トップ :: B 処理操作 運輸 :: B21 本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き




【発明の名称】 圧造機のキックアウト装置
【発明者】 【氏名】春口 修

【氏名】伊藤 成夫

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 ダイスにワークをその頭部を突出させて装填し、中空のトリミングパンチで前記ワークの前記頭部の外周部を削り取ってその削り屑を前記ダイスに押し付けた状態で該ダイス内のキックアウトピンを少し突き出すことにより前記ワークを前記削り屑から分離した後、前記キックアウトピンを大きく突き出して前記ワークを前記ダイス内から排出するようにした圧造機のキックアウト装置において、前記キックアウトピンの途中に鍔を設け、該キックアウトピンの該鍔の後ろ側に該キックアウトピンに摺動自由に嵌合して該鍔に当接する筒体を設け、該キックアウトピンを押すキックアウトレバーと該筒体を押すトリミングレバーとを別々のカムで駆動するようにしたことを特徴とする圧造機のキックアウト装置。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は六角ボルトなどのようにトリミングパンチで頭部の外周部を削り取る必要のあるワークを製造する圧造機に関する。
【0002】
【従来の技術】圧造機により、六角ボルトなどのようにトリミングパンチでワークの頭部の外周を削り取る場合には、削り屑がトリミングパンチによりダイスに押し付けられている間にキックアウトピンを10mm程度突き出してワークを前進させることにより削り屑を分離し、ついで、キックアウトピンをダイスの前面まで突き出してワークをダイスの中から完全に排出することにより、そのダイスにワークが残った状態で次のワークが供給されて二重打ちが生じ、パンチやダイスが破損するのを防止するようになっている。
【0003】しかしながら、従来の圧造機においては、削り屑をワークから分離するためのキックアウトピンの最初の突き出し運動とワークをダイスから排出するための二度目の突き出し運動とを1個のレバーによって行っていたため、ワークの長さに応じてワークをダイスから排出するためのキックアウトピンの二度目の突き出し運動の量を調節すると削り屑をワークから分離するための一度目の突き出し運動の量が変化するため、キックアウトピンの二度目の突き出し運動の量を調節するたびに一度目の突き出し運動の量を調節する必要があって、段取り替え作業が繁雑であった。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】本発明が解決しようとする課題は、キックアウトピンの二度目の突き出し運動の量を調節しても一度目の突き出し運動の量を変更しなくてもよいようにすることである。
【0005】
【課題を解決するための手段、作用及び効果】本発明は上記課題を解決するための手段として、キックアウトピンの途中に鍔を設け、キックアウトピンの鍔の後ろ側にキックアウトピンに摺動自由に嵌合して鍔に当接する筒体を設け、キックアウトピンを押すキックアウトレバーと筒体を押すトリミングレバーとを別々のカムで駆動するようにしたから、キックアウトピンの一度目の突き出し運動による削り屑のワークからの分離とキックアウトピンの二度目の突き出し運動によるワークのダイスからの排出とが独立して行われる。
【0006】そのため、キックアウトピンの二度目の突き出し運動の量を調節しても一度目の突き出し運動の量を変更しなくてもよく、段取り替えを能率よく行うことができる効果がある。
【0007】
【実施の形態】以下、本発明の実施の形態を添付図面に基づいて説明する。
【0008】図1は、トリミング運動とキックアウト運動の駆動装置を示し、図中1はキックアウトピンであって、本体フレーム2に前後方向の摺動自由に嵌合されている。
【0009】まず、キックアウト運動の駆動装置について説明すると、5は軸6により本体フレーム2に支持されたキックアウトレバーであって、2個のカムホロア7、7で軸3により本体フレーム2に支持されたキックアウトカム4を挟持することによりそのキックアウトカム4の回転により図に実線で示す前進位置と鎖線で示す後退位置の間を確動的に揺動するようになっており、その上下方向にねじ棒8が回転のみを自由に支持され、そのねじ棒8に螺合したスライダ9がねじ棒8の回転によりキックアウトレバー5の前面に沿って上下にスライドするようになっていて、そのスライダ9にはローラー10が軸支されている。
