トップ :: E 固定構造物 :: E04 建築物




【発明の名称】 パネル壁用足場繋ぎ金物
【発明者】 【氏名】桜井 安満

【氏名】尾崎 正幸

【氏名】佐々 久司

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 壁材を金物を介して躯体に固定してなるパネル壁に沿って足場を仮設する際に、当該足場の足場繋ぎを上記躯体に緊結するためのパネル壁用足場繋ぎ金物であって、予め上記躯体の上記パネル壁の目地に臨む位置に取り付けられた基端部と、上記目地に挿通可能な厚さ寸法と上記壁材固定用の金物間隔よりも短い長さ寸法を有し、一端部が上記基端部に回動自在に連結された平板部材とを備えてなり、上記足場の仮設時に、上記躯体と上記パネル壁との間に位置させた上記平板部材を上記基端部に対して回動させて、上記目地から突出した上記平板部材の先端部に、上記足場繋ぎを取り付けるようにしたことを特徴とするパネル壁用足場繋ぎ金物。
【請求項2】 壁材を金物を介して躯体に固定してなるパネル壁に沿って足場を仮設する際に、当該足場の足場繋ぎを上記躯体に緊結するためのパネル壁用足場繋ぎ金物であって、予め上記躯体の上記パネル壁の目地に臨む位置に取り付けられた基端部と、この基端部に一端部が上記基端部に回動自在に連結された一対の平板部材とを備えてなり、上記足場の仮設時に、上記躯体と上記パネル壁との間に位置させた上記一対の平板部材を上記基端部に対して回動させて並列させ、上記目地から突出した上記平板部材の互いの先端部に、上記足場繋ぎを連結するようにしたことを特徴とするパネル壁用足場繋ぎ金物。
【請求項3】 上記基端部および平板部材に加えて、さらに上記足場繋ぎの捩じ込みボルトに固着される連結部材を備えてなり、かつ上記基端部は、一辺がアンカーボルトを介して上記躯体に固定されるとともに、他辺部が上記躯体から上記目地に臨む位置に突出して上記平板部材が回動自在に取り付けられる固定アングル材であり、上記平板部材の先端部に、上記足場繋ぎのボルトに固着された上記連結部材を着脱自在に取り付けるようにしたことを特徴とする請求項1または2に記載のパネル壁用足場繋ぎ金物。
【請求項4】 上記連結部材は、上記平板部材に取り付けられる平板部と、この平板部に固着されて上記足場繋ぎの捩じ込みボルトが螺合されるナットとを備えてなることを特徴とする請求項3に記載のパネル壁用足場繋ぎ金物。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、パネル壁に沿って足場を仮設する際に、上記足場の足場繋ぎを上記躯体に緊結するためのパネル壁用足場繋ぎ金物に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、鉄骨造の建築物のみならず、鉄筋コンクリート造の建築物にあっても湿式工法が有するぬれ色現象やエフロレッセンス等の不具合を防止し得るといった利点から、壁材を金物を介して直接躯体に固定した乾式工法によるパネル壁が多用されている。図7は、この種の乾式石張りによるパネル壁の構造を示すもので、コンクリート躯体1にパイプインサート埋め込み2を介してアングル材からなる1次ファスナ3を取り付け、この1次ファスナ3に平板状の2次ファスナ4をボルト締めするとともに、上記2次ファスナ4の先端孔部に、パネル壁となる張り石5の上下端面に形成された穴部6に挿入されただぼピン7を挿通させて上記張り石5を支持するようにしたものである。
