トップ :: B 処理操作 運輸 :: B43 筆記用または製図用の器具;机上付属具




【発明の名称】 画鋲収納用ケース
【発明者】 【氏名】中橋 勉

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 画鋲を収納するための画鋲収納用ケース本体の上端に蓋体により開閉自在な開口部が形成され、この開口部の外周の一部に上端より下向きにスリットが形成され、前記スリット形成位置近傍において蓋体が被さる画鋲収納用ケース本体の上端部分の肉厚は上端に向かって薄く形成されてなることを特徴とする画鋲収納用ケース。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、多数本の画鋲を収納するための画鋲収納用ケースに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来から、建物の壁面などに対して紙類などを貼り付けるのに画鋲が一般に使用されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】そこで、建物の壁面などに対して突き刺した画鋲を取り外すとき、画鋲が建物の壁面などに深く突き刺っていると、指の爪では取り外すことができないことがあり、そのために最近では専用の画鋲外し用治具を画鋲とセットにして販売しているのであるが、専用の画鋲外し用治具を別途製造しなければならず、コストアップになるという問題があった。また、外された画鋲が床の上に落ちて足で踏むなどの危険性があった。
【0004】本発明はこのような課題を解決するもので、専用の画鋲外し用治具を別途製造する必要なく、画鋲外し機能を一体に具備し、画鋲を安全に外すことができる画鋲収納用ケースを提供することを目的とするものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】この課題を解決するために本発明は、画鋲を収納するための画鋲収納用ケース本体の上端に蓋体により開閉自在な開口部が形成され、この開口部の外周の一部に上端より下向きにスリットが形成され、前記スリット形成位置近傍において蓋体が被さる画鋲収納用ケース本体の上端部分の肉厚は上端に向かって薄く形成されてなることを要旨とするものである。
【0006】この構成により、画鋲収納用ケース本体の上端にスリットなどを含む画鋲外し機能を一体に具備せしめてあることにより、前記従来のように専用の画鋲外し用治具を別途製造する必要がなくなり、コストダウンを図ることができる。また、画鋲に手で直接触らずに画鋲を外すことができ、しかも外された画鋲は画鋲収納用ケースの中に落ちて収納されるので、画鋲が床の上に落ちて足で踏むようなこともなく安全である。
【0007】
【発明の実施の形態】以下、本発明の一実施の形態について、図面に基づいて説明する。図1および図2において、1は多数本の画鋲2(図示を省略する)を収納するための画鋲収納用ケース本体であって、上端の開口部3が蓋体4により開閉自在に構成されている。前記開口部3は上から見て長方形を呈し、この開口部3を開閉自在な蓋体4は開口部3の対向短辺の一方に薄肉のヒンジ部5を介して画鋲収納用ケース本体1に枢結されている。画鋲収納用ケース本体1の開口部3の対向短辺の他方には短辺の幅方向中央において上端より下向きにスリット6が形成されている。
【0008】このスリット6の下端は、前記開口部3を閉じるように画鋲収納用ケース本体1の上端に完全に被せられた蓋体4の下端よりやや下側、詳しくは少なくとも画鋲2の軸2aの太さ分だけ下側に位置するように構成されている。なお、画鋲収納用ケース本体1の上端の開口部3の外周は蓋体4が被さる部分で、蓋体4が被さる部分より下側における画鋲収納用ケース本体1の肉厚より薄く形成され、前記対向短辺の他方における蓋体4が被さる部分の肉厚は上端に向かってさらに薄くなっている。そして、前記対向短辺の他方におけるスリット6の上端は幅広に形成されている。
【0009】上記構成において、図2(A)に示すように壁面7に対して深く突き刺っている画鋲2を取り外すとき、前記画鋲収納用ケース本体1の蓋体4を開いた状態で画鋲収納用ケース本体1の開口部3の対向短辺の他方を壁面7に沿わせて画鋲2に近づけ、前記対向短辺の他方の上端を画鋲2の頭部2bと壁面7との間に差し込むとともに、前記スリット6を画鋲2の軸2aに嵌合させ、軸2aをスリット6の下端に導く(図2(B)参照)。この状態で蓋体4を開口部3を閉じるように画鋲収納用ケース本体1に被せることにより開口部3の対向短辺の他方に対向する蓋体4の壁4aはスリット6を閉じるように壁面7に接し(図2(C)参照)、この状態で画鋲収納用ケースを壁面7から離れる方向に引っ張ることにより画鋲2は壁面7から引き抜かれ(図2(D)参照)、画鋲収納用ケース本体1の内部に落ちることになる。なお、画鋲収納用ケースを壁面7から離れる方向に引っ張る際に、てこの力を応用することにより画鋲2が外れ易くなる。
【0010】ところで、以上述べた一実施の形態では蓋体4は開口部3の対向短辺の一方に薄肉のヒンジ部5を介して画鋲収納用ケース本体1に枢結されているが、別部材としてのヒンジ部材を用いて蓋体4を画鋲収納用ケース本体1に枢結することも可能である。
【0011】
【発明の効果】以上のように本発明によれば、画鋲収納用ケース本体の上端にスリットなどを含む画鋲外し機能を一体に具備せしめてあることにより、前記従来のように専用の画鋲外し用治具を別途製造する必要がなくなり、コストダウンを図ることができる。また、画鋲に手で直接触らずに画鋲を外すことができ、しかも外された画鋲は画鋲収納用ケースの中に落ちて収納されるので、画鋲が床の上に落ちて足で踏むようなこともなく安全である。
【出願人】 【識別番号】596037323
【氏名又は名称】中橋 勉
【出願日】 平成8年(1996)3月18日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】森本 義弘
【公開番号】 特開平9−248995
【公開日】 平成9年(1997)9月22日
【出願番号】 特願平8−59876