トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業




【発明の名称】 育苗用ポット及び育苗用棚装置及びそれらからなる育苗装置及び育苗方法
【発明者】 【氏名】有働 博臣

【目的】
【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】 育苗用ポットであって、この育苗用ポットは、内部に土が保持可能な筒状に形成されており、下部には通液孔を有し、上部開口部の近傍には、苗から伸びるライナーの先端部のクラウンを育苗用ポット上部に実施的に固定するための定置手段を備えていることを特徴とする、育苗用ポット。
【請求項2】 下部が畝土に差込み可能なように先細りに形成されていることを特徴とする、請求項1記載の育苗用ポット。
【請求項3】 育苗用棚装置であって、この棚装置は、棚板と、この棚板の上面に設けてある所要数の導液凹部と、この導液凹部の底部に設けてある育苗用ポット装着孔と、この育苗用ポット装着孔に装着される育苗用ポットを装着状態から相対的に上昇させることができる育苗用ポット上昇手段と、を備えていることを特徴とする、育苗用棚装置。
【請求項4】育苗用棚装置であって、この棚装置は、棚板と、この棚板の上面に設けてある所要数の導液凹部と、この導液凹部の底部に設けてある育苗用ポット装着孔と、上記育苗用ポット装着孔に導入される液体を導液凹部外へ排出することができる排液手段と、を備えていることを特徴とする、育苗用棚装置。
【請求項5】 育苗装置であって、この装置は、請求項1または2記載の育苗用ポットと、育苗用棚装置と、を備えており、上記育苗用棚装置は、棚板と、この棚板の上面に設けてある所要数の導液凹部と、この導液凹部の底部に設けてある育苗用ポット装着孔と、を備えていることを特徴とする、育苗装置。
【請求項6】 育苗装置であって、この装置は、請求項1または2記載の育苗用ポットと、請求項3または4記載の育苗用棚装置と、を備えていることを特徴とする、育苗装置。
【請求項7】 育苗用ポットと育苗用棚装置を使用した育苗方法であって、この方法は、育苗用ポットから苗を土ごと取り出すステップ、育苗用ポットを畝土に差し込んで苗穴をあけるステップ、上記苗穴に、取り出した苗の根部を入れて植えるステップ、を含む、育苗方法。
【発明の詳細な説明】【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、苺などの苗を生育させる育苗用ポット及び育苗用棚装置及びそれらからなる育苗装置及び育苗方法に関するものである。
【0002】
【従来技術】例えば、苺の育苗は次のように行なわれている。
■ 親株から伸びたライナーの先端部に生じるクラウンを、上部が開口され下部に通液孔を有する細長い育苗用ポット内の土に根着かせる。
■ 根着いたクラウンからはライナーが伸びるので、その先端部に生じるクラウンを次々に他の育苗用ポットに根着かせる。
■ 5〜6本の育苗用ポットに根着かせたところでライナーを切り、それぞれ独立した苗とする。
■ 脚台に載せた棚板に設けてある装着孔に苗を根着かせた育苗用ポットを収容し、上部から水や液肥を散布して苗を育てる。
■ 苗が適当な大きさに育ったら育苗用ポット内の苗を畝に植え替える。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上記したような従来のものには、次のような課題があった。
(a)クラウンを育苗用ポット内の土に根着かせる際には、根の成長による反発力あるいは風や僅かなショックなどによってクラウンが育苗用ポットから外れやすい。このため、別に用意したU字状のピンでライナー先端部を土に固定する方法が採られている。しかし、この方法では狭い育苗用ポットの中の土にライナーを挟んだ小さなピンを差込む作業が細かい作業となるため作業がしにくく、効率が悪い。
【0004】(b)棚板に設けてある装着孔は、上面側に導液斜面を有する構造で、水や液肥が効率よく育苗用ポット内に導入されるようになっている(後で説明する図3参照)。しかし、苗はほとんどが屋外で育苗されるため、この構造では季節的にも雨水による水の供給が過剰になりやすく、根腐れをおこす心配があった。
【0005】(c)生育した苗を畝土に植え替えるときには、手で土を掘って植え替え用の穴を形成している。この方法では、穴の深さが一定になりにくいなど、作業の効率が悪く迅速な植え替えができない。
