トップ :: B 処理操作 運輸 :: B43 筆記用または製図用の器具;机上付属具




【発明の名称】 画鋲頭部の上面にシールまたは磁石を付けた画鋲
【発明者】 【氏名】斎田 和夫

【目的】 従来の画鋲を使用すると、壁等に張ろうとする対象物に穴があいてしまう。また、壁等に張ろうとする対象物の表に画鋲頭部が出てしまうので、対象物の表に絵柄等が描かれていると、それを見るのを妨げてしまう。また、壁等に張ろうとする対象物が、金属製パネル等のようにピンを刺すことができないものの場合、従来の画鋲では、壁等に張ることができない。本発明は、以上のことを効果的に解決するのが目的である。
【構成】 画鋲頭部(1)の上面にシールまたは磁石(2)を付けて、壁等に張ろうとする対象物に張りつくようにすることで、目的を効果的に達成した。
【特許請求の範囲】
【請求項1】指で押しつける部分である画鋲頭部の上面に、シールを付けて、壁等に張ろうとする対象物が、画鋲の上に貼りつくようにした画鋲。
【請求項2】画鋲頭部の上面に磁石を付けることによって、金属製パネル等や、裏面にシール等で鉄板等を貼りつけた紙等の、壁等に張ろうとする対象物を、画鋲の上に磁石の磁力によって張りつくようにした画鋲。
【発明の詳細な説明】【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、画鋲頭部の上面にシールまたは磁石を付けた画鋲に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、画鋲は、単に画鋲頭部(1)とピン(3)のみで構成されていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来の画鋲を使用すると、壁等に張ろうとする対象物に穴があいてしまう。また、壁等に張ろうとする対象物の表に画鋲頭部が出てしまうので、対象物の表に絵柄等が描かれていると、それを見るのを妨げてしまう。また、壁等に張ろうとする対象物が、金属製パネル等のようにピンを刺すことができないものの場合、従来の画鋲では、壁等に張ることができない。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は、画鋲頭部(1)の上面にシールまたは磁石(2)を付け、課題を解決した。
【0005】
【作用】本発明は、以上のような構成であるので、図2のように画鋲頭部の上面にシール(5)を付けた場合には、画鋲頭部(1)を、壁等に張ろうとする対象物(4)の裏面にしっかりと接着させて固定させることができる。また、画鋲頭部の上面に磁石(6)を付けた場合には、金属製パネル等や、裏面にシール等で鉄板等を貼った紙等の、壁に張ろうとする対象物(4)を、画鋲の上に磁石の磁力によって張りつけて固定することができる。図3は、裏面にシール等で鉄板等を貼った対象物を、磁石を付けた本発明で、壁等に固定しているところを示している。この場合は、接着されてはいないので、対象物を何度でも取り外したり、再び固定したりすることができる。
【0006】
【実施例】本発明を実施するために、画鋲頭部(1)の上面の全体または一部分に、シールまたは磁石(2)を付けた。使用時には、壁に張ろうとする対象物(4)を画鋲頭部(1)に密着するように押しつけながら、ピン(3)を壁等(9)に刺すようにして使用する。また、本発明の画鋲を先に壁等(9)に刺した後、壁等に張ろうとする対象物(4)をシール(5)または磁石(6)に押しつけて固定する方法もある。画鋲頭部にシールを付けた画鋲の場合には、使用前にシール(5)が何かに接着しないように、滑らかな紙等を張りつけておき、使用時にめくりとるようにすると、使用に便利である。また、シールの粘着力を多少弱くして、剥がして再使用できるようにすると、経済的である。また、シールの粘着力を適度に弱くすると、壁等に張った対象物(4)に大きな力がかかっても、シールが剥がれて、対象物が引き破れて取れないようにする効果がある。本発明の画鋲は、壁等に張ろうとする対象物(4)の表に画鋲頭部(1)が出ないので、対象物の表の絵柄等を気にせずに、画鋲頭部を大きくすることができる。つまり、対象物の表の絵柄等を気にせずに、シールや磁石の面積を大きくできることによって、固定する力を自由に増すことができる。また、画鋲頭部の形は、固定する力をそこなわなければ、円形や長方形等、自由な形にすることができる。
【0007】
【発明の効果】本発明は、簡単な構造であるが、壁等に張ろうとする対象物(4)に穴もあかず、画鋲頭部で対象物の表の絵柄等を妨げることもない。また、金属製パネル等のピンを刺すことができない対象物も、壁等に固定することができる。また、従来対象物を張るために両面テープを使用していた状況において、壁等が荒れている等の理由で両面テープが貼れないか剥がれやすい場合でも、ピンが刺さる壁等であれば、本発明で対象物を効果的に固定することができる。なお、パネル等を固定する場合に、先に本発明の画鋲をパネル等に張りつけた状態にしたのち、壁等(9)にピン(3)を刺し固定することができ便利である。また、先に本発明の画鋲をすべて壁等(9)に刺した後、パネル等をシール(5)または磁石(6)に押しつけて固定する方法もとることができ、非常に便利である。
【出願人】 【識別番号】593099241
【氏名又は名称】齋田 和夫
【出願日】 平成7年(1995)7月4日
【代理人】
【公開番号】 特開平9−11697
【公開日】 平成9年(1997)1月14日
【出願番号】 特願平7−201268