トップ :: D 繊維 紙 :: D02 糸;糸またはロ−プの機械的な仕上げ;整経またはビ−ム巻き取り




【発明の名称】 フィラメント加工機
【発明者】 【氏名】野田 耕之

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 作業通路に隣接してヒータを鉛直に立設し、前記ヒータの下方に糸案内具を設け、前記ヒータを上下方向に通過するとともに、前記作業通路の側に開放し、前記糸案内具によって屈曲されて水平方向に向かう糸道を形成したフィラメント加工機において、前記ヒータ下端の前記作業通路側の面を下方に行く程奥に向かう斜面に形成したことを特徴とするフィラメント加工機。
【請求項2】 前記斜面が、前記ヒータの断熱材の一部を切り欠いて形成したものである請求項1記載のフィラメント加工機。
【請求項3】 前記ヒータが、ヒータ内の糸道の前記作業通路側に深い糸挿入スリットを形成する断熱材を設けたものである請求項2記載のフィラメント加工機。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、作業通路に隣接してヒータを鉛直に立設し、前記ヒータの下方に糸案内具を設け、前記ヒータを上下方向に通過するとともに、前記作業通路の側に開放し、前記糸案内具によって屈曲されて水平方向に向かう糸道を形成したフィラメント加工機に関するものである。
【0002】
【従来の技術】この種のフィラメント加工機の例である延伸仮撚機を図3を用いて説明する(延伸仮撚機は、左右対称に機器を配置するのが通常であり、図ではその右側部分を省略している)。延伸仮撚機は、クリールスタンド11に多数支持された給糸パッケージPsより解舒される糸Yをガイドパイプ9で案内する。第一フィードローラF1、テクスチャリング用の一次ヒータH1、冷却板14、互いに走行方向を交差して接する一対のツイスタベルトよりなるニップツイスタ10、第二フィードローラF2、第三フィードローラF3、セッティング用の二次ヒータH2、第四フィードローラF4、オイリングローラ8を記載の順に通過する糸道を経てワインダ12でパッケージPwに巻取るものである。
【0003】以上の構成において、作業開始時や糸切れ時には前記糸道に沿って糸を掛け渡す操作が必要となる。糸掛け操作を順を追って説明する。まずサクションガンで前記ガイドパイプ9の出口側端部を吸引し、前記給糸パッケージPsの糸端を前記作業通路13側に引き出す。引き出した糸Yをワインダ12側の図示していないサクションノズルに吸引させて糸に一定のテンションを付与する。その状態で、ガイドパイプ9と前記サクションノズル間の糸Yを引き出しながら第一フィードローラF1から順に糸を掛けてゆく。第四フィードローラF4で糸道を屈曲させて、作業通路13を構成するステップ13aに形成した図外のスリットから作業通路13の下部空間に糸Yを導き、オイリングローラ8に掛け渡す。一次ヒータH1や冷却板14への糸掛けはシフタロッド6を使用するが、それ以外のフィードローラへの糸掛け操作は作業者が鉤形の器具を使用して直接に行っている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】近年、延伸仮撚機等のフィラメント加工機は、全体の小型化と作業性の向上とが図られている。特に、糸切れ後の糸掛け操作は前記鉤形の器具を使用するだけでできるように改善されてきている。
【0005】しかし、前記二次ヒータの下流にあるフィードローラへの糸掛け操作は、図4に斜線で示したように走行糸及びフィードローラが二次ヒータの死角に入り、作業者は糸掛けの部位を目視確認するのが困難であった。そのために膝を折って屈み、その状態で更にヒータの下端を覗き込む等の窮屈な姿勢を取らねばならず、せっかくの操作性が十分には活かされていなかった。
【0006】上記の死角を無くすために、二次ヒータを傾けたり、或いはヒータの位置を高くすると小型化に逆行することになる。
【0007】本発明は、上記のような問題点を解決すべく、糸掛け作業性の良いフィラメント加工機を提供することを目的としている。
【0008】
【課題を解決するための手段】本発明は、上記目的を達成するためにヒータ下端の作業通路側の面を下方に行く程奥に向かう斜面に形成することにより、ヒータの下流にある糸案内具が糸掛け作業等で目視する際にヒータの死角に入ることを防ぐものである。
【0009】鉛直に立設したヒータの下端部は、その上端部に比べて温度が低く、上方から下方に向かう走行糸に随伴する外気が導入される上端部に比べて熱的な負荷も小さい箇所である。前記斜面は、このヒータ下端の箇所に位置する断熱材の一部を切り欠いて形成することが好ましい。
【0010】
【実施の形態】図1は、代表的なフィラメント加工機である延伸仮撚機の二次ヒータに本発明を採用した要部の拡大図である。延伸仮撚機の全体構成は先に説明した図3と同様であるので、図3の符号を使用して説明することにより図示は省略する。