【0003】ところで、このようなパネル壁を補修する場合には、当該パネル壁に沿って足場を仮設することになるが、強度上、上記足場の倒壊防止用の足場繋ぎを直接張り石5から取ることが出来ない。このため従来は、張り石5間の目地8の高さ寸法がボルト径よりも大きい場合には、上記ボルトをコンクリート躯体1に埋め込み、目地8を挿通させて張り石5から突出させた上記ボルトの先端部に長ナットを介して足場繋ぎの捩じ込みボルトを螺合させることにより、上記足場繋ぎを躯体1に直接接続するようにしていた。これに対して、上記目地8が狭くてボルトを挿通させることが出来ない場合には、足場繋ぎ位置の張り石5に穴を穿設した上で、この穴に上記ボルトを挿通し、足場繋ぎを撤去した後に、当該張り石5に形成した穴を埋め石等によって補修していた。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来の足場繋ぎの接続構造にあっては、足場の仮設時に、改めて上記コンクリート躯体1にボルトをアンカーとして打込まなければならないという問題点があり、さらに張り石5に当該ボルトを挿通させるための穴を穿設する場合においては、穴の補修という付帯工事が増加するとともに、パネル壁の外観を損ねる虞がある等の問題点があった。
【0005】本発明は、このような従来のパネル壁における足場繋ぎの接続時に生じる問題点を有効に解決すべくなされたもので、新たにアンカーを埋め込む必要が無く、しかもパネルを傷つけること無く容易に足場繋ぎを接続することができるパネル壁用足場繋ぎ金物を提供することを目的とするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】請求項1に記載の本発明に係るパネル壁用足場繋ぎ金物は、壁材を金物を介して躯体に固定してなるパネル壁に沿って足場を仮設する際に、当該足場の足場繋ぎを上記躯体に緊結するためのパネル壁用足場繋ぎ金物であって、予め上記躯体の上記パネル壁の目地に臨む位置に取り付けられた基端部と、上記目地に挿通可能な厚さ寸法と上記壁材固定用の金物間隔よりも短い長さ寸法を有し、一端部が上記基端部に回動自在に連結された平板部材とを備えてなり、上記足場の仮設時に、上記躯体と上記パネル壁との間に位置させた上記平板部材を上記基端部に対して回動させて、上記目地から突出した上記平板部材の先端部に、上記足場繋ぎを取り付けるようにしたことを特徴とするものである。
【0007】また、請求項2に記載の発明は、予め上記躯体の上記パネル壁の目地に臨む位置に取り付けられた基端部と、この基端部に一端部が上記基端部に回動自在に連結された一対の平板部材とを備えてなり、上記足場の仮設時に、上記躯体とパネル壁との間に位置させた上記一対の平板部材を上記基端部に対して回動させて並列させ、上記目地から突出した上記平板部材の互いの先端部に、上記足場繋ぎを連結するようにしたことを特徴とするものである。
【0008】また、請求項3に記載の発明は、上記請求項1または2に記載の発明において、上記基端部および平板部材に加えて、さらに足場繋ぎの捩じ込みボルトに固着される連結部材を備えてなり、かつ上記基端部は、一辺がアンカーボルトを介して躯体に固定されるとともに、他辺部が上記躯体から目地に臨む位置に突出して平板部材が回動自在に取り付けられる固定アングル材であり、上記平板部材の先端部に、上記足場繋ぎのボルトに固着された連結部材を着脱自在に取り付けるようにしたことを特徴とするものである。さらに、請求項4に記載の発明は、上記請求項3に記載の連結部材が、上記平板部材に取り付けられる平板部と、この平板部に固着されて上記足場繋ぎの捩じ込みボルトが螺合されるナットとを備えてなることを特徴とするものである。
【0009】請求項1ないし4のいずれかに記載の発明においては、パネル壁の構築時に、予め基端部を上記躯体のパネル壁の目地に臨む位置に取り付けておき、この基端部の一端部に取り付けた平板部材を回動させて、上記パネル壁と躯体との間に収納しておく。そして、足場の仮設時に、上記目地のシールを外して内部の上記平板部材をほぼ90゜回動させ、先端部を当該目地から突出させて、その先端部に上記足場繋ぎを取り付ける。この際に、平板部材は、壁材固定用の金物間隔よりも短いため、この平板部材が上記壁材固定用の金物と干渉することは無い。また、足場の撤去時には、上記足場繋ぎを平板部材の先端部から取り外した後に、上記平板部材を逆方向にほぼ90゜回動させて目地を挿通させ、上記パネル壁と躯体との間に収納する。
