トップ :: B 処理操作 運輸 :: B43 筆記用または製図用の器具;机上付属具




【発明の名称】 封緘装置
【発明者】 【氏名】大口 邦雄

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 封筒の舌を自動的に折曲する封緘装置であって、封筒の移送方向に回転する複数の折曲ローラと、各折曲ローラの封筒移送側端面に連続して折曲ローラと同軸に設けられ、折曲ローラの端面と角部を形成する折曲ローラより小径の副折曲ローラと、最上流側に位置する折曲ローラの外周面に端面が対向して設けられ、封筒移送の上流側で封筒の長手方向に回転する補助折曲ローラとを備えたことを特徴とする封緘装置。
【請求項2】 補助折曲ローラの封筒移送の上流側に位置する外周端が、最上流側に位置する折曲ローラの回転軸の軸心に略一致することを特徴とする請求項1記載の封緘装置。
【請求項3】 最上流側に位置する折曲ローラの上流側に、封筒の舌の基部に折曲の切っ掛けとなる筋目を形成する筋目形成手段を備えたことを特徴とする請求項1または2記載の封緘装置。
【請求項4】 最下流側に位置する副折曲ローラの側面に当接する圧接ローラを備えたことを特徴とする請求項1,2または3封緘装置。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、封筒の舌を自動的に折曲して接着する、或いは接着可能状態にするための封緘装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、封筒に書類等の封入物を封入する際に要する人手を少なくするために、封筒の自動封入装置が用いられている。一般に封筒への自動封入装置としては、多数の封筒を収納しているストッカから封筒を1枚ずつ取り出し、所定位置において封筒開口装置によって封筒を開口させて封入物を封筒内に挿入した後、封緘装置によって封筒の開口を自動的に封緘するように構成されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来の自動封入装置に用いられている封緘装置は、図8に示すように、封筒Aの舌Bを折曲する際、ガイドプレート或いはローラにより、糊が塗られた封筒Aの舌Bを、折曲線Cに沿って横方向(矢印FO)に移動させながら強制的に折曲しているため、始めに折曲される側の舌Bの端部B1は折曲線Cの位置で正確に折曲されるが、最後に折曲される側の舌Bの端部B2は折曲線Cからずれた位置で折曲されるという問題があった。
【0004】本発明の目的は、封筒の全幅にわたって封筒の舌が折曲線で正確に折曲される封緘装置を提供することである。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために本発明の封緘装置は、封筒の舌を自動的に折曲する封緘装置であって、封筒の移送方向に回転する複数の折曲ローラと、各折曲ローラの封筒移送側端面に連続して折曲ローラと同軸に設けられ、折曲ローラの端面と角部を形成する折曲ローラより小径の副折曲ローラと、最上流側に位置する折曲ローラの外周面に端面が対向して設けられ、封筒移送の上流側で封筒の長手方向に回転する補助折曲ローラとを備えたことにより、折曲ローラによって封筒の舌を開口部側に引っ張るように移動させ、折曲ローラとその端面に連続する副折曲ローラとの角部によって封筒の舌を開口部側に押圧変形させ、上流側で下方に回転する補助折曲ローラの端面で舌を下方に引っ張るように移動させることにより、確実に折曲することができる。また、補助折曲ローラの封筒移送の上流側に位置する外周端が、最上流側に位置する折曲ローラの回転軸の軸心に略一致することにより、確実に封筒の舌を下方に引っ張ることができる。また、最上流側に位置する折曲ローラの上流側に、封筒の舌の基部に折曲の切っ掛けとなる筋目を形成する筋目形成手段を備えたことにより、狭い筋目を形成して封筒の舌を折曲するきっかけをつけているため、以後の折曲工程が確実になる。さらに、最下流側に位置する副折曲ローラの側面に当接する圧接ローラを備えたことにより、舌が筋目で確実に折曲された後、圧接ローラで舌を封筒の本体に接着させるから、筋目で確実に折曲された舌を封筒の本体に接着させることになり、舌を綺麗に接着させることができ、接着後の封筒の外観を美しくすることができる。
【0006】
