トップ :: B 処理操作 運輸 :: B43 筆記用または製図用の器具;机上付属具




【発明の名称】 針先が保護でき、引き抜きやすい画鋲
【発明者】 【氏名】黒田 陽子

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 針とこの針の基端部側に連結され、針の軸線と直交する回転軸をもって、回転可能な引き抜き補助兼針先保護具を備え、この引き抜き補助兼針先保護具は、回転軸とほぼ平行な姿勢に回転させた時、針の先端が収納される役割を果たすことを特徴とする画鋲。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、針先の保護ができ、しかも引き抜きやすくした画鋲に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の画鋲においては、画鋲を引き抜く際に他の器具を用いて引き抜いたり、画鋲の頭部に隙間を設けた形状にすることにより、引き抜きを幾分容易にする方法が考えられている。
【0003】また、針先の安全性の面において、針先の落下時の向き等に注意を払ったものや、平板状の把持部の一辺に針を突設したものや、針と平行に針穴をあけ、二個の画鋲を埋め込み合わせるもの等が考えられている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】従来の画鋲においては、針を引き抜く際に指先や爪先の力を用いて、画鋲の頭部および頭部上に設置されたテコ用レバ−等をつまみ引き抜く方法や、他の器具を用いて引き抜く方法により、指先や爪先に疲労感が残るものであり、更に負担の少ない方法を探る余地があった。
【0005】また、針先の安全性の面において、画鋲の機能と最適に合致し、かつ確実な安全性を得るという点において、多少の課題が残されていた。
【0006】この発明は、従来と全く異なる発想点より、硬質なる壁面等からの画鋲の引き抜きをさらに容易にしたものであり、また針先の安全性の面においても、飛躍的な方法によりその確保を可能とする画鋲を提供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、この発明の画鋲において、画鋲の針の基端部側に針の軸線と直交する回転軸を設ける。この回転軸に弾性体よりなる引き抜き補助兼針先保護具を装着し、回転可能とさせる。この引き抜き補助兼針先保護具の内部に針先をはめこみ、収納するための溝を設け、その溝において針先が随時出入り可能であると共に、その動作時において溝付近に微小のたわみが生じ、そのため溝に針先が収納された時、その都度固着されるように導くための溝上の突起とその付近における空洞を設ける。上記方法により、引き抜き補助兼針先保護具を回転させ、その溝に針先を随時収納し、保護することを可能とする。
【0008】あるいは、針の基端部側に設けた弾性体よりなる引き抜き補助兼針先保護具内に針の軸線を施すための軸路に、針の軸線と直交する回転軸をもつ針の基端部をはめこみ、針の基端部が回転軸によって引き抜き補助兼針先保護護内の軸路において出入り可能であると共に、その動作時において軸路付近に微小のたわみが生じ、針の基端部が、軸路にその都度固着されるように導くために、軸路上の突起とその付近における空洞を設け、出入り可能なる針の基端部を回転軸により出入りさせ、針先を引き抜き補助兼針先保護具の内部方向に向ける方法により収納し、保護することを可能とする。
【0009】また、これらの方法により針とこの針の基端部側に連結され、回転可能な引き抜き補助兼針先保護具は、その中空部において指先が挿入できる程度の空間をもつ形状とし、そのためこの中空部に指先をかけ手前に引くことによって、従来と比較して容易に画鋲を引き抜くことを可能とする。
