トップ :: E 固定構造物 :: E04 建築物




【発明の名称】 スラブ鉄筋配筋用スペーサー
【発明者】 【氏名】小畑 政雄

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】底板部上に一対の支持支柱部が立設されて、前記支持支柱部の間に一方向の下端鉄筋を支持する第一受け溝部が設けられ、前記支持支柱部の上端それぞれに、前記一方向の下端鉄筋に直交する方向の上端鉄筋を支持する第二受け溝部が設けられていることを特徴とするスラブ鉄筋配筋用スペーサー。
【請求項2】第一受け溝部及び第二受け溝部の上部所定位置に、鉄筋浮き上がり防止用の止め部材が設けられた請求項1記載のスラブ鉄筋配筋用スペーサー。
【請求項3】支持支柱部の下部に底板部が存在せず、支持支柱部を型枠の上に配置する請求項1又は2記載のスラブ鉄筋配筋用スペーサー。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明はスラブ鉄筋を支持するスペーサーに関するものである。
【0002】
【発明が解決しようとする課題】図4に示されているように、従来から市販されている床配筋用のスペーサーaとしては、棒材bに定間隔にして逆V字型状の脚部材cを取り付けた床用ボルスタータイプと称される鋼製の棒状タイプ(イ)や、台形形状の一対の脚部材dを直交状に重ねたハイチェアータイプと称される鋼製やプラスチック製の腰掛けタイプのもの(ロ)があった。また、図4(ハ)に示されているように、モルタル製の角状タイプ(サイコロタイプ)のものなど種類もあり、それぞれ使い勝手に応じて選択されていた。しかしながら、上記した従来のスペーサーにあっては、合板型枠などの堅固なせき板の上面に直に設置して使用されてもあまり問題を生じるものではないが、最近において採用されることの多くなった断熱材を直に打ち込む型枠工法の床工事の場合には問題が生じるようになってきている。すなわち、合板型枠の上面に設けた発泡樹脂系断熱材(例えば、発泡ポリスチレン板など)の上部に配筋されるスラブ鉄筋を定位置に保持させるために前記スペーサーを使用した場合、断熱材との接触部分が点接触状態でありその断熱材が柔らかいため、注意を怠るとスペーサーが断熱材内に沈み込んだり足の一部が断熱材にはまり込んで移動、傾斜などして配筋がズレるという問題を有している。このように上記ボルスタータイプやハイチェアータイプのスペーサーは足下の接地面積が小さく、断熱材に沈み込んで傷付けるという点からも断熱材が採用された場合には用いられることは殆どない。そして、よく採用されるスペーサーとしては多少接地面積の大きいモルタル製の角状タイプ、或いはボルスタータイプの足下に薄鉄板を取り付けたものであった。しかし、前記角状タイプでは鉄筋を保持する機能を備えていないことから角状タイプのスペーサー上から鉄筋が簡単に外れてしまったり、ボルスタータイプのスペーサーではその取り扱いが非常に煩雑になるという問題がある。
【0003】そこで本発明は上記事情に鑑み、発泡樹脂などから成形された柔らかい断熱材の上にスペーサーを配置し、そのスペーサーにスラブ鉄筋を支持させるようにしても沈み込みや移動などが生じないようにすることを課題とし、スラブ鉄筋が適正に配筋されるようにすることを目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は上記課題を考慮してなされたもので、底板部上に一対の支持支柱部が立設されて、前記支持支柱部の間に一方向の下端鉄筋を支持する第一受け溝部が設けられ、前記支持支柱部の上端それぞれに、前記一方向の下端鉄筋に直交する方向の上端鉄筋を支持する第二受け溝部が設けられていることを特徴とし、また第一受け溝部及び第二受け溝部の上部所定位置に、鉄筋浮き上がり防止用の止め部材が設けられ、さらに支持支柱部の下部に底板部が存在せず、支持支柱部を型枠の上に配置するスラブ鉄筋配筋用スペーサーを提供して、上記課題を解消するものである。
