トップ :: B 処理操作 運輸 :: B21 本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き




【発明の名称】 段付きプーリーの製造方法
【発明者】 【氏名】出牛 洋行

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 金属製の円板を両側からクランパーでクランプし、該円板の外周端面に、一方の面を円板の板面と平行な平面とし他方の面を鋭角面或いは凹円弧面とする歯部を有を有し、鋭角面或いは凹円弧面を押広げ面とするスリ割りローラーダイスを、その歯部を円板の外周端面に軸方向に向って押し当てて回転させ円板外周をスリ割りし、歯部の押広げ面側に位置し押広げ面により外側に押し広げたスリ割り片に平ローラーダイスを押し当てて回転させることにより円筒部を形成し、歯部の平面側に位置し押し広げられていないスリ割り片を前記円筒部の反対側に加圧して前記円筒部よりも大径な円筒部を形成し、それぞれの円筒部をベルト掛部形成部としたことを特徴とする段付きプーリーの製造方法。
【請求項2】 金属製の円板を両側からクランパーでクランプし、該円板の外周端面にローラーダイスを軸方向に向って押し当てて両者を回転させ、円板の外周部を該円板の両側に押し出して一側に円筒部をそして他側に環状の膨出部を形成し、一方の面を円板の板面と平行な平面とし他方の面を鋭角面或いは凹円弧面とする歯部を有し、鋭角面或いは凹円弧面を押広げ面とするスリ割りローラーダイスを、その歯部を前記円筒部と環状の膨出部を形成した円板の外周端面に軸方向に向って押し当てて回転させ、膨出部側を歯部の押広げ面により外側に押し広げるようにスリ割りし、該外側に押し広げたスリ割り片に平ローラーダイスを押し当てて回転させることにより押し広げられていないスリ割り片側に形成されている前記円筒部より小径な円筒部を形成し、それぞれの円筒部をベルト掛部形成部としたことを特徴とする段付きプーリーの製造方法。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、1枚の金属製の円板の外周をスリ割りし、このスリ割り片により軸を同じくし径の異なる円筒部をそれぞれ反対方向に向けて形成し、この円筒部をベルト掛部形成部とした段付きプーリーの製造方法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、径の異なる2つのベルト掛部を有する段付きプーリーの製造方法にあっては、一般に鋳造や鍛造により原形を形成し、更に切削加工を加えることにより製造されている。かかる製造方法によれば、その製造作業が面倒で時間がかかり生産性が悪く、切削による材料の無駄も多く、また軽量化が困難であるといった問題がある。
【0003】そこで、上記問題点を解決するため、1枚の金属製の円板の外周を両側へ押し広げるようにスリ割りし、このスリ割り片により径の異なる円筒部をそれぞれ反対方向に向けて形成し、この円筒部をベルト掛部形成部とした段付きプーリーの製造方法が試みられている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記した金属製の円板の外周をスリ割りして、このスリ割り片により円筒部を形成する段付きプーリーの製造方法によれば、製造が容易であり、材料に無駄が無く、しかも軽量化が図れ、更には安価に得ることができるものの、金属製の円板の外周を両側へ押し広げるようにスリ割りをした際、金属製の円板の板厚が薄い場合に、スリ割り片にクラックが入り、製造できない場合がある。
【0005】本発明の目的とするところは、板厚の薄い金属製の円板であってもその外周に対しクラックの入らないスリ割りを可能にすることにより、板厚の薄い金属製の円板から段付きプーリーを容易に且つ確実に製造できるようにした段付きプーリーの製造方法を提供するところにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために請求項1記載の段付きプーリーの製造方法は、金属製の円板を両側からクランパーでクランプし、該円板の外周端面に、一方の面を円板の板面と平行な平面とし他方の面を鋭角面或いは凹円弧面とする歯部を有を有し、鋭角面或いは凹円弧面を押広げ面とするスリ割りローラーダイスを、その歯部を円板の外周端面に軸方向に向って押し当てて回転させ円板外周をスリ割りし、歯部の押広げ面側に位置し押広げ面により外側に押し広げたスリ割り片に平ローラーダイスを押し当てて回転させることにより円筒部を形成し、歯部の平面側に位置し押し広げられていないスリ割り片を前記円筒部の反対側に加圧して前記円筒部よりも大径な円筒部を形成し、それぞれの円筒部をベルト掛部形成部としたことを特徴とする。
