トップ :: A 生活必需品 :: A41 衣類




【発明の名称】 意識変換用スカ−フ兼用ハンカチ
【発明者】 【氏名】橋田 寿久年

【氏名】井坂 勝美

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 ハンカチだけでなく、スカーフとしても機能し得る大きさの正方形のハンカチ生地の中央領域に、前記正方形の中心位置を中心として前記正方形の幅よりも小さな直径を有し、かつ前記正方形を同一形状の長方形に分割することにより形成される両側の半円領域の一方を白で、他方を紫、赤、青、褐、黄及び緑のいずれか一色で着色した円形状中央着色部を形成し、前記長方形の周縁領域に、所属の前記半円領域と同一色の周縁着色部を形成すると共に、この周縁着色部及び所属の前記半円領域間の中間領域に、互いに相手の前記半円領域と同一色の円外着色部を形成したことを特徴とする意識変換用スカーフ兼用ハンカチ。
【請求項2】 正方形の幅が、45乃至55cm程度であることを特徴とする請求項1の意識変換用スカーフ兼用ハンカチ。
【請求項3】 中央着色部の直径が正方形の幅の半分よりも大きく、かつ周縁着色部の幅が2分割線上に円外着色部を残すように設定されていることを特徴とする請求項1の意識変換用スカーフ兼用ハンカチ。
【請求項4】 両側の長方形の周縁着色部が、正方形の幅から中央着色部の直径を減算した幅の1/4以下の幅を有する互いに対称形状のコの字形であることを特徴とする請求項1の意識変換用スカーフ兼用ハンカチ。
【発明の詳細な説明】【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、スカーフとしても兼用でき、かつ意識変換用のデザインが付された意識変換用スカーフ兼用ハンカチに関するものである。
【0002】
【従来の技術】色彩が意識に微妙に影響する事実は周知であるが、日常生活においてこのような色の心理効果を積極的に利用して意識状態を所望の意識へ変換することを目的とした道具は、特に存在していなかった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】そこで、本願出願人は、特願平6−329659号により、互に同一形状を有し、かつ少なくとも表面を単色又は2色の組合せ色で着色された複数種類の着色体を一組として構成され、この一組中に、一方の色は共通に白色であり、他方は互に異る色の組合せ色で着色された複数種類の着色体を含むことにより、意識状態を所望の意識へ変換するのに使用できる意識変換具を提案した。これにより、色彩を利用した意識変換具により、所望の意識に応じて着色体を適宜選択することにより、必要時に自分の意識をプラスの方向へ変換することが可能となる。
【0004】本発明は、このような意識変換具をさらに発展させ、実用的な用途を持つと共に、デザインも配慮した2色の組合せの意識変換用スカーフ兼用ハンカチを提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は、この目的を達成するために、請求項1により、ハンカチだけでなく、スカーフとしても機能し得る大きさの正方形のハンカチ生地の中央領域に、正方形の中心位置を中心として正方形の幅よりも小さな直径を有し、かつ正方形を同一形状の長方形に分割することにより形成される両側の半円領域の一方を白で、他方を紫、赤、青、褐、黄及び緑のいずれか一色で着色した円形状中央着色部を形成し、長方形の周縁領域に、所属の半円領域と同一色の周縁着色部を形成すると共に、この周縁着色部及び所属の半円領域間の中間領域に、互いに相手の半円領域と同一色の円外着色部を形成したことを特徴とする。
【0006】前述の特願平6−329659号の明細書に記載のように、変換に関して鋭意研究する過程において下記を含む多数の試験例から特に白が有効な作用を果たすことを確認するに至った。例えば、3才になる女子を連れて実家に帰っている離婚した35才の女性の場合、白と青の衣装をほぼ連日身に付けることにより、敵意・憎しみ・疑惑等のマイナス意識が3ヶ月で解消した。体全体が不調で精神的にも暗く落ち込んでおり、種々の治療に対して効果が無く、病名不明と診断された70才の女性の場合、白と紫の組み合わせ色の大きな円を部屋の壁に貼り、努めて眺めるようにしていることにより1ヶ月程度で徐々に治癒した。共働きですれ違いの生活のために次第に夫婦間のコミュニケーションが欠けるようになり、絶望的な状態に陥った夫婦の場合、テーブルコーディネートを白と黄に変えたところ2ヶ月程度で互の愛情が甦えった。
