トップ :: B 処理操作 運輸 :: B43 筆記用または製図用の器具;机上付属具




【発明の名称】 糊容器
【発明者】 【氏名】福嶋 潤一

【氏名】海津 裕

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 密閉性を保持してネジ体と一体となるカートリッジスリーブ内において、上記ネジ体のネジ杆に貫通・螺合するスライダーに棒状の糊を保持し、このスライダーを出没自在としてなるカートリッジ体と、このカートリッジ体を収容する筒体並びに上記筒体に嵌合して前記ネジ体を回転させる尾栓よりなる糊容器本体から構成され、カートリッジ体を糊容器本体の筒体に沿い挿入した上で、カートリッジ体のネジ体底部と糊容器本体の尾栓先端部を係合させるとともに、糊容器本体の筒体先端部側周縁に筒体とカートリッジスリーブとの係止機構を設けて、脱着可能に結合してなる糊容器。
【請求項2】 カートリッジ体のネジ体底部に、放射線状に複数の凹部を設けるとともに、糊容器本体の尾栓先端部外周に、前記凹部と同数もしくは少数の凸部を設け、前記凹部にこの凸部を嵌合してなる請求項1記載の糊容器。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、糊容器本体を構成する尾栓の回動によって、上記糊容器本体を構成する筒体内のカートリッジ体に収容される棒状の糊を出没自在とする糊容器の構造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、糊容器本体を構成する尾栓の回動によって、糊容器本体を構成する筒体内に収容される棒状の糊を出没自在とする糊容器の構造は、糊容器本体を構成する尾栓と一体に成形されるネジ杆に対して、密閉性を保持しながらこの尾栓と一体となる筒体内において、棒状の糊を固持したスライダーを貫通・螺合させ、尾栓の回動によりネジ杆を回転させることによって、このネジ杆に貫通・螺合するスライダーを筒体内壁に縦方向に配設された摺動溝に沿って摺動させて、このスライダーに保持される棒状の糊を、筒体より出没自在としてなるものが一般的である。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来の糊容器本体を構成する尾栓と一体に成形されるネジ杆に対して、密閉性を保持しながらこの尾栓を嵌合する筒体内において、棒状の糊を保持したスライダーを貫通・螺合させ、尾栓の回動によりネジ杆を回転させることによって、このネジ杆に貫通・螺合するスライダーを筒体内壁に縦方向に配設された摺動溝に沿って摺動させて、このスライダーに保持される棒状の糊を、筒体より出没自在としてなる糊容器においては、糊容器自体が使い捨てであるため、糊容器本体を構成する筒体内の棒状の糊を使い切った時点で糊容器全体を廃棄せざるを得ず、環境保護という観点からは著しい負担を強いるものである上、糊容器の製品コストをも上昇させるという欠点があった。
【0004】そのため、出没自在となる棒状の糊を使い切った時点で交換可能となるように、糊容器を、棒状の糊を出没自在とするネジ体及びそれらを収容するカートリッジ体と、このカートリッジ体を収容する筒体並びに前記ネジ杆を回転させるとともにこの筒体に嵌合する尾栓とよりなる糊容器本体からなるものが提案されているが、それらはいずれも、尾栓の先端側とネジ体の基底部側にそれぞれスプラインを形成し、その相互のスプラインを噛合させることによって尾栓の回動をカートリッジ体に組み込まれるネジ体に伝達しているため、その相互のスプラインの確実な噛合を確保するために、部品の精度及び組みつけ作業の精度を高くすることが要求され、製造コストの削減を容易には計り難いという欠点があり、又、カートリッジ体の交換に当たっても、スプラインの確実な噛合を確認しなければならないという、ユーザーにおける不便性があった。更に、カートリッジ体の交換可能性を維持するために、糊容器本体に対してカートリッジ体を着脱自在とすることから、カートリッジ体と糊容器本体とを容易に着脱させる機構が必要となり、その機構の構成によっては、更に製造コストの増大を招くと共に、ユーザーによるカートリッジ体の交換を困難にするという欠点があった。
【0005】そこで、この発明は上記従来のものの有する欠点を改善するものであり、簡単な構造により、棒状の糊を収容するカートリッジ体を糊容器本体に対して着脱自在かつ容易に着脱できるものとし、しかもカートリッジ体の交換をも容易にすることができるようにするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】そのために、糊容器を、密閉性を保持してネジ体と一体となるカートリッジスリーブ内において、上記ネジ体のネジ杆に貫通・螺合するスライダーに棒状の糊を保持し、このスライダ−を出没自在としてなるカートリッジ体と、このカートリッジ体を収容する筒体並びに上記筒体に嵌合して前記ネジ体を回転させる尾栓よりなる糊容器本体から構成し、カートリッジ体を糊容器本体の筒体に沿い挿入した上で、カートリッジ体のネジ体底部と糊容器本体の尾栓先端部に係合させるとともに、糊容器本体の筒体先端部側周縁に筒体とカートリッジスリーブとの係止機構を設けて、脱着可能に結合してなるものであり、更には特に、そのカートリッジ体のネジ体底部と糊容器本体の尾栓先端部との嵌合において、カートリッジ体のネジ体底部に、放射線状に複数の凹部を設けるとともに、糊容器本体の尾栓先端部外周に、前記凹部と同数もしくは少数の凸部を設け、前記凹部にこの凸部を嵌合してなるのである。
