トップ :: B 処理操作 運輸 :: B43 筆記用または製図用の器具;机上付属具




【発明の名称】 封筒自動封緘装置
【発明者】 【氏名】工藤 憲一

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 ケース本体の内部には、封筒を自動的に封緘する自動封緘機構を内蔵しており、上記ケース本体に設けてある上記封筒の挿排口には、該封筒の挿入用ガイドと該封筒の排出用ガイドとが上下2段に設けてある封筒ガイドが設けてあり、上記封筒は上記挿入用ガイドを経て上記ケース内に挿入され、上記ケース内で封緘された該封筒は上記排出用ガイドを経て排出されることを特徴とする封筒自動封緘装置。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の技術分野】本発明は、封筒自動封緘装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】周知の通り、印刷物を媒体とする情報の伝達手段としてダイレクトメールや自宅配達便(宅配便)等の利用度が益々高くなってきている。このような情況下においては、封筒に情報としての印刷物を詰め、さらにこの封筒を封緘する作業が増大している。これに鑑み、最近では各種の封筒自動封緘装置が提案されている(例えば特開平7−25197号公報)。
【0003】これらの封筒自動封緘装置は、挿排口から封筒送り機構によってケース本体内に送り込まれた封筒のフラップを立ち曲げ、さらにこれを粘着テープまたは糊を用いて、封筒本体に貼り付ける自動封緘機構を備えている。これによって封緘された封筒は、封筒送り機構を逆転させることによって挿排口から排出するようにしてある。封緘するための封筒の挿排は、挿排口に装着したガイドを介して行われている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記したように、封筒の出し入れを挿排口に装着したガイドを介して行っており、ケース本体内に挿入された封筒は、この中で封緘されて再び挿排口を経てガイド上に戻るため、戻った封筒をガイド上から除去しない限り次の封筒を供給することができず、この時間が待ち時間となって封緘速度向上の限界となる問題がある。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記の問題を解決するために本発明の封筒自動封緘装置は、ガイドに挿入ガイドと排出ガイドとを上下2段に設け、挿入ガイドからケース本体内に挿入された封筒が、自動封緘された後に排出されるときには、排出ガイド上に排出可能とすることにより、封筒の排出中に次の封筒を供給可能とすることによって待ち時間を短縮可能にした。
【0006】
【発明の実施の形態】本発明は、封筒を自動的に封緘する自動封緘機構を内蔵している封筒自動封緘装置であり、ケース本体の封筒の挿排口に設けてある封筒ガイドに、封筒の挿入用ガイドと封筒の排出用ガイドとを上下2段に設けたものである。封筒は挿入用ガイドを経てケース内に挿入され、ケース内で封緘された該封筒は排出用ガイドを経て排出されるようにしてある。
【0007】
【実施例】図1は、本発明の一実施例を示している。ケース本体1の一側部に設けてある挿排口(スロット)1aに封筒ガイド2が装着してある。ケース本体1には、封筒を粘着テープや糊などによって自動的に封緘する自動封緘機構を内蔵しており(図示略)、この自動封緘機構はスイッチ3によって始動及び停止可能である。
【0008】上記した挿排口1aは、封筒を挿入したり排出したりするものであり、底辺が上記した封筒ガイド2の先端部底面を挿着可能になるように水平に形成してあり、上辺は封筒の先端が挿入容易となるように丸く形成してある。この挿排口1aに上記した封筒ガイド2の先端部を嵌め込んで、水平にセットすることによってケース内部に対して封筒を挿排可能にしてある。
【0009】封筒ガイド2は、両側の側板部2aによって封筒の挿入用ガイド2b及び排出用ガイド2cの両側を支持し、挿排口1aに嵌合したときに先端部がケース本体に安定的に装着可能に形成してある。封筒の挿入用ガイド2bと排出用ガイド2cとは、前者を上に位置させた上下2段に設けてある。挿入用ガイド2bは、先端部側を僅かに低くする傾斜面にして、封筒を挿排口1aに向けて移動容易にしてある。また、封筒の排出用ガイド2cは、側板部の底辺2dと平行かつ先端部側が側板部の先端からやや突出するように形成し、排出される封筒が排出用ガイド上に導かれるようにしてある。なお、封筒の挿入用ガイドの上面には、封緘すべき封筒の幅に対応して、拡縮する補助ガイド(図示略)が設けてあり、封筒の幅の変化に対応して常に封筒を真っ直ぐに挿入可能にしてある。
【0010】上記構成において、封筒の封緘をするときには、補助ガイドの幅を調整した後、スイッチ3をオンにする。次に、印刷物を詰めた封筒のフラップを有する側を前にして、挿入用ガイド2b上に載せてから、ケース本体1内に挿入すると、ケース本体1内に設けてある送りローラ(図示略)によって封筒を引き込まれる。ケース本体1内においては、自動封緘機構によってフラップを直角に折り曲げてから、フラップの外側に粘着テープの粘着面の幅の半分を押し当てて貼り付け、このテープを所定長に切断した後、さらにフラップ及びテープの粘着面を封筒の本体に押し付けて封緘する。
【0011】ケース本体1内で封緘された封筒は、上記した送りローラを逆転させることによって、挿排口1aからケース本体外へ排出される。封筒が排出されるときには、排出用ガイド2cの端部(図1左端部)に封筒の底辺側が出るように排出される。封筒が排出用ガイド2c上にあるときには、挿入用ガイド2bは空いているので次の封筒を挿入可能である。この結果、排出のための待ち時間が短縮されるので、封緘作業の能率が向上する。なお、本実施例では、自動封緘機構を粘着テープを用いて封緘するものを採用してあるが、これを糊を用いて封緘するようにしたものでもよい。また挿排口の形状その他の構成は図示したものに限らない。
【0012】
【発明の効果】本発明は、封筒の挿入用ガイドと排出用ガイドを上下2段に設けてある封筒ガイドを設けることにより、ケース本体内で封緘された封筒の排出中に挿入用ガイドから新たな封筒を挿入可能となるので、封緘作業の能率向上に寄与する。
【出願人】 【識別番号】396004981
【氏名又は名称】セイコープレシジョン株式会社
【出願日】 平成7年(1995)12月28日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】松田 和子
【公開番号】 特開平9−175093
【公開日】 平成9年(1997)7月8日
【出願番号】 特願平7−343637