トップ :: D 繊維 紙 :: D02 糸;糸またはロ−プの機械的な仕上げ;整経またはビ−ム巻き取り




【発明の名称】 糸状または布状製品
【発明者】 【氏名】山脇 節子

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 伸縮性と熱収縮性とを備えた熱可塑性エラストマーを糸状に形成し、その糸に撚りをかけ、破断近傍まで延伸させた糸状製品。
【請求項2】 伸縮性と熱収縮性とを備えた熱可塑性エラストマーを糸状に形成し、この糸状に形成した複数本の糸に対して同一方向に撚りをかけ、破断近傍まで延伸させた糸状製品。
【請求項3】 伸縮性と熱収縮性とを備えた熱可塑性エラストマーを糸状に形成し、この糸状に形成した複数本の糸に対して同一方向に撚りをかけ、破断近傍まで延伸させた糸を編むかまたは織ることにより所定形状に形成した布状製品。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、例えばショーツやブラジャーなどの下着を製造するために使用される糸状または布状製品に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、伸縮性のない一般の糸は普通のミシンでの縫製に使用できるが、伸縮性のある素材よりなる糸は普通のミシンでの縫製に使用することができない。このため、糸送りのバランスや縫う速度を調整できる特殊なミシンを用いて縫製が行われていた。例えば、ナイロンなどの伸縮性のある糸は、特殊ミシンを用いて縫製が行われる。
【0003】しかし、特殊ミシンで縫製された伸縮性のある糸も縫製後には伸縮性がなくなり、下着などに仕上げたとき着用に不便であったり、着用後にフィットしないという問題があった。また、伸縮性を有する素材よりなる糸を用いて縫製を行う場合、特殊なミシンを用いて糸送りの調整などを行わなければなければならないため、縫製作業に困難を伴い、製造コストも上昇するという問題があった。
【0004】このため、伸縮性のある一本の糸を予め延伸した後、普通のミシンで縫製を行うことも提案されている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】ところが、図9に示すように、伸縮性のある一本の糸21をそのまま延伸すると、引張力により、糸21には所定間隔おきに膨らんだ部分22が生じて強度が低下するという問題があった。また、さらに引張力を加えると、糸21が破断してしまい、所望とする充分な延伸を行うことができないという問題があった。
【0006】この発明はこのような従来技術の問題に着目してなされたものである。その目的とするところは、所望とする充分な延伸を行うことができるとともに、延伸後に充分な強度と伸縮性を発揮できる糸状または布状製品を提供することにある。また、他の目的とするところは、縫製や加工に際して、特殊なミシンや加工機械を用いる必要がなく、製品の製作が容易で、製造コストの低減を図ることができる糸状または布状製品を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、第1の発明の糸状製品では、伸縮性と熱収縮性とを備えた熱可塑性エラストマーを糸状に形成し、その糸に撚りをかけ、破断近傍まで延伸させたものである。
【0008】また、第2の発明では、伸縮性と熱収縮性とを備えた熱可塑性エラストマーを糸状に形成し、この糸状に形成した複数本の糸に対して同一方向に撚りをかけ、破断近傍まで延伸させたものである。
【0009】さらに、第3の発明の布状製品では、伸縮性と熱収縮性とを備えた熱可塑性エラストマーを糸状に形成し、この糸状に形成した複数本の糸に対して同一方向に撚りをかけ、破断近傍まで延伸させた糸を編むかまたは織ることにより所定形状に形成したものである。
【0010】従って、第1の発明の糸状製品では、伸縮性と熱収縮性とを備えた熱可塑性エラストマーの糸に撚りがかけられていることから、繊維が捩じれて互いに絡み合い、その強度が向上する。このため、この糸に引張力を加えて延伸した場合、糸全体に均一に力が作用して充分な延伸が可能となる。そして、破断近傍まで延伸された糸が得られる。
【0011】この糸は、伸縮度が小さくなっており、例えば通常のミシンで縫製が可能である。そして、体温による加熱やドライヤーによる強制加熱により、糸状製品は収縮し、しかもその状態で熱可塑性エラストマーの特性により伸縮性が発揮される。
【0012】第2の発明では、伸縮性と熱収縮性とを備えた熱可塑性エラストマーによる複数本の糸は同一方向に撚りがかけられている。このため、複数本の糸は捩じれて互いに絡み合い、強度が向上する。このため、この糸に引張力を加えて延伸した場合、糸全体に均一に力が作用して充分な延伸が可能となる。そして、破断近傍まで延伸された糸が得られる。
【0013】第3の発明では、伸縮性と熱収縮性とを備えた熱可塑性エラストマーが糸状に形成され、この糸状に形成した複数本の糸に対して同一方向に撚りがかけられ、破断近傍まで延伸される。そして、この糸を編んだり、織ったりすることにより、所定形状の布状製品が得られる。