【0007】本発明によれば、一方の面を円板の板面と平行な平面とし他方の面を鋭角面或いは凹円弧面とする歯部を有を有し、鋭角面或いは凹円弧面を押広げ面とするスリ割りローラーダイスを、その歯部を円板の外周端面に軸方向に向って押し当てて回転させ円板外周をスリ割りするので、スリ割りの際、スリ割りローラーダイスの歯部の押圧は、スリ割り片のうち、前記歯部の押広げ面側にあるスリ割り片だけが外側へ押し広げられ、平面側にあるスリ割り片は押し広げられずこのスリ割り片にはスリ割り時にほとんど負荷がかからないので、スリ割りローラーダイスによる金属製の円板の外周端面のスリ割りが容易に行える。押し広げられるスリ割り片は、スリ割りの際、歯部の押広げ面により軸方向に押され潰されて増肉し、肉厚となって押し広げられることになるので、円板の板厚が薄くてもクラックの入らないスリ割り片を形成できる。このようにして形成したスリ割り片のうち、外側に押し広げられたスリ割り片に平ローラーダイスを押し当てて回転させることにより円筒部を形成し、押し広げられていないスリ割り片を前記円筒部の反対側に加圧して前記円筒部よりも大径な円筒部を形成し、それぞれの円筒部をベルト掛部形成部とするようにしたので、板厚の薄い円板から堅牢な段付きプーリーを製造することができる。
【0008】請求項2記載の発明は、金属製の円板を両側からクランパーでクランプし、該円板の外周端面にローラーダイスを軸方向に向って押し当てて両者を回転させ、円板の外周部を該円板の両側に押し出して一側に円筒部をそして他側に環状の膨出部を形成し、一方の面を円板の板面と平行な平面とし他方の面を鋭角面或いは凹円弧面とする歯部を有し、鋭角面或いは凹円弧面を押広げ面とするスリ割りローラーダイスを、その歯部を前記円筒部と環状の膨出部を形成した円板の外周端面に軸方向に向って押し当てて回転させ、膨出部側を歯部の押広げ面により外側に押し広げるようにスリ割りし、該外側に押し広げたスリ割り片に平ローラーダイスを押し当てて回転させることにより押し広げられていないスリ割り片側に形成されている前記円筒部より小径な円筒部を形成し、それぞれの円筒部をベルト掛部形成部としたことを特徴とする。
【0009】本発明によれば、金属製の円板の外周端面にローラーダイスを軸方向に向って押し当てて両者を回転させ、円板の外周部を該円板の両側に押し出して一側に円筒部をそして他側に環状の膨出部を形成し、一方の面を円板の板面と平行な平面とし他方の面を鋭角面或いは凹円弧面とする歯部を有し、鋭角面或いは凹円弧面を押広げ面とするスリ割りローラーダイスを、その歯部を前記円筒部と環状の膨出部を形成した円板の外周端面に軸方向に向って押し当てて回転させ、膨出部側を歯部の押広げ面により外側に押し広げるようにスリ割りするので、スリ割りの際、スリ割りローラーダイスの歯部の押圧は、スリ割り片のうち、膨出部側のスリ割り片だけが外側へ押し広げられ、円筒部側のスリ割り片は押し広げられずこのスリ割り片にはスリ割り時にほとんど負荷がかからないので、スリ割りローラーダイスによる金属製の円板の外周端面のスリ割りが容易に行える。押し広げられるスリ割り片は、スリ割りの際、歯部の押広げ面により軸方向に押され潰されて増肉し、肉厚となって押し広げられることになるので、円板の板厚が薄くてもクラックの入らないスリ割り片を形成できる。このようにして外側に押し広げたスリ割り片に平ローラーダイスを押し当てて回転させることにより、前記押し広げないスリ割り片側に形成されている円筒部よりも小径な円筒部を形成し、それぞれの円筒部をベルト掛部形成部とするようにしたので、板厚の薄い円板から堅牢な段付きプーリーを製造することができる。