トップ :: B 処理操作 運輸 :: B43 筆記用または製図用の器具;机上付属具




【発明の名称】 糊容器
【発明者】 【氏名】永井 雅彦

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 回転エアタイトにより密閉性を保持するネジ体と一体となるチューブ内において、上記ネジ体に貫通、螺合するスライダーに保持される棒状の糊を出没自在としてなるカートリッジ体と、このカートリッジ体を収容する筒体と、この筒体と一体となりカートリッジ体のネジ体を回転させる尾栓よりなる糊容器本体から構成され、カートリッジ体と糊容器本体とを、カートリッジ体を糊容器本体の筒体に沿って圧入した上で、カートリッジ体のネジ体内部に形成する抜け止め凹部と、糊容器本体の尾栓と一体に成形される抜け止め突起とを嵌合させると共に、ネジ体内周に設けるスプラインと尾栓先端外周に設けるスプラインとを噛合させることで、脱着可能に一体に結合させてなる糊容器。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、糊容器本体を構成する尾栓の回動によって、上記糊容器本体を構成する筒体内に収容する棒状の糊を出没自在とする糊容器の構造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、糊容器本体を構成する尾栓の回動によって、上記糊容器本体を構成する筒体内に収容する棒状の糊を出没自在とする糊容器の構造は、糊容器本体を構成する尾栓と一体に成形されるネジ体に対して、密閉性を保持しながらこの尾栓と一体となる筒体内において、棒状の糊を固持したスライダーを貫通、螺合させ、尾栓の回動によりネジ体を回転させることによって、このネジ体に貫通、螺合するスライダーを筒体内壁に配設したスリーブに沿って摺動させて、このスライダーと一体となった棒状の糊を、筒体より出没自在としてなるものが一般的である。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来の糊容器本体を構成する尾栓と一体に成形されるネジ体に対して、密閉性を保持しながらこの尾栓と一体となる筒体内において、棒状の糊を保持したスライダーを貫通、螺合させ、尾栓の回動によりネジ体を回転させることによって、このネジ体に貫通、螺合するスライダーを筒体内壁に配設したスリーブに沿って摺動させて、このスライダーと一体となった棒状の糊を、筒体より出没自在としてなる糊容器においては、糊容器自体が使い捨てであるため、糊容器本体を構成する筒体内の棒状の糊を使いきった時点で糊容器全体を廃棄せざるを得ないものであり、環境保護という観点からは著しい負担を強いるものである上、糊容器の製品のコストの面からは上昇につながってしまう欠点がある。
【0004】そのため、出没自在となる棒状の糊を使い切った時点で交換可能とするように、糊容器を、棒状の糊を出没自在に収容するカートリッジ体及び、このカートリッジ体を収容する筒体と、この筒体と一体となり尾栓の回動によってカートリッジ体内に収容される棒状の糊を出没させてなる糊容器本体とからなるものとするものが提案されているが、棒状の糊を収容するカートリッジ体と、カートリッジ体内に収容される棒状の糊を出没させてなる糊容器本体とを別体とするから、カートリッジ体内の棒状の糊を出没させるに当たって必要となる糊容器本体の尾栓の回動力の伝達のため、必然的に脱着構造が複雑になる上に、カートリッジ体内の棒状の糊の乾燥、固化を防止するために棒状の糊を収容するカートリッジ体内の密閉性をも確保しなければならず、カートリッジ体及び糊容器本体を含めた糊容器の部品点数が著しく多くなると共に、部品の精度及び組み付け作業の精度をも高くすることが要求されるので、カートリッジ体の交換を可能とし糊容器本体を繰り返して使用することで糊容器自体のコストを下げようとしても、結局は当初の糊容器自体に係るコストが上昇し充分なコスト低減が図れないという問題がある。
【0005】そこで、この発明は、上記従来のものの有する欠点を改善するものであり、簡単な構造により、棒状の糊を収容するカートリッジ体を糊容器を構成する糊容器本体から着脱自在とすると共に、カートリッジ体の交換においても糊容器内の密閉性を確実に確保することができるようにするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】そのために、糊容器を、回転エイタイトにより密閉性を保持するネジ体と一体となるチュ−ブ内において、上記ネジ体に貫通、螺合するスライダーに固持される棒状の糊を出没自在としてなるカートリッジ体と、このカートリッジ体を収容する筒体と、この筒体と一体となりカートリッジ体のネジ体を回転させる尾栓よりなる糊容器本体から構成し、カートリッジ体と糊容器本体とを、カートリッジ体を糊容器本体の筒体内にスリーブに沿って圧入した上で、カートリッジ体のネジ体内部に形成する抜け止め凹部と、糊容器本体の尾栓と一体に成形される抜け止め突起とを嵌合させると共に、ネジ体内周に設けるスプラインと尾栓先端外周に設けるスプラインとを噛合させることで、脱着可能に一体に結合させてなるものである。