【0005】本発明にあっては、第一受け溝部と第二受け溝部が上下に離間して互いに直交する方向のスラブ鉄筋を支持するようになるものであり、第一受け溝部に差し入れて支持させた一方向の下端鉄筋(例えば、下端主筋)に、このスペーサーの近傍においてもう一方の下端鉄筋(例えば、下端配力筋)を重ね置くようにし、下端鉄筋の結束後に、前記第二受け溝部に置いて支持させた一方向の上端鉄筋(例えば、上端配力筋)に、スペーサー上、またはその近傍にもう一方の上端鉄筋(例えば、上端主筋)を重ね置くようにし、この上端鉄筋を結束することになる。このようにして、下端鉄筋と上端鉄筋とがスペーサーにより離間した状態で支持され、また、スペーサーは底板部で例えばこのスペーサーを配置する発泡樹脂系断熱材に面接触することになり、沈み込みなどが生じないようになる。また、第一受け溝部及び第二受け溝部の上部所定位置に、鉄筋浮き上がり防止用の止め部材を設けることで、下端配筋及び上端配筋の交差部をそれぞれ結束する機能を果たすことができ、コンクリート打設などの作業時にこのスペーサーから外れ難くなり、よって、配筋状態にズレが生じ難くなる。さらに、スペーサーを通常の型枠の上に配置する場合は底板部が存在していなくても良い。
【0006】
【発明の実施の形態】つぎに本発明を図1から図3に示す実施の形態に基づいて詳細に説明する。図中1はプラスチック製または鋼製のスラブ鉄筋配筋用スペーサーであり、このスペーサー1は図1に示すように、円板状の底板部2とこの底板部2から立設された一対の支持支柱部3とからなるものである。前記支持支柱部3それぞれは、底板部2の上において四方に配置され底板部の一径方向に隣り合う壁体4同士の上部に天板5を一体に渡してなるものである。そして、前記支持支柱部3は、スラブ鉄筋を差し置ける間隔で対峙していて、その支持支柱部3の間にあっては、前記壁体4の所定高さ位置の部分を延設して底板部2の中央上で一体化した結合部6が位置しており、この結合部6を受け底として支持支柱部3の間に差し入れたスラブ鉄筋を支持する第一受け溝部7が支持支柱部3の間に設けられている。この第一受け溝部7には図2に示したように、スラブに配筋されるスラブ鉄筋の内、下端主筋Aが差し入れられ、その下端主筋に直交する下端配力筋Bがスペーサー1に接触させた状態で下端主筋A上に配筋されることになる。なお、下端主筋に対するコンクリートの被り厚やスラブ中における位置など諸条件が満足できるようにこの第一受け溝部の受け底高さ、即ち前記結合部の高さが設定される。
【0007】また、上記支持主柱部3それぞれにおける天板5にあっては、上記下端主筋Aと直交する方向に配筋される上端配力筋Cを乗せ置くことのできる第二受け溝部8が設けられている。この第二受け溝部8それぞれはスラブ鉄筋の断面形状に応じた凹部として形成されているものであり、その凹形状が天板5の中央部分において支持支柱部の対峙する方向に通されている。この第二受け溝部8には前述したように、下端主筋Aと直交する方向の上端配力筋Cが乗せ置かれて支持し、その上端配力筋Cの上にこの上端配力筋と直交する方向の上端主筋Dが乗せ置かれることになる。なお、上端主筋Dの位置は下端主筋Aの上方に位置される。そして、この第二受け溝部8にあっても上記第一受け溝部7と同様に、上端主筋Dに対するコンクリートの被り厚やスラブ中における位置など諸条件が満足できるように高さ位置が設定され、第一受け溝部と第二受け溝部との上下距離も下端配力筋Bと上端配力筋Cとが所定の間隔を保てるように設定されるものとなる。
