トップ :: D 繊維 紙 :: D02 糸;糸またはロ−プの機械的な仕上げ;整経またはビ−ム巻き取り




【発明の名称】 ポリエステル紡績糸及びその製造方法
【発明者】 【氏名】二口 徹

【氏名】下村 高司

【氏名】大平 益彰

【氏名】穂積 達雄

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 単糸繊度が1.0デニール以下のポリエステル短繊維からなり繊維束が2本合撚され異方向の撚を交互に繰り返し有する100〜140番手(英式綿番手)の紡績糸であって、番手(s)×強力(g)の値が15000以上であることを特徴とするポリエステル紡績糸。
【請求項2】 単糸繊度が1.0デニール以下のポリエステル短繊維を、カーディング及び練条工程を経て120gr/6yd以下のスライバーとなした後、これを粗紡機に仕掛けて粗糸を得、次いで該粗糸を精紡機に並列供給して、ドラフト率45〜60でドラフトした後、同時に且つ同方向に撚転して100〜140番手(英式綿番手)の紡績糸として巻き取ることを特徴とするポリエステル紡績糸の製造方法。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、婦人薄地織物用等として好適で、細繊度ポリエステルからなり柔軟で且つ強力を有する紡績糸に関し、更に詳しくは、所謂サイロスパン紡績によって得られる細番手ポリエステル紡績糸に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、薄地織物等に用いられる細繊度糸条としては、フィラメント糸使いのものが一般的であるがこれらは暖性感や表面風合いに乏しいため、衣料用素材に用い得る細番手の紡績糸が求められている。これに対し、繊維長の長い原綿を用いた240番手程度の細番手綿紡績糸が実験的には製造され一部ハンカチ等に用いられているが、原綿を厳選する必要があり、また生産効率が低下する等の問題があって広く衣料用途に用いられるには至っていない。
【0003】また、特開平6−280125号公報には比較的長繊維で高強力の原綿を、特開平5−209335号公報には細繊度ポリエステルステープル繊維を用いて80〜100番手程度の細番手紡績糸を製造することが開示されている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、特開平6−280125号公報や特開平5−209335号公報に記載された細番手紡績糸は、実用強力を維持するため双糸使いであって、ある程度の下撚を必要とし柔らかさ等の風合いの点において、細番手糸の特徴を十二分に発揮せしめることができなかった。また、100番手程度の双糸を得るためには、200番手程度の単糸を得る必要があるが、かかる細番手紡績糸を工業的に安定して生産することは極めて困難である。
【0005】一方、本出願人は、特願平6−259343号にて、ポリエステル短繊維からなる2本の繊維束を所謂サイロスパン紡績によって精紡単糸となしミシン糸に用いることを提案した。かかるサイロスパン紡績は、2本の粗糸を複合して1本の紡績糸を得るものであるが、各繊維束に付与された撚状態が通常の双糸とは異なるため、得られた紡績糸は双糸に近似した強力を有しつつ、双糸を超える柔軟な風合いを有する。
【0006】本発明は、前記の如き問題点をかかるサイロスパン紡績を応用して解決するものであって、その目的は、ポリエステル短繊維からなる100番手程度の細番手紡績糸であって、同繊度の双糸並の強力を有すると共に、同繊度の双糸以上の柔軟な風合いを有する紡績糸を提供することにあり、また他の目的は、かかる紡績糸を2本の200番手程度の単糸を用いて、従来困難であった安定かつ生産性の高い製造を行う方法を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明は、単糸繊度が1.0デニール以下のポリエステル短繊維からなり繊維束が2本合撚され異方向の撚を交互に繰り返し有する100〜140番手(英式綿番手)の紡績糸であって、番手(s)×強力(g)の値が15000以上であることを特徴とするポリエステル紡績糸であり、かかる紡績糸は、単糸繊度が1.0デニール以下のポリエステル短繊維を、カーディング及び練条工程を経て120gr/6yd以下のスライバーとなした後、これを粗紡機に仕掛けて粗糸を得、次いで該粗糸を精紡機に並列供給して、ドラフト率45〜60でドラフトした後、同時に且つ同方向に撚転して100〜140番手(英式綿番手)の紡績糸として巻き取ることにより得ることができる。
