トップ :: B 処理操作 運輸 :: B43 筆記用または製図用の器具;机上付属具




【発明の名称】 詰替え糊容器
【発明者】 【氏名】村越 恭夫

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 糊容器本体とカートリッジ体から構成され、この糊容器本体内壁にスパイラル溝を配設するとともに、上記カートリッジ体を、固形糊を固持するスライダーと、そのスライダーと一体となった尾栓より構成し、スライダーの外壁に設けられた係止突起を前記糊容器本体のスパイラル溝に摺動自在に嵌合させ、糊容器本体の周縁とカートリッジ体外周を密接することにより、糊容器本体とカートリッジ体の気密性を保持して一体に連結してなる詰替え糊容器。
【発明の詳細な説明】【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、糊容器本体あるいは尾栓の回動によって、上記糊容器本体内に収容されるカートリッジ体に固定された棒状の固形糊を糊容器本体より出没自在としてなる詰替え糊容器に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、糊容器本体を構成する筒体内に収容される棒状の糊を出没自在とする糊容器の構造は、糊容器本体を構成する尾栓と一体に成形されるネジ体に対して、気密性を保持しながらこの尾栓と一体となる筒体内において、棒状の糊を固持したスライダーを貫通、螺合させ、尾栓の回動によりネジ体を回転させることによって、このネジ体に貫通、螺合するスライダーを筒体内壁に配設した摺動溝に沿い摺動させて、このスライダーと一体となった棒状の糊を、筒体より出没自在としてなるものが一般的である。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来の糊容器本体を構成する尾栓と一体に成形されるネジ体に対して、気密性を保持しながらこの尾栓と一体となる筒体内において、棒状の糊を保持したスライダーを貫通、螺合させ、尾栓の回動によりネジ体を回転させることによって、棒状の糊を筒体より出没自在としてなる糊容器においては、糊容器自体が使い捨てであるため、糊容器本体を構成する筒体内の棒状の糊を使いきった時点で糊容器全体を廃棄することとなり、環境保護という観点からは問題がある上、糊容器の製造コストを上昇させるという欠点がある。
【0004】そのため、出没自在となる棒状の糊を使い切った時点で交換可能とするように、糊容器を、棒状の糊が出没自在に収容されるカートリッジ体及び、このカートリッジ体を収容する筒体と、この筒体と一体となり尾栓の回動によってカートリッジ体内に収容される棒状の糊を出没させてなる糊容器本体とからなるものとするものが提案されているが、棒状の糊を収容するカートリッジ体と、カートリッジ体内に収容される棒状の糊を出没させてなる糊容器本体とを別体とすることから、カートリッジ体内の棒状の糊を出没させるに当たって必要となる糊容器本体の尾栓の回動力の伝達機構のため、必然的に脱着構造が複雑になる上に、カートリッジ体内の棒状の糊の乾燥、固化を防止するために棒状の糊を収容するカートリッジ体内の気密性をも確保しなければならず、カートリッジ体及び糊容器本体を含めた糊容器全体の部品点数が著しく多くなると共に、部品の精度及び組み付け作業の精度をも高くすることが要求されるので、カートリッジ体の交換を可能とし糊容器本体を繰り返して使用することで糊容器自体のコストを下げようとしても、結局は当初の糊容器自体に係るコストが上昇し充分なコスト低減が図れないという問題がある。
【0005】そこで、この発明は、上記従来のものの有する欠点を改善するものであり、簡単な構造により、糊容器内の気密性を確保しつつ、棒状の糊を収容するカートリッジ体はもとより、それを含めた糊容器全体のコストを低減するものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】そのために、糊容器本体とカートリッジ体から構成され、この糊容器本体内壁にスパイラル溝を配設するとともに、上記カートリッジ体を、固形糊を固持するスライダーと、そのスライダーと一体となった尾栓より構成し、スライダーの外壁に設けられた係止突起を前記糊容器本体のスパイラル溝に摺動自在に嵌合させ、糊容器本体の周縁とカートリッジ体外周に密接することにより、糊容器本体とカートリッジ体を気密性を保持して一体に連結してなるものである。
【0007】
【発明の実施の形態】上記構成を具えるので、実施にあたり棒状の糊を収容するカートリッジ体を交換する時には、カートリッジ体を糊容器本体に対して突出する方向に回転させ、糊容器本体内壁面に設けられたスパイラル溝に嵌合するスライダーの外壁に設けられた係止突起を、そのスパイラル溝の最先部より離脱させることにより、容易に糊容器本体から取り出すことができ、又、新しいカートリッジ体を装着するに当たっては、そのカートリッジ体の糊部分を被覆する仮蓋を除いた上、尾栓の基底部側より上記糊容器本体に挿入し、カートリッジ体を構成するスライダーの外壁に設けられた係止突起をスパイラル溝に嵌合させて、カートリッジ体を糊容器本体に対して収納される方向に回転すれば、その係止突起とスパイラル溝との嵌合により、糊容器本体とカートリッジ体とを容易に一体に連結することができ、更に、糊容器本体の周縁とカートリッジ体外周を密接した上、棒状の糊を糊容器本体に対して出没自在とするための起動部材となる尾栓がカートリッジ体自体と一体となっているために、糊容器の開口部を気密に覆うキャップとともに糊容器自体の気密性を確保した上、カートリッジ体自体更には糊容器全体の部品点数を低減することができる。
