トップ :: B 処理操作 運輸 :: B43 筆記用または製図用の器具;机上付属具




【発明の名称】 ポスター等の作品を傷つけることなく壁に張ることが できる押しピン、ならびに押しピンセット
【発明者】 【氏名】中尾 康二

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 (A) 板(1)の裏面中央に弾性体(2)を装着する。
(B) 板(1)の裏面両端にピン(3)を装着する。
以上のごとく構成された押しピン。
【請求項2】 (A) 板(5)の裏面中央に弾性体(2)を装着する。
(B) 板(5)の両端に押しピン剌し込み用の穴(6)を設ける。
(C) 穴(6)に押しピン(7)を刺し込む。
以上のごとく構成された押しピンセット。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、ポスター等の作品を長期間にわたって、傷つけることなく、壁に張ることができる押しピン、ならびに押しピンセットに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、ポスター等の作品を壁に張る場合は、作品の四隅を押しピンで直接刺してとめるか、テープで貼るかのどちらかであった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】これは次のような欠点があった。押しピンでとめた場合、必ず作品には穴が開き、長期間使用すれば、その穴がしだいに広がって最終的にその部分が破れてしまう結果になっていた。また、作品に押しピンの錆がついてしまうこともあった。一方、テープに関しては、はずす場合、作品とテープの接着面がはがれてしまうことがあった。つまり、従来の技術は作品を結果的に傷つけるものであった。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は、この欠点を除くためになされたもので、それを図面について説明すれば、ポスター等の作品(4)の隅に弾性体(2)で圧力を加え、壁に押さえ付けて、とめるものである。
【0005】
【発明の実施の形態】壁に張ろうとするポスター等の作品(4)の隅に弾性体(2)を押しあてピン(3)ならびに板(5)を介した押しピン(7)を壁に刺し込む。この方法によって、板(1)ならびに板(5)に弾力が発生し、弾性体(2)がポスター等の作品(4)を壁に押さえ付けるのである。
【0006】
【実施例】以下、本発明の実施例について説明する。
(A) 板(1)の裏面中央に弾性体(2)を、板(1)の裏面両端にピン(3)をそれぞれ装着する。
(B) 板(5)の両端に穴(6)を設け、その穴(6)に押しピン(7)を通す。
(C) 板(1)ならびに板(5)の材料は、プラスチック,金属,竹などの木材を使用し、弾力を発生させるため、適度の厚みに加工する。
(D) 弾性体(2)の材料は、ゴム,コルク,粘土,木材を使用する。また、形状は作品(4)が傷つかないものであれば自由であるが、ドーム型に加工すると効果的である。
(E) 弾性体(2)の代わりに、板(1)ならびに板(5)と同質で一体の突起物を設ける方法もある。
(F) 板(1)ならびに板(5)および押しピン(7)のデザイン,カラー,模様を増やし、組合せを楽しめるようにする。
【0007】
【発明の効果】この発明によれば、ポスター等の作品を傷つけずに壁に張ることができる。よって、一生の記念に残る大切な作品や、人から作品を借りてコンクールや資料館に展示する場合など、多方面での作品の保護に活用できるのである。
【出願人】 【識別番号】596039316
【氏名又は名称】中尾 康二
【出願日】 平成8年(1996)2月14日
【代理人】
【公開番号】 特開平9−216497
【公開日】 平成9年(1997)8月19日
【出願番号】 特願平8−65089