トップ :: D 繊維 紙 :: D02 糸;糸またはロ−プの機械的な仕上げ;整経またはビ−ム巻き取り




【発明の名称】 交互撚複合糸およびその製造方法ならびに布帛
【発明者】 【氏名】甲斐 二男子

【氏名】根岸 孝雄

【目的】
【構成】 少なくとも2本の構成糸からなる複合糸であって、少なくとも2本の構成糸は複合糸の長さ方向に沿って撚密度の低い糸部分と撚密度の高い糸部分とが無撚部分を介して交互撚をなして配列してなることを特徴とする交互撚複合糸および少なくとも2本の構成糸を用い、そのうち少なくとも2本の構成糸各々に、撚方向が正逆の関係にある撚密度の低い糸部分と撚密度の高い糸部分を無撚部分を介して交互に付与した後、引き揃え、次いで交絡を付与することを特徴とする交互撚複合糸の製造方法。
【特許請求の範囲】
【請求項1】少なくとも2本の構成糸からなる複合糸であって、少なくとも2本の構成糸は複合糸の長さ方向に沿って撚密度の低い糸部分と撚密度の高い糸部分とが無撚部分を介して交互撚をなして配列してなることを特徴とする交互撚複合糸。
【請求項2】撚密度の低い糸部分の撚密度と高い糸部分の撚密度の比が1:1.5〜1:5であることを特徴とする請求項1記載の交互撚複合糸。
【請求項3】複合糸の長さ方向に沿って、交互撚の平均周期よりも短い平均周期で構成糸相互が交絡していることを特徴とする請求項1または2記載の交互撚複合糸。
【請求項4】互いに繊度の異なる構成糸を含むことを特徴とする請求項1、2または3記載の交互撚複合糸。
【請求項5】互いに色または染着性の異なる構成糸を含むことを特徴とする請求項第1、2、3または4記載の交互撚複合糸。
【請求項6】少なくとも1本の構成糸が色または染着性の異なる繊維を含むことを特徴とする請求項1、2、3、4または5記載の交互撚複合糸。
【請求項7】少なくとも2本の構成糸を用い、そのうち少なくとも2本の構成糸各々に、撚方向が正逆の関係にある撚密度の低い糸部分と撚密度の高い糸部分を無撚部分を介して交互に付与した後、引き揃え、次いで交絡を付与することを特徴とする交互撚複合糸の製造方法。
【請求項8】流体噴射旋回流域に構成糸を通過させて交互撚を付与することを特徴とする請求項7記載の交互撚複合糸の製造方法。
【請求項9】交絡付与が流体噴射交絡付与であることを特徴とする請求項7または8記載の交互撚複合糸の製造方法。
【請求項10】請求項1〜6記載の交互撚複合糸を少なくとも一部に用いた布帛。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は撚を有する糸条を複数本引き揃えた複合糸に関する。さらに詳しくは、糸の長さ方向に沿ってS撚部分とZ撚部分とを交互に有する糸条複数本を引き揃えてなる交互撚複合糸およびその製造方法およびそれからなる布帛に関する。
【0002】
【従来の技術】従来から糸軸に沿ってS撚、Z撚の各撚が交互に存在する交互撚糸はよく知られている。
【0003】交互撚糸は布帛にて撚糸の風合とその撚構造の変化に起因する糸斑が織り成す独特の模様を呈し、その価値は高く評価されるものがある。しかし、撚構造の変化だけで布帛に特徴を付与するにはおのずと限界があり、さらなる意匠性の付与による多様化への対応が望まれている。
【0004】また、色または染着性の異なる複数本の糸条を撚り合わせて杢糸を製造する公知の技術がある。しかし、実撚の形成においては交互撚糸の形成に比較して撚掛け効率が低いためにコストが高くなり、さらに単調な撚パターン繰り返しによる杢ながれの問題が発生しやすい。
