トップ :: B 処理操作 運輸 :: B43 筆記用または製図用の器具;机上付属具




【発明の名称】 固形糊容器
【発明者】 【氏名】松丸 涼治

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 糊容器本体、カートリッジ体と糊容器本体に密嵌するキャップから構成され、上記カートリッジ体は、底部の内壁面にスプラインを周設するネジ杆と下部において一体となるカートリッジスリーブを具え、上記ネジ杆に対して貫通、螺合するスライダーにより、このスライダーに底部を保持される棒状の固形糊をカートリッジスリーブ内にスライダーを介して出没自在とした上、糊容器本体内壁に配設する突条縁を、カートリッジ体外壁においてこの突条縁に対向する位置に配設する凹陥縁に係止すると共に、上記カートリッジ体のネジ杆底部外周に環状気密部を形成して、カートリッジスリーブ下端内壁に密接した上、上記ネジ杆底部内壁面に周設するスプラインと、糊容器本体の内底部に突設される突起体のスプラインとを嵌合させて、互いに一体に連結してなる固形糊容器。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、糊容器本体の回動によって、上記糊容器本体内のカートリッジ体に収容する棒状の固形糊を出没自在としてなる糊容器の構造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、糊容器本体の回動によって、上記糊容器本体内に収容する棒状の糊を出没自在としてなる糊容器の構造としては、糊容器本体を構成する尾栓と一体に成形されるネジ杆に対して、密閉性を保持しつつこの尾栓と一体となる筒体内において、棒状の糊を固持したスライダーを貫通、螺合させることにより、尾栓の回動によりネジ杆を回転させることによって、この回転するネジ杆に貫通、螺合し、筒体内壁に配設した誘導溝に遊嵌するスライダーを上記誘導溝に沿って進退させるものとして、このスライダーと一体となった棒状の糊を、筒体より出没自在としてなるものが一般的である。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来の糊容器は、糊容器本体を構成する尾栓と一体に成形されるネジ杆に貫通、螺合するスライダーを筒体内壁に配設した誘導溝に沿って進退させて、このスライダーに保持される棒状の糊を、筒体より出没自在としてなるので、糊の出没構造も含めて糊容器の構造としては非常に簡単であるが、糊容器本体を構成する筒体内の棒状の糊を使いきった時点においては、糊容器本体内に収容される棒状の糊を交換することができず、糊容器全体を廃棄せざるを得ないものであり、使用者にとってはコスト的に負担を強いることとなり、また省資源、廃棄等の環境保護という観点からも問題がある。
【0004】そのため、出没自在となる棒状の糊を使い切った時点で交換可能とするように、糊容器を、棒状の糊を出没自在とするネジ杆を含めた出没機構を内装する糊容器本体と、この糊容器本体に内装される出没機構により、その内部においてネジ杆に一体に連結されるスライダーに固持された棒状の糊を出没自在に収容するカートリッジ体から分割、構成するものが提案されているが、出没機構を内装する糊容器本体と、棒状の糊を収容するカートリッジ体とを分割、構成することによって、通常棒状の糊を収容する糊容器内においての気密性が維持し難くなるため、この交換可能とすることにより生じる糊容器内の気密性の低下を防止する必要があるので、糊容器本体及びカートリッジ体の構造が複雑になると共に、その糊容器本体及びカートリッジ体を構成する部品点数が多くなり、交換するカートリッジ体をも含めて糊容器自体のコストが著しく上昇するという欠点がある。
