トップ :: F 機械工学 照明 加熱 武器 爆破 :: F02 燃焼機関;風力原動機,ばね原動機,重力原動機;他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するもの




【発明の名称】 モータ・減速装置組立体及び遊星減速形エンジンスタータ
【発明者】 【氏名】楠本 啓一

【氏名】古西 啓一

【氏名】五十棲 秀三

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 アマチュアギアが設けられているシャフト、このシャフトに固定されているアマチュアコア、及びこのアマチュアコアに固定されているアマチュアコイルを有しているアマチュアと、上記アマチュアギアと噛み合い上記シャフトの回転により上記シャフトの周りを自転しながら公転する遊星ギア、及びこの遊星ギアの公転により回転する出力軸を有している遊星減速装置と、上記アマチュア及び上記遊星ギアを囲繞し、上記遊星ギアと噛み合う内歯ギアが内周面に一体に設けられているとともに、上記内歯ギアの一部の歯が軸方向に延長されて補助極が一体に設けられている円筒状のヨークと、このヨークの内周面に上記アマチュアの外周面に対向して固定されているとともに、上記補助極に隣接している複数の磁石とを備えていることを特徴とするモータ・減速装置組立体。
【請求項2】 内歯ギアの歯数はモータ極数の整数倍であることを特徴とする請求項1記載のモータ・減速装置組立体。
【請求項3】 ヨークの一端部には、径方向内側に延び、出力軸を支承する軸受を保持する軸受保持部が一体に設けられていることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載のモータ・減速装置組立体。
【請求項4】 内歯ギア及び補助極は、転造工程によりヨークに一体に設けられていることを特徴とする請求項1ないし請求項3のいずれかに記載のモータ・減速装置組立体。
【請求項5】 アマチュアギアが設けられているシャフト、このシャフトに固定されているアマチュアコア、及びこのアマチュアコアに固定されているアマチュアコイルを有しているアマチュアと、上記アマチュアギアと噛み合い上記シャフトの回転により上記シャフトの周りを自転しながら公転する遊星ギア、及びこの遊星ギアの公転により回転する出力軸を有している遊星減速装置と、上記アマチュア及び上記遊星ギアを囲繞し、上記遊星ギアと噛み合う内歯ギアが内周面に一体に設けられているとともに、上記内歯ギアの一部の歯が軸方向に延長されて補助極が一体に設けられている円筒状のヨークと、このヨークの内周面に上記アマチュアの外周面に対向して固定されているとともに、上記補助極に隣接している複数の磁石と、エンジンのリングギアに接離可能であり、上記出力軸の回転により回転するピニオンと、このピニオンを上記リングギアに接離させるとともに、上記アマチュアコイルへの通電を入切する電磁スイッチ部とを備えていることを特徴とする遊星減速形エンジンスタータ。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、例えば自動車のエンジン等に使用されるモータ・減速装置組立体及び遊星減速形エンジンスタータに関するものである。
【0002】
【従来の技術】図6は例えば実開昭58−132170号公報及び米国特許第4671125号などに示された従来の遊星減速形エンジンスタータの要部を示す半断面図である。図において、アマチュア1は、アマチュアギア2aが設けられているシャフト2、このシャフト2に固定されているアマチュアコア3、及びこのアマチュアコア3に固定されているアマチュアコイル4を有している。アマチュア1を囲繞する円筒状のヨーク5の内周面には、アマチュア1の外周面に対向するように磁石6が固定されている。モータ7は、アマチュア1、ヨーク5及び磁石6等を有している。