【0008】上記構造のスペーサー1は通常の合板型枠の上に配置するようにしてもよく、また、図3に示すように断熱材9に配置してもよい。通常の合板型枠の上に配置する場合は底板部2が存在しなくてもよい。そして、断熱材9上にこのスペーサー1を配置した場合でも底板部2が断熱材9に対して面接触するため、スラブ鉄筋を配筋した後においても沈み込みが生じ難く、断熱材を傷付けることもない。
【0009】図5〜図7は本発明に係るスペーサーの他の実施の形態を示すもので、このスラブ鉄筋配筋用スペーサー11は下端鉄筋と上端鉄筋を同時に正しく保持でき、しかも交差部の鉄筋同士の結束機能を兼用できるようにした点に特徴を有するものである。
【0010】プラスチック製または鋼製のスペーサー11は、基本的構成は前記スペーサー1と類似しており、図5(イ)、(ロ)に示されているように、円板状の底板部12とこの底板部12から立設された一対の支持支柱部13とを備え、支持支柱部13それぞれは、底板部12の上において四方に配置され壁体14の上部に天板15を取り付けてなるものである。
【0011】前記支持支柱部13は、スラブ鉄筋を差し置ける間隔で対峙していて、その支持支柱部13の間にあっては、前記壁体14の所定高さ位置の部分を延設して底板部12の中央上で一体化した結合部16が位置しており、この結合部16を受け底として支持支柱部13の間に差し入れたスラブ鉄筋を支持する第一受け溝部17が支持支柱部13の間に設けられている。さらに、第一受け溝部17の所定高さには、スラブ鉄筋の浮き上がり防止用の止め部材例えば弾性止め具19が壁体14の内縁部からそれぞれ底板部12の軸線方向に向けてそれぞれ下向き傾斜の状態で突出形成されると共に、これらの弾性止め具19が外方に押された時に入り込むための凹部20が壁体14の内縁部にそれぞれ切り欠きにより形成されている。
【0012】前記第一受け溝部17には図6(イ)、(ハ)に示したように、スラブに配筋されるスラブ鉄筋の内、下端主筋Aが差し入れられて受け底にて受止され、その下端主筋に直交する下端配力筋Bが第一受け溝部17に落とし込まれて下端主筋A上に配筋されることになる。この際、下端配力筋Bは前記弾性止め具19を凹部20内に押し込みながら通過し、下端主筋Aに接触した時点で弾性止め具19に対する押圧力が解除され、弾性止め具19は復元力により戻って下端配力筋Bの上部に係止する。この結果、下端配力筋Bの上方への浮き上がりが防止され、下端主筋Aと下端配力筋Bとは交差部が弾性止め具19により押さえ付けられて保持されることになる。なお、下端主筋に対するコンクリートの被り厚やスラブ中における位置など諸条件が満足できるようにこの第一受け溝部17の受け底高さ、即ち前記結合部16の高さが設定され、弾性止め具19の位置は下端主筋A及び下端配力筋Bの太さ(径)を考慮して設定される。弾性止め具19と下端配力筋Bとの間に多少の遊びがあったとしても、弾性止め具19が内方に突出した状態となるため下端配力筋Bの上方への抜けは完全に防止される。
【0013】前記天板15は、図5(イ)に示すように基板の中央部に上端配力筋Cを乗せ置くことのできる第二受け溝部18が設けられ、その両側には前記壁体14への取付用孔21が壁体14の位置に対応させて設けられ、基板の四隅部には壁体14の外縁部に係止する爪片22がそれぞれ折り曲げて形成されている。
【0014】前記壁体14の上部には天板15を装着するための取付部が設けられており、すなわち図5(イ)に示すように壁体14の上部には前記取付用孔21に挿入する取付片14aが形成されると共に、天板15を受止する段部14bがそれぞれ設けられている。さらに、取付片14aの上部には、スラブ鉄筋の浮き上がり防止用の止め部材例えば弾性止め具23が壁体14の上端内縁部からそれぞれ底板部12の軸線方向に向けてそれぞれ下向き傾斜の状態で突出形成されると共に、これらの弾性止め具23が外方に押された時に入り込むための凹部24が壁体14の内縁部にそれぞれ切り欠きにより形成されている。
