トップ :: B 処理操作 運輸 :: B43 筆記用または製図用の器具;机上付属具




【発明の名称】 二本足画鋲
【発明者】 【氏名】石田 高朗

【目的】 掲示物の重さや振動、風や湿気のせいでズリ落る事があるのでズリ落ちないようにする。
【構成】 主足(1)と補助足(2)の鋼線は両端をとがらせ、図3の形状とし画鋲体(3)のプラスチックが主足と補助足を固定して二本足画鋲とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 画鋲の主足(1)の横に補助足(2)を増やし足長を短くしてプラスチックの画鋲体(3)と一体となった二本足画鋲。
【発明の詳細な説明】【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、家庭や職場において掲示物のズリ落ち防止に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来より、一本足で押す画鋲が一般に使用されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】一本足で押す画鋲は掲示物の重さや振動、風や湿気のせいでズリ落る事があるのでズリ落ちないように又一本足のため押す時グラつくので安定さすこと【0004】
【課題を解決するための手段】従来の一本足(主足)にもう一本短い足を増やすことで固定支持摩擦を倍加する。
【0005】
【作 用】画鋲体を押し始め、普通道理の力で主足が挿入され、後半補助足も加わって挿入し画鋲体は踏ん張り強く固定され、押しつけられた掲示物等はズリ落ちにくく支持される。画鋲を押し込んだとき二本足のため支持点が二カ所となりズリ落ちに対する抵抗が倍加する。
【0006】
【実施例】以下、図によって本発明の実施例を述べる。
イ)主足(1)と補助足(2)を構成する鋼線の両端を針のようにとがらせ、図3の形状とする。
ロ)画鋲体(3)のプラスチックが主足と補助足を固定する。
【0007】
【発明の効果】
イ)本発明は二本足のため画鋲体の形状が楕円形で転がり落ちることがない又持ちやすく押し安い。
ロ)方向性を感じさせる点で力が入りやすいことと動作判断が早い。
ハ)足がプラスチックに充分固定されているので抜け落ちる事はない。
【出願人】 【識別番号】595134685
【氏名又は名称】石田 高朗
【出願日】 平成7年(1995)8月17日
【代理人】
【公開番号】 特開平9−52496
【公開日】 平成9年(1997)2月25日
【出願番号】 特願平7−243549