【0003】シャフト2には、遊星減速装置8が連結されている。この遊星減速装置8は、アマチュアギア2aと噛み合いシャフト2の回転によりシャフト2の周りを自転しながら公転する遊星ギア9と、シャフト2の軸線上に設けられ遊星ギア9の公転により回転する出力軸10とを有している。ヨーク5の内周面には、遊星ギア9と噛み合う内歯ギア5aが一体に設けられている。出力軸10には、その軸方向へ移動可能なオーバランニングクラッチ11が設けられている。このオーバランニングクラッチ11の一端部には、エンジンのリングギア(図示せず)と噛み合うピニオン12が設けられている。
【0004】オーバランニングクラッチ11は、レバー13を介して電磁スイッチ部14のプランジャ15に接続されている。ヨーク5の軸端部には、ブラケット16が固定されている。このブラケット16には、出力軸10の外周部を支承する軸受17が保持されている。
【0005】次に、動作について説明する。電磁スイッチ部14がオンにされると、プランジャ15が図の左方へ移動し、モータ7に電流が流れる。一方、プランジャ15に機械的に連結されたレバー13は揺動し、オーバランニングクラッチ11及びピニオン12が出力軸10に沿って図の右方へスライドする。これにより、ピニオン12がリングギアと噛み合う。
【0006】モータ7の回転は、遊星減速装置8及びオーバランニングクラッチ11を介してピニオン12に伝達され、エンジンが始動する。エンジンの始動後、電磁スイッチ部14がオフにされると、プランジャ15が元の位置に移動し、モータ7への通電が切られる。また、レバー13を介してオーバランニングクラッチ11が元の位置に移動し、これとともにピニオン12がリングギアから開離する。
【0007】ここで、図7は図6のヨーク5の内周面の一部を示す斜視図である。図において、磁石6は、それぞれホルダ部材18によりヨーク5の内周面に固定されている。鉄片からなる補助極19は、各磁石6の周方向の一方の端面に隣接して配置されており、かつヨーク5に溶接されている。補助極19は、電機子反作用により生じるコイル磁界の増磁側に配置され、その部分の磁束を流れ易くし、磁束量を増加させる。これにより、高負荷時のトルク性能が向上する。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】上記のように構成された従来の遊星減速形エンジンスタータにおいては、別体の補助極19がヨーク5に溶接により固定されているため、部品点数が多く、製造に手間がかかるなどの問題点があった。
【0009】この発明は、上記のような問題点を解決することを課題としてなされたものであり、部品点数を削減して、製造を容易にすることができるモータ・減速装置組立体及び遊星減速形エンジンスタータを得ることを目的とする。
【0010】
【課題を解決するための手段】請求項1の発明に係るモータ・減速装置組立体は、アマチュアギアが設けられているシャフト、このシャフトに固定されているアマチュアコア、及びこのアマチュアコアに固定されているアマチュアコイルを有しているアマチュアと、アマチュアギアと噛み合いシャフトの回転によりシャフトの周りを自転しながら公転する遊星ギア、及びこの遊星ギアの公転により回転する出力軸を有している遊星減速装置と、アマチュア及び遊星ギアを囲繞し、遊星ギアと噛み合う複数の内歯ギアが内周面に一体に設けられているとともに、内歯ギアの一部の歯が軸方向に延長されて補助極が一体に設けられている円筒状のヨークと、このヨークの内周面にアマチュアの外周面に対向して固定されているとともに、補助極に隣接している複数の磁石とを備えたものである。
【0011】請求項2の発明に係るモータ・減速装置組立体は、内歯ギアの歯数をモータ極数の整数倍としたものである。
【0012】請求項3の発明に係るモータ・減速装置組立体は、径方向内側に延び、出力軸を支承する軸受を保持する軸受保持部を、ヨークの一端部に一体に設けたものである。
【0013】請求項4の発明に係るモータ・減速装置組立体は、内歯ギア及び補助極が、転造工程によりヨークに一体に設けられているものである。
