トップ :: B 処理操作 運輸 :: B43 筆記用または製図用の器具;机上付属具




【発明の名称】 固形のり容器
【発明者】 【氏名】井村 秀幸

【目的】 簡単な構造により、簡易且つ確実に棒状の固形のりを収容する中替ケースを交換自在にしてなるものである。
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 内底部より回転ノブと一体に連結する角柱状の回転シャフトを突設する固形のり容器本体と、この固形のり容器本体に対して着脱自在に弾性を持って保持され、その内部において棒状の固形のりをスライダーによって固持してなる中替ケースとから構成されると共に、上記中替ケースにおいて、固形のり容器本体の内底部より突設する回転シャフトにより固持する棒状の固形のりと一体に回転自在となるように挿通、固定されるスライダーの外周に螺旋突条を配設した上、このスライダーの外周に配設する螺旋突条と、中替ケースの内壁面に周設する螺旋溝とを一体に噛合させてなる固形のり容器。
【発明の詳細な説明】【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、のり容器本体を構成する回転ノブの回動によって、上記のり容器本体内の中替ケース(カートリッジ体)内に収容する棒状の固形のりを出没自在としてなるのり容器の構造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、のり容器本体の回動によって、上記のり容器本体内に収容する棒状の固形のりを出没自在としてなるのり容器の構造としては、のり容器本体を構成する尾栓と一体に成形されるネジ棒に対して、密閉性を保持しつつこの尾栓と一体となる筒体内において、棒状の固形のりを固持したスライダーを貫通、螺合させることで、尾栓の回動によりネジ体を回転させることにより、この回転するネジ体に貫通、螺合し、筒体内壁に配設した誘導溝に遊嵌するスライダーを上記誘導溝に沿って進退させるものとして、この結果スライダーと一体となった棒状の固形のりを、筒体より出没自在としてなるものが一般的である。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来ののり容器は、のり容器本体を構成する尾栓と一体に成形されるネジ棒に対して、密閉性を保持しつつ尾栓と一体となる筒体内において、棒状の固形のりを固持したスライダーを貫通、螺合させた上で、尾栓の回動でネジ体を回転させることにより、このネジ体に対して貫通、螺合されるスライダーを筒体内壁に配設した誘導溝に沿って進退させるものとして、このスライダーと一体となった棒状の固形のりを、筒体より出没自在としてなるものであるので、棒状の固形のりの出没構造も含めてのり容器の構造としては非常に簡単であるが、のり容器本体を構成する筒体内の棒状の固形のりを使いきった時点においては、のり容器本体内に収容される棒状の固形のりを交換することができず、のり容器全体を廃棄せざるを得ないものであり、使用者にとってコスト的に負担を強いられることとなり、また省資源、廃棄等の環境保護という観点に反する大きな問題点がある。
【0004】そのため、出没自在となる棒状の固形のりを使い切った時点で交換可能とするように、のり容器を、棒状の固形のりを出没自在とするネジ棒を含めた出没機構を内装するのり容器本体と、こののり容器本体に内装される出没機構により、その内部においてネジ棒に一体に連結されるスライダーに固持された棒状の糊体を出没自在に収容するカートリッジ体とから分割、構成するものが提案されているが、出没機構を内装するのり容器本体と、棒状の固形のりを収容するカートリッジ体とを分割、構成することによって、通常棒状の固形のりを収容するのり容器内においての気密性が維持し難くなるため、この交換可能とすることにより生じるのり容器内の気密性の低下を防止するため、のり容器本体及び交換自在となるカートリッジ体の構造が著しく複雑になると共に、そののり容器本体及びカートリッジ体の複雑化のため、それらを構成する部品点数が多くなり、交換するカートリッジ体をも含めてのり容器自体のコストが著しく上昇するという欠点がある。
