トップ :: F 機械工学 照明 加熱 武器 爆破 :: F02 燃焼機関;風力原動機,ばね原動機,重力原動機;他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するもの




【発明の名称】 スタータ支持構造
【発明者】 【氏名】田中 克典

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】トルクコンバータを回転自在に収容するミッションハウジングの入力側開口端面とエンジンブロックの出力側の端面との間に挟設されるとともに、クランク軸が貫通する軸孔及びスタータの先端部が挿入されるスタータ挿入穴を有するエンドプレートを具備し、前記トルクコンバータは、前記ミッションハウジング内に挿入された前記クランク軸の先端部に固定されるリングギヤ兼用のフライホイールに締結され、前記スタータは、前記ミッションハウジング内にて前記リングギヤ兼用のフライホイールのリングギヤに噛合うピニオンを有して前記エンドプレートの反トルクコンバータ側の端面に固定されるスタータ支持構造において、前記スタータ挿入穴は、前記リングギヤ兼用のフライホイールと前記トルクコンバータとを締結する締結治具を挿入するための締結治具挿入穴を兼ねることを特徴とするスタータ支持構造。
【請求項2】前記スタータ挿入穴は、前記スタータのハウジングの円筒部が嵌合する円形の嵌合孔と、この嵌合孔の内周側に位置して前記嵌合孔に連通する前記締結治具挿入穴とからなり、前記嵌合孔及び前記締結治具挿入穴は、前記エンドプレートの反トルクコンバータ側端面に密着する前記スタータのハウジングのフランジ部により遮蔽されることを特徴とする請求項1記載のスタータ支持構造。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、スタータをエンジンに装着するためのスタータ支持構造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来のスタータ支持構造を図3及び図4に示す。トルクコンバータ(図示せず)を回転自在に収容するミッションハウジング101の入力側開口端面とエンジンブロック102の出力側の端面との間にエンドプレート104が挟設されており、エンドプレート104の中央部にはクランク軸(図示せず)が貫通する軸孔(図示せず)が開口され、エンドプレート104の外周部上部にはスタータ100の先端部が挿入されるスタータ挿入穴105が設けられ、エンドプレート104の外周部下部にはミッションハウジング101内部の上記トルクコンバータをリングギヤ兼用のフライホイール106に締結ボルト1060で締結するための締結治具挿入穴108が設けられている。スタータ100は、エンドプレート104の遊孔1040を貫通するボルト103によりミッションハウジング101の螺子穴(図示せず)に締結されており、スタータ100の先端部は、スタータ挿入穴105からミッションハウジング101内に挿入されている。スタータ100の先端部にはリングギヤ兼用のフライホイール106の外周部に形成されたリングギヤ1060に噛合うピニオン(図示せず)が配設されている。フライホイール106は、エンドプレート104の軸孔を通じてミッションハウジング101内に突出するクランク軸(図示せず)の先端部に固定され、締結治具挿入穴108は、トルクコンバータ(図示せず)とフライホイール106とをボルト110で締結した後、ねじ107にて蓋109を当てて遮蔽されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上述した従来のスタータ支持構造では、ミッションハウジング101を外してトルクコンバータなどの保守点検や修理を行う際に、ボルト103を外してスタータ100をミッションハウジング101から外し、ねじ107を外して蓋109を外し、それからボルト110を外してトルクコンバータをリングギヤ兼用のフライホイール106から外し、その後、図示しないボルトを緩めてミッションハウジング101をエンジンブロック102から外している。
【0004】その結果、例えば車両に搭載されたエンジンからミッションを下ろす場合、エンジンルームの上方からスタータ100の取り外し作業を行っておき、その後、エンジンルームの下方からトルクコンバータ締結解除作業を行う必要があり、作業が面倒であった。当然、外したトルクコンバータを再度取り付ける場合は、上記作業を逆の順番で行う必要があり、結局、オートマッチックトランジミッション(以下、ATという)の着脱作業が面倒であった。
【0005】もちろん、締結治具挿入穴108をエンドプレート104の下部ではなく、その上部に位置変更すれば、上記したAT着脱作業は容易となるが、元々クランク軸はエンジンブロック102の下方に位置するためにエンドプレート104の上部に締結治具挿入穴108を開口するのは極めて困難であった。本発明は上記問題点に鑑みなされたものであり、オートマッチックトランスミッションの着脱作業を簡素化可能なスタータ支持構造を提供することをその解決すべき課題としている。
【0006】