【0014】
【発明の実施の形態】
(第1実施形態)以下にこの発明を具体化した第1実施形態について、図1〜5に従って説明する。
【0015】図1(a)に示すように、この実施例で用いる糸素材10は、ポリエステル系の熱可塑性エラストマーにより形成され、太さ1mmである。この糸素材10が2本用意される。図1(b)に示すように、2本の糸素材10を密着させた後、両糸素材10に対し同一方向に巻いて短い一定の間隔で撚りをかけ、撚りをかけた糸11を形成する。
【0016】この撚りが少ないと、撚りをかけた糸11に必要な強度を付与することができず、多いとその後の延伸を充分に行うことができない。このような観点から、撚りの程度として、撚りをかけた後に、実質的に撚り戻しのないように設定される。具体的には、例えば太さ1mmの糸で、1cmあたり3〜20回の撚り数が好ましい。この撚り数は、延伸後には1cmあたり1〜5回となる。なお、撚り数は、糸が細くなると、大きくなる傾向になる。
【0017】このような撚りをかけることにより、延伸時に撚りをかけた糸11全体に均一に強度を向上させて充分な延伸を可能にする。この延伸によって、糸素材10の分子鎖が繊維方向に配向して繊維の強度が向上する。撚りをかける方向が異なったり、その間隔が不規則である場合には、撚りをかけた糸11の強度が不均一になりやすく充分な延伸ができないおそれがある。なお、糸素材10の断面積(太さ)が大きいほどその強度は大きくなるが、目的とする延伸度により所要の断面積に設定される。
【0018】図1(c)に示すように、糸状製品としての縫製用糸12は、この撚りをかけた糸11をその破断強度の近傍状態、すなわちほぼ伸びきった状態にまで引き伸ばすことにより形成される。
【0019】図2に示すように、このポリエステル系の熱可塑性エラストマーは、加えられた応力が大きくなるほど伸びは大きくなり、温度が高いほど小さい応力で伸びが大きくなる性質を有している。
【0020】図3に示すように、延伸時において、撚りをかけた糸11に引張強度を加えてゆくと、糸11は延び、この実施形態の糸11では伸度が250%以上に至る。これに対し、従来の撚りをかけていない糸13では、伸度が200%に満たない状態で糸が破断する。
【0021】この縫製用糸12の長さは元の撚りをかけた糸11の長さの2〜3倍になり、太さは2分の1以下になる。この縫製用糸12の太さは糸素材10の太さを変えることにより、10〜3300デニールまで適宜選択できる。糸素材10の破断強度は、例えばポリエステル系の熱可塑性エラストマーでは190kg/cm2 であるため、破断強度の近傍状態、すなわち破断強度の50%の強度より破断寸前の強度の範囲の力で引き伸ばされる。
【0022】図4に示すように、ショーツ14はその基布15が縫製用糸12と同じポリエステル系の熱可塑性エラストマーで形成され、その外周縁が上記縫製用糸12により縫製されて製作されている。なお、ポリエステル系の熱可塑性エラストマーは、柔軟性、伸縮性及び肌ざわりなどの特性に優れている。
【0023】さて、このショーツ14を縫製により製作する場合、縫製用糸12がほぼ伸びきった状態にまで引き伸ばされるとともに、膨らんだ部分はなく、所定の強度を有している。しかも、縫製用糸12の伸びは、所定値まで規制されている。このため、この縫製用糸12を用い、普通のミシンで縫製が可能である。そして、図4に示すように、製作されたショーツ14は少し大きめに形成されているため、着用が容易である。
【0024】着用後には、着用者16の体温により縫製用糸12が加熱され、熱可塑性エラストマーの特性に基づいて次第に収縮する。そして、図5に示すように、ショーツ14は着用者16の体にぴったりフィットするとともに、その状態で適度な伸縮性を有しているため、痛みを感ずることなく着用感の良いものとなる。
【0025】このように、この実施形態では、熱可塑性エラストマーより形成された糸状製品としての縫製用糸12が、予め2本の糸全体に均一な撚りがかけられた後に、破断近傍にまで延伸されている。このため、撚りをかけた糸11の強度が全体に均一に向上し、所望とする完全な延伸が可能となる。
【0026】また、縫製用糸12の伸縮度が小さく規制されており、通常のミシンで縫製が可能である。そして、この縫製用糸12で縫製されたショーツ14を着用すると、着用者16の体温による加熱により縫製用糸12は収縮し、しかもその状態で良好な伸縮性が発揮される。
【0027】加えて、縫製用糸12とショーツ14の基布15がともにポリエステル系熱可塑性エラストマーで形成されていることから、それらをエラストマーの融点以上の温度、例えば250℃で加熱溶融することにより容易に再生して使用することができる。
(第2実施形態)次に、この発明を具体化した第2実施形態について、図6に従って説明する。