【発明の実施の形態】
【0008】本発明で用いるポリエステル短繊維は、特開昭59−125905号公報に記載されているような高強度、低伸度でかつ低熱収縮性のものが好適であり、ポリエチレンテレフタレートを主たる対象とするが、その性質を本質的に変化させない範囲内(例えば15モル%以下)で第3成分を共重合したものでもよい。このような第3成分としては、例えばイソフタル酸,5−ナトリウム−スルホイソフタル酸,パラオキシ安息香酸,ジエチレングリコール,1.4−ブタンジオール等があげられる。
【0009】ポリエステルの極限粘度(η)は0.60以上が好ましい。0.60未満の場合、高強度の繊維は得られにくい。これらのポリエステルには艶消剤,着色剤,安定剤,難燃剤,吸湿剤等の添加剤を少量含有しても差支えない。
【0010】本発明のポリエステル短繊維は、前記の如きポリエチレンテレフタレートを溶融紡糸し、約150万デニールの未延伸糸トウを得た後、前記特開昭59−125905号公報、あるいは特開昭59−150109号公報等に記載する延伸過程を経由した後カッターにより所定長に切断して得られる高強度、低伸度、低熱収縮性のステーブルファイバーである。
【0011】また、該ポリエステル短繊維の単糸繊度は1.0デニール以下の細繊度糸であることが本発明の目的である柔軟な風合いを得るために必要であり、好ましくは0.8デニール以下とするとよい。但し、0.3デニール以下の極細繊度糸となると、強力、紡績工程等が問題となるおそれがあり、繊維長としては36〜44mmの範囲のものが適切である。
【0012】本紡績糸は、かかるポリエステル短繊維からなるものであるが、その風合いを大きく変えない限り他の繊維を含んでいてもよい。このような繊維としては繊度や物性を異にする他のポリエステル短繊維、綿糸、ポリエステルと綿との混紡糸等を挙げることができる。
【0013】更に、本発明の紡績糸は、繊維束が2本合撚され異方向の撚を交互に繰り返し有するものである。これは、後述する如く、精紡機のドラフトゾーンを経由して得られた並列する2本のフリース状繊維束を所定の撚係数でもって同時に且つ同方向に撚転してなる紡績糸、即ち所謂「サイロスパン紡績」によって得られた紡績糸であることを意味する。
【0014】サイロスパン紡績によって得られた紡績糸は、2本の繊維束(粗糸)が合撚されたものであるが各繊維束は異方向の撚を交互に繰り返し有するものであって、いわゆる仮撚に近い形態を呈している。よって、通常の双糸とは異なり、各繊維束の風合いは極めて柔軟であり、これらを合撚した本紡績糸も、同繊度の双糸に比べ柔軟な風合いを有する。
【0015】一方、各繊維束は実撚による顕著な収束性を有しないため、合撚された紡績糸を解撚して2本の繊維束に顕著に分別することは困難であるが、各繊維束を構成する短繊維成分は、一定の収束性をもって、紡績糸中に存在している。
【0016】また、本発明の紡績糸は、柔軟な風合いと実用強力を保持するために100〜140番手(英式綿番手)の繊度であることが必要であり、前述の如く、2本の繊維束が合撚されたものであることから各繊維束は200番手前後の繊度であることになる。更に、各繊維束の合撚数は、1200〜1900T/M程度であることが、柔軟な風合いを保つ上で好ましい。
【0017】かかる本発明の紡績糸は、その破断強力(g)に番手(s)を乗じた値が15000以上、好ましくは16000以上の物性を示すものであって、同繊度の従来の一般的な単糸が呈する値とは相違するものであり、実用上十分な強力を有するものである。
【0018】次に、かかる紡績糸を製造する方法について説明する。本発明に係る紡績糸は、先に説明したポリエステル短繊維からなる綿を、工程的には通常の綿紡績工程と同様の混打綿−カード−練条−粗紡−精紡の工程により製造するが、細番手紡績糸を紡出するためには、通常の紡績条件に比べドラフト率を高める、単位当たりの投入原料量を少なくする等の変更が必要となる。