【0005】また、杢調布帛を製造する他の技術として、色または染着性の異なる複数本の糸条に、圧力流体などを利用して間欠交絡を付与した糸を用いる技術もある。しかし、この技術は構成繊維相互が均一に混ざりすぎるために杢が細かくなりやすく、杢よりむしろ中間色に近い色合いとなる。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、上述の従来技術の欠陥に鑑み、撚密度の異なる有撚部と無撚部とが交互に配列した複数本の構成糸からなる極めて変化に富んだ複合糸を提供せんとするものであり、またかかる複合糸を安定して製造する方法およびかかる複合糸からなる布帛を提供せんとするものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明の交互撚複合糸は前記した本発明の目的を達成するため以下の構成を有する。
【0008】すなわち、少なくとも2本の構成糸からなる複合糸であって、少なくとも2本の構成糸は複合糸の長さ方向に沿って撚密度の低い糸部分と撚密度の高い糸部分とが無撚部分を介して交互撚をなして配列してなることを特徴とする交互撚複合糸である。
【0009】また、本発明の交互撚複合糸の製造方法は、以下の構成を有する。
【0010】すなわち、少なくとも2本の構成糸を用い、そのうち少なくとも2本の構成糸各々に、撚方向が正逆の関係にある撚密度の低い糸部分と撚密度の高い糸部分を無撚部分を介して交互に付与した後、引き揃え、次いで交絡を付与することを特徴とする交互撚複合糸の製造方法である。
【0011】また、本発明の交互撚複合糸から得られる布帛は、以下の構成を有する。
【0012】すなわち、少なくとも2本の構成糸からなる複合糸であって、少なくとも2本の構成糸は複合糸の長さ方向に沿って撚密度の低い糸部分と撚密度の高い糸部分とが無撚部分を介して交互撚をなして配列してなる交互撚複合糸を少なくとも一部に用いた布帛である。
【0013】
【発明の実施の形態】本発明の交互撚複合糸は、少なくとも2本の構成糸を有するものである。
【0014】構成糸が2本に満たないと形態変化に富んだ構造の糸を得ることができない問題がある。
【0015】構成糸に用いる素材はナイロン、ポリエステル、アクリロニトリル等の熱可塑性合成繊維およびその共重合体、レーヨン等の再生繊維、絹等の天然繊維のいずれでもよいが、前記熱可塑性合成繊維のうち、ナイロン6、ナイロン66、ポリエステルなどを公知の方法で溶融紡糸してなる延伸糸およびその嵩高糸を用いることができる。
【0016】多様な形態および杢感を表現する観点から、前記延伸糸およびその嵩高糸のいずれかのうち少なくとも2本を構成糸とする複合糸であるのが好ましく、構成糸の特徴、特性、例えば、素材差、形態差、染着性差、収縮差、断面形態差、光沢差等によってなんら限定されるものではないが、互いに繊度の異なる構成糸、あるいは互いに色または染着性の異なる構成糸、あるいは、少なくとも1本の構成糸が色または染着性の異なる繊維を含むものは特に好ましい。
【0017】本発明の交互撚複合糸は、少なくとも2本の構成糸が複合糸の長さ方向に沿って撚密度の低い糸部分と撚密度の高い糸部分とが無撚部分を介して交互撚をなして配列してなるものである。
【0018】本発明において撚密度とは、単位長さ当たりの撚数(回/m)のことをいう。また、極めて変化に富んだ糸構造を得る観点から、該撚密度の低い糸部分の撚密度と高い糸部分の撚密度の比が1:1.5〜1:5であるのが好ましく、より好ましくは1:1.5〜1:3である。このように、複合糸の長さ方向に沿って撚密度の低い糸部分と撚密度の高い糸部分とが無撚部分を介して交互撚をなして配列した糸構造をとることによって、交互撚の撚方向の変化および撚部と無撚部との形態変化に加え、撚密度差による変化が付加されるため、極めて変化に富んだ糸構造の複合糸を得ることができる。