【課題を解決するための手段及び発明の効果】本発明の第1の構成は、トルクコンバータを回転自在に収容するミッションハウジングの入力側開口端面とエンジンブロックの出力側の端面との間に挟設されるとともに、クランク軸が貫通する軸孔及びスタータの先端部が挿入されるスタータ挿入穴を有するエンドプレートを具備し、前記トルクコンバータは、前記ミッションハウジング内に挿入された前記クランク軸の先端部に固定されるリングギヤ兼用のフライホイールに締結され、前記スタータは、前記ミッションハウジング内にて前記リングギヤ兼用のフライホイールに噛合うピニオンを有して前記エンドプレートの反トルクコンバータ側の端面に固定されるスタータ支持構造において、前記スタータ挿入穴は、前記リングギヤ兼用のフライホイールと前記トルクコンバータとを締結する締結治具を挿入するための締結治具挿入穴を兼ねることを特徴とするスタータ支持構造である。
【0007】本構成によれば、オートマッチックトランスミッションすなわちトルクコンバータ付のトランスミッションの着脱作業を簡素化することができる。詳しく説明すると、スタータのピニオンをミッションハウジング内に挿入するためにエンドプレートに設けられたスタータ挿入穴は、リングギヤ兼用のフライホイールとトルクコンバータとを締結するために締結治具が挿入される締結治具挿入穴を兼ねるので、上記AT着脱作業特にそのリングギヤ兼用のフライホイール締結作業を上方から実施することができ、作業が容易となる。
【0008】また、本発明によれば従来必須であったエンドプレートの締結治具挿入穴及びそれを遮蔽する蓋を省略できるので、部品点数及び組付け工程の削減を実現できるとともにこの締結治具挿入穴から内部への浸水も防止することができる。本発明の第2の構成は、上記第1の構成において更に、前記スタータ挿入穴が、前記スタータのハウジングの円筒部が嵌合する円形の嵌合孔と、この嵌合孔の内周側に位置して前記嵌合孔に連通する長孔状の前記締結治具挿入穴とからなり、前記嵌合孔及び前記締結治具挿入穴が、前記エンドプレートの反トルクコンバータ側端面に密着する前記スタータのハウジングのフランジ部により遮蔽される。
【0009】本発明によれば、いたずらに前記嵌合孔を拡大することなく、スタータハウジングの円筒部の嵌合、位置合わせと、トルクコンバータの着脱作業との両方を行うことができる。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、本発明の好適な実施態様を実施例に基づいて説明する。
【0011】
【実施例】本発明の始動発電装置の一実施例を図1及び図2を参照して説明する。トルクコンバータ(図示せず)を回転自在に収容するミッションハウジング1の入力側開口端面とエンジンブロック2の出力側の端面との間にエンドプレート3が挟設されており、ミッションハウジング1はエンジンブロック2に図示しないボルトで固定されている。エンドプレート3の中央部にはクランク軸21が貫通する軸孔31が開口され、エンドプレート3の外周部上部にはスタータ4のハウジング40の先端部をなす嵌合突部41が嵌合する嵌合孔(いわゆるいんろう部)32が開口されている。スタータ4のフランジ部の螺子穴43には、ミッションハウジング1の遊孔11及びエンドプレート3の遊孔33を貫通してボルト5が螺合され、スタータ4をミッションハウジング1に締結している。スタータ4からミッションハウジング1の内部に挿入されたその出力軸46にはピニオン42が回転不能軸方向変位可能にヘリカルスプライン嵌着されている。クランク軸21の先端部には、外周部がリングギヤ61をなすフライホイール6がボルト7により締結されており、フライホイール6にはトルクコンバータ8がボルト9により締結されている。
【0012】更に本実施例の特徴として、エンドプレート3には、嵌合孔32から求心方向へ長孔(本発明でいう締結治具挿入穴)34が開口されており、図2ではこの長孔34を通じてフライホイール6及びボルト9が見えている。なお、上述した嵌合孔32及び長孔34は本発明でいうスタータ挿入穴を構成している。スタータ4のハウジング40のフランジ部45の一端面はエンドプレート3の端面に密着して嵌合孔32及び長孔34を遮蔽している。
【0013】次に、トルクコンバータ8を取り外す手順を以下に説明する。なお、スタータ4の自体の着脱はトルクコンバータ8を取り外し又は取り付け作業の一部をなすので、改めては説明しない。まず、ミッションハウジング1をエンジンブロック2に締結する図示しないボルトを外し、更にボルト5を外してスタータ4をミッションハウジング1から外す。次に、ボルト9が長孔34から見える位置までクランク軸21を回転させた後、ボルト9を外し、これによりミッションハウジング1、トルクコンバータ8及びミッション(図示せず)を含むATをエンジンブロック2から取り外す。
【0014】このATを再びエンジンブロック2に取り付けるには上記と逆の手順で作業すればよいが、この場合、長孔34から見える位置までクランク軸21及びトルクコンバータ8を予め回動させておけばよい。なお上述したように、長孔34はスタータ4のハウジング40のフランジ部45により遮蔽されており、更に、長孔34の高度は従来の締結治具挿入穴より格段に高いので、ごみや水がミッションハウジング1内に侵入することは従来より格段に減少する。
【出願人】 【識別番号】000004260
【氏名又は名称】株式会社デンソー
【出願日】 平成7年(1995)8月31日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】大川 宏
【公開番号】 特開平9−68141
【公開日】 平成9年(1997)3月11日
【出願番号】 特願平7−222981