トップ :: B 処理操作 運輸 :: B30 プレス




【発明の名称】 液圧プレス装置
【発明者】 【氏名】中川 政夫

【目的】 ワークを傾けずにプレスを傾け、加圧したい部位で加圧したい方向へ直接力を加えて加工を行なえる液庄プレス装置とする。
【構成】 ベース1上に垂直回動可能に取付けたアーム2の先端側にプレス3を垂直回動可能に取り付ける。ベース1とアーム2間及びアーム2とプレス3間をそれぞれ液圧シリンダー4、5で連結する。ベース移動装置6によりベース1をアーム2の長手方向に沿って移動可能とし、第1角度調整手段7でベース1とアーム2のなす角度を、第2角度調整手段8でアーム2とプレス3のなす角度を調整可能とする。ベース移動手段6及び第1及び第2の角度調整手段7、8によりプレス3の初期位置及び初期姿勢を制御し、液圧シリンダー4、5の伸縮でプレス3の回動状態を可変させる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 ベース上に垂直回動可能に取付けたアームの先端側に、プレスを垂直回動可能に取り付けるとともに、上記ベースと上記アーム間及び上記アームと上記プレス間をそれぞれ液圧シリンダーで連結し、これら液圧シリンダーにより上記アームと上記プレスをそれぞれ回動駆動して上記プレスの位置及び姿勢制御を可能としてなることを特徴とする液圧プレス装置。
【請求項2】 ベース上に垂直回動可能に取付けたアームの先端側にプレスを垂直回動可能に取り付けるとともに、上記ベースと上記アーム間及び該アームと上記プレス間をそれぞれ液圧シリンダーで連結して上記アームと上記プレスをそれぞれ回動駆動可能とし、かつ上記ベースを上記アームの長手方向に沿って移動させる手段と、初期状態において上記ベースと上記アームのなす角度を調整する第1角度調整手段と、初期状態において上記アームと上記プレスのなす角度を調整する第2角度調整手段とを備え、これら液圧シリンダー、移動手段及び第1及び第2の角度調整手段により上記プレスの位置及び姿勢制御を可能としてなることを特徴とする液圧プレス装置。
【請求項3】 上記アームと上記プレスの間の液圧シリンダーに代えてモーターや回転ハンドル等の回転装置を設けたことを特徴とする請求項1または2の液圧プレス装置。
【請求項4】 上記第2の角度調整手段に代えて、上記プレスが備える上型と下型の金型高さを調節するモーターや回転ハンドル等の回転装置を設けたことを特徴とする請求項2または3の液圧プレス装置。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、絞り加工等を行なう液圧プレス装置に関し、特に水平、垂直以外の方向でも加工が可能な液圧プレス装置に関する。
【0002】
【従来の技術及び発明が解決しようとする課題】水平、垂直以外の角度状態に傾けて加工を行なえる可傾プレスあるいは可傾式プレスと称されるプレスが従来より知られているが、構造的には可傾部分の支点の一方を固定し、他方を三日月形の穴の中を動かして傾け、ワークを自重で落として搬送を容易にするというだけのものであり、搬送装置の技術革新によりほとんど用いられなくなっていた。このためワークに斜めに穴を開ける加工が必要なときには、ワークを傾けてプレスにセットして加工していた。この場合、ワークのセットは手作業でのハンドリングとなっている。
【0003】また、自動化が進んだトランスファー装置等を有するプレスシステムにおいては、途中にアイドルステーションを設けてワークの回転を行なったり、金型の中にカムを搭載して垂直移動を水平移動に変換して斜め方向での加工を行なっている。ところが、近年のように多品種少量生産という製造形態が主流になってくると、金型中にカムを装備したり、アイドルステーションを設けたりすることが、金型費の上昇を招くためにコスト的に許されなくなってしまい、しかも手作業に戻ることもできず、このため多品種少量生産に適した新しいプレス加工技術を開発することが希求されるようになってきていた。
【0004】本発明はこのような点に鑑みてなしたもので、ワークを傾けずにプレスを傾け、簡単に金型を取り付けられるようにするとともに、加圧したいポイントで加圧したい方向へ直接力を加えて加工を行なえる液圧プレス装置を提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明のうち請求項1に係る液圧プレス装置は上記目的を達成するために、ベース上に垂直回動可能に取付けたアームの先端側に、プレスを垂直回動可能に取り付けるとともに、上記ベースと上記アーム間及び上記アームと上記プレス間をそれぞれ液圧シリンダーで連結し、これら液圧シリンダーにより上記アームと上記プレスをそれぞれ回動駆動して上記プレスの位置及び姿勢制御を可能としてなることを特徴とする。