【0010】したがって、上記パネル壁用足場繋ぎ金物によれば、新たにアンカーを埋め込む必要が無く、しかもパネルに手直し跡等を残すこと無く容易に足場繋ぎを接続することができる。加えて、上記パネル壁と躯体との間に収納した平板部材は、別途足場仮設の必要が生じた場合においても、何度でも繰り返し使用することができる。この際に、特に請求項2に記載の発明によれば、上記躯体とパネル壁との間に位置させた一対の平板部材を上記基端部に対して回動させて並列させ、上記目地から突出した平板部材の互いの先端部に上記足場繋ぎを連結しているので、ストッパ等を用いなくても上記一対の平板部材が回動することが無く、よって足場繋ぎを安定的に支持することができる。
【0011】また、請求項3に記載の発明によれば、上記足場繋ぎ金物を汎用部材によって構成することができるため経済的であり、しかも予め連結部材を足場繋ぎの捩じ込みボルトに固着しておき、この連結部材を上記平板部材の先端部にボルト締め等によって着脱自在に取り付ければよいため、足場繋ぎの着脱作業が極めて容易になる。さらに、請求項4に記載の発明によれば、予め上記連結部材に固着したナットに足場繋ぎのボルトを螺合して、これを平板部材の先端に取り付けているので、上記ボルトのねじを溶接等によって傷めることが無く、よって上記足場繋ぎを本発明に係る足場繋ぎ金物を使用しない箇所においても再使用が可能となる。
【0012】
【発明の実施の形態1】図1および図2は、本発明に係るパネル壁用足場繋ぎ金物を乾式石張りのパネル壁に適用した第1の実施形態を示すもので、図中符号10がコンクリート躯体である。このコンクリート躯体10には、ホークアンカーボルト11を介して、図7に示したものと同様に、アングル材からなる1次ファスナ12が取り付けられており、この1次ファスナ12に平板状の2次ファスナ13がボルト締めされるとともに、上記2次ファスナ13の先端孔部13aに、パネル壁となる張り石14の上下端面に形成された穴部に挿入されただぼピン15が挿通されることにより、上記張り石14が躯体10に固定され、パネル壁が構築されている。
【0013】そして、上記躯体10の1次ファスナ12と隣接する位置に、ホークアンカーボルト20によって固定アングル材(基端部)21の一辺21aが固定されている。他方、この固定アングル材21の上記張り石14の目地16に臨む位置に突出した他辺21bには、平板部材22の一端部がボルト23およびナット24によって回動自在に取り付けられている。この平板部材22は、厚さ寸法が上記目地16に挿通可能な帯板状の部材で、長さ寸法が上記1次ファスナ12および2次ファスナ13等からなる張り石14の固定用金物同士の間隔よりも短くなるように形成されており、さらにその先端部には、後述するボルト25が挿通可能な孔部が穿設されている。ちなみに、この平板部材22は、パネル壁構築時には、図2において点線で示すように、上記躯体10と張り石14との間の隙間に収納されている。そして、上記固定アングル材21の他辺21bには、上記平板部材22が図中実線で示す位置まで90゜回動した際に、それ以上の回動を阻止するためのストッパ21cが固定されている。
【0014】また、図中符号27は、足場繋ぎ30を取り付ける際に用いられる平板状の連結部材を示すものであり、この連結部材27は、予め足場繋ぎ30の捩じ込みボルト31に溶接によって固着されており、その他端部には上記ボルト25を挿通するための孔部26が穿設されている。また、この連結部材27の基端部の上記平板部材22の両側位置には、上記平板部材22に対して連結部材27が回動することを阻止するためのストッパ27a、27aが固定されている。
【0015】なお、上記連結部材としては、図1および図2に示すものに限らず、図3および図4に示すように、上記平板部材22に取り付けられる平板部28と、この平板部28に固着されて上記足場繋ぎ30の捩じ込みボルト31が螺合されるナット29とからなり、平板部材22の両側位置に当該平板部材22に対する回動を阻止するためのストッパ28a、28aが固定された連結部材32も使用可能であり、いずれも当該連結部材27、32と平板部材22との孔部に挿通されたボルト25およびナット33によって、上記平板部材22に着脱自在に連結されるようになっている。
