トップ :: B 処理操作 運輸 :: B43 筆記用または製図用の器具;机上付属具




【発明の名称】 画 鋲
【発明者】 【氏名】石坂 和男

【目的】 壁などから抜け落ちることがなく、しかも、壁への差し込みが容易な画鋲を提供することを目的としている。
【構成】 頭部1と、この頭部1に連続する足部2からなる画鋲において、足部2には頭部側の基端に、ネジ部3が形成されてなることを特徴とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 頭部と、この頭部に連続する足部からなる画鋲において、前記足部には前記頭部側の基端に、ネジ部が形成されてなることを特徴とする画鋲。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、紙などを壁や板に止めるための画鋲に関するものである。
【0002】
【従来の技術】画鋲は、頭部と、この頭部に連続する足部とからなり、先端が鋭利な足部を壁や板に差し込み、頭部で紙を壁や板に押し付け、紙を壁などに止めるものである。 この様な画鋲では、足部と壁の摩擦力だけで足部が壁に差し込まれているので、足部と壁の摩擦力が緩むと、足部が壁から抜け、画鋲が壁などから床に抜け落ちる恐れがある。画鋲が壁などから抜け落ち、床に落下すると、それを知らずに床を歩く者は、画鋲の鋭利な先端の足部によって傷つく恐れがある。それを防止すべく、画鋲の足部を足長としたりしていたが、それでも、画鋲が壁などから抜け落ちることを防止することはできなかった。そこで、本発明は、上記不具合を解消すべくなされたものであり、壁などから抜け落ちることがなく、しかも、壁への差し込みが容易な画鋲を提供することを目的としている。
【0003】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成すべく、本発明にかかる画鋲は、頭部と、この頭部に連続する足部からなる画鋲において、足部には頭部側の基端に、ネジ部が形成されてなることを特徴とする。
【0004】
【実施例】本発明にかかる一実施例を図1乃至図4に基ずいて説明する。本発明にかかる画鋲は、図1に示すように、頭部1と、この頭部1に連続する足部2からなり、足部2には頭部側の基端に、ネジ部3が形成されてなる。ネジ部3は、頭部1を図2に示す矢印方向(時計方向)に回転すると、足部2が壁4内にはまり込むように形成されている。そして、頭部1を逆方向に回転すると、ネジ部3が壁4内から外方向に抜け出すように形成されている。
【0005】画鋲は、図1に示すように、その頭部1には、頭部1の回転を行い易くし、足部2が壁4内にはまり易くするため、指が引っ掛かり易いように、頭部1の側面に、突片部5が複数形成されている。
【0006】上記構成にかかる画鋲によれば、図2に示すように、画鋲で壁4に紙5を止めるには、画鋲の足部2の先端を紙6と壁4に差し込み、頭部1を押し付けると、足部2は壁4内にはまり込む。画鋲の足部2は、図3に示すように、ネジ部3の直前まで壁4に差し込むことができ、頭部1の突片部5に手を引っかけて、頭部1を図示矢印方向(時計方向)に1回転すると、図4に示すように、ネジ部3は壁4にはまり込み、足部2が壁4内にはまり込む。ネジ部3は、壁4にはまり込んでいるので、画鋲の足部2が壁4内から抜けることがなく、頭部1によって紙6を壁4に確実に止めることができる。ネジ部3は、壁4にはまり込んでいるので、頭部1に衝撃が加わっても、その衝撃により、ネジ部3と壁4との接触が緩むこともなく、画鋲の壁4からの落下を確実に防止することができる。
【0007】そして、画鋲を壁4から取り外すには、頭部1の突片部5に手を引っかけて、頭部1を逆方向(反時計方向)に回転すると、ネジ部3は壁4から外方向に抜け出し、頭部1を引っぱると、簡単に足部2が壁4から抜け、画鋲を壁4から取り外すことができる。
【0008】画鋲のネジ部3は、足部2における頭部側の基端に形成されているので、足部2を壁4に差し込む際、ネジ部3の直前まで足部2を壁4に差し込むことができ、紙6を壁4に止めるとともに画鋲の落下もなく、その後、頭部1を回転すると、ネジ部3が壁4に螺入し、頭部1が紙6を壁4に押圧して確実に紙を止めることができる。また、ネジ部3は、壁4にはまり込んでいるので、画鋲の足部2が壁4内から抜けることがなく、画鋲の落下を確実に防止でき、安全性が向上する。また、頭部1には、頭部1の側面に、突片部5が複数形成されているため、ネジ部3を壁4に螺入する際、頭部1に指が引っ掛かり易く、足部2の壁4内への差し込みが行い易い。
【0009】
【発明の効果】本発明に係る画鋲によれば、頭部と、この頭部に連続する足部からなる画鋲において、足部には頭部側の基端に、ネジ部が形成されてなるので、ネジ部は、壁にはまり込んでいるので、画鋲の足部が抜けることがなく、頭部によって紙を確実に止めることができるという効果が生じる。
【0010】また、ネジ部は、壁にはまり込んでいるので、頭部に衝撃が加わっても、その衝撃により、ネジ部と壁との接触が緩むこともなく、画鋲の壁からの落下を確実に防止することができるという効果が生じる。
【0011】また、ネジ部は、足部における頭部側の基端に形成されているので、足部を壁に差し込む際、ネジ部の直前まで足部を壁に差し込むことができ、紙を壁に止めるとともに画鋲の落下もなく、その後、頭部を回転すると、ネジ部が壁に螺入し、頭部が紙を壁に押圧して確実に紙を止めることができるという効果が生じる。
【出願人】 【識別番号】593087503
【氏名又は名称】石坂 和男
【出願日】 平成8年(1996)3月14日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】窪谷 剛至
【公開番号】 特開平9−248994
【公開日】 平成9年(1997)9月22日
【出願番号】 特願平8−84527