【0011】図1に示すように、走行糸Yは、第三フィードローラF3、セッティング用の二次ヒータH2、糸案内具としての第四フィードローラF4、作業通路13を形成するステップ13aの下部空間を通過する糸道に沿って走行する。
【0012】図2に基づいて前記二次ヒータH2の構成を詳細に説明する。この二次ヒータH2は、シーズヒータ等の熱源4を嵌め込んである伝熱体5に、上下に貫通するとともに前記作業通路13の側に糸道を開放する糸走行溝5aを形成した発熱体1を備えている。発熱体1の作業通路13側の面には、断熱材2を配置して深い糸挿入スリット3を形成することにより、糸掛けのために前記糸道を作業通路13側に開放させたことによる、前記糸走行溝5a内への外気進入や、前記作業通路13側への放熱を抑制するように構成している。
【0013】前記伝熱体5と断熱材2の外周は別の断熱材2Aで覆ってあり、これら伝熱体5と、例えば酸化カルシューム等の断熱材をバインダーを介して硬質に成形した前記断熱材2,2Aを内装するケース7aを、前記作業通路13に沿って延びるケース本体7に、延伸仮撚機の各ワインダ12に対応するように所定間隔を置いて取り付けている。ケース本体7内で前記夫々のケース7a間は、更に別の、例えばセラミックファイバ等の軟質の断熱材2Bを充填している。図面中の符号15は前記ケース7aの端部に対応するカバーである。
【0014】二次ヒータH2には、前述したように糸挿入スリット3を形成している。そして、作業通路13を構成するステップ13aにも、一定幅の板部材を作業通路13の長手方向に並べて設けることにより、各板部材間に糸挿入用のスリットを形成している。これら両スリットから、例えば鉤形の糸掛け器具で糸を把持した状態で手作業により、作業者は作業通路の側から簡単に糸を掛けることができる。
【0015】糸掛け操作を容易にするために、前記二次ヒータH2はその作業通路13側の面を下方に行く程奥に向かう斜面16に形成している。すなわち、糸道を屈曲させる糸案内具であるところの前記第四フィードローラF4への糸掛け操作を容易にするために、前記ケース本体7の下端部を斜面16に形成して、図1に示すように第四フィードローラF4が作業者の死角に入らないように構成している。
【0016】前記斜面16を形成するにあたっては、糸挿入スリット3を形成するための前記断熱材2の下端部をその幅方向の全体にわたって斜めに切り欠いている。この図1の例では、前記伝熱体5の長さは従来のままとして、前記死角の解消がヒータの発熱量や糸走行溝5aの長さに影響を与えないように工夫している。二次ヒータH2の下端部は走行糸Yの出口に当たるために、走行糸Yに随伴する外気の流入が無く、ヒータの上端部と比べると温度も低くて熱負荷の小さい箇所である。従って前記断熱材2を切り欠いても、フィラメント加工に与える影響はほとんどみられない。
【0017】図1の例では、断熱材2の下端部をその幅方向の全体にわたって斜めに切り欠いたが、切り欠きの程度は、作業性とフィラメント加工に与える影響との兼ね合いで決定すべきものである。又この切り欠きの程度は、二次ヒータH2と作業ステップ13aとの位置関係や、糸案内具としての前記第四フィードローラF4との位置関係によっても当然に変化し、図1の例よりも小さな切り欠きとなる場合もあり、これとは逆に切り欠きが伝熱体5にまで達する場合もある。
【0018】本実施の形態は、作業通路に隣接してヒータを鉛直に立設して、前記ヒータの下方で水平方向に屈曲する糸道を形成した代表的フィラメント加工機の例である延伸仮撚機を取りあげたが、本発明は、上記実施の形態に限られるものではなく、仮撚機、空気加工機等その他のフィラメント加工機においても有効である。
【0019】
【発明の効果】本発明は、以上説明したように構成されているので、以下に記載されるような効果を奏する。
【0020】ヒータを構成する断熱材下端の前記作業通路側の面を下方に行く程奥に向かう斜面に形成したことにより、ヒータの下流にある糸案内具の目視確認性が良くなり、作業者が確認しながら行わなければならない、煩わしい作業である前記ヒータの下流に位置するフィードローラ等の糸案内具への糸掛けを、楽な姿勢で行えるようになり、作業効率が良くなった。
【0021】前記斜面が、前記ヒータの断熱材の一部を切り欠いて形成したものである場合には、上端部に比べて温度が低く、熱的な負荷も小さい箇所であるから、フィラメント加工の能力を低下させずに糸掛け操作の作業性を向上できる。特に前記ヒータがヒータ内の糸道の前記作業通路の側に、深い糸挿入スリットを形成する断熱材を設けたものである場合には、断熱材を大きく切り欠くことが可能であり、死角の解消が容易である。
【出願人】 【識別番号】000006297
【氏名又は名称】村田機械株式会社
【出願日】 平成7年(1995)8月24日
【代理人】
【公開番号】 特開平9−59835
【公開日】 平成9年(1997)3月4日
【出願番号】 特願平7−216055