【0014】請求項5の発明に係る遊星減速形エンジンスタータは、アマチュアギアが設けられているシャフト、このシャフトに固定されているアマチュアコア、及びこのアマチュアコアに固定されているアマチュアコイルを有しているアマチュアと、アマチュアギアと噛み合いシャフトの回転によりシャフトの周りを自転しながら公転する遊星ギア、及びこの遊星ギアの公転により回転する出力軸を有している遊星減速装置と、アマチュア及び遊星ギアを囲繞し、遊星ギアと噛み合う複数の内歯ギアが内周面に一体に設けられているとともに、内歯ギアの一部の歯が軸方向に延長されて補助極が一体に設けられている円筒状のヨークと、このヨークの内周面にアマチュアの外周面に対向して固定されているとともに、補助極に隣接している複数の磁石と、エンジンのリングギアに接離可能であり、出力軸の回転により回転するピニオンと、このピニオンをリングギアに接離させるとともに、アマチュアコイルへの通電を入切する電磁スイッチ部とを備えたものである。
【0015】
【発明の実施の形態】以下、この発明の実施の形態を図について説明する。
実施の形態1.図1はこの発明の実施の形態1による遊星減速形エンジンスタータのモータ・減速装置組立体の半断面図、図2は図1のヨークの内周面の一部を示す斜視図、図3は図1のヨークのIII−III線に沿う断面図、図4は図1のヨークのIV−IV線に沿う断面図であり、図6及び図7と同一又は相当部分には同一符号を付し、その説明を省略する。
【0016】図において、アマチュア1及び遊星ギア9を囲繞する円筒状のヨーク21の内周面には、ホルダ部材18により、アマチュア1の外周面に対向するように磁石6が固定されている。また、ヨーク21の内周面には、遊星ギア9と噛み合う内歯ギア(インターナルギア)21aが全周にわたって一体に設けられているとともに、内歯ギア21aの一部の歯が軸方向に延長されて補助極21bが一体に設けられている。さらに、内歯ギア21aの歯数は、モータ極数の整数倍となっており、これらのうちモータ極数分の内歯ギア21aが延長されて補助極21bとなっている。
【0017】また、ヨーク21は、内歯ギア21a及び補助極1bに対応した凹凸が外周部に形成された転造型(図示せず)、及びこの転造形の外周部にヨーク21の材料を押し付ける転造ローラを用いた転造工程により製造される。図1に示されていないエンジンスタータの主な構成部材は、図6のものとほぼ同様である。
【0018】このようなモータ・減速装置組立体では、図6のものと同様に動作をするが、補助極21bがヨーク21に一体に設けられているため、部品点数が削減されるとともに、溶接の手間がかからず、製造が容易になる。また、内歯ギア21bの歯数をモータ極数の整数倍としたので、補助極21bの位置を各磁石6の位置に容易に対応させることができる。
【0019】実施の形態2.次に、図5はこの発明の実施の形態2による遊星減速形エンジンスタータのモータ・減速装置組立体の半断面図である。図において、ヨーク31の内周面には、遊星ギア9と噛み合う複数の内歯ギア31aが全周にわたって一体に設けられているとともに、内歯ギア31aの一部の歯が軸方向に延長されて補助極31bが一体に設けられている。また、ヨーク31の一端部には、径方向内側に延び、出力軸10を支承する軸受17を保持する軸受保持部31cが一体に設けられている。他の構成は、上記実施の形態1と同様である。
【0020】このようなモータ・減速装置組立体では、図1のブラケット16に相当する軸受保持部31cがヨーク31に一体に設けられているので、部品点数がさらに削減され、組立が一層容易になる。
【0021】なお、エンジンスタータの電磁スイッチ部、この電磁スイッチ部とピニオンとの連結機構、ピニオン及びハウジング等の構成は、図6に限定されるものではなく、種々の変更が可能である。また、上記実施の形態では、エンジンスタータに適用されるモータ・減速装置組立体について説明したが、他の装置に適用することも可能である。
【出願人】 【識別番号】000006013
【氏名又は名称】三菱電機株式会社
【出願日】 平成7年(1995)8月8日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】曾我 道照 (外6名)
【公開番号】 特開平9−49480
【公開日】 平成9年(1997)2月18日
【出願番号】 特願平7−202388