【0005】そこで、この発明は、上記従来のものの有する欠点を改善するものであり、簡単な構造により、糊容器本体内に収容されるカートリッジ体の脱着交換を簡易且つ確実に行えるようにするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】そのために、固形糊容器を糊容器本体、カートリッジ体と糊容器本体に密嵌するキャップから構成し、上記カートリッジ体は底部の内壁面にスプラインを周設するネジ杆と下部において一体となるカートリッジスリーブを具え、上記ネジ杆に対して貫通、螺合するスライダーにより、このスライダーに底部を保持される棒状の固形糊をカートリッジスリーブ内にスライダーを介して出没自在とした上、糊容器本体内壁に配設する突条縁を、カートリッジ体外壁においてこの突条縁に対向する位置に配設する凹陥縁に係止すると共に、上記カートリッジ体のネジ杆底部外周に環状気密部を形成して、カートリッジスリーブ下端内壁に密接した上、上記ネジ杆底部内壁面に周設するスプラインと、糊容器本体の内底部に突設される突起体のスプラインとを嵌合させて互いに一体に連結してなるものである。
【0007】
【発明の実施の形態】上記構成を具えるので、実施にあたりカートリッジ体内の棒状の固形糊を使い果たした後に、新しいカートリッジ体に交換する場合は、使用済みのカートリッジ体をカートリッジスリーブとともに引出して、糊容器本体内壁に配設する突条縁と、カートリッジ体外壁においてこの突条縁に対向する位置に配設する凹陥縁との係止と上記カートリッジ体のネジ杆内底部に周設するスプラインと、糊容器本体の内底部において突設される突起体のスプラインとの嵌合が解消し、使用済みのカートリッジ体を容易に糊容器本体から引き抜くことができ、新たなカートリッジ体を糊容器本体内に圧入することにより、上述した糊容器本体内壁に配設する突条縁と、カートリッジ体外壁においてこの突条縁に対向する位置に配設する凹陥縁とを再び係止すると共に、上記カートリッジ体のネジ杆内底部に周設するスプラインと、糊容器本体の内底部において突設される突起体のスプラインとが嵌合することとなり、カートリッジ体と糊容器本体とは、カートリッジ体内の棒状の固形糊を出没自在とするように互いにスプラインの嵌合を介して一体に連結するものとなり、しかも、ネジ杆底部外周に形成する環状気密部はカートリッジスリーブ下端内壁に密接して気密を確保するから、新しいカートリッジ体への交換を簡易且つ確実にすることができる。
【0008】更に、棒状の固形糊を収容するカートリッジ体と糊容器本体との連結は、糊容器本体内壁に配設する突条縁と、カートリッジ体外壁においてこの突条縁に対向する位置に配設する凹陥縁に係止すると共に、上記カートリッジ体のネジ杆内底部に周設するスプラインと、糊容器本体の内底部において突設される突起体のスプラインとの嵌合により確保されるものであるから、糊容器本体の回動を、棒状の固形糊を出没自在に固持するスライダーが貫通、螺合するネジ杆に対して伝達する構造も簡単なものとなり、その結果、必要とする部品点数をも低減させることができるものである。
【0009】
【実施例】この発明を図に示す実施例により更に説明する。(1)は、この発明の実施例である固形糊容器であり、この固形糊容器(1)は、先端開口部(6)にキャップ(7)を気密性を保持するように装着自在とすると共に、その内底部(3)において外周にスプライン(5)を有する突起体(4)を突設する糊容器本体(2)と、その底部(10)内壁面にスプライン(11)を周設するネジ杆(12)に対して、カートリッジスリーブ(13)を一体に組み付けると共に、このカートリッジスリーブ(13)内に棒状の固形糊(15)を出没自在に保持するスライダー(14)を貫通、螺合させてなるカートリッジ体(9)から構成されるものである。
【0010】そして、上記糊容器本体(2)とカートリッジ体(9)とは、糊容器本体(2)内壁に配設する突条縁(8)を、カートリッジ体(9)外壁においてこの突条縁(8)に対向する位置に配設する凹陥縁(16)に係止すると共に、上記カートリッジ体(9)のネジ杆(12)の底部(10)の外周に形成される環状気密部(18)は上記カートリッジスリーブ(13)の下端内壁(17)に密接して気密部を構成し、更に底部(10)内壁に周設するスプライン(11)と、糊容器本体(2)の内底部(3)において突設される突起体(4)のスプライン(5)とを嵌合させることで、互いに一体に連結してなるものである。
