トップ :: B 処理操作 運輸 :: B21 本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き




【発明の名称】 タップ成形プレス加工方法
【発明者】 【氏名】中野 真治

【氏名】窪木 保夫

【氏名】宮崎 修

【氏名】工藤 保親

【目的】 金属板材に電子部品固定用などのタップ加工を行う方法に関し、生産性に優れたタップ成形プレス加工方法を提供することを目的とするものである。
【構成】 金属板材1に前方押し出し成形による押し出し部3を設け、そこに予備下孔5の開け加工を行い、その後タップ成形パンチ11とタップ成形ダイ12によりタップ加工部6を設けてタップ加工する方法により、タップ加工時間の短縮、タッピング機械が不要、高粘度加工油が不要で無洗浄化が可能、そして工程のインライン化が可能となる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 金属板に前方押し出し成形などにより板厚を増加させる加工をし、この加工部分に予備下孔加工を行った後、タップ成形パンチとタップ成形ダイを用いて上下方向のプレス加工によりタップ加工を行うタップ成形プレス加工方法。
【請求項2】 金属板に予備下孔とタップ成形プレス加工によるひずみの発生部分にぬすみ孔加工を行った後、タップ成形パンチとタップ成形ダイを用いて上下方向のプレス加工によりタップ加工を行うタップ成形プレス加工方法。
【発明の詳細な説明】【0001】
【産業上の利用分野】本発明は電子部品固定用などの金属板材へのタップ加工を行うタップ成形プレス加工方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の金属板材へのタップ加工の方法について、図面を用いて説明する。
【0003】図6(a)〜(c)は従来の金属板材へのタップ加工の方法について説明を行うための要部断面の工程図である。
【0004】図6(a)は金属板材1に下孔30の開け加工を行った状態を示し、図6(b)は下孔30の開け加工後にバーリングプレス加工を行い、予備孔32と突出部33を加工した状態を示し、図6(c)はバーリングプレス加工を行った後に、タッピング工具31を下方向に回転させながら切削加工、あるいは転造加工によるタッピング加工にて、タップ加工部34を設けた状態を示したものであり、このような方法・工程により金属板材1にタップ加工を行っていたものであった。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら前記従来の方法では、タップ加工に時間がかかり、タッピング機あるいはタッピングユニットなどが必要であり、タップの切削加工あるいは転造加工では高粘度の加工油が必要であるためにその洗浄工程を必要とし、生産性向上が図れず、また工程間が分断されるという課題を有したものであった。
【0006】本発明は、前記従来の課題を解決しようとするもので、下孔開けプレス加工とタップ成形パンチおよびタップ成形ダイによるタップ成形プレス加工にてタップを作成することができるタップ成形プレス加工方法を提供することを目的とするものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】前記課題を解決するために本発明によるタップ成形プレス加工方法は、金属板材の前方押し出し成形プレス加工を行った所に下孔開けプレス加工を行った後、タップ成形パンチおよびタップ成形ダイを用いて、タップ成形をプレス加工のみで実現する加工方法、あるいは、タップ成形プレス加工において、金属板材に下孔開け加工と深度成形部分にぬすみ孔の加工を事前に行う加工方法としたものである。
【0008】
【作用】この方法により、タップ加工の時間が短縮されて生産性の向上が図れ、タッピング機あるいはタッピングユニットなどが不要となり、薄板の金属板材のタップ成形プレス加工によるひずみの対策が図れ、さらにタップの切削あるいは転造に必要であった高粘度の加工油が不要となるため、無洗浄化が可能となり、プレス加工のみでタップ加工ができタップ成形工程のインライン化が可能となる。
【0009】
【実施例】以下、本発明の一実施例について図面を参照しながら説明する。
【0010】図1(a)〜(c)は、同実施例によるタップ成形プレス加工方法について説明するための、要部断面の工程図である。
【0011】図1(a)は例えば鉄あるいは鉄合金や銅合金で成る、金属板材1に前方押し出しプレス加工(プレス機構は図示せず)を行い、凹部4と実質的に板材厚みを増した押し出し部3を設けた状態を示しており、図1(b)は前記前方押し出しプレス加工を行った後、下孔開けプレス加工(プレス加工機構は図示せず)を行い、予備下孔5を開けた状態を示し、図1(c)は下孔開けプレス加工を行った後、タップ成形パンチ11およびタップ成形ダイ12により、指定サイズのネジ1ピッチ分のタップ成形プレス加工を行ってタップ加工部6を設けた状態を示している。