更にこの発明では、スリ割り工程前に大径の円筒部が形成されており、スリ割りは小径の円筒部と大径の円筒部の差だけスリ割れば良いので、スリ割りが少なくてすみスリ割りがより容易に行える。そして、スリ割りは少ないが、小径の円筒部を形成するスリ割り片には前工程で膨出部が形成されているので小径円筒部を形成するための肉量は十分確保されている。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態の一例を図面により詳細に説明する。図1乃至図6は請求項1記載の発明の実施の工程を示すものである。先ず、金属板をプレス加工等により打ち抜き金属製の円板1を形成し、この円板1をクランパー2,3により両側からクランプする。このクランパー2,3のうち、一方のクランパー2には、前記円板1の一側に形成される後述するところの円筒部の内周面に当接してこれを支持する支持面4が形成されており、他方のクランパー3には、前記円板1の他側に形成される後述するところの円筒部の内周面に当接してこれを支持する支持面5が形成されている(図1)。
【0011】次に、クランパー2,3でクランプした円板1の外周端面に、スリ割りローラーダイス6を押し当てる。このスリ割りローラーダイス6は、一方の面を前記円板1の板面と平行な平面7とし他方の面を押広げ面8となる凹円弧面9とする歯部10を有しており、この歯部10を前記円板1の板厚の概ね中央に位置させて外周端面に軸方向に向って押し当てて回転させ、円板1の外周をスリ割りする。このスリ割りに際し、スリ割りローラーダイス6の歯部10による押圧は、スリ割りにより形成されるスリ割り片11,12のうち、前記歯部10の押広げ面8側にあるスリ割り片11だけが外側へ押し広げられ、平面7側にあるスリ割り片12は押し広げられずこのスリ割り片12にはスリ割り時にほとんど負荷がかからないので、スリ割りローラーダイス6による円板1の外周端面のスリ割りが容易に行える。押し広げられるスリ割り片11は、スリ割りの際、歯部10の押広げ面8により軸方向に押され潰されて増肉し、肉厚となって押し広げられることになるので、円板1の板厚が薄くてもクラックの入らないスリ割り片11,12が形成される(図2)。
【0012】この例では、スリ割りローラーダイス6の歯部10の押広げ面8は凹円弧面9となっているが、図3に示すように鋭角面13であってもよい。
【0013】次に、前記押し広げたスリ割り片11に平ローラーダイス14を押し当てて回転させることにより円筒部15を形成し、また歯部10の平面7側に位置し押し広げられていないスリ割り片12を平ローラーダイス16により加圧して前記円筒部15の反対側に、円筒部15よりも大径な円筒部17を形成し、円筒部15及び17をベルト掛部形成部18,19とする。
【0014】前記円筒部15及び円筒部17の形成にあっては、いずれを先に形成してもよく、或いは円筒部15と円筒部17を同時に形成してもよい。この例では、先ず、円筒部17を形成し、次に円筒部15を形成している。更に詳細には、スリ割り片12の先端に平ローラーダイス16を当接させて円板1の軸方向に押圧し、同時にクランパー2,3によりクランプされている円板1を反対側へ移動させる。これによりスリ割り片12はクランパー3の支持面4の外周角部で折曲し、この折曲した部分が前記平ローラーダイス16に加圧されて円筒状となり、その内周面をクランパー3の支持面5が支持し、前記平ローラーダイス16の加圧と支持面5の支持とにより円筒部17を形成する(図4)。
【0015】次に、押し広げたスリ割り片11に平ローラーダイス14を押し当てて回転させる。これによりスリ割り片11は円筒状となり、その内周面をクランパー2の支持面4が支持し、前記平ローラーダイス14の加圧と支持面4の支持とにより円筒部15を形成する。このとき、前工程で形成した円筒部17の外周面に平ローラーダイス20を当接させて軸方向に押圧し、所定の形状の外周面をもつ円筒部17を形成している(図5)。
【0016】上記のように形成された円筒部15,17をベルト掛部形成部18,19としており、使用目的に応じ、円筒部15,17の外周面に適宜のベルト掛溝部を形成する。
