トップ :: D 繊維 紙 :: D02 糸;糸またはロ−プの機械的な仕上げ;整経またはビ−ム巻き取り




【発明の名称】 特殊混繊糸および編織物
【発明者】 【氏名】佐藤 仁志

【氏名】近野 哲

【目的】 ミクロなかすり調の編織物が得られる混繊糸を提供する。
【構成】 ヤング率が70〜100g/dの再生セルロースマルチフィラメント糸と紡績糸とが混繊され、部分的に交絡している特殊混繊糸。
【特許請求の範囲】
【請求項1】ヤング率が70〜100g/dの再生セルロースマルチフィラメント糸と紡績糸とが混繊され、部分的に交絡していることを特徴とする特殊混繊糸。
【請求項2】無撚または200T/m以下の追撚がされている請求項1記載の特殊混繊糸からなることを特徴とする編織物。
【発明の詳細な説明】【0001】
【産業上の利用分野】本発明は混繊糸に関する。
【0002】
【従来の技術】近年、二種以上の繊維糸条を複合して、新規な風合いの編織物が開発されており、例えば、ポリエステル異収縮混繊糸は、本絹的な表面タッチ、優雅な光沢及びドレープ性があるものとして人気を博しているが、最近の市場ニーズからは、ミクロなかすり調のものが要望されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、ミクロなかすり調の効果をもつ特殊混繊糸を提供しようとするものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は、ヤング率が70〜100g/dの再生セルロースマルチフィラメント糸と紡績糸とが混繊され、部分的に交絡していることを特徴とする特殊混繊糸、である。本発明に用いる再生セルロースマルチフィラメント糸は、ヤング率が70〜100g/dであり、好ましくは70〜90g/dのものを用いる点に特徴がある。70g/d未満ではミクロなかすり調が得られず、いわゆる、杢調となり、100g/dを越えると風合いが硬くなり、又、製造が困難である。
【0005】上記の特定のヤング率を有する再生セルロースマルチフィラメント糸は、いわゆるネットプロセス法や連紡法によって得ることが出来るものである。本発明に用いる再生セルロースマルチフィラメント糸とは、キュプラ、ビスコースレーヨンをいう。本発明に用いる再生セルロースマルチフィラメント糸は、全て前記の特定のヤング率を有するもので構成することが最もよいが、本発明の目的を損なわない範囲において他のフィラメント糸と混用してもよいが、前記の特定のヤング率を有する再生セルロースマルチフィラメント糸が糸表面を構成する繊維の30%以上を占めていることが好ましく、50%以上を占めていることがさらに好ましい。
【0006】本発明の特殊混繊糸は、特に好ましくは、前記の特定のヤング率を有する再生セルロースマルチフィラメントが鞘部を構成しているような鞘芯構造の複合糸が特によい。混用する糸条としては、連紡法以外の異なる製法の再生セルロースマルチフィラメント、ヤング率が70〜100g/d以外の再生セルロースマルチフィラメント、および羊毛、綿、麻、ポリノジックレーヨン、ライオセル{LYOCELL;例えば繊維学会誌(繊維と工業)48〔11〕p.584〜591(1992)に記載されているコートルズ社の商品名テンセル}、アセテート、並びに、ポリエステル等の合成繊維が挙げられる。
【0007】合成繊維としては、例えば、単糸デニールが0.05〜0.5デニールのいわゆる極細繊維や単糸デニールが0.5デニール以上5デニール程度のレギュラー糸、部分延伸糸(POY)の延伸仮撚糸(DTY)、スピンテイクアップ糸やスピンドローテイクアップ糸の高速紡糸糸条、高収縮ポリエステル繊維やポリエステル異収縮混繊糸等が挙げられる。
【0008】混用の方法は、混繊、交撚、カバリング、仮撚加工、流体噴射加工等によって複合すればよい。再生セルロースマルチフィラメント糸は、希望に応じて適宜のデニールを選定すればよい。例えば、単糸デニールは1〜3デニールが好ましく、トータルでは50〜150デニールのものが好ましく用いられる。