【0005】そこで、この発明は、上記従来のものの有する欠点を改善するものであり、簡単な構造により、のり容器本体内での棒状の固形のりの乾燥、固化を防止して気密性を維持しながら、棒状の固形のりを収容する中替ケース(カートリッジ体)の脱着交換を簡易且つ確実に行えるようにするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】そのために、固形のり容器を、内底部より回転ノブと一体に連結する角柱状の回転シャフトを突設する固形のり容器本体と、この固形のり容器本体に対して着脱自在に弾性を持って保持され、その内部において棒状の固形のりをスライダーによって固持してなる中替ケースとから構成されると共に、上記中替ケースにおいて、固形のり容器本体の内底部より突設する回転シャフトにより固持する棒状の固形のりと共に一体に回転自在となるように挿通、固定されるスライダーの外周に螺旋突条を配設した上、このスライダーの外周に配設する螺旋突条と、中替ケースの内壁面に周設する螺旋溝とを一体に噛合させてなるものである。
【0007】
【作用】上記構成を具えるので、実施にあたり中替ケース内の棒状の固形のりを使い果たし、新しい中替ケースに交換する場合は、使用済みの中替ケースを挟持して引出すことによって、中替ケースを固形のり容器本体内に固持する固形のり容器本体内壁の回転止め溝に穿設される係止穴に対する中替ケースの外周面に突設されるストップノブの弾性による係合が解かれることとなるので、使用済みの中替ケースは固形のり容器本体内より容易に引き抜くことが可能となり、また新たな中替ケースをのり容器本体内に装着しようとする場合には、新品の中替ケースを、その外周面に突設するストップノブを固形のり容器本体内壁面に配設される回転止め溝に合わせつつ、この回転止め溝に沿って圧入することにより、ストップノブと係止穴とが係合するため中替ケースは固形のり容器本体内に確実に固定されるものとなるので、部品点数を低減して簡単な構造により、中替ケースの交換を簡易且つ確実に行うことができ、また中替ケース内では固形のり容器本体の内底部に突設される角柱状の回転シャフトがスライダー及びこのスライダーに固持される棒状の固形のりに貫通、保持するので、スライダーの外周に螺旋溝を配設した上、このスライダーの外周に配設する螺旋突条と、中替ケースの内壁面に周設する螺旋溝とを一体にする噛合を介して、回転シャフトの回転によりスライダーは進退自在となり、中替ケース内に収容される棒状の固形のりは出没自在となるものである。
【0008】更に、中替ケース内の気密性についても、中替ケースの先端に装着するキャップにより、また中替ケース内を進退するスライダーの外周に配設する螺旋突条とその内壁面の周設する螺旋溝との噛合によりあるいは必要に応じて固形のり外周に上記スライダーと同様の螺旋突条を形成して上記螺旋溝との噛合により十分に確保できるものとなるので、中替ケース内においてスライダーに固持される棒状の固形のりの乾燥、固化を確実に防止できるものである。
【0009】
【実施例】この発明を図に示す実施例により更に説明する。(1)は、この発明の実施例である固形のり容器であり、この固形のり容器(1)は、内底部(4)より回転ノブ(3)と一体に連結する角柱状の回転シャフト(5)を本体内部に突設する固形のり容器本体(2)と、この固形のり容器本体(2)に対して、この固形のり容器本体の内壁面(6)において内底部に向かって溝設される回転止め溝(7)に穿設される係止穴(8)に、その外周面(12)に突設するストップノブ(13)を嵌合させることで着脱自在に弾性を持って保持され、その内部において棒状の固形のり(10)をスライダー(11)によって進退自在となるように固持してなる中替ケース(9)とから構成されるものである。
【0010】そして、この固形のり容器(1)を固形のり容器本体(2)と共に構成する中替ケース(9)において、固形のり容器本体(2)の内底部(4)より突設する角柱状の回転シャフト(5)により固持する棒状の固形のり(10)と共に一体に回転自在となるように挿通、固定されるスライダー(11)の外周に螺旋突条(14)を配設した上、このスライダー(11)の外周面に配設する螺旋突条(14)と、中替ケース(9)の内壁面(15)に周設する螺旋溝(16)とを一体に噛合させてなるものである。