【0017】この実施の形態では、段付きプーリーがポリVプーリーである場合を示すものであり、前記円筒部15の外周面に複数のV山21をもつローラーダイス22を押し当てて複数のV溝からなるベルト掛溝部23を形成し(図6)、他方の円筒部17には、その外周にゴム等の弾性素材で形成した環状の緩衝部材24を嵌合し、その上に、外周に複数のV溝を形成した環状のベルト掛溝部材25を嵌合し、段付きポリVプーリーを形成している(図7)。
【0018】図8乃至図13は請求項2記載の発明の実施の工程を示すものである。先ず、金属板をプレス加工等により打ち抜き金属製の円板26を形成し、この円板26をクランパー27,28により両側からクランプする。このクランパー27,28のうち一方のクランパー27には、前記円板26の一側に形成される後述するところの円筒部の内周面に当接してこれを支持する支持面29が形成されている。他方のクランパー28には、前記円板26の他側に形成される後述するところの円筒部内周面に当接してこれを支持する支持面30が形成されている(図8)。
【0019】次に、前記円板26の外周端面にローラーダイス31を軸方向に向って押し当てて両者を回転させ、円板26の外周部を両側に押し出し、この押し出した一側を前記ローラーダイス31とクランパー28の支持面30とにより挟圧して円筒部32を形成し、他側には環状の膨出部33を形成する(図9)。
【0020】次に前記円板26に対し、一方の面を前記円板26の板面と平行な平面34とし他方の面を凹円弧面36とする歯部37を有し、凹円弧面36を押広げ面35とするスリ割りローラーダイス38を、その歯部37を前記円筒部32と膨出部33を形成した円板26の板厚の概ね中央に位置させて外周端面に軸方向に向って押し当てて回転させ、膨出部33側を歯部37の押広げ面35により外側へ押し広げるようにスリ割りする。
【0021】このスリ割りに際し、スリ割りローラーダイス38の歯部37による押圧は、スリ割りにより形成されるスリ割り片39,40のうち、膨出部33のスリ割り片39だけが外側へ押し広げられ、円筒部32側のスリ割り片40は押し広げられず、このスリ割り片40にはスリ割り時にほとんど負荷がかからないので、スリ割りローラーダイス38によるスリ割りが容易に行える。押し広げられる膨出部33側のスリ割り片39は、スリ割りの際、歯部37の押広げ面35により軸方向に押され潰されて増肉し、肉厚となって押し広げられることになるので、円板26の板厚が薄くてもクラックの入らないスリ割り片39,40が形成される(図10)。
【0022】この例では、スリ割りローラーダイス38の歯部37の押広げ面35は凹円弧面36となっているが、図11に示すように鋭角面41であってもよい。
【0023】次に、前記押し広げたスリ割り片39に平ローラーダイス42を押し当てて回転させることにより前記円筒部32より小径な円筒部43を形成する。この円筒部43及び前記円筒部32をベルト掛部形成部44,45としており、使用目的に応じ、円筒部32,43の外周面に適宜のベルト掛溝部を形成する(図12)。
【0024】この実施の形態では、段付きプーリーがポリVプーリーである場合を示すものであり、前記円筒部43の外周面に複数のV山46をもつローラーダイス47を押し当てて複数のV溝からなるベルト掛溝部48を形成し(図13)、他の円筒部32には、その外周にゴム等の弾性素材で形成した環状の緩衝部材49を嵌合し、その上に、外周に複数のV溝を形成した環状のベルト掛溝部材50を嵌合し、段付きポリVプーリーを形成している(図14)。
【0025】
【発明の効果】以上のように本発明によれば、板厚の薄い金属製の円板であってもその外周に対しクラックの入らないスリ割りが可能となり、板厚の薄い金属製の円板から堅牢な段付きプーリーを容易に且つ確実に製造することができる。
【出願人】 【識別番号】000227906
【氏名又は名称】日本イスエード株式会社
【出願日】 平成7年(1995)10月25日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】大塚 明博 (外1名)
【公開番号】 特開平9−122816
【公開日】 平成9年(1997)5月13日
【出願番号】 特願平7−277493