【0007】本発明では、ハンカチとして使用する場合、白との2色組み合わせの真円状の中央着色部が中央部を占める。二つ折してスカーフとして使用する場合、長方形において、半円領域とその周囲の円外着色部とで2色組み合わせとなる。いずれの場合も典型的な形状が色分けされることにより、2色組み合わせの効果が有効に発揮される。着色部には丸みが与えられ、緊張を弛緩させて所期の心理効果を有効に発揮させる。周縁着色部は、単純な形状でデザイン効果を奏すると共に、その単純性により着色への集中度を損なわず、2色組み合わせの意識変換作用を損なうことはない。一方を白にする組み合わせ色で白の心理的な浄化作用により相手色の惹起する意識を自然な状態で受容させる。このような使用をくり返すことにより変換作用が強められると共に、潜在意識として深化される。加えて、着色に対して徐々に生まれる観念により、その意識の暗示効果も生じ、意識変換作用が一層強化される。
【0008】
【発明の実施の形態】図1を基に本発明の一実施形態による意識変換用スカーフ兼用ハンカチを説明する。9は本発明による意識変換用スカーフ兼用ハンカチであり、通常のスカーフの縦幅よりも短く、かつ通常のハンカチ幅よりも広い53cmの正方形の例えば綿の白染色のハンカチ生地10を部分的に紫で染色している。
【0009】即ち、ハンカチ生地10の中央領域に、正方形の中心位置を中心としてその幅よりも小さな直径を有し、かつ同一形状の長方形に2分割線Aで分割することにより形成される両側の半円領域11a、11bの一方を白で、他方を紫で着色した円形状中央着色部11が形成されている。
【0010】ハンカチ生地10の周縁領域には、デザイン効果を増すように、所属の半円領域11a、11bと同一色の周縁着色部12、12aが形成されている。即ち、半円領域11a側の周縁着色部12は白のコの字形を形成し、半円領域11b側の周縁着色部12aは紫の対称形状のコの字形を形成している。
【0011】これらの周縁着色部12、12a及び所属の半円領域11a、11b間には、相手の半円領域11b、11aと同一色の円外着色部13、13aとして形成されている。即ち、円外着色部13は紫、円外着色部13aは白であり、幅狭の周縁着色部12、12aと共に2分割線Aに達して所属の半円領域11a、11bと面積が大幅に異ならないようになっている。円形状中央着色部11の直径は約44cmであり、2分割線A上において円外着色部13、13aの幅は、周縁着色部12、12aの幅の2倍の約3cmである。
【0012】日本色研配色記号(P.C.S.C記号)により、白の色彩については、トーン記号w:9.5、色相・明度:n−9.5である。紫はdp22及び22.P−2.4−8sである。裏面も同様に染色され、スカーフ兼用ハンカチ9を反転しても対称形状の同一着色状態になる。
【0013】このようなスカーフ兼用ハンカチ9は、ストレスを感じている人の回復に有効である。ハンカチとして使用する際に真円中の2色組み合わせの模様を眺めることにより、晴れない憂鬱な心を象徴する紫が純白・無垢を象徴する白に流されて清められて意識が本来の姿に戻される。中央部で中央着色部11が大きな面積を占めることにより、円である典型的な形状を前提にした色分けで有効に意識変換作用が惹起され、さらにその丸み形状が心理もしくは暗示効果を増幅する。周縁着色部12、12aは、2色を条件としたハンカチとしてのデザイン性を高めており、壁に広げて壁飾りとしても使用でき、同様に意識変換が行われる。
【0014】このような使用をくり返すことにより変換作用が強められると共に、潜在意識として深化される。加えて、その着色に対して徐々に生れる観念により、その意識の暗示効果も生じ、意識変換作用が一層強化される。
【0015】スカーフとして使用する場合、2分割線Aで折り畳んで使用する。その際、2分割線Aの一方側の半円領域11a又は11bと、所属の円外着色部13又は13aとが大きく異ならない面積となり、長方形を紫及び白で丸みを持たせて色分けしたデザインとなり、同様に2色組み合わせによる意識変換作用が惹起される。
【0016】このようなスカーフ兼用ハンカチ9は、紫を赤、青、褐、黄及び緑のいずれかで置換した6種類を店頭に揃えておき、客の所望の変換意識に応じて購入させることができ、また全てを購入して随時任意のものを使用させるようにもできる。この場合、トーン記号及び色相・明度・彩度に関し、赤はv2及び2.R−4.5−9s、黄はv8及び8.Y−8.0−9s、青はv18及び18.B−3.5−9s、褐はdK4及び4.r0−3.0−5s、緑はv12及び12.G−5.5−9sにする。
【0017】意識を積極化したいときには白と赤、こだわりの意識を解放したいときには白と青、満足感を得たいときには白と褐、希望が涌くようにしたいときには白と黄、苦境時の気持ちを和らげて再前進したいときには白と緑を選択させる。
