トップ :: B 処理操作 運輸 :: B43 筆記用または製図用の器具;机上付属具




【発明の名称】 文具収納器
【発明者】 【氏名】福嶌 美智代

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 板状の素材によって構成された上面部のない箱本体(1)の内側に間仕切り(2)を設けた文具収納器。
【請求項2】間仕切り(2)によって仕切られた各々のスペース(3)に当る部位に、通し番号(4)を記載した請求項1記載の文具収納器。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、複数の文具を、収納すると同時に、上記文具の収納数を確認する機能を持った器に関するものである。
【0002】
【従来の技術】学校の授業などでクラス全員の使用したカッターナイフを収納する場合など、大勢の人の使った数多くの文具を1ヶ所に回収して収納する際は、文具を一つの箱に収めていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】学校の授業などでクラス全員の使用したカッターナイフを収納する場合など、大勢の人の使った数多くの文具をひとつの箱に収納した場合、回収した文具が紛失していないかを確認する際に、ひとつずつ数を数えて確認していたが、数え間違いがあったり、数えることに時間を費やしてしまうことで授業がとどこおってしまい、大変煩わしいものだった。
【0004】また、回収されていない文具は、誰が使った物なのか判らないので、一度紛失すると、回収するのが困難だった。本発明は、以上の欠点を解決するためになされたものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】いま、その構成を説明すると、(イ)板状の素材によって構成された上面部のない箱本体(1)の内側を複数の間仕切り(2)を設けることによって仕切る。
(ロ)上記間仕切り(2)によって仕切られた各々のスペース(3)に当る部位に通し番号(4)を記載する。
本発明は以上の構成よりなる文具収納器である。
【0006】
【発明の実施の形態】文具を収めるときは、間仕切り(2)によって仕切られたスペース(3)ひとつに対してひとつの文具を差し込んで収納する。取り出すときは、上に引き上げるだけで、簡単に抜ける。
【0007】回収された文具の数の確認については、間仕切り(2)によって仕切られたスペース(3)が、文具で埋まっている場合は、文具が回収されたこととなるので、文具で理まっていないスペース(3)の数が、回収されていない文具の数となる。つまり、文具の数を数えなくても回収の状況を知ることができる。
【0008】また、さらに、予め文具自体に通し番号を打っておけば、本発明品に通し番号(4)が記載されているので、それと対応させて、何番の文具が回収されていて、何番の文具が回収されていないのかが、一目でわかる。つまり、生徒一人一人の出席番号などの通し番号と文具の通し番号と、本発明品の通し番号(4)を対応させることにより、どの生徒の使用した文具が回収されていないのかを、一目で知ることが出来る。
【0009】
【実施例】この器は、複数の文具類を収める器として発明された。学校の授業などのように、大勢の人が使用した文具を回収する際、この器の間仕切り(2)によって仕切られた各々のスペース(3)ひとつに対して、ひとつの文具を差し込んで収める。
【0010】間仕切り(2)によって仕切られた各々のスペース(3)が、文具によってどの程度埋められたのかによって回収の状況を知ることができるので、回収された文具をいちいち数えなくてもよい。
【0011】予め文具自体に通し番号を打っておけば、本発明品に通し番号(4)が記載されているので、それと対応させて、何番の文具が回収されていて、何番の文具が回収されていないのかが、一目でわかる。つまり、生徒一人一人の出席番号などの通し番号と文具の通し番号と、本発明品の通し番号(4)を対応させることにより、どの生徒の使用した文具が回収されていないのかを、一目で知ることが出来る。
【0012】回収された文具を取り出すときは、文具を抜き取るとにより、簡単に取り出すことができる。
【0013】箱(1)の形は、長方形、正方形、楕円、三角形、菱形、台形、不定形等、どんな形でもよい。
【0014】箱(1)を構成する板材としては、樹脂版、金属版、木の板、紙の板、等が考えられる。
【0015】本発明品の各スペースの底に、弾力体を設けることにより、収納された文具を傷つきにくくすることが出来る。弾力体(3)としては、発泡ポリエチレン、発泡ウレタン、発泡ゴム、コルク等が考えられる。
【0016】間仕切り(2)によって仕切られたスペース(3)の数は、5個単位や、10個単位にすると数の確認がしやすい。
【0017】間仕切り(2)によって仕切られたスペース(3)に設ける通し番号(4)は、収納する文具の数に合わせて、何番まで設けても良い。
【0018】箱(1)の底面は、板状のものによってふさがれている場合が、一般的であるが、文具が、出てこない範囲で、穴が開いていてもかまわない。
【0019】箱(1)の側面に、箱(1)を持ち上げるための突起(5)、もしくは持ち手、又は、くぼみを設けると、持ち運びに便利になる。
【0020】箱(1)に収納された文具を覆い隠す為のカバーとして、ふたを取り付けると、保管する際や持ち運びの際に、更に安全である。
【0021】文具以外に収納可能な物は収納することができる。例として、はさみ、ラジオペンチ、ペンチ、ニードル、金槌、鋸、カッターナイフ、釘抜き、ドライバー等の道具類が考えられる【0022】
【発明の効果】本発明を利用することによって、授業などで多くの文具を一ヶ所に収納する際に次のような効果がある。
【0023】まず、文具を1本1本差し込むだけなので、収納しやすく、また、取り出しやすいという利点がある。
【0024】また、収納したものがごちゃごちゃにならないので、整然としていて美しく、使用する人にも安全である。
【0025】さらに、何個収納したかの数の確認が容易なため、時間の節約となり、授業で使用した場合は授業をスムーズに進めることができる。しかも、数の確認を怠ったり間違えたりしたことによって起こる文具の紛失もなくなる。
【出願人】 【識別番号】595066803
【氏名又は名称】福嶌 美智代
【出願日】 平成8年(1996)5月8日
【代理人】
【公開番号】 特開平9−300889
【公開日】 平成9年(1997)11月25日
【出願番号】 特願平8−147781