【0006】
【発明の目的】本発明は、上記課題を解消するもので、育苗用ポットと棚板を使用して苺などの苗を生育させる際、ライナーの先端部のクラウンを育苗用ポット内の土に根着かせる作業が容易かつ確実にできるようにすることを目的とする。また、育苗用ポットを棚板に収容して育苗するとき、雨水による水の過剰供給を抑え、根腐れを起こしにくくすることを目的とする。更には、生育した苗を畝土に植え替える作業が容易かつ迅速にできるようにすることを目的とする。
【0007】
【目的を達成するための手段】上記目的を達成するために講じた本発明の手段は次のとおりである。第1の手段にあっては、育苗用ポットであって、この育苗用ポットは、内部に土が保持可能な筒状に形成されており、下部には通液孔を有し、上部開口部の近傍には、苗から伸びるライナーの先端部のクラウンを育苗用ポット上部に実施的に固定するための定置手段を備えている、育苗用ポットである。
【0008】第2の手段にあっては、下部が畝土に差込み可能なように先細りに形成されている、第1の手段に係る育苗用ポットである。
【0009】第3の手段にあっては、育苗用棚装置であって、この棚装置は、棚板と、この棚板の上面に設けてある所要数の導液凹部と、この導液凹部の底部に設けてある育苗用ポット装着孔と、この育苗用ポット装着孔に装着される育苗用ポットを装着状態から相対的に上昇させることができる育苗用ポット上昇手段と、を備えている、育苗用棚装置である。
【0010】第4の手段にあっては、育苗用棚装置であって、この棚装置は、棚板と、この棚板の上面に設けてある所要数の導液凹部と、この導液凹部の底部に設けてある育苗用ポット装着孔と、上記育苗用ポット装着孔に導入される液体を導液凹部外へ排出することができる排液手段と、を備えている、育苗用棚装置である。
【0011】第5の手段にあっては、育苗装置であって、この装置は、第1または第2の手段に係る育苗用ポットと、育苗用棚装置と、を備えており、上記育苗用棚装置は、棚板と、この棚板の上面に設けてある所要数の導液凹部と、この導液凹部の底部に設けてある育苗用ポット装着孔と、を備えている、育苗装置である。
【0012】第6の手段にあっては、育苗装置であって、この装置は、第1または第2の手段に係る育苗用ポットと、第3または第4の手段に係る育苗用棚装置と、を備えている、育苗装置である。
【0013】第7の手段にあっては、育苗用ポットと育苗用棚装置を使用した育苗方法であって、この方法は、育苗用ポットから苗を土ごと取り出すステップ、育苗用ポットを畝土に差し込んで苗穴をあけるステップ、上記苗穴に、取り出した苗の根部を入れて植えるステップ、を含む、育苗方法である。
【0014】
【作用】育苗用ポット内に保持される土に、親株から伸びたライナーの先端部にあるクラウンを載せる。このクラウンを定置手段によって育苗用ポット上部に実質的に固定する。これにより、根の成長による反発力や風などでクラウンが育苗用ポットから簡単に外れてしまうことを防止できる。
【0015】下部が畝土に差込み可能なように先細りに形成してある育苗用ポットにあっては、苗を畝土に植え替えるときに、苗の根部が丁度収まる形状の苗穴を畝土に差し込むだけで簡単に形成できる。
【0016】棚板の育苗用ポット装着孔に係止装着された育苗用ポットには導液凹部により雨水や液肥が集められて効率よく導入される。雨が多く、育苗用ポットへの雨水の導入量を抑えたいときには、育苗用ポット上昇手段を備えたものでは、育苗用ポットを上げるかあるいは棚板を下げるなどして、育苗用ポットを装着状態から相対的に上昇させる。これにより、育苗用ポットの上部開口部が育苗用ポット装着孔の孔口から上方へ離れるので、雨水などは育苗用ポット内へ導入されなくなる。また、排水手段を備えたものでは、導液凹部から導入される水などの一部または全部が排出され、育苗用ポットに導入される水などの量が調整できる。
【0017】育苗装置を使用した育苗方法を説明する。
■ 親株の側の土に、内部に土を詰めた育苗用ポットを軽く差し込んで立てておく。
■ 親株から伸びたライナーの先端部に生じるクラウンを、育苗用ポット内の土に載せて、定置手段によって上部開口部近傍に実質的に固定する。
■ 水や液肥を与え、クラウンを育苗用ポット内の土に根着かせる。
■ 根着いたクラウンから伸びたライナーの先端部に生じるクラウンを順次他の育苗用ポットに根着かせる。
