トップ :: G 物理学 :: G10 楽器;音響




【発明の名称】 BGVデータ通信装置を備えた通信カラオケシステム
【発明者】 【氏名】茅 豊範

【氏名】佐々木 雅時

【目的】 通信カラオケ端末で、曲の変化に対応して出来るかぎり多様なBGV映像を表示する。
【構成】 ホスト基地局側で、人物や風景からなる背景映像を、レーザーレコーダー・プレーヤーの光磁気ディスクに映像データを記録する際に行う圧縮方式を用いて圧縮し、識別番号を付けてBGVデータとして蓄積するBGV映像データベースを、楽曲データベースに追加して設け、通信カラオケ端末側に追加してBGVデータ通信装置を設ける。このBGVデータ通信装置を信号解凍回路とBGV専用メモリと再生回路とから構成し、ホスト基地局がBGV映像データベースからBGVデータを通信回線を介してBGVデータ通信装置に送信する。BGVデータ通信装置では、BGVデータを信号解凍回路により解凍してBGV専用メモリに映像データにして蓄積する。必要に応じてこの映像データを読み出し再生回路で映像を再生して、レーザープレーヤーからの背景映像に替えて、表示装置に表示する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 番号を付けた曲データと歌詞データとの組を蓄積する楽曲データベースを備えたホスト基地局と、このホスト基地局と通信回線を介し接続される通信カラオケ端末からなり、この通信カラオケ端末側でテンキースイッチにより番号を指定して曲データをアクセスして、音楽データと歌詞データを受信して楽曲を演奏し、かつ歌詞データのテロップを、レーザープレーヤーから再生した人物や風景の背景映像に重ねて表示装置に表示する通信カラオケシステムにおいて、ホスト基地局側で、前記楽曲データベースに追加して、人物や風景からなる背景映像を、レーザーレコーダー・プレーヤーの光磁気ディスクに映像データを記録する際に行う圧縮方式を用いて圧縮し、識別番号を付けてBGVデータとして蓄積するBGV映像データベースを設け、前記通信カラオケ端末側に追加してBGVデータ通信装置を設け、このBGVデータ通信装置を信号解凍回路とBGV専用メモリと再生回路とから構成し、前記ホスト基地局がBGV映像データベースからBGVデータを通信回線を介してBGVデータ通信装置に送信し、前記BGVデータ通信装置では、BGVデータを信号解凍回路により解凍してBGV専用メモリに映像データにして蓄積し、必要に応じてこの映像データを読み出し前記再生回路で映像を再生して、前記レーザープレーヤーからの背景映像に替えて、前記表示装置に表示することを特徴とするBGVデータ通信装置を備えた通信カラオケシステム。
【発明の詳細な説明】【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、カラオケの背景となる映像データを通信回線を介して供給するBGVデータ通信装置を備えた通信カラオケシステムに関する。
【0002】
【従来の技術】通信カラオケ装置では、リクエストされた曲のメロデイーをスピーカーから放音するとともに、表示装置には、歌詞や曲に合った風景や人物の背景映像(BGV映像)を映し、更に歌詞の文句を文字として表示装置にスーパーインポーズしている。リクエストされた曲は、その都度ISDN回線1の先にあるホスト基地局20から送られてくる。一方背景映像は、カラオケ店に設置しているLDプレイヤーを使用し、備え付けのレーザーディスク(LD盤)から曲のイメージに適したものをプログラム上で選択して読み出し、表示している。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来のLD盤等を使用する場合のBGV映像は、同じ曲番号をリクエストした時に同じ映像が出やすくなっている。またLD盤等のストックには店内のスペースやコストの面から限りがあるので、曲数に較べて場面映像数が少ないため、別の曲番号でも同じ映像が出てくることになり、見た目に飽きがくるという問題があった。この発明では、曲の変化に対応して出来るかぎり多様なBGV映像を表示することを目的としている。
【0004】
【課題を解決するための手段】通信カラオケシステムにおいて、ホスト地局側で、人物や風景からなる背景映像を、レーザーレコーダー・プレーヤーの光磁気ディスクに映像データを記録する際に行う圧縮方式を用いて圧縮し、識別番号を付けてBGVデータとして蓄積するBGV映像データベースを、楽曲データベースに追加して設ける。通信カラオケ端末側に追加してBGVデータ通信装置を設け、このBGVデータ通信装置を信号解凍回路とBGV専用メモリと再生回路とから構成する。ホスト基地局がBGV映像データベースからBGVデータを通信回線を介してBGVデータ通信装置に送信し、BGVデータ通信装置では、BGVデータを信号解凍回路により解凍してBGV専用メモリに映像データにして蓄積する。必要に応じてこの映像データを読み出し再生回路で映像を再生して、レーザープレーヤーからの背景映像に替えて、表示装置に表示する。演奏音楽に合わせて、低コストで多様な背景動画を表示できる。