【0018】即ち、白と赤は、不満を持ち自分を前面に打ち出したい赤と、自分の感情をセーブし相手に尽くしたい白が調和して、自信が湧き出て、不安から逃れ、明るさに溢れる元気な心の状態が生れる。白と青は、青は空、憂愁を思わせる青が自己否定の白と一体化して素直で柔順なわだかまりの無い状態にする。白と褐は、食物欲求、貧しさの象徴の褐が清純なやさしい白と一体化し、心豊かで満ちたりた幸せを感じる状態にする。白と黄は、富と栄誉の金のイメージの黄が潔白な白と一体化し、暖かさの意識が生れ、希望が湧いてくる。白と緑は、新しい生命の成長を象徴すると同時に生の中の死、即ち衰退と阻害を伴う緑のイメージが、太陽光の白色のやさしさ思いやりで救助され、新たに救助されたい気持ちに内在する向上・進歩の気持が発現する。
【0019】このようなスカーフ兼用ハンカチ9と同様な2色組み合わせ色の着色ディスクを用いた試験例を次に説明する。未来に対して漠然とした不安に悩まされていた女性の健康薬品のセールスマンが、赤と白の組合せ色を1日3回、1回5分程度、1週間眺めているうちに不安が解消し、元気が湧いてきた。同じ組合せ色により、仕事の打ち合せの相手が自分より権威を持った人であるために、不安を抱いていた65才の男性が午後5時から又翌日午前10時頃まで数回見ていることにより、「えい! この際なんでも喋ってやれ!」と云った開き直った気分で楽に話すことができた。
【0020】神経酷使による慢性的な胃痛に苦しんでいた35才のOLが、白と紫の組合せ色を5分〜6分位眺めていたところ胃痛が解消した。同じ組合せ色により、真夜中眠れず右脇腹に傷みを感じていた50才の女性が明るい電灯のもとで寝ながら2分間ぐらい見ているうちに眠りにつけた。
【0021】夫に対する不満が募り、要求一辺倒になった結婚4年目の若妻が白と青の組合せ色を10分間眺めているうちに気分が静まり、謙虚な穏やかな気持が生れてきた。同じ組合せ色により、同僚に対して嫌悪感を抱いていた21才の女性が毎日数回1週間の使用でその同僚を気にしないで過ごせるようになった。
【0022】会社の悪口を言ってばがりいた20才の女性が、白と褐の組合せ色を1日数回1ヶ月程度毎日見ることにしているうちに上司や会社の悪口を言わなくなってきた。同じ組合せ色により、不平不満ばかり言っていた76才の老女が1日数回3週間程度眺めているうちに愚痴を言わなくなった。
【0023】リストラの不安に脅えていたサラリーマンが、白と黄の組合せ色を1日5回、約5分〜6分眺めるのを5日間続けた結果、不安が解消し、希望が湧いてきた。同じ組合せ色により、会社を退めたいと毎日不満を持っていた25才の女性が毎日数回1週間使用を続けるうちにその意識が無くなってきた。
【0024】単身上京し、経済的、精神的に行き詰まっている青年に、白及び緑の組み合わせを眺めるように勧めたところ、5分位で発展的な意識が芽生えてきた。さらに、自動車運転免許試験に2度続けて落ちたOLが「勇気が湧いてきた」と云ったり、下宿探しに苦慮している学生が「頑張ろう」と呟いた等が確認された。
【0025】尚、前述の正方形の大きさは、ハンカチ及びスカーフとして機能し得るように45乃至55cm程度に設定するのが好ましい。
【0026】中央着色部の直径は、真円中の2色組み合わせの心理効果を確保するために、正方形の幅の半分よりも大きくするのが好ましい。周縁着色部の形状は、コーナ部分に丸みを与える等の変形が可能であるが、スカーフとして使用する際の円外着色部の面積を確保するために、2分割線上に円外着色部を残すように設定する。また、周縁着色部の形状は、余り複雑な模様にしない方が意識変換作用上好ましい。
【0027】
【発明の効果】請求項1の発明によれば、意識変換具専用の道具を敢えて用意することなく、日常使用するハンカチ又はスカーフを使用する際に意識変換を行うことが可能となる。意匠性も配慮されているために、壁飾りとして使用して意識変換を行うこともでき、また人目に晒されても気にならず、ユニ−クなデザインとなる。ハンカチ及びスカーフの兼用であるために、使用頻度を高めることができ、相応に意識変換効果を高くできる。この際、請求項2により、幅を45乃至55cm程度に設定することにより、ハンカチ及びスカ−フとして特に有効に機能し得る。
【0028】請求項3の発明によれば、広げた状態ではハンカチ全体に対して大きな面積の2分割円、二つ折りにした状態では半円が侵入した長方形である典型的な形状内の色分けにより、2色組み合わせの心理作用が有効に発揮される。
【0029】請求項4によれば、典型的な形状内の2色組み合わせの心理作用を損なうことなく、周縁領域を利用して単純でユニ−クなデザインが得られる。
【出願人】 【識別番号】595002443
【氏名又は名称】橋田 寿久年
【識別番号】593073078
【氏名又は名称】井坂 勝美
【出願日】 平成8年(1996)5月31日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】福留 正治
【公開番号】 特開平9−316707
【公開日】 平成9年(1997)12月9日
【出願番号】 特願平8−160849