【0018】■ 一本のライナーにつき5〜6本の育苗用ポットに根着かせたところでライナーを切り、定置手段も外してそれぞれ独立した苗とする。
■ 育苗用棚装置の棚板に設けてある育苗用ポット装着孔に、苗を根着かせた育苗用ポットを収容し、上部から水や液肥を与えて苗を育てる。
■ 苗が適当な大きさに育ったら、棚板から育苗用ポットを取り外す。
■ 育苗用ポットから苗を土ごと抜き取り、残った育苗用ポットを畝土に差し込んで苗穴を形成する。
■ 育苗用ポットから抜き取った苗の根部を苗穴に挿入して植え替える。
【0019】
【実施例】本発明を図面に示した実施例に基づき更に詳細に説明する。図1は本発明に係る育苗用ポットの一実施例を示す斜視図である。符号1は育苗用ポットである。育苗用ポット1は合成樹脂製で、下側がやや細くなった円筒状の胴部11を備えており、その下部には下端側が更に細く窄まるように形成された先部12が設けてある。先部12の先端部には通液孔13が設けてあり、先端部近傍の側壁部には相対向して二箇所に通液側孔13aが設けてある。胴部11の上部開口部の縁部には円環状のフランジ板14が設けてある。フランジ板14の上面の直径線上には定置手段を構成するC状の受部を有するピン受具15が相対向して設けてある。
【0020】図2は本発明に係る育苗用棚装置の一実施例を示しており、育苗用ポット装着孔の表示を一部省略した分解斜視図、図3は育苗用ポット装着孔と育苗用ポットの係止状態を示す要部断面図である。符号2は育苗用棚装置で、木または合成樹脂でつくられた長方形の棚板20を備えている。棚板20の下面の周縁部には下枠21が設けてある。また、棚板20には所要数の装着部22が設けてある。装着部22は円形の導液凹部221を備え、導液凹部221の周面は下方へ収束するように湾曲傾斜して形成されている。導液凹部221の底部中央には育苗用ポット装着孔222が貫通して設けてある。また、育苗用ポット装着孔222の口縁部は水平な係止部223となっている。
【0021】下枠21の四隅部の下面には脚部材25が折り畳み可能に設けてある。脚部材25は軸受具23に軸ピン24によって取り付けてあり、ロック装置(図示省略)によって垂直状態でロックできるようにしてある。また、符号26は四隅部に支脚27を備えた台板である。上記棚板20は脚部材25を立てるかあるいは折り畳んだ状態でこの台板26に載置されて使用される。
【0022】なお、脚部材25の各部のサイズは、後述するように、立てたときは育苗用ポット装着孔222に装着した育苗用ポット1の下端部が台板26からやや浮き上がり、折り畳んだときは育苗用ポット1の下端部が台板26と接触して上部のフランジ板14が棚板20の上面より上に位置するように設定されている。
【0023】(作 用)図4は育苗用ポットに設けてあるピン受具の使用状態を示す説明図、図5は育苗用ポットを棚板の育苗用ポット装着孔に装着している状態を示す説明図、図6は図5に示す状態から棚板を下げて相対的に育苗用ポットを上昇させた状態を示す説明図、図7は育苗用ポットから畝土に苗を植え替える方法を示す説明図である。図1ないし図7を参照して本実施例の作用を説明する。
【0024】■ 親株の側の土に、内部に土5をつめた育苗用ポット1を先部を差し込んで立てる。
■ 親株から伸びたライナー31の先端部に生じるクラウン32を、育苗用ポット1内の土5に載せて、ピン受具15にピン4を嵌め込み、ライナー31を上から押えるようにしてクラウン32を育苗用ポット1上部に実質的に固定する(図4参照)。
■ 水や液肥を与え、クラウン32を育苗用ポット1内の土5に根着かせる。
■ 根着いたクラウン32から伸びたライナー31の先端部に生じるクラウン32を上記と同様に順次他の育苗用ポット1に根着かせる。
【0025】■ 一本のライナー31につき5〜6本の育苗用ポット1に根着かせたところでライナー31を切り、ピン4も外してそれぞれ独立した苗6とする。
■ 育苗用棚装置2の棚板20に設けてある育苗用ポット装着孔222に苗6を根着かせた育苗用ポット1を収容し、上部から水や液肥を与えて苗6を育てる。
■ 苗6が適当な大きさに育ったら、棚板20の育苗用ポット装着孔222から育苗用ポット1を取り外す(以下、図7参照)。
■ 育苗用ポット1から苗6を土5ごと抜き取り、残った育苗用ポット1を畝土7に差し込んで苗穴71を形成する。この苗穴71を設ける作業は、育苗用ポット1の先部12が先細りに形成してあるので、土の抵抗もあまりなくスムーズに作業できる。
■ 育苗用ポット1から抜き取った苗6の根部61を苗穴71に挿入して植え替える。