【0008】
【実施例】この発明を図に示す実施例により更に説明する。(1)は、この発明の実施例である糊容器であり、この糊容器(1)は、先端に脱着自在且つ、嵌着時にはエアータイトとなるキャップ(2)を配した糊容器本体(3)と、カートリッジ体(4)とからなり、糊容器本体(3)は中空の円筒形状であって、その内壁面にはスパイラル溝(5)が刻設されている。そしてこのスパイラル溝(5)の先端は糊容器本体(3)の先端部端縁と接し、一方、その基底部は糊容器本体(3)の基底部端縁に対して略余裕を有し、糊容器本体(3)の基底部端縁には内側へ突出するスカート部(6)が設けられて、カートリッジ体(4)が糊容器本体(3)内に挿入された際に、棒状の糊(7)をエアータイトとなるようにカートリッジ体(4)外周とスカート部(6)は密接して気密性を保持する。又、カートリッジ体(4)は前記棒状の糊(7)とそれを支持するスライダー(8)と尾栓(9)よりなり、スライダー(8)の内壁面には棒状の糊(7)を支持固定する上下二段の固定突起(10)が設けられるとともに、外壁面には、前記スパイラル溝(5)と嵌合する係止突起(11)が複数個設けられ、尾栓(9)は糊容器本体(3)の全長よりも長く、且つ、回動させるに際しての滑り止め用の縦溝(12)が設けられている。
【0009】この発明の実施例である糊容器(1)は以上の構成を具えるので、使用時以外は糊容器本体(3)内に棒状の糊(7)を収納した上、キャップ(2)を嵌着すると、キャップ(2)とスカート部(6)とにより、棒状の糊(7)は糊容器本体(3)内において密閉され、糊(7)の固化や粘着性の喪失を防止することができる。一方、棒状の糊(7)の使用に際しては、糊容器本体(3)の後端部側に突出する尾栓(9)を回動させて、スライダー(8)の外壁に設けられた係止突起(11)をスパイラル溝(5)に沿って摺動させてスライダー(8)を糊容器本体(3)内において前進せしめ、棒状の糊(7)を糊容器本体(3)先端縁より適宜の長さ突出せしめて使用する。そして、使用が終了すれば、尾栓(9)を逆方向に回動させて、係止突起(11)をスパイラル溝(5)に沿って摺動させてスライダー(8)を糊容器本体(3)内において後退させ、棒状の糊(7)が糊容器本体(3)内に完全に収納された時点で尾栓(9)の回動を止め、糊容器本体(3)にキャップ(2)を嵌着すれば、前記使用時以外の状態に復帰する。その際、尾栓(9)を不必要に多数回回動させても、スパイラル溝(5)の基底部側は、糊容器本体(3)の基底部端縁に対して余裕を有しているため、尾栓(9)の回動が不能となるだけで、係止突起(11)とスパイラル溝(5)との嵌合が離脱することはない。又、棒状の糊(7)の使用に従って、糊(7)の残量がスライダー(8)の高さと等しくなると、スライダー(8)を糊容器本体(3)に対して最大限に前進させても、棒状の糊(7)は糊容器本体(3)の先端端縁より突出せず、糊容器(1)としての使用が不可能となるため、カートリッジ体(4)の交換が必要となるが、その際、尾栓(9)を回動させて、スライダー(8)の外壁に設けられた係止突起(11)とスパイラル溝(5)との嵌合が離脱するまでスライダー(8)を糊容器本体(3)内を前進させ、カートリッジ体(4)を糊容器本体(3)の先端端縁より分離し、新しいカートリッジ体(4)を、その尾栓(9)側を糊容器本体(3)の先端端縁より挿入し、その係止突起(11)とスパイラル溝(5)とを嵌合させて、尾栓(9)を回動させてスライダー(8)を糊容器本体(3)内において後退させて、棒状の糊(7)を糊容器本体(3)内に収納することにより行う。
【0010】
【発明の効果】以上のとおり、糊容器をキャップと糊容器本体とカートリッジ体とに分割し、しかもカートリッジ体自体に棒状の糊の出没機構の起動部材となる尾栓を一体としてなるため、全体の構造が簡単となって使用する部材が減少し、しかも交換可能なカートリッジ体自体の部材点数も減少するため、より一層のコストの低減を図ることができ、更に、スライダー外壁面と糊容器本体内壁面との摺接だけでなく、糊容器本体の基底部に設けられたスカート部により、より気密性を向上させることができるという優れた効果を有するものである。
【出願人】 【識別番号】000134589
【氏名又は名称】株式会社トンボ鉛筆
【出願日】 平成7年(1995)8月9日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】藤木 三幸
【公開番号】 特開平9−48199
【公開日】 平成9年(1997)2月18日
【出願番号】 特願平7−222766