トップ :: B 処理操作 運輸 :: B21 本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き




【発明の名称】 鍛造プレス用ビレットチャージ装置
【発明者】 【氏名】平石 研二

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】受皿にビレットが供給され、該受皿が搬送されてビレットをトランスファーフィード装置への受け渡し位置まで移送する鍛造プレス用ビレットチャージ装置において、受皿をビレット長より深い深さを有し、底から側壁にかけて切欠溝を設けた筒形状となし、かつ、前記受皿の切欠溝に貫入する傾斜レールを設け、該レールに沿わせて受皿を搬送するようにしたことを特徴とする鍛造プレス用ビレットチャージ装置。
【請求項2】底のない受皿としたことを特徴とする請求項1記載の鍛造プレス用ビレットチャージ装置。
【請求項3】傾斜レールに継続して、水平延長レールをプレスダイホルダ上に設けたことを特徴とする請求項1又は請求項2記載の鍛造プレス用ビレットチャージ装置。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は鍛造プレス用のビレットチャージ装置に関するものであり、特に受皿にビレットが供給されてビレットを鍛造プレスのトランスファーフィード装置への受渡し位置まで移送するビレットチャージ装置の構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】鍛造プレスにおいては、ヒーターで加熱されたビレットを鍛造プレスのトランスファーフィード装置に受渡すのにビレットチャージ装置が使用されている。しかし乍ら、そのチャージ装置に使用される受皿はビレットの寸法に合った大きさのものが使用されるし、かつ、トランスファーフィード装置の爪でビレットを挟んで取出すこととなるので、受皿には爪でビレットを挟むための開口部が設けられているのが普通である。このため、ビレット長さLとビレット径Dの比率(以下L/Dとする)が小さいものについては受皿に受入れられたビレットの姿勢が不安定となり、特に、ビレット供給装置からビレットチャージ装置への、及びチャージ装置からトランスファーフィード装置への乗移りが困難であった。通常はビレットのL/Dが1.3〜1.4のものが使用されており、それより小さいものは姿勢の不安定さから搬送が困難であった。
【0003】受皿搬送式のビレットチャージ装置としては、例えば実公昭63−21946号公報に開示されるようなものが知られているが、その受皿と供給シュートとの関係を模式図に沿って以下に説明する。図5に示されるものは、ビレット供給装置のシュート1が固定されており、受皿2は該固定シュート1の直下で落下するビレット4の供給を受け、矢印の方向、つまりプレス側に搬送される。そして、プレス側に搬送されたビレット4はトランスファーフィード装置の爪により挟み上げられてプレス内にフィードされることになるが、受皿にはこの爪用開口部3が設けられている。このため、L/Dが小さいビレットでは落下供給時にビレットの側方への倒れなどがあり姿勢が不安定となって確実な移送が困難である。
【0004】図6に示されるものは、アームにより回動する可動シュート1を用い受皿2の底を浅くし、爪用の開口部を無くし、爪挟み代を確保する構造としているが、この構成ではシュート1が上方に移動した後受皿2が走行し始めることになるので、チャージのサイクルタイムが長くなる。又、プレス側に搬送されたビレット4が何らかの理由で受皿2内に残ったまま戻ってきた場合にはシュート1とビレット4が干渉する危険性があった。
【0005】又、図7に示されるものは、固定シュート1にガイド兼用のゲートを取付け、シリンダー等で自在に開閉する方式としているが、この場合もゲートの開閉に合せて受皿2を搬送することとなるので、前記と同様にチャージのサイクルタイムが長くなるし、ゲートとビレット4ガ干渉する危険性があった。尚、多関節ロボットを採用すれば搬送性に優れるが、制御が複雑になるし、コストが極めて大きくなる。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】本発明は前述のごとき従来型の欠点を解決するため、ビレット供給装置よりチャージ装置の受皿にビレットを受入れるに当り、確実に安定した姿勢で受入れ、プレス側への移送工程中に安定した姿勢を保ち乍ら序々にビレットを受皿より突出させ、プレス側所定位置において受皿からの突出部をトランスファーフィード装置の爪で挟み上げるようにしたものであり、ビレットのL/Dが1.3〜1.4より小の場合でも安定した搬送を得ることを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明は前述のごときビレットチャージ装置において筒形状の受皿であって、ビレットを受入れるに充分の深さを有してビレットを安定した姿勢で受入れるようになすと共に、該受皿の底部から側部にかけて切欠溝を設け、搬送工程に設けた傾斜レールを前記切欠溝に貫入するようにして受皿を傾斜レールに沿わせて搬送するようにした。
【0008】
【発明の実施の形態】以下本発明の実施の形態について説明するが、先ず図1、2、3に沿って本発明に係るビレットチャージ装置の概要について説明する。図1はビレットチャージ装置の平面図、図2は同1部切欠き側面図、図3は図2のA〜A線に沿った断面図である。