【0007】
【発明の実施の形態】上記構成を具えるので、実施にあたり棒状の糊を収容するカートリッジ体を交換する時には、筒体とカートリッジスリーブとの係止機構が筒体先端部側周縁に設けられているため、その両者の係止は容易に解除され、更に、糊容器本体を構成する筒体内に挿入されているカートリッジ体のカートリッジスリーブに対して引張力を加えることにより、カートリッジ体のネジ体底部と糊容器本体の尾栓先端部との嵌合が解除されるため、容易にカートリッジ体を糊容器本体の筒体内から取り出すことができ、又、新しいカートリッジ体を装着するに当たっては、交換のカートリッジ体を上記糊容器本体を構成する筒体内に挿入することによって、カートリッジ体のネジ体底部と糊容器本体の尾栓先端部とが係合し、更に、筒体先端部周縁に設けられた筒体とカートリッジスリーブの係止機構により両者が係止されるため、容易にカートリッジ体の交換ができる上に、尾栓とネジ体との連結部分は係合により構成されるため、その部分の製造精度に高度なものを要求されることはなく、又、筒体とカートリッジスリーブの係止機構が筒体先端部周縁に設けられることから、その係止及び解除が容易な上、製造コストを低減させることができるものである。
【0008】
【実施例】この発明を図に示す実施例により更に説明する。(1)はこの発明の実施例である糊容器であり、この糊容器(1)は、カートリッジ体(2)と、そのカートリッジ体(2)の先端に脱着自在に装着されるキャップ(3)と、糊容器本体(4)とからなり、カートリッジ体(2)はエアタイト部(5)を介してカートリッジスリーブ(6)と一体となるネジ体(7)と、このカートリッジスリーブ(6)より棒状の糊(8)を出没自在としてなるように保持すると共に、ネジ体(7)の先端に形成されるネジ杆(9)に貫通・螺合するスライダー(10)とからなり、又、糊容器本体(4)は前記カートリッジ体(2)を収容する筒体(11)と、この筒体(11)と一体となる尾栓(12)から構成される。そして、その尾栓(12)は前記カートリッジ体(2)内に収容されるスライダー(10)によって保持される棒状の糊(8)を出没自在とすべく、その先端側においてカートリッジ体(2)のネジ体(7)と嵌合して、スライダー(10)の貫通・螺合するカートリッジ体(2)のネジ杆(9)を回転させる。
【0009】そして、カートリッジ体(2)のネジ体(7)の中心部は中空に形成され、その中空部分に尾栓(12)の先端部(13)が嵌入されるとともに、ネジ体(7)の底面部(14)には前記中空部分を中心として放射線状に8個の嵌合溝(15)が、その中心側を太くして設けられ、一方、尾栓(12)の先端部(13)近傍には、その先端部(13)を中心として相互に直角に4個の嵌合片(16)が設けられ、この各嵌合片(16)は嵌合溝(15)と嵌合し易いように、その上部は鋭角にして鋭角部(17)を、又、上部最端部は切り欠いて切欠部(18)をそれぞれ形成する。
【0010】又、糊容器本体(4)にカートリッジ体(2)を挿入する際に、カートリッジ体(2)を糊容器本体(4)に係合固定するため、糊容器本体(4)の筒体(11)先端部内周面に環状の係合溝(19)が設けられるとともに、カートリッジスリーブ(6)の先端部外周面に係合突起(20)が設け、上記係合溝(19)には係合突起(20)が嵌合される。
【0011】この発明の実施例である糊容器(1)は以上の構成を具えるので、糊容器(1)を構成するカートリッジ体(2)内に収容される棒状の糊(8)を使い果たし、上記棒状の糊(8)を収容していたカートリッジ体(2)を交換するに際しては、糊容器本体(4)を構成する筒体(11)内に収容されて係合固定されているカートリッジ体(2)をカートリッジスリーブ(6)の先端を把持して引き出すことにより、このカートリッジ体(2)と糊容器本体(4)とを係合固定しているカートリッジスリーブ(6)の係合突起(20)と筒体(11)の係合溝(19)との係合が解除され、同時に、尾栓(12)の先端部(13)近傍に設けられた嵌合片(16)とネジ体(5)の底面部(14)に設けられた嵌合溝(15)との嵌合が解消されるため、容易に使用済みのカートリッジ体(2)を糊容器本体(4)の筒体(11)内から取り出すことができる。