【0006】また請求項2に係る液圧プレス装置は、ベース上に垂直回動可能に取付けたアームの先端側にプレスを垂直回動可能に取り付けるとともに、上記ベースと上記アーム間及び該アームと上記プレス間をそれぞれ液圧シリンダーで連結して上記アームと上記プレスをそれぞれ回動駆動可能とし、かつ上記ベースを上記アームの長手方向に沿って移動させる手段と、初期状態において上記ベースと上記アームのなす角度を調整する第1角度調整手段と、初期状態において上記アームと上記プレスのなす角度を調整する第2角度調整手段とを備え、これら液圧シリンダー、移動手段及び第1及び第2の角度調整手段により上記プレスの位置及び姿勢制御を可能としてなることを特徴とする。
【0007】さらに請求項3に係る液圧プレス装置は、上記アームと上記プレスの間の液圧シリンダーに代えてモーターや回転ハンドル等の回転装置を設けたことを特徴とする。
【0008】そして請求項4に係る液圧プレス装置は、上記第2の角度調整手段に代えて、上記プレスが備える上型と下型の金型高さを調節するモーターや回転ハンドル等の回転装置を設けたことを特徴とする。
【0009】
【発明の実施の形態】以下本発明に係る液圧プレス装置の実施の形態を図面を参照して説明する。図1は本発明の液圧プレス装置の一実施形態の加工位置での側面図、図2は図1の装置の位置決め調整の内容を示す説明図、図3は図1の装置の退避位置の側面図、図4は図1の装置の金型交換位置の側面図を示す。
【0010】本実施形態に係る装置は主に、ベース1、アーム2、プレス3、液圧シリンダー4、5及びベース移動装置6と、初期状態においてベース1とアーム2のなす角度を調整する第1角度調整手段7及びアーム2とプレス3のなす角度を調整する第2角度調整手段8から構成してあり、プレス3の垂直方向での傾きを種々調節してワーク9を傾けずに絞り加工等を行なうものである。
【0011】なお以下の説明においては、ベース1を地面上に垂直に設置した場合についてのみ述べるが、本発明はこのような例に限定されず、例えばベース1を地面に対して水平に設置する態様でも使用でき、本明細書において「水平」、「垂直」とは地面に対しての方向ではなく、ベース1の設置方向に対してのものである。
【0012】アーム2は、その基端をベース1の上部の支点10を中心に垂直回動可能に支持してあり、支点10での支持位置よりもさらに基端側の加圧点11に液圧シリンダー4のロッド端を連結してある。液圧シリンダー4は、ベース1に設けたブラケット12にハウジングを垂直方向で回動可能に取り付けてある。このため、液圧シリンダー4のロッドの伸縮に伴ってアーム2は回動し、アーム2の先端側に対しては、液圧シリンダー4のロッドを伸ばせば下降し、縮めれば上昇するという位置及び姿勢制御を行なえる。
【0013】プレス3は、その下端側をアーム2の先端側の支点13を中心に垂直回動可能に支持してあり、下端に設けたブラケット14の加圧点15に液圧シリンダー5のロッド端を連結してある。液圧シリンダー5は、アーム2の先端上部に設けた逆L字状のブラケット16にハウジングを垂直方向で回動可能に取り付けてある。このため、液圧シリンダー5のロッドの伸縮に伴ってプレス3は回動し、液圧シリンダー5のロッドを伸ばせばプレス3の上部側がアーム2の上方へ離れるように回動して立ち上がり、縮めればアーム2の長手方向に沿って水平となるように下降する。またプレス3は、内部にラム17とボルスタ−18を備え、これらの間に上型19と下型20を置き、回動角度を可変することによりワーク7の必要な箇所に必要な角度でプレス加工を行なえるようになっている。
【0014】ベース移動手段6及び第1及び第2の角度調整手段7、8は、ベース1、アーム2及びプレス3の初期位置及び初期姿勢を調整するものである。ベース移動装置6は、ハンドル21、台形ネジ22及びナット23からなり、ハンドル21を回転させて台形ネジ22とナット23の螺合度合を可変させ、これによってベース1の移動量aを決めるものである。また第1角度調整手段7は、ベース1の上部に設けたブラケット24にボルト25を取り付けて構成してあり、ボルト25の先端位置を調節してベース1とアーム2のなす角度θ1を決めるようになっている。さらに第2角度調整手段8は、ハンドル26、台形ネジ27及びナット28からなり、ハンドル26を回転させて台形ネジ27とナット28の螺合度合を可変させ、ナット28からの台形ネジ27の突出長を調節し、これによってアーム2とプレス3のなす角度θ2を決めるものである。
