吸着させ除去さるようにした。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 通水性を有する内筒と外筒とにより二重構造をなし、その両端面をキャップにより閉塞すると共に一方のキャップに内筒内と連通する導水口を開設し、内筒と外筒との間には銀パウダーをバインダーを介して付着させた炭素繊維からなる瀘過材を充填してなるフィルターカートリッジと、中空状に形成され、一側に流入口を開設すると共に他側に流出口を開設した分離可能な装置本体とからなり、前記フィルターカートリッジを装置本体内にその導水口が前記流入口に接続されるようにして出入可能に装填し、流入口から流入する水道水を全てフィルターカートリッジを通して流出口から流出させるようにしたことを特徴とする塩素除去装置。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、一般家庭の水道水に含まれる塩素を除去するための塩素除去装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】一般に家庭で使用される水道水には殺菌消毒のために塩素が多量に混入されている。このような塩素混入による殺菌の作用は塩素ガスと水の直接反応によって得られる次亜塩素酸の強力な酸化作用によって行なわれるため、例えば水道水を肛門洗浄器の洗浄水や洗濯機の水として使用した場合、人体の肛門のような局所やアトピー性といった特異体質の全身の皮膚の細胞に接触して損傷を与えることがあった。そこで、肛門洗浄器にあっては、水道水をそのまま人体に接触できる洗浄水として無害化するための塩素除去装置が例えば特開平8−197075号公報により知られている。
【0003】前記塩素除去装置は図7に示すように水道管に接続される本管101の途中に小径ののど部102を設け、該本管101の側面にのど部102を囲うようにカプセル103を突設し、該カプセル103内に突出するように本管101ののど部102の直前に流入管104を設けると共に、のど部102の後にカプセル103からの流出管105を設け、前記カプセル103内には亜硫酸カルシウム106を設置し、前記のど部102と流出管105との間に螺旋条107を設けて構成され、本管101を流れる流水はのど部102の直前の圧力とのど部102との圧力差によって流水の一部が流入管104からカプセル103内に流入し、亜硫酸カルシウムに接触して還元作用により塩素のラジカルを奪って無害の水となり、その無害の水が流出管105よりのど部102に流入し、本管101から直接のど部102に流入した水と混ざり、螺旋条107によって攪拌されて洗浄水になるようにしている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このような塩素除去装置は、本管101の流水のすべてがカプセル103内で処理されずに、多くが本管101からそのままのど部102に入り、これにカプセル103内で処理されて流出管105からのど部102に流入した無害化した水が混じるために、塩素を除去しない未処理の水が多く混じることとなり、その分洗浄水は依然として塩素を含有し、水の無害化効果が充分でないという課題が有った。また、流入管や流出管を設けるなど構造が複雑となり製作が煩雑になるばかりかコストも高くなるという課題が有った。そこで本発明は、このような従来技術にみられる課題を解決すべくなされたもので、水の無害化効果が充分達成でき、フィルターカートリッジの交換も容易に行なえ、しかも構造も簡単なことから容易に製作できる塩素除去装置を提供することを目的とするものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】かかる目的を達成するために本発明に係わる塩素除去装置は、通水性を有する内筒と外筒とにより二重構造をなし、その両端面をキャップにより閉塞すると共に一方のキャップに内筒内と連通する導水口を開設し、内筒と外筒との間には銀パウダーをバインダーを介して付着させた炭素繊維からなる瀘過材を充填してなるフィルターカートリッジと、中空状に形成され、一側に流入口を開設すると共に他側に流出口を開設した分離可能な装置本体とからなる。そして、前記フィルターカートリッジを装置本体内にその導水口が前記流入口に接続されるようにして出入可能に装填し、流入口から流入する水道水を全てフィルターカートリッジを通して流出口から流出させるようにした。よって、水の無害化効果が充分に達成できると共に、フィルターカートリッジの更新に際しては装置本体を分離させフィルターカートリッジのみを交換すれば良く、また構造も簡単となる。
【0006】
【発明の実施の形態】以下、本発明に係る塩素除去装置の実施の形態を図面と共に説明する。図1は塩素除去装置の斜視図、図2はその分解斜視図、図3は図1の縦断面図である。図において1は装置本体2内に出入可能に装填されるフィルターカートリッジである。該フィルターカートリッジ1は内側と外側にそれぞれ通水性を備える紙管からなる内筒3と外筒4とを同心円状に配置した二重構造をなしている。そして、内筒3と外筒4との間に濾過材5を充填し、内筒3内は空洞にしている。濾過材5は炭素繊維約90%に銀のパウダー約6%をバインダー約4%を介して付着させたものを使用している。また、前記外筒4の開口両端はゴム製のキャップ6,7により閉塞され、一方のキャップ6には中心に導水口8が貫設されている。更に、これらのキャップ6,7の外表面に円形状の突出段部9,9が設けられている。
