トップ :: B 処理操作 運輸 :: B21 本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き




【発明の名称】 ドリル付リベット
【発明者】 【氏名】中里 隆

【氏名】関田 優

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 中空管状リベット(2)の孔(2c)の先端部位にメネジ(2d)を成形し、前記リベットの頭部(2a)を角形頭等の回り止め形状とし、前記リベットよりも全長が長い頭付ボルト(3)をリベットの頭部側から螺着し、リベットから突出した前記頭付ボルトの先端部に、前記リベットの胴部(2b)とほぼ等しい外径のドリル(4)を固着したドリル付リベット。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、リベットに関するものであり、特に、リベット孔の穿孔とリベット締めを一工程で行えるドリル付リベットに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、動力工具を使用して穿孔と締結を一工程で行えるようにしたドリル付リベットが知られている。このドリル付リベットは、中空管状リベットとリベットの孔へ挿入されて圧着或いは接着されたドリルとによって構成されている。ドリルの全長はリベットよりも長く、リベットの先端からリベットの胴部とほぼ等しい外径に成形されたドリルビットが突出し、リベットの頭部からドリル軸が突出している。
【0003】空気ドリル或いは電気ドリルのドリルチャックによってドリル軸をつかみ、ドリルを回転駆動するとドリルビットによって被締結部材にリベット穴が穿孔され、リベット穴にリベットが挿入される。続いてドリル軸を引抜く方向へドリルを駆動すると、リベットの内径よりも大径のドリルビットが、被締結部材を貫通しているリベットの胴部を放射方向へ膨拡させてかしめる。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】従来のドリル付リベットは、穿孔工程における回転動作と、かしめ工程における引張り動作との二段階の動作によって締結するように構成されているので空気ドリル等の工具の機構や操作が複雑になるという欠点がある。
【0005】そこで、穿孔及び締結工程における工具の動作を簡素化してコストを低廉化するとともに、操作を容易化して作業能率を向上するために解決すべき技術的課題が生じてくるのであり、本発明は上記課題を解決することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】この発明は、上記目的を達成するために提案するものであり、中空管状リベットの孔の先端部位にメネジを成形し、前記リベットの頭部を角形頭等の回り止め形状とし、前記リベットよりも全長が長い頭付ボルトをリベットの頭部側から螺着し、リベットから突出した前記頭付ボルトの先端部に、前記リベットの胴部とほぼ等しい外径のドリルを固着したドリル付リベットを提供するものである。
【0007】
【発明の実施の形態】以下、この発明の実施の一形態を図に従って詳述する。図1はドリル付リベット1を示し、例えばアルミニウム合金等の展延性がある金属を成形した中空管状のリベット2に六角頭付ボルト3が装着されている。リベット2の頭部2aは長円形の回り止め形状に形成され、頭部2a並びに胴部2bを上下に貫通する孔2cの下端部位内周面にはメネジ2dが成形されている。
【0008】六角頭付ボルト3の全長はリベット2よりも長く、リベット2の頭部2a側から孔2cへ挿入されてメネジ2dにねじ込まれている。リベット2の先端から突出した六角頭付ボルト3の先端部に装着されたドリル4は、外径がリベット2と同一であり、上端面の中心から上下中間部までメネジ4aが成形されて、六角頭付ボルト3の突出部位にねじ込まれている。尚、六角頭付ボルト3とドリル4の結合手段はネジ結合に代えて圧入等の手段でもよく、特に限定するものではない。
【0009】図2はこのドリル付リベット1を使用してリベット締めを行うための空気ねじ締め機5のノーズ部分を示し、6は円筒形のノーズ、7は高圧空気によって回転駆動される駆動ソケットであり、ノーズ6に沿って上下昇降するコンタクトヘッド8がノーズ6に装着されている。コンタクトヘッド8の先端部には、駆動ソケット7と中心が一致し、リベット2の頭部2aと相似形の回り止めソケット孔8aが形成されている。コンタクトヘッド8は、バネ(図示せず)の付勢によってノーズ6から突出する方向へ付勢されており、被締結部材に押し当てることによってノーズ6の方向へ押し込まれる。
【0010】次に、空気ねじ締め機5を使用したドリル付リベット1の締結方法並びに作用を説明する。図3(a)に示すように、空気ねじ締め機5のノーズ6内にドリル付リベット1をセットしてトリガ操作を行うと、駆動ソケット7が下降して六角頭付ボルト3の頭部に嵌合し、ドリル付リベット1全体を回転駆動するとともに、駆動ソケット7の軸方向の推力によりドリル4が2枚の被締結部材9にリベット孔を開穿する。
【0011】続いて、図3(b)に示すように、ドリル4が被締結部材9を貫通すると駆動ソケット7に押圧されて、ドリル4と同径のリベット2がリベット孔に挿通され、リベット2の頭部2aがコンタクトヘッド8の回り止めソケット孔8aに嵌合してリベット2の回転が制止されるとともに、頭部2aが被締結部材9の上面に当接して進入を停止する。
【0012】そして、回転を継続している駆動ソケット7により六角頭付ボルト3及びドリル4が更に回転駆動され、六角頭付ボルト3に螺合しているリベット2のネメジ2d部分に軸方向の駆動力が作用し、六角頭付ボルト3の頭部とネメジ2d部分とによってリベット2の胴部2bを圧縮しつつ、ネメジ2d部分が上方へ移動する。これにより、胴部2bの露出部分が外側に膨出してかしめられ、2枚の被締結部材9が締結されてリベット締めを完了する。
【0013】尚、この発明は上記の実施形態に限定するものではなく、例えば、リベット2やボルト3の頭部形状等は種々の改変が可能であり、この発明がそれらの改変されたものに及ぶことは当然である。
【0014】
【発明の効果】以上詳述したように、本発明のリベットは、穿孔工程とリベット締め工程とを一連の回転動作で行うので、回転と引っ張りとの複合動作を必要とする従来のドリル一体形のリベットとは異なり、空気ドリル等の工具の駆動機構が簡素化するとともに操作が容易となって、作業能率の向上とコストの低廉化に寄与できる。
【0015】また、締結したリベットの両端がボルトによって挟圧されているため、締結力並びに剪断耐力が極めて高く、大荷重に耐えられる高性能なリベットを提供することができる。
【出願人】 【識別番号】000006301
【氏名又は名称】マックス株式会社
【出願日】 平成7年(1995)11月20日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】林 孝吉
【公開番号】 特開平9−141382
【公開日】 平成9年(1997)6月3日
【出願番号】 特願平7−300985