トップ :: B 処理操作 運輸 :: B43 筆記用または製図用の器具;机上付属具




【発明の名称】 画鋲頭部の下面にシールを付けた画鋲
【発明者】 【氏名】斎田 和夫

【目的】 画鋲が壁等から抜けると、止めていた紙等からとれて落下し、紛失したり足の裏等に刺さったりする。また、止めていた紙等が引っ張られて、画鋲から紙等が引き破れてはずれてしまうことがある。本発明は、以上のことを効果的に防止するのが目的である。
【構成】 画鋲頭部(1)の下面にシール(2)を付けて、紙等(4)に張りつくようにすることで、目的を効果的に達成した。
【特許請求の範囲】
【請求項1】指で押しつける部分である画鋲頭部の下面に、シールを付けて、張りつくようにした画鋲
【発明の詳細な説明】【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、画鋲頭部の下面にシールを付けた画鋲に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、画鋲は単に画鋲頭部(1)とピン(3)のみで構成され、刺さっていた壁等(6)から抜けてしまうと、押さえていた紙等(4)からも抜け落ちて、失ってしまったり、その上、足の裏等に刺さる危険性があった。また紙等(5)に多少の力がかかるだけで、紙等(5)が画鋲から引き破れやすい欠点があった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、その欠点を除くためになされたもので、画鋲を紙等に接着させることを課題としている。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は、画鋲頭部(1)の下面にシール(2)を付け、紙等に接着させることで、課題を解決した。
【0005】
【作用】本発明は、以上のような構成であるので、画鋲をしっかりと紙等(4)に接着させて固定させることができる。
【0006】
【実施例】本発明を実施するために、画鋲頭部(1)の下面の全体または一部分にシール(2)を付けた。使用時には、紙等に画鋲頭部(1)を密着するように押しつけながら、ピン(3)を壁等に刺すようにして使用する。シール(2)は、使用前に付かないように、滑らかな紙等を張りつけておき、使用時にめくりとるようにすると、使用に便利である。また、シール(3)の粘着力をを多少弱くして、剥がして再使用できるようにすると、経済的である。画鋲頭部(1)のデザインは、丸型以外にも、立体的な動物の形であるとか、文字の形をしているとか、その他どのような形でもよい。その場合、止めようとする紙等(4)との接着により、どのような形の画鋲頭部(1)であっても、紙等(4)を効果的に固定することができる。
【0007】
【発明の効果】本発明は、簡単な構造であるが、紙等(4)から抜け落ちた場合、画鋲が紛失することを防止するほか、その後の画鋲のピンによる危険防止になる。また、紙等(5)が引き破れて取れないようにする効果がある。画鋲頭部(1)のデザインも、紙等(4)を固定する効果をそこなわずに、自由に考案することができるようになる。なお、高所等にポスター等を固定する場合にも、先に画鋲をポスター等に刺して、張りつけた状態にしたのち、壁等にピンを刺し固定することができ便利である。その上、紙等が引き破れにくくなるので、強風の屋外等での使用にも、非常に効果がある。
【出願人】 【識別番号】593099241
【氏名又は名称】齋田 和夫
【出願日】 平成7年(1995)6月26日
【代理人】
【公開番号】 特開平9−11696
【公開日】 平成9年(1997)1月14日
【出願番号】 特願平7−193981