【0007】
【発明の実施の形態】上記構成を具えるので、実施にあたり棒状の糊を収容するカートリッジ体を交換する時には、糊容器本体を構成する筒体内から、この筒体内に収容するカートリッジ筒に対して引張力を加えることにより、カートリッジ体のネジ体内周の抜け止め凹部と、糊容器本体の尾栓と一体に成形される抜け止め突起との嵌合が解離すると共に、更にネジ体内周に突設されるスプラインと尾栓に突設されるスプラインとの噛合が解消されるため、容易に糊容器本体の筒体内から取り出すことができると共に、新品のカートリッジ体を装着するに当たっては、交換のカートリッジ体を上記糊容器本体を構成する筒体内に圧入することで、カートリッジ体のネジ体内部に形成する抜け止め凹部と、糊容器本体の尾栓先端に一体に成形される抜け止め突起とが嵌合すると共に、更にネジ体内周に設けるスプラインと尾栓先端外周に設けるスプラインとが噛合するため容易に一体に連結することができる上、棒状の糊の出没に要する回転力を尾栓からネジ体に確実に伝達でき、更にその連結構造をなす部品点数を低減することができる。
【0008】更に、カートリッジ体を構成するチュ−ブ内をスライダーと共に出没自在となる棒状の糊は、その棒状の糊を収容するチュ−ブ先端にキャップを装着し、またその後部を上記スライダーが貫通、螺合するネジ体の基部に周設される回転エアタイトによるチュ−ブの底部内壁に対する密着によりカートリッジ体、特にカートリッジ体を構成するチュ−ブ内の密閉性を確実に確保し、かつ、密閉空間を小さくできるので空間内に充満する溶剤揮発分を少なく抑えられ、カートリッジ体を構成するチュ−ブ内の棒状の糊の乾燥、固化をも確実に防止することができるものである。
【0009】
【実施例】この発明を図に示す実施例により更に説明する。(1)は、この発明の実施例である糊容器であり、この糊容器(1)は、先端に脱着自在となる脱着エアタイト(9)を介してキャップ(8)を装着し、回転エアタイト(4)を介してチューブ(5)と一体となるネジ体(3)と、このチューブ(5)より棒状の糊(7)を出没自在としてなるように保持すると共に、ネジ体(3)の先端に形成されるネジ杆(18)に貫通、螺合するスライダー(6)からなるカートリッジ体(2)と、上記カートリッジ体(2)を収容する筒体(11)と、この筒体(11)と一体となり、上記カートリッジ(2)内に収容されるスライダー(6)によって固持される棒状の糊(7)を出没自在とするべく、スライダー(6)の貫通、螺合するカートリッジ体(2)のネジ杆(18)を回転させてなる尾栓(12)を具える糊容器本体(10)から構成されるものである。
【0010】そして、上記ネジ杆(18)に貫通、螺合するスライダー(6)において保持される棒状の糊(7)を出没自在に収容してなるカートリッジ体(2)と、このカートリッジ体(2)を収容する筒体(11)と、この筒体(11)と一体となりカートリッジ体(2)のネジ杆(18)を回転させてなる尾栓(12)からなる糊容器本体(10)とは、カートリッジ体(2)を糊容器本体(10)の筒体(11)内壁に沿って圧入した上で、カートリッジ体(2)のネジ体(3)の内周先端の抜け止め凹部(14)と、糊容器本体(10)の尾栓(12)外周先端に一体に成形される抜け止め突起(15)とを嵌合させると共に、上記ネジ体(3)の内周に突設されるスプライン(16)と糊容器本体(10)の尾栓(12)に突設されるスプライン(17)とを噛合させることで、尾栓(12)の回転力を上記噛合するスプライン(16)(17)を介してカートリッジ体(2)のネジ体(3)に伝達しつつ、相互に脱着可能となるように一体に結合させてなるものである。このとき、糊の繰出しにかかわる抵抗は、チューブ(5)内に設けられたスライダー回転止め突条(5a)とスライダー(6)の外面に設けられた回転止め溝(6a)が係合し、スライダー(6)の回転が制限され、棒状の糊(7)とスライダー(6)はネジ杆(18)に対して上下出没方向に移動するため、ネジ体(3)の段部(3a)とチュ−ブ底部(5′)の段部(5′a)で受ける。糊の収容にかかわる抵抗は同様にネジ体(3)の下部肩部(3b)とチュ−ブ底部(5′)の段部の底面(5′a)で受けるので、抜け止め凹部(14)と抜け止め突起(15)の嵌合は、強固にする必要はなく、キャップ(8)とチュ−ブ(5)の脱着とエアタイト嵌合より強ければ、キャップ(8)の着脱により外れることはない。