【0016】以上の構成からなるパネル壁用足場繋ぎ金物は、上記パネル壁の構築時には、予め固定アングル材21の辺21bに取り付けた平板部材22を、図2に点線で示す位置に回動させて、上記張り石14とコンクリート躯体10との間に収納しておく。そして、足場の仮設時に、目地16のシールを外して内部の上記平板部材22を、図2に実線で示す位置までほぼ90゜回動させてストッパ21cに当接させ、先端部を上記目地16から突出させる。この際に、上記平板部材22は、張り石14固定用の金物の間隔よりも短いため、この平板部材22が張り石14固定用の1次ファスナ12や2次ファスナ13と干渉することが無い。次いで、この平板部材22の先端部に、ボルト25およびナット33を用いて、予め上記足場繋ぎ30のボルト31に固着された上記連結部材27(32)を取り付ける。
【0017】また、足場の撤去時には、先ずボルト25およびナット33を外して上記足場繋ぎ30に固着された連結部材27(32)を平板部材22の先端部から取り外し、次に上記平板部材22を、図2で点線で示す位置まで逆方向にほぼ90゜回動させて目地16を挿通させ、上記張り石14と躯体10との間に収納する。したがって、上記パネル壁用足場繋ぎ金物によれば、従来のように新たにアンカーを埋め込む必要が無く、しかも張り石14に手直し跡等を残すこと無く、容易に足場繋ぎ30を躯体10に接続することができる。加えて、上記張り石14と躯体10との間に収納した平板部材22は、必要に応じて何度でも繰り返し使用することができるため、足場仮設ごとに接続用の金具を準備するといった煩わしさが無い。
【0018】さらに、上記パネル壁用足場繋ぎ金物にあっては、アングル材や平板等の汎用部材によって構成することができるため経済的であるとともに、予め連結部材27(32)を足場繋ぎ30の捩じ込みボルト31に固着しておき、この連結部材27(32)を上記平板部材22の先端部にボルト25およびナット33によって着脱自在に取り付ければよいため、足場繋ぎ30の着脱作業が極めて容易になる。特に、連結部材32のように平板部28に固着したナット29に、予め足場繋ぎ30のボルト31を螺合して、これを上記平板部材22に取り付ければ、上記ボルト31のねじを溶接等によって傷めることが無いために、上記足場繋ぎ30を本発明に係る足場繋ぎ金物を使用しない箇所においても再使用することができる。
【0019】
【発明の実施の形態2】図5および図6は、本発明に係るパネル壁用足場繋ぎ金物を乾式石張りのパネル壁に適用した第2の実施形態を示すもので、図1〜図4に示したものと同一構成部分については、同一符号を付してその説明を簡略化する。図5および図6において、この実施形態の足場繋ぎ金物にあっては、ホークアンカーボルト20によって躯体10に固定された固定アングル材(基端部)21の他辺21bに、一対の平板部材40、40のそれぞれの一端部がピン41によって回動自在に取り付けられている。これら平板部材40は、厚さ寸法が上記目地16に挿通可能な帯板状の部材で、それぞれの先端部には、後述する連結部材42の凸壁部43が挿入される溝部44が形成されている。そして、これら平板部材40、40は、パネル壁構築時には、図5において点線で示すように、互いに逆方向に90゜回動されて、上記躯体10と張り石14との間の隙間に収納されている。他方、上記連結部材42は、一辺42aに足場繋ぎ30の捩じ込みボルト31が螺合されるナット45が固着されたアングル状の部材であり、その他辺42bの両側部には、上方にコ字状に屈曲された上記凸壁部43、43が形成されている。また、この辺42bの中央部には、平板部材40、40との連結用のボルト46が挿通される孔部が穿設されている。