【0015】次に本実施形態に係る装置の動作を説明する。まず上述のベース移動装置6、第1角度調整手段7及び第2角度調整手段8による3個所の調整を図2に示すように行ない、これらの調整によりプレス加工に要求される加工位置x、yと角度zを決定する。そして、シリンダー4を伸ばし、シリンダー5を縮めて図1の加工位置を取り、プレス3がワーク9の被加工部位に対して図示のように最適の角度状態となる状態とする。
【0016】次に図3に示すようにシリンダー5もシリンダー4も縮めると、図1の状態からアーム2が上方へ回動し、ワーク9の搬送が容易なようにプレス3が退避した状態となる。さらに図4に示すようにシリンダー5もシリンダー4も伸ばすと、プレス3は垂直に起立した状態となり、上型19、下型20の交換が容易な状態になる。もちろん各位置、状態において、各種動作に必要な時間に渡って液圧シリンダー4、5でアーム2の基端とプレス3の下端に力を加え続けることにより、安定した状態を維持できる。
【0017】図5は本発明の液圧プレス装置の第2の実施形態の加工位置での側面図、図6は図5の装置の位置決め調整の内容を示す説明図、図7は図5の装置の退避位置の側面図、図8は図5の装置の金型交換位置の側面図を示す。なお以下の説明では先の実施形態と同一ないし類似の部分には同一の符号を付すに止め、重複する説明は省略する。
【0018】この実施形態は、ベース1に対するアーム2の角度を調整する第1の角度調整手段7に代えてアーム2が所定角度以上下方へ回動しないようにするエンドブロック31を備え、またプレス3は、アーム2に対してなす角度を調節するための液圧シリンダー5に代えてハンドル32と減速器33からなる回転機構を備え、さらに第2の角度調整手段8に代えて上型19の金型高さ調節手段34としてハンドル35、台形ネジ36、ナット37を備え、また下型20の金型高さ調節手段38としてハンドル39、台形ネジ40、ナット41を備えている。
【0019】即ちこの第2の実施形態では、ハンドル32の回転を減速器33を介して伝えてプレス3を支点13を中心に回転させ、図6の角度cを決定する。またハンドル34、39を回転させて台形ネジ36、40とナット37、41の螺合度合を可変させ、上型3と下型4の位置をそれぞれ調整して、金型高さb1、b2を決定する。また先の実施形態と同様にハンドル21を回転させて台形ネジ22とナット23の螺合度合を可変させ、これによってベース1の移動量aを決定する。そして、これら4個所の調整により、プレス3に要求される加工位置x、yと角度z及び上型3と下型4の同心度dを調整できる。本実施形態では、若干金型交換の容易さは先の実施形態よりも劣るが、金型高さb1、b2を調節可能として偏心荷重を避け、繰り返し精度を向上させることができる。
【0020】なお以上説明してきた2つの実施形態においては手動で操作するハンドルを用いているが、減速器付きモーターを用いるようにすることもできる。ただし、プレス3を金型交換位置に位置させるのは実際には頻度が少ないので、手動のハンドルでも面倒なことはない。
【0021】
【発明の効果】本発明に係る液圧プレス装置は以上説明してきたようなものなので、従来の金型をそのまま使用してワークを傾けたりせずに斜め方向での加工が行なえ、またプレスに合わせてワークの姿勢を決めていた従来と異なりワークに合わせてプレスを動かすためワークのハンドリングが容易になり、さらに従来のプレス装置と同様の位置関係にある時に金型交換ができるので交換が容易に行なえるという効果がある。
【0022】また本発明に係る液圧プレス装置は、金型内にカムを装備したりアイドルステーションを設けたりする必要がなく、しかも保守にあたっては消耗するパンチとダイを製作、交換すればよいだけなので、カム等を必要とする現在の金型に比べて金型費が安くなるという効果もある。しかも、アームとプレスの回動を液圧シリンダーにより駆動するので大きな駆動力を必要とせず、迅速で楽な金型交換作業が可能になるという効果もある。
【0023】さらに請求項3に係る液圧プレス装置は、上記共通の効果に加え、請求項1、2の装置に対して液圧シリンダーが1個少なくでき、これをコストダウンと信頼性の向上につなげることが可能になるという効果がある。
【出願人】 【識別番号】000004374
【氏名又は名称】日清紡績株式会社
【出願日】 平成7年(1995)7月17日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】吉村 直樹 (外1名)
【公開番号】 特開平9−29490
【公開日】 平成9年(1997)2月4日
【出願番号】 特願平7−203908