【0009】1はビレット供給装置の供給シュート、2は円筒形状の受皿、4はビレットを示す。5はキャリヤーであって、タイボルト(図示せず)で締結された上キャリヤー5′と下キャリヤー5″とで構成されている。上キャリヤー5′には受皿2を支持するフレーム6が取付けられており、下キャリヤー5″にはチェーン固定金具9が取付けられている。7は一端に車輪を有するローラ軸であって、他端にはローラ8が取付けられており、上、下のキャリヤー5′、5″に回転自在に支承されている。10は上、下のキャリヤー5′、5″の前後、左右のずれを防止するため、その接合面に嵌め込まれた平行キーである。
【0010】11は枠体フレームであって、11′は所定間隔を置いて配置された枠体フレームの側板、11″は側板11′の上面を覆うよう配置された枠体フレームの上面板である。側板11′と上面板11″とは図2に示すごとく前後部で固定されている。従って、側板11′と上面板11″とで構成される枠体フレーム11は上部両側方長手方向に長窓状の開部12を形成することとなる。前記支持フレーム6は、この開部12を通して上面板11″と後述するカバー24とに干渉しないよう構成された骨組み6′を介してキャリヤー5に取付けられている。
【0011】13は枠体フレーム側板11′の内面に固定されたガイドレールであり、前記キャリヤー5は、その車輪とローラ8を介してこのガイドレール13に支承され、かつガイドされて移動する。14は枠体フレーム上面板11″の上面に立設されたブラケット15に固定され、プレス側に向けて上昇勾配を有する傾斜レールである。16はプレス側、つまりプレスのダイホルダー上にブラケットを介して固定され、前記傾斜レール14と継続する高さとして上面を水平とした延長レールである。この延長レール16上においてビレット4はトランスファーフィード装置の爪で挟み上げられるが、プレスのダイホルダー交換時にチャージ装置のレール14とダイホルダーとが干渉しないように延長レールとしてダイホルダー上に設けたものである。
【0012】17は、枠体フレーム11内に軸支されたスプロケット18、18間に巻回されたローラチェーンであって、該ローラチェーン17は前記キャリヤー5のチェーン固定金具9に固定されている。19は枠体フレーム11内に軸支された駆動スプロケットであり、軸連結されたサーボモータ26により正逆回転される。該駆動スプロケット19はローラチェーン17と噛合している。従って、駆動スプロケット19の回転によりキャリヤー5はチェーン17により牽引され、前後に移動することななる。27は軸継手である。
【0014】尚、20は駆動スプロケット19とローラチェーン17の噛合を保つための押えスプロケット、25はローラチェーン17の緊張を保つためのネジ軸式調整装置である。又、21はキャリヤー5の前進端、後退端部に於けるストッパーである。
【0014】22は枠体フレーム11の周部を覆うカバー、24は枠体フレーム11の長窓状開部12を覆うカバーであり、23はカバー24の下方に設けたスケール受カバーである。
【0015】さて、かかる構成のビレットチャージ装置において、本発明は図4に詳細構造を示すように受皿2は、ビレット4を受入れるに充分な深さ、つまり、ビレット4より深い深さを有する円筒状であり、底部から側部にかけて切欠溝2′が形成された構造となっている。
【0016】そして、枠体フレーム11の上面板11″上にはビレット4の受入れ位置からプレス側に向けて上昇勾配を有する傾斜レール14が設けられており、この傾斜レール14が前記受皿2の切欠溝2′に貫入する状態で、受皿2が搬送される。
【0017】図8は本発明の作用を示す説明図であるが、チャージ装置のビレット受入れ位置Aではビレット4は受皿2内に充分に収納されており、移送工程においてビレット4は傾斜レール14により序々に底上げされ、プレス側の所定位置つまりトランスファーフィード装置への受渡し位置Bではビレット4の上端部は受皿2より突出された状態となっている。この突出部をトランスファーフィード装置の爪で挟み上げられてプレス内にフィードされる。尚、ビレット受入れ位置においてビレット4はレール14上に受入れ支持されればよく、受皿2は底がない構造のものでもよい。又受皿2は円筒形状の他角筒形状でもかまわない。
【0018】
【発明の効果】ビレット4はシュート1より受皿2内に供給されるが、受皿2はビレット長より深く、筒形状(トランスファーフィード装置の爪用開口部がない)となっているので、ビレット4は確実にガイドされながら落下し、安定した姿勢に保持される。
【0019】又、受皿2の切欠溝2′に貫入する傾斜レール14に沿わせて受皿2を搬送するようにしたので、ビレット4は移送工程中に序々に受皿2より突出し、プレス側所定位置においてトランスファーフィード装置の爪用挟み代が形成される。このようにして、L/Dの小さなビレットでも確実なチャージが可能となる。
【0020】そして、受皿2はシュート1との関係において動作制限がないので、受皿2内にビレット4が収まると同時に受皿2を搬送でき、チャージのサイクルタイムが短縮されるし、何らかの理由でビレット4が受皿2に残ったまま受皿2が後退したとしてもシュート1と干渉することはない。
【0021】尚、傾斜レール14に継続してダイホルダー上に延長レール16を設けたので、トランスファーフィード装置の爪で挟み上げるために必要なビレット突出量(受皿からのビレット突出量)を確保できると共に、ダイホルダー交換時に傾斜レールとダイホルダーとが干渉することはない。
【出願人】 【識別番号】000002107
【氏名又は名称】住友重機械工業株式会社
【出願日】 平成7年(1995)8月31日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】加藤 正信
【公開番号】 特開平9−66339
【公開日】 平成9年(1997)3月11日
【出願番号】 特願平7−245098