【0005】
【実施例】以下この発明を図面に従って説明する。図2において、本発明の実施例を通信カラオケシステムのホスト基地局を利用する場合について説明する。ISDN(光ファイバーの高密度情報)回線1等の通信回線の交換局2の先にあるホスト基地局3では、カラオケの楽曲データベース5に追加して、伴奏やメロディの背景映像となるBGV(Back Grand Video)データベース4を蓄積している。BGVデータベース4内にはBGVデータが、楽曲データベース5内にはMIDIデータがその組となる歌詞データとともにそれぞれ蓄積されている。
【0006】ホスト基地局3には、通信を制御するDSU8、切替回路7、RAM9、ROM10、磁気ディスク51が設けられている。プログラムROM10には、CPU6の動作を制御するプログラムが記憶され、切替回路7はCPU6の指令により、楽曲データベース5またはBGVデータベース4を択一的に選択する。BGVデータベース4のBGVデータの再生した映像は、通常のカラオケ用のレーザーディスクLDから出力される人物や風景の動く映像と同品質のものである。
【0007】BGVデータのデータ形式は、周波数によって量子化ビット数を減少させたりした、公知の国際規格M−PEG(Moving Picture Experts Group) の映像圧縮処理を施したデジタル信号の映像データである。ホスト基地局3のBGVデータベース4、楽曲データベース5では、各映像や曲名には識別番号が付けられており、各映像や曲名対応番号帳Bを見ながら顧客(カラオケ店の経営者)はホスト基地局3に対して各映像や曲を注文できる。
【0008】映像や曲の注文によるホスト基地局3へのリクエスト番号は磁気ディスク51に記録し、課金の資料とする。BGVデータベース4のBGVデータは、各地の風景や、カラオケ用に撮影された人物と風景があり、これらは所定の契約により、ビデオ制作会社からホスト基地局3に供給される。
【0009】次に、図1において、ISDN回線1上の通信カラオケ端末24はBGVデータ通信装置25を追加した構成となっている。通信カラオケ端末24は通信制御回路11、記憶装置23、再生装置34、テンキースイッチ19、CPU20、液晶表示部21、表示装置29、ROM16から構成されている。
【0010】まず、ROM16には通信カラオケ端末24とBGVデータ通信装置25との全体を制御するプログラムが記憶されている。通信カラオケ端末24は、ISDN(光ファイバーの高密度情報)回線1から音楽信号と歌詞データを受信し、記憶装置23に蓄積し、再生装置34で再生してスピーカー30から演奏し、歌詞のテロップを表示装置29に表示する。再生装置34には、文字処理回路26、ボ−カル回路17、MIDI回路18が相当する。
【0011】表示装置29にはLDプレイヤーからのBGV映像や歌詞文字のテロップを表示する。テンキースイッチ19内のセットスイッチはBGV映像や曲のリクエスト動作を指示し、テンキーは数値を入力するものである。テンキーからの数値コードはCPU20により解読され、数字が液晶表示部21に表示される。
【0012】BGVデータ通信装置25は、通信カラオケ端末24と共用の通信制御回路1テンキースイッチ19、CPU20、液晶表示部21、表示装置29、ROM16等に追加して、BGV一時メモリ12、信号解凍回路13、BGV専用メモリ14、BGV再生回路15、切替回路22、加算回路32とから構成される。
【0013】通信制御回路11はISDN(光ファイバーの高密度情報)回線1からBGVデータの圧縮信号を受信し、BGV一時メモリ12に格納する。一時メモリ12からの圧縮信号は信号解凍回路13で解凍され、BGV専用メモリ14に送り出される。BGV専用メモリ14はハードディスクであったり、独立したLDレコーダー・プレーヤー用のレーザーディスクであってもよい。切替回路22は既設のLDプレーヤーのBGVデータと、BGV専用メモリ14のBGVデータとのうちひとつを択一的に選択するものである。加算回路32は通信カラオケ端末24側からの歌詞テロップと風景等のBGVデータとを映像合成する。
【0014】CPU20は全体を制御する中央演算装置であり、例えばテンキー19からの選択信号に従い、切替回路22の設定等を行う。BGV専用メモリ14が、独立したLDレコーダー・プレーヤーの場合は、レーザー光線と磁気を使用する光磁気ディスクが記憶媒体になる。公知技術のため省略するが、LDレコーダー・プレーヤーでは磁気ヘッドにより、光磁気ディスクのレーザー光線で加熱された位置点にBGVデータを書き込み、消去したりできる。