【0010】11は軸12によって本体フレーム2に支持された中間レバーであって、背面に前記ローラー10が転動する平面13が形成されているとともに、前面には本体フレーム2に取り付けられたエアーシリンダ17から突出したピストンロッド18に当接する突起16と、雌ねじ19に突出量調節自由に螺入されてナット15により固定される押しボルト14とが設けられ、ピストンロッド18の弾出力によりキックアウトレバー5のローラー10に平面13が押し付けられ、押しボルト14の頭部がキックアウトピン1の後端に当接するようになっている。
【0011】つぎに、トリミング運動の駆動機構について説明すると、本体フレーム2に軸21により支持されたトリミングカム20に、軸24により本体フレーム2に支持された第1レバー22の下端に軸支されたカムホロア23が当接しており、同じく軸24に支持された第2レバー25の前面に突設された突起28に、本体フレーム2に取り付けられたエアーシリンダ26のピストンロッド27が当接してその弾出力により第2レバー25が時計方向に付勢され、その下端に螺入した押しボルト29と第1レバー22の背面に形成した突起31との当接により第1レバー22と第2レバー25の相対角度が定まり、ナット30により押しボルト29が固定されて第1レバー22と第2レバー25によりトリミングレバー44が構成されている。
【0012】トリミングレバー44の上端には、図2に示すように、キックアウトピン1を通す溝33が削設された押圧部32が形成されている。
【0013】図3はキックアウトピン1が本体フレーム2の後端から突出する部分の拡大断面図であり、キックアウトピン1の途中に鍔34が形成され、その後ろ側にメタル35を介して雄ねじ筒36が摺動自由に嵌合されてその雄ねじ筒36の外周に雌ねじ筒37が螺合され、両ねじ筒36、37により筒体38が構成されており、雌ねじ筒37の後端には前記トリミングレバー44の押圧部32が突き当たっている。
【0014】雌ねじ筒37の前面には本体フレーム2との間にコイルばね39が直に装着され、また、スリーブ41を介してコイルばね40が装着されて筒体38が後方に付勢され、雌ねじ筒37の鍔43が本体フレーム2の段部42に押し付けられている。
【0015】キックアウトピン1は図示しないばねによって後退方向へ付勢されて鍔34が雄ねじ筒36に押し付けられている。
【0016】筒体38は、雌ねじ筒37が図示しないピンにより本体フレーム2に対して回転しないようになっており、雄ねじ筒36を正逆方向に回転することにより、筒体38とキックアウトピン1の鍔34との当接位置が前後に移動するようになっている。
【0017】上記キックアウト装置の作動を説明する。
【0018】まず、図4に示すように、ラム46に装着された中空のトリミングパンチ45でワークaの頭部bを六角に削り取って削り屑cをダイス47の前面に押し付けると同時に、図1に示すように、トリミングカム20の回転によりトリミングレバー44が前傾してその上端の押圧部32で筒体38を押し、図5に示すように、筒体38が鍔34を押すことによりキックアウトピン1が少し前進してワークaが押され、削り屑cが頭部bから引きちぎられる。
【0019】このとき、キックアウトピン1の前進量はカム20によるトリミングレバー44の動作量によって決まり、固定ストロークとなる。
【0020】続いて、図6に示すように、ラム46とともにトリミングパンチ45が後退すると、図1に示すように、キックアウトカム4の回転によりキックアウトレバー5が前傾してローラー10で中間レバー11を押し、その上端部に羅着した押しボルト14でキックアウトピン1を大きく押し出し、図6に示すように、頭部bがトリミングされたワークaがトリミングパンチ45内を通って蹴り出され、削り屑cはトリミングパンチ45とダイス47の間から落下する。
【0021】このとき、キックアウトピン1の前進量は、キックアウトレバー5のねじ棒8の回転によるスライダ9の上下動によって調節され、スライダ9が、図1に実線で示すように、上方にあるときはローラー10が中間レバー11を大きく前傾させてキックアウトピン1は大きく押し出され、同図に鎖線で示すように、スライダ9が下方にあるときは中間レバー11の前傾量が小さく、キックアウトピン1の押し出し量も小さくなるのであって、ワークaの首下長さによって適宜に調節される。
【0022】このように、ワークaの蹴り出しのためのキックアウトピン1の移動量の調節を行う際にトリミングのためのキックアウトピン1の移動量が変化しないから、蹴り出し量の調節を容易に行うことができる。
【出願人】 【識別番号】000117009
【氏名又は名称】旭サナック株式会社
【出願日】 平成7年(1995)8月23日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】野口 宏
【公開番号】 特開平9−57390
【公開日】 平成9年(1997)3月4日
【出願番号】 特願平7−239256