【0010】なお、この発明の画鋲において、引き抜き補助兼針先保護具が掲示物上等に存在することが、若干のさまたげに感ずる場合は、引き抜き補助兼針先保護具を透明無色の材質で作製することが望ましい。
【0011】
【発明の実施の形態】発明の実施の形態を実施例にもとづき図面を参照して説明する。図1に示すものは、引き抜き補助兼針先保護具5の外部に止着部9と押圧部10を設け、回転軸2をもって一周回転可能な引き抜き補助兼針先保護具5の表裏両面に、溝6と突起7および空洞8を設けた画鋲の、表裏いずれかの面の溝6の内部に突起7を通過させて針先を収納し、保護した状態を示す実施例である。
【0012】図2において、引き抜き補助兼針先保護具5の外部に止着部9と押圧部10を設け、回転軸2をもって一周回転可能な引き抜き補助兼針先保護具5の表裏両面に、溝6と突起7および空洞8を設けた画鋲の、表裏いずれかの面の溝6の内部から突起7を通過させて針先を引き出し、保護を解除した。
【0013】図4においては、図1、図2の画鋲を壁面等にさし、側面から見た状態を示す。
【0014】図5においては、図1、図2、図4の画鋲において、溝6の付近を引き抜き補助兼針先保護具5の内側から、水平に見た場合の断面を表した状態を示す。
【0015】図6に示すものは、引き抜き補助兼針先保護具5の片面のみに溝6と突起7および空洞8と、針の軸線を施すための軸路11を設け、回転軸2をもって半周回転可能な引き抜き補助兼針先保護具5の針1の基端部側の一端を止着部9とし、その相対する側面および引き抜き補助兼針先保護具5全体を押圧部10とする画鋲の、溝6の内部に突起7を通過させて針先を収納し、保護した状態を示す実施例である。
【0016】図7において、引き抜き補助兼針先保護具5の片面のみに溝6と突起7および空洞8と、針の軸線を施すための軸路11を設け、回転軸2をもって半周回転可能な引き抜き補助兼針先保護具5の針1の基端部側の一端を止着部9とし、その相対する側面および引き抜き補助兼針先保護具5全体を押圧部10とする画鋲の、溝6の内部から突起7を通過させて針先を引き出し、保護を解除した。
【0017】図8に示すものは、引き抜き補助兼針先保護具5の片面のみに溝6と突起7および空洞8と、針の軸線を施すための軸路11を設け、止着部9を有する針1の基端部に回転軸2をもって半周回転可能な、引き抜き補助兼針先保護具5の針1の基端部側と相対する側面、および引き抜き補助兼針先保護具5全体を押圧部10とする画鋲の、溝6の内部に突起7を通過させて針先を収納し、保護した状態を示す実施例である。
【0018】図9において、引き抜き補助兼針先保護具5の片面のみに溝6と突起7および空洞8と、針の軸線を施すための軸路11を設け、止着部9を有する針1の基端部に回転軸2をもって半周回転可能な、引き抜き補助兼針先保護具5の針1の基端部側と相対する側面、および引き抜き補助兼針先保護具5全体を押圧部10とする画鋲の、溝6の内部から突起7を通過させて針先を引き出し、保護を解除した。
【0019】図10に示すものは、引き抜き補助兼針先保護具5の片面の、止着部9を有する針1の基端部側に設けた針の軸線を施すための軸路11上に突起7およびその付近に空洞8を設け、引き抜き補助兼針先保護具5の針1の基端部側と相対する側面、および引き抜き補助兼針先保護具5全体を押圧部10とする画鋲の、軸路11に回転軸2をもって半周回転可能な針1の軸線を突起7を通過させてはめ込み、針先を引き抜き補助兼針先保護具5の内部方向に向け、収納することにより保護した状態を示す実施例である。
【0020】図11において、引き抜き補助兼針先保護具5の片面の、止着部9を有する針1の基端部側に設けた針の軸線を施すための軸路11上に突起7およびその付近に空洞8を設け、引き抜き補助兼針先保護具5の針1の基端部側と相対する側面、および引き抜き補助兼針先保護具5全体を押圧部10とする画鋲の、軸路11から回転軸2をもって半周回転可能な針1の軸線を突起7を通過させて引き出し、保護を解除した。
