トップ :: B 処理操作 運輸 :: B43 筆記用または製図用の器具;机上付属具




【発明の名称】 親子ピン
【発明者】 【氏名】島村 博夫

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 針(4)を設けた親ピン(1)の所要箇所に、斜めの差込穴(3)を設けて、別に設けた子ピン(2)の針(4)を差込穴(3)に挿入して壁面に差込み、複数の針が交差した状態にして、親ピン(1)を固定することを特徴とする、親子ピン。
【請求項2】 請求項1の親ピン(1)をハート形に、子ピン(2)を矢形に形成することを特徴とする請求項1記載の親子ピン。
【請求項3】 請求項1の親ピン(1)を逆燭台形に、子ピン(2)を球形に形成することを特徴とする請求項1記載の親子ピン。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、親ピンの所要箇所に斜めの差込穴を設け、別に設けた子ピンの針を、この差込穴に挿入して親ピンを固定し、石こうボード等のもろい壁面に張り付けた紙類の固定に使用する、親子ピンに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来のものは図4で示したように、壁面にベニヤ板等の木材が使用されていたため、紙類の張り付けには針一本の押しピン(5)が多く使用されていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】これは次のような欠点があった。
【0004】最近は壁面が石こうボード等の針がきかない、もろい材質が多くなったので、従来の押しピンでは自然にピン穴が大きくなって、抜け落ちることが多かった。
【0005】本発明は、従来の技術の有するこのような欠点を除くためになされたものであり、その目的とするところは、親ピンの所要箇所に斜めの差込穴を設け、別に設けた子ピンの針をこの差込穴に挿入して複数の針を交差状態にし、親ピンを固定すると同時に、穴の拡大を防止して抜け落ちないピンを提供することである。
【0006】
【課題を解決するための手段】針(4)を設けた親ピン(1)の所要箇所に、斜めの差込穴(3)を設ける。
【0007】前記とは別に、針(4)を設けた子ピン(2)を設ける。本発明は以上の構成よりなる、親子ピンである。
【0008】
【発明の実施の形態】石こうボード等のもろい壁面に紙類を張り付ける場合は、まず所要箇所に親ピン(1)を垂直に差込み、続いて親ピン(1)に設けられた斜めの差込穴(3)に子ピン(2)の針を挿入して壁面に差込み、複数の針を交差状態にして、親ピン(1)を固定する。
【0009】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づいて詳細に説明する。図1は、本発明の実施例斜視図であり、針(4)を設けた親ピン(1)の所要箇所に、斜めの差込穴(3)を設ける。
【0010】上記とは別に、針(4)を設けた子ピン(2)を設ける。
【0011】図2Aは、請求項2で説明したものの実施例平面図であり、親ピン(1)をハート形に、子ピン(2)を矢形に形成したものである。
【0012】図2Bは、請求項2で説明したもので、図2Aの側面図であり、構造は図2Aと同様である。
【0013】図3は、請求項3で説明したものの実施例側面図であり、親ピン(1)を逆燭台形に、子ピン(2)を球形に形成したものである。
【0014】図4は、従来のものの側面図であり、針一本の押しピン(5)が多く使用されていた。
【0015】本発明は以上のような構造で、これを使用するときは親ピン(1)の針(4)を壁面に差込み、続いて親ピン(1)に設けられた斜めの差込穴(3)に子ピン(2)の針(4)を挿入して壁面に差込み、複数の針を交差状態にして親ピン(1)を固定する。
【0016】
【発明の効果】本発明は、上述のとおり構成されているので、次に記載する効果をあげることができる。
【0017】垂直に差込まれた親ピンの針に、子ピンの針が斜めに挿入されて、複数の針が交差した状態になるので、親ピンを引き抜こうとしても子ピンの針の抵抗で抜けなくなり、もろい壁面でも親ピンがしっかり固定される。
【0018】本発明は、複数の針が交差した状態で固定されるので、従来のように使用中、自然にピン穴が大きくなって抜け落ちることがない。
【0019】本発明の親ピンをハート形に、子ピンを矢形に形成したものを使用した場合は、柔らかな美的感覚を与えると同時に、インテリアにもなる。
【0020】本発明の親ピンを逆燭台形に形成したものを使用した場合は、親ピンを掴みやすく実用的である。
【出願人】 【識別番号】595156193
【氏名又は名称】島村 博夫
【出願日】 平成7年(1995)9月28日
【代理人】
【公開番号】 特開平9−95097
【公開日】 平成9年(1997)4月8日
【出願番号】 特願平7−287794