【0019】さらに、該撚密度の低い糸部分と撚密度の高い糸部分の撚方向は目的に応じて正逆の関係に設定するのも好ましい。
【0020】また、本発明の複合糸は、交互撚構造を安定させる観点から、糸の長さ方向に沿って、交互撚の平均周期よりも短い平均周期で構成糸相互が交絡するのが好ましい。このような交絡形態を有することによって複合糸の交互撚構造は安定したものとなり、さらに、前記無撚部分が構成糸相互からなる交絡を有することによってS撚とZ撚の相殺を阻止せしめ、構成糸および複合糸の交互撚構造が固定されるため、より安定したものとなる。このように本発明の複合糸は、S撚部分およびZ撚部分、さらには構成糸相互からなる交絡を有する無撚部分を有し、極めて形態変化に富んだ構造の糸である。また、前記S撚部分、Z撚部分およびS撚部分とZ撚部分との間に存在する無撚部分の各々の長さは目的に応じ、種々設定できるものであり制御された変化を付与することができる。
【0021】次に本発明の撚密度差のある交互撚複合糸の一例構造をモデル的に示す図面を用いて説明する。
【0022】図1は本発明の交互撚複合糸の一例構造をモデル的に示す概略図であり、図1においてAは撚密度の低い糸部分、Bは撚密度の高い糸部分、Cは交絡を有する無撚部分を示す。このように糸の長さ方向に沿って、撚密度の低い糸部分と撚密度の高い糸部分が交絡を有する無撚部分を介して交互に配列した糸構造をとることによって、交互撚の撚方向の変化および交互撚部分と無撚部分との形態変化に加えて、撚密度差による嵩高性差が付加されるため極めて変化に富んだ構造を得ることができる。
【0023】また、該交互撚の周期よりも短い周期で構成糸相互が交絡しているため、交互撚の相殺が阻止され、該交互撚の構造は極めて安定となり、さらに、該交絡を有することによって、構成糸相互からなる交互撚の変化に加えて交絡による形態変化および繊維の混繊効果も付加されるため、極めて変化に富んだ構造となる。また、複合糸の集束性も良くなるため、後工程における糸の取扱い性、チーズからの解舒性、製編織時の工程通過性等の高次加工性も向上する。
【0024】次に本発明の交互撚複合糸の製造方法について説明する。
【0025】本発明の交互撚複合糸の製造方法においては、少なくとも2本の構成糸各々に、撚方向が正逆の関係にある撚密度の低い糸部分と撚密度の高い糸部分を無撚部分を介して交互に付与した後、引き揃え、次いで交絡を付与することによって製造するものである。
【0026】2本の構成糸各々に交互撚を付与する方法としては、例えば、スピンドル仮撚、摩擦仮撚、流体仮撚等を用いることができる。生産性、作業性および制御性等の観点から流体噴射旋回流域に構成糸を通過させて交互撚を付与する流体仮撚の方法が有効である。
【0027】また、2本の構成糸を集束する方法としては、流体交絡、熱融着、樹脂による固着等を用いることができる。交互撚糸の特性、生産性、作業性および制御性の観点から流体噴射によって交絡を付与する流体交絡の方法が有効である。
【0028】また、交互撚の周期あるいは交絡の周期を制御する場合は流体仮撚装置あるいは流体交絡装置とそれぞれ結合した電磁弁をコンピュータ制御することによって、例えば、後述の図4の制御パターン例のようにして達成することができる。
【0029】図2は本発明の交互撚複合糸の製造方法の一例をモデル的に示す概略図である。