【0026】上記■の工程においては、通常は図5に示すように棚板20の脚部材25は立ててあり、育苗用ポット装着孔222に装着した育苗用ポット1の下端部が台板26からやや浮き上がっている。この状態では、棚板20上の雨水や液肥は導液凹部221により効率よく集められ、育苗用ポット1に導入される。しかし、雨が多いときは水の供給が過剰になりやすく、これによって根腐れが起こることがある。
【0027】それを防止するために、雨が多く水の供給が過剰になると思われる場合は、図6に示すように脚部材25を折り畳んで台板26に載置する。この状態では棚板20の高さがやや低くなるので、育苗用ポット1の下端部が台板26と接触して上部のフランジ板14が棚板20の上面より上に上がることになる。これによると、雨天時の棚板20上の雨水は導液凹部221にたまるだけで溢れるので、育苗用ポット1に入ることはなく、過剰な水の供給を防止できる。
【0028】図8は育苗用ポットの他の実施例を示す要部斜視図である。本実施例では、リング状のピン挿通具15aがフランジ板14上面の直径線上に対向して設けてある。作用効果については上記育苗用ポット1とほぼ同様であるが、ピン4は横から挿通されるので外れにくく、また耐久性にも優れている利点がある。
【0029】図9は棚板に設けてある排水装置の構造を示す説明図である。本実施例においては、各導液凹部221の係止部223には排水装置を構成する排水孔220が設けてある。また、棚板20の底部には直線上に並ぶ排水孔220に対応するスライド板29が接面して配置してある。スライド板29は直線上に複数設けられた軸受具28にスライド可能に挿通してある。スライド板29には排水孔220と対応する同じ大きさの合わせ孔291が設けてある。290は操作用のツマミである。
【0030】この構造によれば、常態では図9に示すように排水孔220と合わせ孔291をずらしておき排水孔220を塞いで導液凹部221から導入される水などが育苗用ポット1内に導入されるようにしておく。また、雨水で水が過剰な場合はツマミ290をつまんで奥へスライドさせる。これにより排水孔220と合わせ孔291が合わさって貫通孔があき、雨水などを導液凹部221の外部へ排出できるので、育苗用ポット1内に導入される雨水などの量を調整できる。なお、本発明は図示の実施例に限定されるものではなく、特許請求の範囲の記載内において種々の変形が可能である。
【0031】
【発明の効果】本発明は上記構成を備え、次の効果を有する。
(a)本発明に係る育苗用ポットによれば、親株から伸びたライナーの先端部にあるクラウンは、従来のようにU字状のピンで育苗用ポット内の土に直接固定するのではなく、定置手段により育苗用ポット上部に実質的に固定される。すなわち、育苗用ポット内での細かな作業が不要となり、外部で固定作業ができるようになるので、作業性が向上し、迅速な根着け作業が可能となる。
【0032】(b)本発明に係る育苗用棚装置によれば、雨が多くて水の供給が過剰になると思われる場合は、育苗用ポット上昇手段を備えたものは育苗用ポットを上げるかあるいは棚板を下げるなどして、育苗用ポットを装着状態から相対的に上昇させる。これにより、育苗用ポットの上部開口部が育苗用ポット装着孔の孔口から上方へ離れるので棚板上の雨水などは導液凹部から溢れるだけで育苗用ポット内に導入されなくなる。また、排水手段を備えたものでは導液凹部から導入される雨水などの一部または全部が排出できるので、育苗用ポットに導入される雨水などの量が調整できる。従って、水の過剰な供給が防止され、これによる根腐れなども防止できる。
【0033】(c)本発明に係る育苗方法によれば、生育した苗を畝土に植え替えるときに、育苗用ポットを畝土に差し込むだけで苗の根部が丁度収まる形状の苗穴が簡単に形成できる。これにより、従来のように苗穴を手で掘る場合と比較して、植え替え作業が容易かつ迅速にできる。また、下部が畝土に差込み可能なように先細りに形成してある育苗用ポットを使用すれば、作業性がより向上する。
【出願人】 【識別番号】395011045
【氏名又は名称】有働 博臣
【出願日】 平成7年(1995)5月24日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】梶原 克彦
【公開番号】 特開平8−317732
【公開日】 平成8年(1996)12月3日
【出願番号】 特願平7−151064