【0020】以上の構成からなるパネル壁用足場繋ぎ金物においては、上記パネル壁の構築時には、上述したように予め固定アングル材21に取り付けた平板部材40を、図5に点線で示す位置に回動させて、上記張り石14とコンクリート躯体10との間に収納しておく。そして、足場の仮設時に、目地16のシールを外して内部の上記平板部材40、40を、それぞれ図5および図6に示す位置までほぼ90゜回動させて、互いの側面を密着させることにより並列させる。次いで、これら平板部材40、40の下方側から、当該平板部材40、40の先端部に形成された溝部44、44に、それぞれ連結部材42の凸壁部43、43を挿入した後に、連結部材42の孔部にボルト46を挿通し、ナット47によって平板部材40、40と共に締めつけることにより、上記足場繋ぎ30を連結部材42を介して平板部材40、40に取付けるとともに、上記連結部材42によってこれら平板部材40、40同士を一体的に固定する。
【0021】また、足場の撤去時には、同様にして先ずボルト46およびナット47を外し、上記足場繋ぎ30に固着された連結部材42を平板部材40、40の先端部から取り外し、次に各々の上記平板部材40、40を、互いに離間する方向にほぼ90゜回動させて、図5で点線で示すように上記張り石14と躯体10との間に収納する。したがって、上記第2の実施形態に示したパネル壁用足場繋ぎ金物によれば、上記第1の実施形態に示したものと同様の作用効果が得られるうえに、さらに一対の平板部材40、40を固定アングル材21に対して逆方向に回動させて並列させ、上記目地から突出した平板部材40、40の互いの先端部同士を、連結部材42によって一体的に連結しているので、ストッパ等を用いなくても上記一対の平板部材40、40が回動することが無く、よって足場繋ぎ30をより一層安定的に支持することができるといった効果が得られる。
【0022】なお、上記実施形態においては、本発明に係るパネル壁用足場繋ぎ金物を乾式石張りのパネル壁に適用した場合についてのみ説明したが、これに限定されるものではなく、パネル壁を金物を介して直接躯体に取り付けることにより、上記パネル壁と躯体との間に隙間が形成される各種のパネル壁に適用することが可能である。
【0023】
【発明の効果】以上説明したように、請求項1ないし4のいずれかに記載の本発明に係るパネル壁用足場繋ぎ金物によれば、従来のように新たにアンカーを埋め込む必要が無く、しかもパネルに手直し跡等を残すこと無く、容易に足場繋ぎを接続することができるとともに、上記パネル壁と躯体との間に収納した平板部材は、別途足場仮設の必要が生じた場合においても、何度でも繰り返し使用することができるため、足場仮設ごとに接続用の金具を準備するといった煩わしさが無い。特に、請求項2に記載の発明によれば、一対の平板部材を上記基端部に対して回動させて並列させて、互いの先端部に上記足場繋ぎを連結させて一体化しているので、ストッパ等を用いなくても上記一対の平板部材が回動することが無く、よって足場繋ぎを安定的に支持することができる。
【0024】また、請求項3に記載の発明によれば、上記足場繋ぎ金物を汎用部材によって構成することができるため経済的であり、かつ予め連結部材を足場繋ぎの捩じ込みボルトに固着しておき、この連結部材を上記平板部材の先端部にボルト締め等によって着脱自在に取り付ければよいため、足場繋ぎの着脱作業が極めて容易になる。さらに、請求項4に記載の発明によれば、予め上記連結部材に固着したナットに足場繋ぎのボルトを螺合して、これを上記平板部材の先端に取り付けているので、上記ボルトのねじを溶接等によって傷めることが無く、よって上記足場繋ぎを本発明に係る足場繋ぎ金物を使用しない箇所においても再使用が可能となるといった効果を奏する。
【出願人】 【識別番号】000206211
【氏名又は名称】大成建設株式会社
【出願日】 平成7年(1995)9月22日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】清水 千春
【公開番号】 特開平9−88332
【公開日】 平成9年(1997)3月31日
【出願番号】 特願平7−267996