【0028】図6(a)に示すように、布17はプリーツ加工が施されている。図6(b)に示すように、布17の端縁をミシンにより縫製する場合、布17の端部17aを伸ばした状態で、前記縫製用糸12により縫製する。その後、図6(c)に示すように、この布17の端部17aを図示しないドライヤーで加熱することにより、縫製用糸12が収縮し、プリーツ加工が施された状態となる。なお、ドライヤーによる加熱温度は、ポリエステル系の熱可塑性エラストマーの融点である150〜170℃以下で行われる。また、縫製用糸12で縦、横双方に縫製し、プリーツ加工を縦、横双方向に行うこともできる。
(第3実施形態)次に、この発明を具体化した第3実施形態について、図7に従って説明する。
【0029】図7に示すように、前述のように延伸した糸素材10はその伸びが規制されているため、普通の糸とほぼ同様に取扱うことができる。従って、延伸後の糸素材10を使用し、丸編機、横編機等の編機で編んだり、織機で織ったりすることにより、布状製品18が形成される。そして、この布状製品18を用い、ショーツ等の下着類、ストッキング等を形成することができる。
【0030】なお、この発明は例えば以下のように構成を変更して具体化してもよい。
(イ)図8(a)に示すように、1本の糸素材10に撚りをかけた後に、延伸を行うこと。但し、1本の糸素材10に撚りをかけたときには、撚りをかけた糸11が捩じれることから、延伸をかけるまで所定の張力で引っ張っておく必要がある。また、図8(b)に示すように、3本の糸素材10に撚りをかけた後に、延伸を行うこと。なお、図示しないが、4本以上の糸素材10に撚りをかけてもよい。
(ロ)熱可塑性エラストマーとして、ポリスチレン系のエラストマーなどを用いること。
(ハ)この発明の糸状製品や布状製品をボディスーツ、パンティ、パンティストッキング、ブラジャー、ブラウス、スリップなどの下着やカーテンなどに適用すること。
(ニ)綿や絹などの伸縮性のない素材に対し、この発明の糸状製品や布状製品を用いてダーツ加工を行うこと。
(ホ)第3実施形態において、太さが異なる糸を組合せて構成すること。
(ヘ)加熱手段として、風呂のお湯に漬けて加熱すること。
(ト)第1実施形態において、2本の糸素材10を接着剤で接着したり、撚りをかけた糸11を接着剤で接着したりすること。この場合、接着剤として、アクリル酸エステル共重合体のナトリウム塩と、アニオン性平滑剤と、非イオンワックス(経糸用樹脂加工剤)とよりなるものが使用される。接着後、90℃程度のソーダ灰(炭酸ナトリウム)を含む湯で余分な接着剤が除去される。このような操作によって、2本の糸素材10が離れたり、弛んだりすることを防止することができる。
【0031】また、前記実施形態より把握される技術的思想について、以下に記載する。
(1)糸状に形成した複数本の糸を接着剤で接着し、同一方向に撚りをかけた請求項2に記載の糸状製品。このように構成すれば、複数本の糸が離れたり、弛んだりすることを効果的に防止することができる。
(2)糸状に形成した複数本の糸に対して同一方向に撚りをかけ、接着剤で接着した請求項2に記載の糸状製品。この構成によれば、撚りをかけた複数本の糸が離れたり、弛んだりすることを確実に防止することができる。
(3)糸の撚り数は、撚りをかけた後に、実質的に撚り戻しのないように設定した請求項1または2に記載の糸状製品。この構成により、撚りをかけた糸に必要な強度を付与することができ、その後の延伸を充分に行うことができる。
(4)伸縮性と熱収縮性とを備えた熱可塑性エラストマーを糸状に形成し、その糸に撚りをかけ、破断近傍まで延伸させた糸を編むかまたは織ることにより所定形状に形成した布状製品。このように構成すれば、糸の延伸を充分に行うことができるとともに、延伸後に充分な強度と伸縮性を発揮することができる。
(5)前記糸状製品を加熱して伸縮性を保持した状態で収縮させた請求項1または2に記載の糸状製品。この構成によれば、例えば体温により、伸縮性を保持した状態で容易に収縮させることができる。
(6)前記布状製品を加熱して伸縮性を保持した状態で収縮させた請求項3に記載の布状製品。この構成によれば、布状製品を着用したときの体温により、体にフィットした状態にすることができる。
【0032】
【発明の効果】以上詳述したようにこの発明によれば、次のような優れた効果を奏する。第1の発明の糸状製品によれば、所望とする充分な延伸を行うことができるとともに、延伸後に充分な強度と伸縮性を発揮することができる。また、縫製や加工に際して、特殊なミシンや加工機械を用いる必要がなく、製品の製作が容易で、製造コストの低減を図ることができる。
【0033】第2の発明によれば、糸素材の強度を高めることができ、第1の発明の効果をより高めることができる。第3の発明の布状製品によれば、第2の発明の糸状製品を編んだり、縫ったりすることにより、布状製品を容易に製作することができる。
【出願人】 【識別番号】593112986
【氏名又は名称】五人女有限会社
【出願日】 平成7年(1995)7月19日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】恩田 博宣
【公開番号】 特開平9−31778
【公開日】 平成9年(1997)2月4日
【出願番号】 特願平7−182415