【0009】本発明において、再生セルロースマルチフィラメント糸と混繊、交絡する紡績糸とは、綿、羊毛等の天然繊維、キュプラ等の再生セルロース繊維やライオセル(LYOCELL;コートルズ社製の商品名テンセルが相当)、アセテートやポリエステル、アクリル等の合成繊維の一種以上で構成された紡績糸をいい、太さは、綿番手で10〜100番手が好ましく、さらに好ましくは20〜60番手のものがよく、単糸使いでも双糸使いでもよい。
【0010】紡績糸を構成する繊維の単糸デニールは、0.1〜1.0デニールが好ましくさらに好ましくは0.1〜0.5デニールの極細繊維が30%以上混用されていると極めてミクロなかすり調となるので望ましい。本発明の特殊混繊糸は、再生セルロースマルチフィラメント糸と染色性の異なる繊維の紡績糸とで構成されているか、または、染色性の異なる繊維が混用されていると、極めてミクロなかすり調が得られるので好ましい。
【0011】また、本発明の特殊混繊糸に用いる紡績糸は、製法が特に限定されず、リング紡績糸、オープンエンドや結束紡績等による、いわゆる革新紡績糸、サイロスパンやサイロフィルおよびホロースピンドル紡績糸でもよい。さらに混繊、交絡を阻害しない程度にS撚方向又はZ撚方向に100〜500T/m程度の追撚をしたものを用いてもよい。
【0012】本発明の特殊混繊糸は、再生セルロースマルチフィラメント糸と紡績糸とを、乱流空気によって交絡混繊、いわゆるインターレース混繊を行うことによつて得られるが、交絡数は100〜300ケ/mが好ましく、さらに好ましくは150〜250ケ/m、特に好ましくは180〜220ケ/mである。100ケ/m未満ではミクロなかすり調になりにくく、杢調となりやすい。300ケ/mを越える交絡数を付与しても効果的な違いは殆どなく、逆に再生セルロースマルチフィラメント糸の糸切れ等の問題が出やすくなる。
【0013】本発明の特殊混繊糸は、無撚で用いるとミクロなかすり調を最大限に発揮させることができる。追撚して用いてもミクロなかすり調が得られるが、本発明の特殊混繊糸の特徴を活かすには、追撚は200T/m以下である。また、本発明の特殊混繊糸は、製編織の際、綿等の天然繊維や再生セルロース繊維、加撚した糸、意匠糸および紡績糸と混用してもよく、またポリエステルに代表される合成繊維(レギュラー糸、高速紡糸糸条)の原糸、加撚した有撚糸、意匠糸、異収縮混繊糸、自発伸長性混繊糸、梳毛調加工糸、例えばポリエステル高配向未延伸糸(POY)のような高伸度糸と、低伸度糸、例えばポリエステルのレギュラー糸、カチオン可染糸や6000m/分以上の巻取り速度で紡糸されたスピンテイクアッブ糸との引き揃え交絡仮撚糸や紡績糸と混用してもよく、希望する編織物風合いに応じて適宜選定すればよい。
【0014】編組織としては、丸編地でも経編地でもよく、ゲージも制限なく例えば12〜36GGの範囲で可能である。織物の組織については、平、綾、朱子及びこれら変化組織など特に制限はないが、特に朱子組織が好ましい。生機密度は、経は50〜150本/インチが好ましく、さらに好ましくは70〜100本/インチ、緯は40〜100本/インチが好ましく、さらに好ましくは60〜80本/インチ、仕上げ密度は経は60〜170本/インチが好ましく、さらに好ましくは70〜150本/インチ、緯は50〜100本/インチが好ましく、さらに好ましくは60〜80本/インチである。
【0015】また、必要に応じて、例えばエメリーペーパー、ブラシ、針布等によりいわゆるピーチスキンのような起毛を付与してもよく、その他エンボス、プリント等の各種の仕上加工をしてもよい。又、柔軟剤、揆水剤、制電剤等の仕上処理剤を用いてもよい。又、反発性等を与えるためにポリウレタン系重合体等を付与してもよい。
【0016】なお、本発明の特殊混繊糸は、刺繍糸や意匠糸として用いても本発明の効果が得られる。