【0011】この発明の実施例である固形糊容器(1)は以上の構成を具えるので、この固形糊容器(1)を構成するカートリッジ体(9)内に収容される棒状の固形糊(15)を使い果たしたため、上記使用済みのカートリッジ体(9)を交換するに当たっては、使用済みのカートリッジ体(9)を構成するカートリッジスリーブ(13)を引出すことにより、糊容器本体(2)内壁に配設する突条縁(8)と、上記カートリッジ体(9)外壁においてこの突条縁(8)に対向する位置に配設する凹陥縁(16)との係止、上記カートリッジ体(9)を構成するネジ杆(12)の底部(10)内壁面に周設するスプライン(11)と、糊容器本体(2)の内底部(3)において突設される突起体(4)のスプライン(5)との嵌合が解消されることとなり、使用済みのカートリッジ体(9)を容易に糊容器本体(2)内から引き抜くことができ、更に新たなカートリッジ体(9)をこのカートリッジ体(9)に被嵌されるキャップを除いた上、糊容器本体(2)内に圧入することで、上述した糊容器本体(2)内壁に配設する突条縁(8)と、カートリッジ体(9)外壁においてこの突条縁(8)に対向する位置に配設する凹陥縁(16)とが再び係止すると共に、上記カートリッジ体(9)を構成するネジ杆(12)の内底部(10)に周設するスプライン(11)と、糊容器本体(2)の内底部(3)において突設される突起体(4)のスプライン(5)と嵌合するので、カートリッジ体(9)と糊容器本体(2)とは、カートリッジ体(9)内の棒状の固形糊(15)をスライダー(14)によってカートリッジスリーブ(13)より出没自在とするように互いにスプライン(11)(5)の嵌合を介して一体に連結するものとなり、カートリッジスリーブ(13)とネジ杆(12)とは環状気密部(18)と下端内壁(17)との密接により気密性が完全となることから、新しいカートリッジ体(9)への交換を簡易且つ確実にすることができる。
【0012】更に、棒状の固形糊(15)を出没自在とするために収容するカートリッジ体(9)と糊容器本体(2)との連結は、糊容器本体(2)内壁に配設する突条縁(8)と、カートリッジ体(9)外壁においてこの突条縁(8)に対向する位置に配設する凹陥縁(16)に係止すると共に、上記カートリッジ体(9)のネジ杆(12)の底部(10)に周設するスプライン(11)と、糊容器本体(2)の内底部(3)において突設される突起体(4)のスプライン(5)との嵌合、更にはネジ杆底部(10)の環状気密部(18)とカートリッジスリーブ(13)の下端内壁(17)との密接により気密性をも合わせて確保されるものであるから、キャップ(7)とともに固形糊(15)を密閉して収容でき、糊容器本体(2)の回動を、カートリッジ体(9)を構成するカートリッジスリーブ(13)内において棒状の固形糊(15)を出没自在に固持するスライダー(14)が貫通、螺合するネジ杆(12)に対して伝達する構造も簡単なものとなり、その結果必要とする部品点数をも低減させることができるものである。
【0013】
【発明の効果】以上のとおり、棒状の固形糊を収容するカートリッジ体と、糊容器本体とをカートリッジ体の凹陥縁と糊容器本体の突条縁との係止、及びカートリッジ体を構成するネジ杆内底部内に周設するスプラインと、糊容器本体内底部に突設する外周にスプラインを有する突起体との嵌合、更にはネジ杆の底部外周の環状気密部とカートリッジスリーブ下端の内壁の密接により一体に連結することで、カートリッジ体の交換を気密性を保持して簡易且つ確実に行うことができると共に、部品点数自体も低減できるのでコストの削減をも図ることができる優れた効果を有するものである。
【出願人】 【識別番号】000134589
【氏名又は名称】株式会社トンボ鉛筆
【出願日】 平成7年(1995)8月9日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】藤木 三幸
【公開番号】 特開平9−48197
【公開日】 平成9年(1997)2月18日
【出願番号】 特願平7−222764