【0030】パッケージ1より解舒された原糸Yは解舒ガイド2を経て、ローラ3とローラ8との間で流体仮撚装置6による交互撚の付与と引き揃えガイド7による構成糸の引き揃えおよび流体交絡装置9による交絡の付与を行った後、交互撚複合糸として巻き取られる。ローラ3と流体仮撚装置6との間、いわゆる加撚域には加撚張力の安定化および糸道の規制のために、張力調整装置4および糸道規制装置5を設けるのが好ましい。張力調整装置4を設置することにより加撚張力が安定化し、撚構造がより均一な交互撚糸が得られるのである。また、糸道規制装置5を設置することにより糸道の規制、S・Z反転時の糸の振動およびバルーニングの抑制等の効果があり張力の安定化さらには高速度での撚糸が可能となるのである。
【0031】また、交互撚を付与された各々の構成糸を引き揃えガイド7によって流体仮撚装置6の直下で引き揃えることによって交互撚構造はより安定なものとなる。
【0032】また、制御用コンピュータ12は流体仮撚装置6および流体交絡装置9の作動を電磁弁11のオン/オフによって制御するためのものである。
【0033】図3は本発明の交互撚複合糸の製造方法の他の一例をモデル的に示す概略図であって、交互撚の付与および構成糸の引き揃えをローラ3とローラ8の間で、交絡の付与をローラ8とローラ10の間で行うものである。
【0034】図4および図5は本発明の流体仮撚装置および流体交絡装置の制御パターンの一例を示す模式図で、図4は流体仮撚装置をS撚部とZ撚部とを交互に形成させるべく作動させ、流体交絡装置を間欠的に作動させた例であり、図5は流体仮撚装置でS撚部とZ撚部を間欠的に交互に形成させるべく作動させ、該S撚部やZ撚部の長さよりも短い長さで流体交絡装置を間欠的に作動させた制御パターン例であり、これらを適宜組み合わせることによって各種の撚密度差のある交互撚複合糸を形成することができる。
【0035】本発明の交互撚複合糸は、布帛を構成する糸として好適であり、該糸を布帛の少なくとも一部に用いることにより、糸の特長を布帛に付与することができる。本発明の布帛には特別な限定はないが、織物、編物、タフテッドカーペット等が好適である。織物としてはシャツ、ブラウスなどの衣料用途、カーテン・カバン地などの資材用途が、編物としては天竺編みによるシャツ、ブラウス、鹿の子編みによるスポーツシャツあるいはラッセル機によるレース、ケースメント等が、タフテッドカーペットとしてはタイルカーペット、ロールカーペット、ピースカーペット、自動車用のオプションマットあるいはレンタル用の玄関マット等に用いることができる。
【0036】
【実施例】以下、本発明を実施例により説明する。
【0037】なお、本発明の交互撚複合糸の撚密度は以下の方法によって測定した。
【0038】[撚密度]サンプル糸を巻糸体よりできるだけ張力をかけないように解舒し、所定の長さL(m)を市販の検撚機にクランプ等で固定した。構成原糸の総デニール数×1/100の荷重(g)をかけ、撚がゼロ点になるまでの回数T(回)から、T/Lの式を用いて撚密度を求めた。
【0039】[実施例1]供給原糸として、■:1000デニール54フィラメントのナイロン6BCF酸性染料可染糸(レギュラータイプ)、■:1000デニール54フィラメントのナイロン6BCF酸性染料可染糸(濃染タイプ)、■:1000デニール54フィラメントのナイロン6BCFカチオン染料可染糸を用意し、■と■および■と■をそれぞれ引き揃えて供給し、図2に示すプロセスで本発明の交互撚複合糸を製造した。
【0040】この図2の装置でローラ3、ローラ8の表面速度をそれぞれ150m/分、147m/分に設定し、流体仮撚装置6の圧空圧力を1.8kg/cm2 Gで両者同方向に施撚するものとし、圧空の供給は走行糸長にして撚密度の低い糸部分(上撚方向がS方向)が25〜50cm、撚密度の高い糸部分(上撚方向がZ方向)が10〜20cmの両者同位相のランダム間隔・間欠供給とし、流体交絡装置9の圧空圧力を5.0kg/cm2 Gで交互撚の境界部分を交絡させるべく圧空を間欠的に供給して加工を行った。
