トップ :: B 処理操作 運輸 :: B07 固体相互の分離;仕分け




【発明の名称】 住所行検出方式
【発明者】 【氏名】場生松 武志

【氏名】濱田 徳郎

【目的】 郵便物に記載された住所を読み取る文字認識装置における住所行の検出の際の雑情報を住所行と誤検出することを排除する。
【構成】 赤枠検出部1で赤枠の有無が検出される。一般的に、赤枠が無い場合、あて先が手書の縦書の書式で記載されている確率は極めて低い。そこで赤枠検出処理結果に基づき、赤枠無しの判定であった場合、手書縦書住所行検出部2の検出処理1を省略し、それ以外の書式の住所行検出処理のみを非手書縦書住所行検出部3で実施し、読取り対象とする郵便物上に住所以外の雑情報が多く記載されている場合でも、住所行を正しく検出する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 郵便物上に記載された住所を光学的に読み取る文字認識装置においてあて先住所が記載された住所行を検出する住所行検出方式であって、郵便物上に記載された郵便番号記入用の赤枠の有無を検出する赤枠検出手段と、前記赤枠検出手段による前記赤枠の検出結果にもとづいて前記住所行の検出を行なう住所行検出手段とを備えることを特徴とする住所行検出方式。
【発明の詳細な説明】【0001】
【産業上の利用分野】本発明は住所行検出方式に関し、特に郵便物に記載されたあて先の住所を光学的に読み取るための文字認識装置において、住所行の検出を行なう住所行検出方式に関する。
【0002】
【従来の技術】従来のこの種の住所行検出方式では、あて名行方向の射影パターンを求め、ある閾値以上の射影パターンを取り出すことであて名行を検出していた(例えば、須田正人他,「郵便物あて名自動読取区分機の行・文字検出切出」,1990年電子情報通信学会秋季全国大会講演論文集 D−353)。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来の住所行検出方式では、読取対象とする郵便物上に住所以外の雑情報が多く記載されている場合に、雑情報を誤って住所行として検出してしまうなどして、住所行が正しく検出できない欠点がある。
【0004】本発明の目的は上述した欠点を除去し、雑情報を誤って住所行として検出することなく、住所行を正しく検出できる住所行検出方式を提供することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明の住所行検出方式は、郵便物上に記載された住所を光学的に読み取る文字認識装置においてあて先住所が記載された住所行を検出する住所行検出方式であって、郵便物上に記載された郵便番号記入用の赤枠の有無を検出する赤枠検出手段と、前記赤枠検出手段による前記赤枠の検出結果にもとづいて前記住所行の検出を行なう住所行検出手段とを備えた構成を有する。
【0006】
【実施例】次に、本発明について図面を参照して説明する。図1は、本発明の一実施例のブロック図である。図1に示す実施例は、郵便物の走査入力から郵便番号の記載領域としての赤枠を検出する赤枠検出手段としての赤枠検出部1と、赤枠検出部1の検出結果を参照して郵便物の住所行を検出する住所行検出手段としての手書縦書住所行検出部2および非手書縦書住所行検出部3とを備えて成る。
【0007】次に、本実施例の動作について説明する。
【0008】赤枠検出部1、文字認識装置(図示せず)による走査入力を受け、郵便物のあて先住所を記載する赤枠の有無を公知の技術によって検出する。
【0009】一般的に、郵便物の赤枠が記載されない場合は、あて先が手書きの縦書の書式で記載されることは稀である。そこで赤枠検出部1の検出処理結果に基づき、赤枠無しの判定であった場合には手書縦書住所行検出処理部2による住所行検出処理を省略し、それ以外の書式の住所行検知処理のみを非手書縦書住所行検出部3で実施する。
【0010】図2は、図1の実施例の動作のフローチャートである。
【0011】ステップ101で赤枠の有無を検出し、ステップ102で赤枠ありと判定したときはステップ103の手書縦書の住所行検出処理を実行したあと、ステップ104のそれ以外の書式の住所行検出処理を実行する。
【0012】ステップ102で赤枠なし、との判定を得たときはステップ103を行なわず、直接ステップ104を実行する。こうして、赤枠が検出されなければ手書の縦書の住所行の検出を省略し、雑情報を手書の縦書の住所行として検出することを抑止する。
【0013】
【発明の効果】以上説明したように本発明は、読取対象とする郵便物上に住所以外の雑情報が多く記載されている場合でも、赤枠が検出されなければ手書の手書の住所行の検出を省略するため、雑情報を誤って手書の縦書の住所行として検出してしまうことを防止できる効果がある。
【出願人】 【識別番号】000004237
【氏名又は名称】日本電気株式会社
【出願日】 平成4年(1992)5月7日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】京本 直樹 (外2名)
【公開番号】 特開平5−309342
【公開日】 平成5年(1993)11月22日
【出願番号】 特願平4−114339