【0017】
【実施例】以下、本発明を実施例で具体的に説明する。なお、物性の測定方法は次の通りに行った。
(1)ヤング率は、1%伸長の応力をデニールで除した値。
(2)交絡数は、JIS L−1013法に準拠した【0018】
【実施例1】ヤング率が異なる70g/d、90g/d、100g/dの120d/50fのビスコースレーヨンマルチフィラメント糸とキュプラ紡績糸30/−とをインターレース混繊し、交絡数200ケ/mの混繊糸を得た。この混繊糸を用いて24ゲージの天竺丸編地を作成し、常法によりプレセット、染色仕上げした。
【0019】得られた編地は、レーヨンのドレープ性に加え、何れもミクロなかすり調の丸編地であり、又、ビスコースレーヨン独特のギラギラした光沢が軽減された柔らかい、ちらちらした光沢のものであった。特にヤング率が70g/d及び90g/dのものは軽さ、膨らみ感に富んでいた。
【0020】
【比較例1】ヤング率が異なる60g/dのものを用いた以外は、実施例1同様にして、丸編地を得て、染色仕上げした。得られた編地は、杢調のもので何等目新しさのない丸編地であり、又、軽さ、膨らみ感に乏しく、しかもビスコースレーヨン独特のギラギラした光沢のものとなった。
【0021】
【比較例2】ヤング率が80g/dのビスコースレーヨンマルチフィラメント糸とキュプラ紡績糸30/−を500T/mで合撚した。得られた合撚糸を用いた以外は実施例1同様にして、丸編地を製造し、常法によりプレセット、染色仕上げした。得られた丸編地は、杢調で、何等目新しさのない丸編地であり、又、軽さ、膨らみ感に乏しく、しかもビスコースレーヨン独特のギラギラした光沢のものとなった。
【0022】
【実施例2】ヤング率が80g/dのビスコースレーヨンマルチフィラメント糸を用いるとともに、キュプラ紡績糸の代わりに綿紡績糸60/2、ウール梳毛紡績糸1/48並びにアクリル紡績糸1/36を用いた以外は実施例1と同様にして混繊糸を得て、丸編地を作成した。
【0023】得られた3種の丸編地は、何れも実施例1と同様に、レーヨンのドレープ性に加え、ミクロなかすり調を有するものであり、軽さ、膨らみ感があり、しかもビスコースレーヨン独特のギラギラした光沢が軽減された柔らかい、ちらちらした光沢のものとなった。
【0024】
【実施例3】ヤング率が80g/dの120d/50fビスコースレーヨンマルチフィラメント糸とポリエステル紡績糸60/−をインターレース混繊し、交絡数200ケ/mの混繊糸を得た。この混繊糸を経糸及び緯糸に用いて平織物を製織し、常法に従いリラックス精練し、染色し、経80本/インチ、緯65本/インチに仕上げした 。
【0025】得られた平織物は、レーヨン独特のドレープ性があり、ミクロなかすり調の織物であり、軽さ、膨らみ感があり、しかもビスコースレーヨン独特のギラギラした光沢が軽減された柔らかい、ちらちらした光沢のものとなった。
【0026】
【発明の効果】本発明の特殊混繊糸は、従来のものに比べて、ミクロなかすり調を有し、かつ、軽さ、膨らみ感に富み、しかもビスコースレーヨン独特のギラギラした光沢が軽減された柔らかい、ちらちらした光沢を有する混繊糸である。本発明の特殊混繊糸を用いた編織物は、独特な表面タッチ、優雅な光沢及びドレープ性に富んだものである。特に、ウールとビスコースレーヨンとの特殊混繊糸は、ドレープ性に富むおち感のあるものであり、ウール100%に比べ目面がきれいで、清涼感があるサラリとしたチカチカする感触があるもので、小さいちらちらした独特の光沢がある、従来はなかった、特徴のある風合いの編織物が得られる。
【出願人】 【識別番号】000000033
【氏名又は名称】旭化成工業株式会社
【出願日】 平成7年(1995)6月23日
【代理人】
【公開番号】 特開平9−13239
【公開日】 平成9年(1997)1月14日
【出願番号】 特願平7−157824