【0019】更に、安定して、かつ高能率で生産を行うためには、単にドラフト率を高めたり、投入原料量を単に減らしただけでは十分な結果を得ることはできない。すなはち、各工程のドラフト率等には適正な値が存在し、無条件にその条件を設定すれば著しく生産バランスや品質を崩すことになるからである。よって、ドラフト率の上昇値については、各工程でその値を出来るだけ平均化することが好ましく、練条から精紡までの全体をもって、ドラフト率を所定の値に設定することが好ましい。以下、各工程について順に説明する。
【0020】カード工程に於ける本発明での特徴点は、供給原料の量と、カード針形状の設定にある。先ず、混打綿及びカード工程に供給される原綿の量は、40番程度の定番品の場合に比べ、1/2程度として少なくすることが好ましい。すなはち、通常条件に比べ、工程通過速度そのものは特に変化させず、供給原綿量を変化させることによって、ゲレンの小さいスライバーを生産することが好ましいことを意味する。
【0021】次に、カード針は、原料としてポリエステル短繊維でしかも細繊度のものを用いることから、繊維が巻き付き難く、針布より分離し易いものを用いることが好ましい。具体的には、図2に示す各針形状の説明図において、針の高さ(L)に対する作用部の高さ(H)の比を20%以下、針の前方傾斜角度(θa)を80〜83度、針の後方傾斜角度(θb)を35〜40度に設定して、一般の針布に比べカーディング作用を緩やかにすることが好ましい。
【0022】本発明の如く細番手糸の紡出を行う場合、ドラフト率を高く設定する他に、ドラフト工程の段数を増やすことが考えられる。しかし、ドラフト工程を繰り返すとそれに伴い、スラブやネップが増加するためその数は制限され、練条または粗紡の工程を1段程度増加せしめるに留めることが好ましい。
【0023】従来においてこのような場合、工程段数の増加は、粗紡工程内で行うのが一般的である。これは、ある程度のゲレン量がないと、スライバーの収束性が得られないため、粗紡機にスライバーを仕掛けることができないためである。
【0024】これに対し、本発明の場合、120gr/6yd以下の従来に比べ少ないゲレンであっても、工程管理上問題のないスライバーの収束性が得られることが判明した。その理由は定かではないが、原綿としてポリエステルを用いたこと、細繊度短繊維を用いているため収束に必要な構成繊維本数をかかるゲレンでも満たしていること等が作用しているものと思われる。したがって、本発明の場合、練条工程内で工程段数を1段程度増加し、前記の程度のゲレンまでスライバーをドラフトしてから、粗紡工程に仕掛け、粗紡工程では、通常と同様の処理を行うことが好ましい。粗紡工程内では工程段数を増加させないことによって、粗糸の巻き取り処理を少なくし、大幅な工程省力化が期待できるからである。
【0025】本発明の精紡工程は、所謂サイロスパン紡績により行う。図1はかかるサイロスパン紡績による精紡機の概要を示す斜視図である。同図において1、2は前記過程によって製造された供給粗糸、3は粗糸ガイドである。引揃え状態で並列供給された2本の供給粗糸1、2は前記粗糸ガイド3の夫々の粗糸走行用溝3A、3Bに入り、次いで上下一対のバックローラー対4、エプロン5を有する上下一対のミッドルローラー対6、上下一対のフロントローラー対7、該フロントローラー対7の裏側、且つフロントボトムローラー7A上に位置するコレクター8(図1ではその取付位置のみを示す)、以上のドラフト機構9により所定のドラフト作用を受け、平行する2本のフリース状繊維束10、11となり、これがフロントローラー対7のニップ点を出た直後、リングトラベラー機構(図示しない)の撚転作用を受け、単糸撚と双糸撚が連続的に与えられ、精紡単糸の形でボビン(図示しない)に巻き取られる。
【0026】かかるサイロスパン紡績の特徴はフロントローラー対7を出た直後のフリース状繊維束10、11を所定距離でもって2条に分離するところにあり、先に説明した通り、単糸に実撚を与える従来の精紡方法と異なり、精紡機で即合撚糸が得られる効率の高い生産装置であることと、得られる糸強力が従来法で得られる撚合された双糸と略々均等でありながら柔軟な風合いと且つ飛躍的に低コストで製造し得る点に大きな特徴がある。
【0027】また、前記精紡単糸に施す撚係数としては3.0〜4.2の範囲が適切である。撚係数が3.0未満であると糸強力が不足して精紡での糸切れが増加したり製織が不能となったりし、4.2を越える場合は織物風合いが硬くなるので好ましくない。