【0021】図12においては、図8、図9、図10、図11の画鋲を壁面等にさし、側面から見た状態を示す。
【0022】図13においては、図6、図7、図8、図9の画鋲において、溝6上の突起7の付近を引き抜き補助兼針先保護具5の内側から水平に見た場合の断面を表し、図10、図11の画鋲において、軸路11上の突起7の付近を、引き抜き補助兼針先保護具5の内側から水平に見た場合の断面を表した状態を示す。
【0023】図14においては、図6、図7、図8、図9、図10、図11の画鋲の回転軸2の付近を回転軸と平行に見た場合の断面を表した状態を示す。
【0024】図15に示すものは、引き抜き補助兼針先保護具5の外部に止着部9と押圧部10を設け、回転軸2をもって一周回転可能とするハ−ト形の引き抜き補助兼針先保護具5に貫通して溝6を設け、その両面に突起7および空洞8を設けた画鋲を壁面等にさし、正面から見た状態を示す実施例である。この場合、その装飾的価値のみならず、ハ−ト形の引き抜き補助兼針先保護具5の中空部において、指先を二本かけることを誘導し、引き抜きを更に容易にする効果を持つ。
【0025】図16に示すものは、引き抜き補助兼針先保護具5の外部に止着部9と押圧部10を設け、回転軸2をもって一周回転可能とする楕円形の引き抜き補助兼針先保護具5に貫通して溝6を設け、その両面に突起7および空洞8を設けた画鋲に装飾を施し、愛らしい動物の顔に見立てた画鋲を壁面等にさし、正面から見た状態を示す実施例であり、従来の画鋲に見られない遊び心と面白味が付加されている。
【0026】図17に示すものは、引き抜き補助兼針先保護具5の外部に止着部9と押圧部10を設け、回転軸2をもって一周回転可能とする、外周が花びら状の形状をもつ引き抜き補助兼針先保護具5に貫通して溝6を設け、その両面に突起7および空洞8を設けた装飾的価値を付加した画鋲を壁面等にさし、正面から見た状態を示す実施例である。
【0027】この他、様々な装飾的価値を付加し、作製することが可能であり、用途と嗜好に応じて、画鋲の存在感を否定した前記透明無色の画鋲や、存在感を否定しない装飾的な画鋲を分別することが良案である。
【0028】図18においては、図15、図16、図17の画鋲において、溝6の付近を引き抜き補助兼針先保護具5の内側から水平に見た場合の断面を表した状態を示す。
【0029】
【発明の効果】この発明は、以上説明したように構成されているので、以下に記載されるような効果を奏する。
【0030】画鋲を壁面等より引き抜く際、引き抜き補助兼針先保護具の中空部に指先をかけて手前に引くことにより、引き抜き補助兼針先保護具に連結された画鋲の針を引き抜くことを可能とするので、従来指先や爪先に集中的に要していた力を必要とせず、指先や爪先にかかる負担を大幅に軽減した。なお、押圧部が引き抜き補助兼針先保護具の外部に設けられた画鋲において、押圧部を用いて画鋲を引き抜くことも可能である。
【0031】また、画鋲の針先の安全性において、針先を引き抜き補助兼針先補護具の中空部、または引き抜き補助兼針先保護具の溝の内部に収納し、保護できるので、個々の画鋲を箱等に入れる必要がなく、バラのまま机の中等に入れておくことも可能であり、所持する際も針先を気にする必要がなく便利であるし、不注意で床上に落とし、踏みつけた場合でも、画鋲全体の形状がなだらかで平坦で有ると共に、画鋲の針がほとんどの場合において、床面に対してほぼ水平に存在するので、足や床面を傷つけないだけでなく、極めてソフトな感触であり、針先のほぼ完全なる安全性を確保する。
【出願人】 【識別番号】396009757
【氏名又は名称】黒田 陽子
【出願日】 平成8年(1996)5月28日
【代理人】
【公開番号】 特開平9−315094
【公開日】 平成9年(1997)12月9日
【出願番号】 特願平8−133681