【0007】前記装置本体2はそれぞれ一端を閉塞し他端を開放した中空円筒状の上半体2aと下半体2bとに分離形成され、下半体2bの閉塞端中央に内外双方に突出する通水管10が設けられ、上半体2aの閉塞端中央に外方へ突出する通水管11が設けられている。さらに、これら通水管10,11の先端部外周には断面鋸状形の凹凸面12,12が設けられ塩化ビニールなどの水道管に嵌挿した状態で不用意に離脱することのないようにしている。また、上半体2aと下半体2bの閉塞端内側にフィルターカートリッジ1のキャップ6,7表面に設けられた突出段部9,9が嵌合して装置本体2内にフィルターカートリッジ1をしっかり固定させるための環状の突出壁13,14が設けられている。そして、上半体2aに設けた突出壁13には等間隔に通水孔15が複数開設されている。更に、前記上半体2aと下半体2bの開口端に互いに螺合する雄ねじ部16aと雌ねじ部16bが周設される。
【0008】本発明に係る塩素除去装置Aは上記構成よりなり、下半体2b内に導水口8が通水管10の流入口10aと接続されるようにしてフィルターカートリッジ1を装填し、上側から該フィルターカートリッジ1を覆うようにして上半体2aを被せ、雄ねじ部16aと雌ねじ部16bとを螺合させる。なお、上半体2aと下半体2bの先端間にはパッキン17が介装され密閉性を保持させている。そこで、下半体2bに設けられた通水管10の流入口10aから流入した水道水は、内筒3内に導かれ内筒3,瀘過材5,外筒4を通過し、更に通水孔15から上半体2aに設けられた通水管11の流出口11aから流出することとなる。このように水道水を全てフィルターカートリッジ1を通過させることにより塩素が瀘過材5に吸着され無害化された水が流出される。
【0009】次に、本発明に係わる塩素除去装置Aの使用例を図4に基づき説明する。この使用例はいわゆる温水シャワートイレと称される用済み後に温めた水道水で肛門を洗浄するようにした水洗便器Bに塩素除去装置Aを装着したものである。該水洗便器Bは水洗タンクCの傍に肛門洗浄用の洗浄水タンクDが併設され、該洗浄水タンクDから導出した給水管Eに温水器Fを接続し、該温水器Fで温めた温水を便器本体G内で上向きに噴出させるようになっている。
【0010】そして、前記給水管Eに塩素除去装置Aを介在させて装着している。すなわち、洗浄水タンクD側の給水管Eを下半体2bの通水管10に接続し、温水器F側の給水管Eを上半体2aの通水管11に接続している。このように塩素除去装置Aを使用することで水道水に含まれる塩素の残留濃度を顕著に低減させることができ、便器本体G内に噴出される温水で肛門を損傷することなくきれいに洗うことができ、特に、肛門の損傷による障害で悩む人にとっては極めて効果的である。
【0011】ここで、本発明に係わる塩素除去装置Aにより、水道水を給湯器で40℃に加熱し、10L/分の流量で10t(10,000L)を処理した例(1)と例(2)の試験結果を図6に示す。この試験結果から明らかなように、適水量4,000L以下の場合は原水の塩素濃度対洗浄水の塩素濃度は10%以下に減少させることができ、最大通水量10,000Lの場合でも17%程度に減少させることができる。
【0012】図5は洗濯機Jに本発明の塩素除去装置Aを装着した使用例であり、洗濯機Jの傍に設けられた蛇口Hに接続される塩化ビニール製の水道管Iに介在して塩素除去装置Aを装着している。このようにして塩素除去装置Aを使用することで前記と同様洗濯や濯ぎに使用する水道水に含まれる塩素の残留濃度を顕著に低減させることができ、洗濯物に付着する塩素濃度を減少させる。これにより、特に皮膚の弱い乳幼児の肌着や、アトピー製皮膚炎といった皮膚障害を持つ人の肌着等に付着する塩素に起因する障害を防止することができる。
【0013】さらに、本発明の塩素除去装置Aは小型でしかも軽量であることから、水道管の途中でどこにでも簡単に装着し、水道水に混入した塩素を効率よく除去することができるので、上記使用例に限らず広く使用することができ、例えば水道水を飲料水とする場合、カルキ臭をなくすこともできる。
【0014】
【発明の効果】本発明に係わる塩素除去装置は、上記構成よりなるので、次のような効果を有する。
■流入口から装置本体内に流入する水道水は全て瀘過材を通過するので、水の無害化効果が充分に達成される。
■装置本体が分離可能に形成されているので、フィルターカートリッジの更新の際、該フィルターカートリッジの交換が極めて容易に行なわれる。
■装置本体の構造が簡単なので、製作が容易となりコストの低廉が図られる。
【出願人】 【識別番号】597038150
【氏名又は名称】アルファ電子株式会社
【識別番号】597042087
【氏名又は名称】三商株式会社
【出願日】 平成9年(1997)3月18日
【代理人】
【公開番号】 特開平10−258273
【公開日】 平成10年(1998)9月29日
【出願番号】 特願平9−85823