【0015】BGVデータのフォーマットを図3に示す。フォーマットは、一連の風景や登場人物の立ち振る舞いからなる単位BGVデータ毎に、受信順番の番号iとBGVデータ番号nとBGV圧縮データdの本体とサムチェックsをセットにする。一連の風景や登場人物の立ち振る舞いが途切れないように、ホスト基地局3からは単位BGVデータは一括して送信される。BGVデータ番号nはBGVデータベース4内および対応帳B内の映像の識別番号である。
【0016】BGV専用メモリ14が、がハードディスクやICメモリの場合は、メモリ容量の許す限り種別にしてi個までのBGVデータを記憶する。受信順番の番号iはCPU20により計数される。BGV専用メモリ14が、LDレコーダー・プレーヤーの場合は、BGV(光磁気)ディスクはフロッピーディスクと同様にUTOC=User's of Table Contentsが用意され、受信順番の番号iとBGVデータ番号nとBGV圧縮データdとサムチェックsと表示必要時間が自動的に書き込まれる。
【0017】次に、本願の動作について説明する。顧客(カラオケ店主)はBGVデータベース4の映像対応番号帳Bを見ながら映像番号を通信カラオケ端末24のテンキー19から入力してホスト基地局3にBGVデータの映像を注文する。また、一般の顧客は楽曲データベース5の曲対応番号帳Bを見ながら曲番号を入力してホスト基地局にカラオケ用のMIDIデータの曲を注文できる。
【0018】ホスト基地局3では、RAM9はISDN回線1からDSU8を介して受信されるBGVデータのリクエスト映像番号を一時記憶する。CPU6はRAM9に到着したリクエスト映像番号を検出し、切替回路7によりBGVデータベース4を択一的に選択する。CPU6はBGVデータベース4の当該リクエスト映像番号に対応した映像データを読み出し、ISDN回線1を介してBGVデータ通信装置25に発送する。磁気ディスク51には、BGVデータ通信装置25に設定された顧客番号とともに、リクエストを受けて送信した有料の映像番号が記録される。
【0019】ISDN回線1からからリクエストした映像の希望したBGVデータがBGVデータ通信装置25側に送られてくる。BGVデータ通信装置25側では、BGVデータを一時メモリ12に一時記録する。CPU12は必要ならROM16のチェックプログラムに従って受信したBGVデータの正常・異常をデータチェックする。BGVデータが正常なら、一時メモリ12から読み出し、信号解凍回路13で解凍する。解凍済BGVデータは(光磁気)ディスク(BGV盤)等のBGV専用メモリ14に書き込まれる。
【0020】カラオケ演奏が開始すると、CPU12は必要なBGVデータをBGV専用メモリ14から読み出し、再生回路15で再生し、切替回路22では再生回路15を選択する。かくして、ホスト基地局3から受信した多様性に富んだ映像を29に、テロップとともに表示する。
【0021】なお、ホスト基地局3から定期的にBGVデータを送信し、BGVデータ通信装置25側ではBGV専用メモリ14の容量に限界があるので、所定の基準に従って更新するようにしてもよい。カラオケ曲のリクエストと同じように、番号入力により映像情報を要求し、変化に富むBGV映像を入手し通信カラオケ端末でBGV専用メモリ14に記録できる。
【0022】
【発明の効果】以上説明してきたように、この発明によれば、ホスト基地局側で、人物や風景からなる背景映像を、レーザーレコーダー・プレーヤーの光磁気ディスクに映像データを記録する際に行う圧縮方式を用いて圧縮し、識別番号を付けてBGVデータとして蓄積するBGV映像データベースを楽曲データベースに追加して設ける。通信カラオケ端末側に追加してBGVデータ通信装置を設け、このBGVデータ通信装置を信号解凍回路とBGV専用メモリと再生回路とから構成する。ホスト基地局がBGV映像データベースからBGVデータを通信回線を介してBGVデータ通信装置に送信し、BGVデータ通信装置では、BGVデータを信号解凍回路により解凍してBGV専用メモリに映像データにして蓄積する。必要に応じてこの映像データを読み出し再生回路で映像を再生して、レーザープレーヤーからの背景映像に替えて、表示装置に表示する。これにより、多様なBGV映像が得られ、同じ映像が出なくなり、カラオケの雰囲気が盛り上がる。LD盤を大量にストックするのではないので、省スペースであり、BGV映像が増大する割りにはコストも最小限に押さえられる。
【出願人】 【識別番号】000132840
【氏名又は名称】株式会社タイトー
【出願日】 平成6年(1994)11月1日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】八嶋 敬市
【公開番号】 特開平8−129395
【公開日】 平成8年(1996)5月21日
【出願番号】 特願平6−290331