【0012】そして、交換する新しいカートリッジ体(2)を装着するに当たっては、その新しいカートリッジ体(2)を筒体(11)内に挿入することで、このカートリッジ体(2)を構成するネジ体(7)の内面の中空部分に、糊容器本体(4)を構成する尾栓(12)の先端部(13)を嵌入するとともに、そのネジ体(7)の底面部(14)に形成された嵌合溝(15)に、糊容器本体(4)を構成する尾栓(12)の先端部(13)近傍に設けられた嵌合片(16)を嵌合する。その際同時に、カートリッジ体(2)のカートリッジスリーブ(6)に設けられた係合突起(20)が、糊容器本体(4)の筒体(11)内周面に設けられた係合溝(19)に嵌合、係止するよう、係合突起(20)及び係合溝(19)の位置が調整されている。これらの結果、カートリッジ体(2)は更新され、糊容器本体(4)の尾栓(12)からの回転力を、上記嵌合する嵌合溝(15)と嵌合片(16)との嵌合を介してカートリッジ体(2)のネジ体(7)に伝達可能としながら係合固定することができる。その後、尾栓(12)を回転させることによって、尾栓(12)の嵌合片(16)及びそれに嵌合するネジ体(7)の嵌合溝(15)を介してネジ体(7)を回転させることとなり、そのネジ体(7)の先端部であるネジ杆(9)に螺合するスライダー(10)が、カートリッジスリーブ(6)内壁面に縦方向に設けられた摺動溝(21)に係合して回転しないため、スライダー(10)はネジ杆(9)の回転方向に応じてカートリッジスリーブ(6)の縦方向に対して前後動することとなり、そのスライダー(10)に保持される棒状の糊(8)はカートリッジスリーブ(6)から出没される。
【0013】そして、尾栓(12)の先端部(13)近傍に設けられる嵌合片(16)が放射状に4葉であるのに対し、それらと嵌合するネジ体(7)の底面部(14)に形成された嵌合溝(15)は8葉であり、しかもその嵌合片(16)の上部に鋭角部(17)及び切欠部(18)を形成することにより、嵌合片(16)は容易に嵌合溝(15)に嵌合して、カートリッジ体(2)の更新作業は容易となる上、嵌合片(16)が嵌合溝(15)に嵌合しさえすればよいのであって、その部品精度は高度なものを要求されない。
【0014】一方、糊容器本体(4)にカートリッジ体(2)が収容された際に、その両者を係合・固定する機構は上記カートリッジスリーブ(6)に設けられた係合突起(20)と筒体(11)に設けられた係合溝(19)との係合に限定されるものではなく、例えば、図3に示すように、カートリッジスリーブ(6)の先端部側外周面上に固定突起(22)を設けるとともに、筒体(11)の先端から縦方向に係止溝(23)を設け、その中間に屈曲部(24)を設け、他方、その内面に前記係止溝(23)に係合する係止突起(26)を設けるとともに、その上部を内側へ突出して固定突起押え(27)とし、カートリッジ体(2)及び糊容器本体(4)とは別体の係止環(25)を設け、カートリッジ体(2)を糊容器本体(4)に圧入後、該係止環(25)をカートリッジ体(2)の先端側から装着して、その係止突起(26)を筒体(11)に設けられた係止溝(23)に、その屈曲部(24)を経由して係合させて係止環(25)の位置を固定することにより、固定突起押え(27)によってカートリッジスリーブ(6)の固定突起(22)を上方から固定して、カートリッジ体(2)の糊容器本体(4)への係合・固定を図ってもよい。
【0015】又、あるいは、係止環(25)によるカートリッジ体(2)と糊容器本体(4)との係合・固定においては、前記のように筒体(11)に設けられた係止溝(23)と係止環(25)に設けられた係止突起(26)とを係合させるのではなく、筒体(11)外周面と係止環(25)の内周面にそれぞれ雄ネジと雌ネジを設け、その両ネジを螺合させることによって係止環(25)の位置を固定することにより、固定突起押え(27)によってカートリッジスリーブ(6)の固定突起(22)を上方から固定して、カートリッジ体(2)の糊容器本体(4)への係合・固定を図ることもできる。
【0016】
【発明の効果】以上の通り、糊容器を糊容器本体とカートリッジ体とキャップとから構成してなり、カートリッジ体の更新に際しては、糊容器本体の尾栓とカートリッジ体のネジ体との連結が、尾栓先端部近傍に設けられた嵌合片とネジ体の底面部に設けられた嵌合溝との嵌合によって行われ、しかも、簡単な構成で嵌合溝と嵌合片との嵌合が容易であり、又、噛合いではなく嵌合させるためにその嵌合部材となる嵌合溝と嵌合片の部品精度は高度なものを要求されず、製造コストの低減を図ることができるという優れた効果を有し、しかも、前記カートリッジ体と糊容器本体との連結機構とは別個に、糊容器本体の筒体先端部側周縁部にカートリッジ体と糊容器本体との係合・固定機構を設けることで、カートリッジ体と糊容器本体との着脱及び固定を簡単且つ確実に行い得るという優れた効果を併せ持つものである。
【出願人】 【識別番号】000134589
【氏名又は名称】株式会社トンボ鉛筆
【出願日】 平成8年(1996)3月28日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】藤木 三幸
【公開番号】 特開平9−263096
【公開日】 平成9年(1997)10月7日
【出願番号】 特願平8−97303