【0041】製造された糸は、図1に示すようにS撚部分とZ撚部分とが交絡した無撚部分を介して交互に配列し、さらに撚密度の低い糸部分(上撚方向がS方向)の撚密度と撚密度の高い糸部分(上撚方向がZ方向)の撚密度の比は1:2の撚構造をなしており嵩高性の異なる変化に富んだ糸形態の撚密度差のある交互撚複合糸であった。
【0042】そしてこの糸をループパイルカーペット(タフト規格:1/10ゲージ、ステッチ10.0コ/インチ、パイル高さ4.0mm)となし、酸性およびカチオン染料を用い常法により反染め、仕上げ加工を行った。
【0043】染料名テロン イエロー FGL(Telon Yellow FGL、Bayer社製):0.172%テロン レッド FRLL(Telon Red FRLL、Bayer社製):0.05%テロン ブルー GGLL(Telon Blue GGLL、Bayer社製):0.279%アストラゾン レッド BBLL(Astrazon Red BBLL、Bayer社製):0.04%アストラゾン ブルー 5GL(Astrazon Blue 5GL、Bayer社製):0.06%染色温度95℃×40分このようにして仕上がったカーペットは、S撚部とZ撚部および交絡した無撚部が混在し、さらに、撚密度の低いS撚部分(上撚方向がS方向)と撚密度の高いZ撚部分(上撚方向がZ方向)との嵩高性の差による凹凸感が加わり、極めて表面形態変化に富んでいた。さらに、染着性差による濃淡異色の多色効果を呈していた。
【0044】[実施例2]供給原糸として、75デニール36フィラメントのレギュラーポリエステル延伸糸と75デニール24フィラメントのカチオン系染料に可染のポリエステル延伸糸を用い、図3に示すプロセスで本発明の撚密度差を有する交互撚複合糸を製造した。
【0045】この図3の装置でローラ3、ローラ8、ローラ10の表面速度をそれぞれ305m/分、300m/分、298m/分に設定し、流体仮撚装置6の圧空圧力を2.5kg/cm2 Gで両者同方向に施撚するものとし、圧空の供給は走行糸長にして撚密度の低い糸部分(上撚方向がS方向)が100〜200cm、撚密度の高い糸部分(上撚方向がZ方向)が50〜75cmの両者同位相のランダム間隔・間欠供給とし、流体交絡装置9の圧空圧力を3.0kg/cm2 Gで交互撚の境界部分を交絡させるべく圧空を間欠的に供給して加工を行った。
【0046】製造された糸は、実施例1と同様な糸形態の特徴を有しており、この糸を丸編機(28G)を用い天竺編物となし、常法によりカチオン染料で染色したところ粗い杢と細かい杢とが混在し、且つ撚りの効果による清涼感を有した新規な杢調編物が得られた。
【0047】[実施例3]実施例2の糸を用いてタテ糸110本/吋、ヨコ糸68本/吋の織物となし、常法により精錬、中間セットの後25%のアルカリによる減量加工を施した。次いで常法によりカチオン染料で染色し、仕上げ加工を行ったところ、粗い杢と細かい杢とが混在し、且つ撚りの効果による清涼感に加え張り、腰、反発性を有した新規な杢調織物となった。
【0048】
【発明の効果】本発明により、交互撚構造が安定した交互撚複合糸が得られ、さらに凹凸感、濃淡異色の多色効果、撚りによる清涼感、張り、腰、反発性等に優れた布帛を生産性高く得ることができる。
【出願人】 【識別番号】000003159
【氏名又は名称】東レ株式会社
【出願日】 平成8年(1996)5月13日
【代理人】
【公開番号】 特開平9−31784
【公開日】 平成9年(1997)2月4日
【出願番号】 特願平8−117753