【0011】この発明の実施例である糊容器(1)は以上の構成を具えるので、糊容器(1)を構成するカートリッジ体(2)内に収容される棒状の糊(7)を使い果たし、上記棒状の糊(7)を収容していたカートリッジ体(2)を交換するに当たっては、糊容器本体(10)を構成する筒体(11)内に収容されている上記カートリッジ筒(2)を引出すことにより、このカートリッジ体(2)と糊容器本体(10)とを一体に結合しているカートリッジ体(2)のネジ体(3)内周の抜け止め凹部(14)と、糊容器本体(10)の尾栓(12)と一体に成形される抜け止め突起(15)との嵌合を解くと共に、上記ネジ体(3)の内部に形成されるスプライン(16)と、糊容器本体(10)の尾栓(12)先端外周に設けるスプライン(17)との噛合が解消されるため、容易に使用済みのカートリッジ体(2)を糊容器本体(10)の筒体(11)内から取り出すことができると共に、交換するカートリッジ体(2)を装着するに当たっては、交換するカートリッジ体(2)を上記糊容器本体(10)を構成する筒体(11)内に、その内壁に沿って圧入することで、この圧入するカートリッジ体(2)のネジ体(3)内部に形成する抜け止め凹部(14)と、糊容器本体(10)の尾栓(12)先端外周と一体に成形される抜け止め突起(15)とが嵌合すると共に、上記ネジ体(3)内周に突設されるスプライン(16)と、糊容器本体(10)の尾栓(12)に突設されるスプライン(17)とが噛合することとなるため、容易に糊容器本体(10)の尾栓(12)への回転力を上記噛合するスプライン(16)(17)との噛合を介してカートリッジ体(2)のネジ体(3)に伝達可能としつつ一体に連結することができ、またカートリッジ体(2)を交換可能とするように糊容器本体(10)に対して着脱自在とする連結構造をなす部品点数を著しく低減することができる。
【0012】更に、カートリッジ体(2)を構成するチューブ(5)内をスライダー(6)と共に出没自在となる棒状の糊(7)は、その棒状の糊(7)を収容するチューブ(5)の先端に脱着エアタイト(9)を介して本体装着時に本体のキャップとなるキャップ(8)を装着し、またその後部を上記スライダー(6)が貫通、螺合するネジ体(3)の基部(3’)に周設される回転エアタイト(4)によるチューブ(5)の底部(5’)の内壁に対する密着によりカートリッジ体(2)、特にカートリッジ体(2)を構成するチューブ(5)内の密閉性が確実に確保することができるので、カートリッジ体(2)を構成するチューブ(5)内において収容される棒状の糊(7)の乾燥、固化をも確実に防止することができるものである。
【0013】なお、カートリッジ体(2)のチューブ(5)内において、棒状の糊(7)と共にネジ体(3)のネジ杆(18)が貫通、螺合することで出没自在となるスライダー(6)は、糊容器本体(10)の尾栓(12)の回転力が、カートリッジ体(2)及び糊容器本体(10)の双方において突設されるスプライン(16)(17)の噛合によりネジ体(3)に対して伝達され、筒体(11)とカートリッジ体(2)はそれぞれ係合する。筒体(11)の底部内壁の溝(11a)とチュ−ブ(5′)の下部案内部(5′b)が噛合し、回り止めとなりネジ杆(18)が回転するので、このネジ杆(18)に貫通、螺合するスライダー(6)も同時にネジ体(3)と共に回転しようとするが、スライダー(6)とチューブ(5)とは外周に出没方向に沿って設けられる突条及びスリットとの係止により回転が規制されるため、尾栓(12)の回動に合わせてチューブ(5)内を進退自在となるものである。
【0014】
【発明の効果】以上のとおり、糊容器を、先端に装着するキャップと回転エアタイトにより棒状の糊を収容する内部の密閉性を保持するカートリッジ体と、このカートリッジ体に収容される棒状の糊を出没自在とする糊容器本体とを、カートリッジ体と糊容器本体とを、カートリッジ体を糊容器本体の筒体内にスリーブに沿って圧入した上で、カートリッジ体の抜け止め凹部と、糊容器本体の抜け止め突起とを嵌合させると共に、上記双方において突設されるスプラインを噛合させることで、糊容器本体の尾栓の回転力をカートリッジ体のネジ体に伝達しつつ脱着可能に一体に結合させるものとすることで、カートリッジ体と糊容器本体の構造を簡単なものとして部品点数の低減を図ることができると共に、カートリッジ体の脱着を簡易且つ確実に行うことができ、更に糊容器内部、特に棒状の糊を収容するカートリッジ体内部の密閉性を確実に確保することが可能となる優れた効果を有するものである。
【出願人】 【識別番号】000134589
【氏名又は名称】株式会社トンボ鉛筆
【出願日】 平成7年(1995)10月9日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】藤木 三幸
【公開番号】 特開平9−104198
【公開日】 平成9年(1997)4月22日
【出願番号】 特願平7−286350