【0011】この発明の実施例である固形のり容器(1)は以上の構成を具えるので、この固形のり容器(1)を使用する場合には、固形のり容器本体(2)の底部に配置する回転ノブ(3)を回転させることにより、この回転ノブ(3)と一体に連結する角柱状のシャフト(5)が回転することとなるため、この角柱状のシャフト(5)に貫通、固定される棒状の固形のり(10)を固持するスライダー(11)も回転することとなり、またこのスライダー(11)自体も、その外周面に配設する螺旋突条(14)と中替ケース(9)の内壁面(15)に周設する螺旋溝(16)とを噛合させてなるため、中替ケース(9)と共に固形のり容器本体(2)の回転ノブ(3)の回転に合わせて回転するが、中替ケース(9)は固形のり容器本体(2)の内壁面(6)において内底部に向かって溝設される回転止め溝(7)に沿って圧入され、この回転止め溝(7)に穿設される係止穴(8)に、その外周面(12)に突設するストップノブ(13)を係合することで弾性を持って保持され、中替ケース(9)自体は回転が抑制されるものとなり、スライダー(11)のみが中替ケース(9)の内壁面(15)に周設する螺旋溝(16)に沿って進出、あるいは後退するものとなるから、このスライダー(11)に固持された棒状の固形のり(10)は、固形のり容器本体(2)内に保持される中替ケース(9)より出没自在となるものであり、使用者はのりの使用又は収納を自在に行えるものとなる。
【0012】また、中替ケース(9)内の棒状の固形のり(10)を使い果たし、新品の中替ケース(9)に交換しようとする場合は、使用済みの中替ケース(9)を挟持しつつ引き出すことによって、中替ケース(9)を固形のり容器本体(2)内に固持する固形のり容器本体(2)の内壁面(6)に配設する回転止め溝(7)に穿設される係止穴(8)に対する中替ケース(9)の外周面(12)に突設されるストップノブ(13)との係合が解かれることとなるので、使用済みの中替ケース(9)は固形のり容器本体(2)内より容易に引き抜くことが可能となり、更に使用済みの中替ケース(9)を抜き去った後に、新しい中替ケース(9)を、その外周面(12)に突設するストップノブ(13)を、この固形のり容器本体(2)の内壁面(6)に配設される回転止め溝(7)に合わせて、この回転止め溝(7)に沿って圧入することで、上記中替ケース(9)のストップノブ(13)と係止穴(8)とを係合させることにより、新しい中替ケース(9)は固形のり容器本体(2)内に確実に固定されものとなるので、固形のり容器(1)を構成する部品点数を低減して簡単な構造とすることにより、中替ケース(9)の交換を簡易且つ確実に行うことができる。
【0013】更に、中替ケース(9)内の気密性についても、中替ケース(9)の先端に装着するキャップ(17)により、また中替ケース(9)内を進退するスライダー(11)の外周面(12)に配設する螺旋突条(14)と、中替ケース(9)の内壁面(15)の周設する螺旋溝(16)が必要に応じて固形のり(10)周面に形成する同様の螺旋溝との噛合により十分に確保できるものとなるので、中替ケース(9)内においてスライダー(11)に固持される棒状の固形のり(12)の乾燥、固化を確実に防止できるものである。
【0014】
【発明の効果】以上のとおり、固形のり容器を、内部に棒状の固形のりをスライダーによって進退自在に固持する中替ケースと、この中替ケースを収容し、この中替ケース内において棒状の固形のりを固持するスライダーを進退自在とする固形のり容器本体とから分割構成することで簡単な構造とし、部品点数を減らしてコストの低減を図りつつ、気密性を確保して、棒状の固形のりを固持する中替ケースの着脱交換を簡易且つ確実に行えるようにすることができる優れた効果を有するものである。
【出願人】 【識別番号】000134589
【氏名又は名称】株式会社トンボ鉛筆
【出願日】 平成7年(1995)8月9日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】藤木 三幸
【公開番号】 特開平9−48198
【公開日】 平成9年(1997)2月18日
【出願番号】 特願平7−222765