【0015】天板15を壁体14に取り付けるには、前記取付用孔21に壁体14の上端部を位置合わせして天板15を押し下げて嵌め込むようにすればよい。この際、天板15は前記弾性止め具23を凹部24内に押し込んで通過し、徐々に広幅となる取付片14aにきつく嵌まり込むと共に前記段部14bに受止されて停止し、図5(ロ)に示すような取付状態となる。
【0016】この天板15の取り付けは、作業性の観点から前記下端主筋Aと下端配力筋Bとの配筋後に行うことが好ましく、その第二受け溝部18には図6(イ)、(ハ)のように、下端主筋Aと直交する方向の上端配力筋Cが乗せ置かれ、その上端配力筋Cの上にこれと直交する方向の上端主筋Dが乗せ置かれる。この場合も、上端配力筋Cと上端主筋Dとの交差部が弾性止め具23により押さえ付けられて保持されることになる。
【0017】すなわち、上端主筋Dは弾性止め具23を凹部24内に押し込みながら通過し、上端配力筋Cに接触した時点で弾性止め具23に対する押圧力が解除され、弾性止め具23は復元力により内方に戻って上端主筋Dの上部に係止する。これにより、上端主筋Dは上方への浮き上がりが防止される。前記と同様に弾性止め具23と上端主筋Dとの間に多少の遊びがあったとしても、弾性止め具23が内方に突出した状態となるため上端主筋Dの上方への抜けは完全に防止される。なお、第二受け溝部18にあっても上記第一受け溝部17と同様に、上端主筋Dに対するコンクリートの被り厚やスラブ中における位置など諸条件が満足できるように高さ位置が設定され、第一受け溝部と第二受け溝部との間隔も下端配力筋Bと上端配力筋Cとが所定の間隔を保てるように設定され、弾性止め具23の位置は上端配力筋C及び上端主筋Dの太さ(径)を考慮して設定される。
【0018】上記構造のスペーサー11は前記スペーサー1と同様に、通常の型枠の上に配置するようにしてもよく、断熱材の上に配置してもよい。通常の型枠の上に配置する場合は底板部12が存在しなくてもよい。そして、断熱材上にこのスペーサー11を配置した場合でも底板部12が断熱材に対して面接触するため、スラブ鉄筋を配筋した後においても沈み込みが生じ難く、断熱材を傷付けることもない。
【0019】
【発明の効果】以上説明したように、本発明のスラブ鉄筋配筋用スペーサーは、底板部上に立設された支持支柱部に第一受け溝部と第二受け溝部とを備えていることから、これらの受け溝部に配筋した上下のスラブ鉄筋を定位置に保持でき、しかも受け溝部の上部所定位置に鉄筋浮き上がり防止用の止め部材を設けることで主筋及び配力筋の交差部をそれぞれ結束する機能を果たすことができ、コンクリート打設などの作業時にこのスペーサーから外れ難くなり、よって、配筋状態にズレが生じ難くなる。そして、スペーサーは底板部を有しているため、発泡樹脂系断熱材上に配置しても面接触して沈み込み難くなり、配筋の安定性を保持できると共に断熱材を傷付けることもなくなる。さらに、下端鉄筋と上端鉄筋とを同時に保持できて下端鉄筋と上端鉄筋とを設計高さに位置させ易くなり、よって、コンクリートとスラブ筋との一体性を確保し易くなる。また、構造が簡単であり、取り扱いや設置作業が容易であるなど、種々の実用性に優れた効果を奏するものである。
【出願人】 【識別番号】000002299
【氏名又は名称】清水建設株式会社
【出願日】 平成8年(1996)7月3日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】柳田 良徳 (外1名)
【公開番号】 特開平9−221878
【公開日】 平成9年(1997)8月26日
【出願番号】 特願平8−173489