【発明の実施の形態】本発明の実施例として、封筒を縦に、即ち開口を上にして移送する実施例について図面を参照して説明する。図1において、大径(例えば、直径80mm)の折曲ローラ1と、折曲ローラ1の下方の端面に、端面を接触させて、或いは一体で同軸に設けられた折曲ローラ1より小径(例えば、直径45mm)の副折曲ローラ2と、折曲ローラ1の上方の端面に同軸に設けられた駆動歯車3と、縦方向に延びるこれらの回転軸4と、回転軸4の上下端を支持する軸受5とを備えた折曲ローラ装置が複数基(本実施例では4基)所定の間隔をもって直線的に設置されており、4基の折曲ローラ1は全て矢印R1で示す方向、封筒Aの移送方向即ち図1において図の手前側で右から左の方向に回転している。隣り合った折曲ローラ装置の間の距離は、折曲ローラ1同士が接触しない距離であって、適宜設定する(例えば、20mm)。
【0007】最も上流側即ち封筒の供給側に配置された折曲ローラ装置の折曲ローラ1Aと副折曲ローラ2Aの側面に、回転軸が折曲ローラ1Aの回転軸と直交する補助折曲ローラ10が設けられており、該補助折曲ローラ10は、図2及び図3に示すように、略三角形の側面形を有し、その底面側即ち大径側面が折曲ローラ1Aに対向して配置され、駆動ギヤボックス13が連結されている。補助折曲ローラ10は、その駆動軸の軸心が折曲ローラ1Aの下端面に一致するとともに、下硫側に位置する隣りの折曲ローラ1側に寄せて配置され、補助折曲ローラ10の上流側の端部を折曲ローラ1Aの軸心と略一致させており、補助折曲ローラ10は矢印R2で示す方向、即ち上流側で下向き、下流側で上向きになる方向に回転している。
【0008】補助折曲ローラ10の下流側から、最も下流側即ち封筒の送り出し側に配置された折曲ローラ1Bの下端面にまで各副折曲ローラ2,2及び2Bに沿って折り込みガイドプレート11が設けられており、封筒の送り出し側に配置された副折曲ローラ2Bの側面に当接する圧接ローラ12が設けられている。なお、折り込みガイドプレート11は、封筒Aの開口部付近の狭い幅(例えば、1〜2mm)だけを押圧する。
【0009】圧接ローラ12は、図4に示すように、搖動アーム15の一端側に軸18で回動自在に支持され、搖動アーム15の他端は軸19で、フレーム等17に固定された支持ブラケット16に回動自在にに支持されており、軸19に巻き付けられたバネ22の一端を搖動アーム15に設けられた係止ピン20に係合し、他端を支持ブラケット16に設けられた係止ピン21に係合させて矢印M方向の力を付勢している。折曲ローラ装置の一方の側に沿って下方に移送ベルト13が配置され、矢印F方向に駆動されており、折曲ローラ1と移送ベルト13との間の距離が調節できるように(本実施例では上下方向に変位できるように)支持され、封筒の寸法に合わせて調節される。
【0010】折曲ローラ1Aの上流側に、供給ガイドプレート7と、供給ガイドプレート7に対向して配置されたプッシュプレート(筋目形成手段)8と、プッシュプレート8を支持する支持プレート9とが設けられており、供給ガイドプレート7は副折曲ローラ2Aの外周への接線上に配置され、副折曲ローラ2Aの外周近傍まで伸びている。なお、供給ガイドプレート7とプッシュプレート8、補助折曲ローラ10及び圧接ローラ12は、4基の折曲ローラ1の同じ側で略同一線上に配置されている。図5に示すように、プッシュプレート8は、その一端側即ち自由端である先端側に、供給ガイドプレート7側に突出する薄い(例えば、厚さ1〜2mm)ピンポイント・ナイフエッジ81が形成され、他端側に2個の長孔(図示略)が長手方向に並んで穿設され、支持プレート9に立設されたボルト23, 26が遊嵌して貫通している。
【0011】ピンポイント・ナイフエッジ81に近い側のボルト23には、プッシュプレート8の支持プレート9と反対側に第1付勢バネ25が設けられ、蝶形ナット24によりプッシュプレート8を供給ガイドプレート7側に押圧する付勢力を調節する。ピンポイント・ナイフエッジ81から遠い側のボルト26には、プッシュプレート8と支持プレート9との間に第2付勢バネ28が嵌装され、プッシュプレート8を供給ガイドプレート7から離す方向に付勢しており、ナット27で付勢力が調節可能に保持されている。
【0012】ピンポイント・ナイフエッジ81は、上述のとおり、少なくともその部分が薄板(例えば、厚さ1〜2mm)で形成され、且つ外形が曲線で形成され、供給ガイドプレート7とプッシュプレート8との間を通過する封筒Aの舌Bとピンポイントで接触し、舌Bが封筒Aの開口側に折曲し易いように、通過する封筒Aの舌Bの開口側の基部に細い(例えば、幅1〜2mm)筋目を形成する。なお、ピンポイント・ナイフエッジは外形が曲線で形成されたものに限られるものではなく、直線で多角形状に形成しても良いものである。また、ピンポイント・ナイフエッジに代えて、接触部に長さがあるものでも良いものであり、また、供給ガイドプレート7に封筒Aをバネ板で押圧するようにしても良いものである。