【0028】更に、精紡工程でのドラフトは、45〜60の範囲が好ましく、かかる範囲以下では、所望の細番手糸が得られない、前紡工程のドラフトが高くなって安定した製造が困難となる等のおそれがある。また、精紡工程で、前記範囲以上にドラフトを設定することは、安定した製造を行う上で困難を生ずる。
【0029】本発明のポリエステル紡績糸は、打ち込み密度240本/インチ程度で、目付60g/m2 程度の薄地平織物等とすると、ドレープ性に極めて優れた布帛を得ることができる。また、かかる布帛にプリーツ加工を施すことによって、ソフト感と、優れた形態保持性を有した布帛を得ることができる。
【0030】
【実施例】
(実施例1)極限粘度が0.65のポリエチレンテレフタレートをホール数1300個の口金より常法により引取り速度1000m/分で紡糸し、約250万デニールの未延伸糸トウを得、これを3.0倍に延伸してカットし、繊度0.5d、繊維長38mmのポリエステル短繊維綿を得た。
【0031】次いで、かかるポリエステル短繊維綿を、混打綿、カード工程にかけた。カード工程では、図2に示すファインデニール用の針布を用い、その針の高さLは2.8mm、作用部の高さHは0.5mmであった。また、カード機には、毎分85gの原綿を供給し、シリンダー回転数は、200rpmに設定し、250gr/6ydのスライバーを得た。
【0032】更に、得られたスライバーを3段階からなる練条工程にかけ120gr/6ydのスライバーとなし、かかるスライバーを、粗紡機にかけて得られた2本の粗糸を図1に示すリング精紡機に仕掛けてサイロスパン紡績による精紡単糸を製造した。練条、粗紡、精紡の各条件、および得られた紡績糸の物性を表1に示す。
【0033】(比較例1)実施例1で用いたポリエステル短繊維綿を用いて、同様の工程にて、260gr/6ydのカードスライバーを得た。
【0034】更に、得られたスライバーを2段階からなる練条工程にかけ230gr/6ydのスライバーとなし、かかるスライバーを、粗紡機および精紡機にかけて120番の精紡単糸を製造した。練条、粗紡、精紡の各条件、および得られた紡績糸の物性を表1に示す。
【0035】(比較例2)エジプト綿と中国綿とからなる繊維長37mmの原綿を用いて、280gr/6ydのコーマスライバーを得た。
【0036】更に、得られたスライバーを2段階からなる練条工程にかけ250gr/6ydのスライバーとなし、かかるスライバーを、粗紡機および精紡機にかけて120番の精紡単糸を製造した。練条、粗紡、精紡の各条件、および得られた紡績糸の物性を表1に示す。
【0037】
【表1】

【0038】(実施例2)実施例1で得られたポリエステル紡績糸にデンプン系の糊剤を10wt%付与してビームに巻取り、緯糸にも実施例1で得られたポリエステル紡績糸を用いて、200rpmのフライ織機で平織物を製織した。次いで、精錬、リラックス、プリセット、染色、仕上げセットの各処理を施し、経糸密度130本/インチ、緯糸密度110本/インチ、目付60g/m2 の織物を得た。更に、この織物に、115℃で2分間、表ひだ2cm、裏ひだ1cm,0.5cmのワイドプリーツ加工を施して目付100g/m2 の織物とした。
【0039】かかる織物は、羽毛のような毛羽感、軽さ、透明感、ドレープ性等を備え、婦人用ワンピースを縫製したところ、高級感のある製品が得られた。
【0040】(実施例3)実施例2において、緯糸に綿コーマ糸100番手単糸を用いて、平織物を製織した。そして、染色工程において、ポリエステルを分散染料で、綿糸を反応性染料で2浴染した。得られた織物は経糸密度88本/インチ、緯糸密度110本/インチ、目付55g/m2 であり、シャンブレー調の外観を呈し、更に羽毛のような毛羽感、軽さ、透明感、ドレープ性等を備え、婦人用ワンピースを縫製したところ、高級感のある製品が得られた。
【0041】
【発明の効果】本発明のポリエステル紡績糸は、紡績糸として、従来にないソフトな風合いと、実用上問題のない強力を兼備するもので、更に、プリーツ性にも優れるため、婦人用衣料素材として極めて好適である。また、本発明方法によれば、かかる紡績糸を既存設備を大幅に改造することなく安定して製造することができ、その有用性は明らかである。
【出願人】 【識別番号】000000952
【氏名又は名称】鐘紡株式会社
【出願日】 平成7年(1995)8月4日
【代理人】
【公開番号】 特開平9−49136
【公開日】 平成9年(1997)2月18日
【出願番号】 特願平7−219854