【0012】このように前方押し出し加工による押し出し部3および凹部4を、下孔開けプレス加工による予備下孔5と、タップ成形プレス加工によるタップ加工部6の加工前に行うことにより、金属板材1の厚みがネジ1ピッチ分以下でもタップ加工部分の板材厚みを増すことができ、実質的な金属板材1の強度の補強ができ、ネジ締め付け時のトルクアップが図れ、さらに指定サイズのネジ1ピッチ分のタップ加工が確実にできるため、強度アップが可能なタップ加工を行うことができるものである。
【0013】また、厚みがネジ1ピッチ分以下の薄板の金属板材の強度の補強および確実なタップ加工対策としての他の実施例を図2、図3、図4に示す。
【0014】図2は、薄板の金属板材2を張り出しプレス加工によりへこみ部7と張り出し部8を設け(図2(a))、次に下孔開けプレス加工により予備下孔5を開けた後(図2(b))、タップ成形パンチ11とタップ成形ダイ12のタップ成形プレス加工によりタップ加工部6を設けた(図2(c))状態を示しており、図3は、薄板の金属板材2を下孔開けプレスにより下孔9を開け(図3(a))、次にバーリングプレス加工により突出部13および予備孔10を設けた後(図3(b))、タップ成形パンチ11とタップ成形ダイ12のタップ成形プレス加工によりタップ加工部6を設けた(図3(c))状態を示しており、図4は、薄板の金属板材2を下孔開けプレス加工により下孔9を開け(図4(a))、次に折り返しプレス加工により折り返し部15と予備下孔14を設けた後(図4(b))、タップ成形パンチ11とタップ成形ダイ12のタップ成形プレス加工によりタップ加工部6を設けた状態を示している。
【0015】このようにタップ成形プレス加工される周辺部分の板材厚みを増して、さらに材料を加工硬化させることにより、薄板の金属板材2の強度補強を行い、指定サイズのネジ1ピッチ分のタップ加工を行うことができる。
【0016】また図5(a)から図5(d)は板材厚みを増す加工をしないで、薄板の金属板材2にタップ加工を行う他の実施例を示したものであり、薄板の金属板材2へのタップ成形プレス加工により発生するひずみ対策として、タップ成形プレス加工における深度成形部分に、下孔開け加工とぬすみ孔加工を行う加工方法について説明する。
【0017】図5(a)および図5(b)は薄板の金属板材2に下孔開けプレス加工による予備下孔17開けと、同時にぬすみ孔プレス加工によるタップ成形プレス加工時のひずみ発生部の深度成形部分16にぬすみ孔18を開けるかぎ孔形状の下孔ぬすみ孔プレス加工を行った状態を示しており、図5(c)および図5(d)は前記下孔ぬすみ孔プレス加工を行った後、タップ成形パンチ11とタップ成形ダイ12によりタップ成形プレス加工を行い、タップ加工部6を設けた状態を示している。
【0018】このように下孔開けプレス加工と同時にぬすみプレス加工を行う下孔ぬすみ孔プレス加工で、予備下孔17およびぬすみ孔18を開けることにより、指定サイズのネジ1ピッチ分の加工ができない、薄板の金属板材2へのタップ成形プレス加工時に発生する深度成形部分16のひずみを防ぐことができ、薄板の金属板材2への有効なタップ成形プレス加工が可能となるものである。
【0019】なお、前記実施例では下孔ぬすみ孔プレス加工による、予備下孔17およびぬすみ孔18の形状を図5(a)のようなかぎ孔の形状としたが、薄板の金属板材2へのタップ成形プレス加工時のひずみが防止できる形状であれば、特に形状が限定されるものではなく、また、予備下孔17とぬすみ孔18を同時でなく、別々に加工してもよい。
【0020】さらに前記実施例ではタップ成形プレス加工の取り数を1ヶ取りとしたが、2ヶ取り、3ヶ取り、あるいはそれ以上の取り数においても加工することが可能である。
【0021】
【発明の効果】以上のように本発明によるタップ成形プレス加工方法は、タップ加工の時間が短縮できて生産性の向上が図れ、タッピング機あるいはタッピングユニットなどが不要であり、タップの切削あるいは転造加工時に必要な高粘度の加工油が不要となるため無洗浄化が可能となり、タップ成形プレス加工工程のインライン化ができ、全ての加工がプレス加工でできるため、一面のプレス金型内において全ての加工が可能となる。
【0022】また、金属板材1に前方押し出し成形プレス加工を前もって行うことにより、指定サイズのネジ1ピッチ分のタップ成形プレス加工ができるため、締め付け強度アップができ、あるいは薄板の金属板材2に下孔ぬすみ孔プレス加工を前もって行うことにより、指定サイズのネジ1ピッチ分のタップ成形プレス加工ができない薄板の金属板材2への、タップ成形プレス加工時の深度成形部分16でのひずみを防いだタップ加工が可能となる。
【出願人】 【識別番号】000005821
【氏名又は名称】松下電器産業株式会社
【出願日】 平成7年(1995)9月5日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】滝本 智之 (外1名)
【公開番号】 特開平9−70638
【公開日】 平成9年(1997)3月18日
【出願番号】 特願平7−227717