【0013】さらに、筋目形成手段としては、図7に示すように、供給ガイドプレート7とプッシュプレート8に代えて、平行に配置された垂直方向の回転軸33,34で支持された一対のローラ31,32を用いることもできる。一方のローラ31の周面に突起31Aが設けられ、他方のローラ32の周面に、ローラ31の突条31Aに合致するV字溝32Aが設けられており、両ローラ31,32の間の距離を小さくし、封筒Aの舌Bが通過する際に、舌Bが封筒Aの開口側に折曲し易いように、舌Bの基部に折り目をつけるものである。なお、一方のローラに突条を設け、他方のローラの外周面は平坦面とすることもできる。
【0014】また、図6に示すように、中央2基の折曲ローラ装置に代えて、両端の副折曲ローラ2A,2Bに折曲ベルト29を掛けわたし、折曲ベルト29に直交する面を有する補助ガイドプレート30を設け、補助ガイドプレート30は、折曲ローラ1A,1Bの副折曲ローラ2A,2B側端面(本実施例では下端面)に一致している。この構成によると、構造が簡略化され、コストの低減が促進できる。
【0015】次に、動作について説明すると、封筒Aの開口側をプッシュプレート8側に向けて封筒Aを供給する、即ち封筒Aの表書き側を供給ガイドプレート7側に向けて封筒Aを供給すると、移送ベルト13により移送され、プッシュプレート8のピンポイント・ナイフエッジ81が封筒Aの舌Bとピンポイントで接触し、舌Bが封筒Aの開口側に折曲し易いように、通過する封筒Aの舌Bの開口側の基部に細い(例えば、幅1〜2mm)筋目を形成する。
【0016】舌Bの基部に筋目を付けられた封筒Aが最上流側の折曲ローラ1Aに到達すると、舌Bが折曲ローラ1Aの回転によって筋目から折り曲げられて開口側に押圧された後、折曲ローラ1Aと副折曲ローラ2Aとで形成する角部に到達すると、補助折曲ローラ10の下方への回転とともに、舌Bが筋目で下方に折曲される。その後、副折曲ローラ2,2,2B及び折り込みガイドプレート11により、舌Bが筋目で確実に折曲された後、最下流の副折曲ローラ2Bと圧接ローラ12とによって舌Bが封筒Aの本体側に開口部を覆って接着される。
【0017】上記構成によると、プッシュプレート8のピンポイント・ナイフエッジ81と供給ガイドプレート7とにより、狭い筋目を形成して封筒Aの舌Bを折曲するきっかけをつけているため、以後の折曲工程が確実になる。また、封筒Aの移送方向に回転する折曲ローラ1により、封筒Aの舌Bを開口部側に引っ張るように移動させ、折曲ローラ1と、その端面に連続する副折曲ローラ2との角部により、封筒Aの舌Bを開口部側に押圧変形させ、上流側で下方に回転する補助折曲ローラ10の端面で舌Bを下方に引っ張るように移動させることによって、確実に折曲することができる。さらに、副折曲ローラ2,2,2B及び折り込みガイドプレート11により、舌Bが筋目で確実に折曲された後、圧接ローラ12で舌Bを封筒Aの本体に接着させるから、筋目で確実に折曲された舌Bを封筒Aの本体に接着させることになり、舌Bを綺麗に接着させることができ、接着後の封筒Aの外観を美しくすることができる。
【0018】なお、上記実施例においては、封筒Aを縦にして移送するものについてのみ述べているが、折曲ローラの回転軸を水平にするとともに、複数の折曲ローラ装置を水平方向に並設し、移送ベルトの位置を変化させることにより、封筒Aを横置き即ち寝かせた状態で移送するものに適用することができる。また、折曲ローラの回転軸を水平にするとともに、複数の折曲ローラ装置を垂直方向に並設することにより、封筒Aを垂直方向に移送させるものに適用することができる。
【0019】
【発明の効果】本発明は上述のとおり構成されているから、以下に述べるとおりの効果を奏する。封筒の移送方向に回転する折曲ローラにより、封筒の舌を開口部側に引っ張るように移動させ、折曲ローラと、その端面に連続する副折曲ローラとの角部により、封筒の舌を開口部側に押圧変形させ、上流側で下方に回転する補助折曲ローラの端面で舌を下方に引っ張るように移動させることによって、確実に折曲することができる。また、プッシュプレートのピンポイント・ナイフエッジと供給ガイドプレートとにより、狭い筋目を形成して封筒の舌を折曲するきっかけをつけているため、以後の折曲工程が確実になる。さらに、副折曲ローラ及び折り込みガイドプレートにより、舌が筋目で確実に折曲された後、圧接ローラで舌を封筒の本体に接着させるから、筋目で確実に折曲された舌を封筒の本体に接着させることになり、舌を綺麗に接着させることができ、接着後の封筒の外観を美しくすることができる。
【出願人】 【識別番号】392023669
【氏名又は名称】株式会社星光美装
【出願日】 平成8年(1996)2月13日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】久力 正一
【公開番号】 特開平9−216495
【公開日】 平成9年(1997)8月19日
【出願番号】 特願平8−48473