トップ :: A 生活必需品 :: A63 スポ−ツ;ゲ−ム;娯楽




【発明の名称】 ゴルフスイングのための映像装置
【発明者】 【氏名】河▲さき▼ 省三

【氏名】井戸 敬司

【目的】 ビデオを利用してゴルフスイングを簡単にチェックする。
【構成】 第1カメラ14は練習者の全身を撮影し、第2カメラ15はゴルフボール近傍のクラブヘッドの動きを撮影する。第1又は第2カメラ14,15で撮影した映像情報は、一旦撮像データ記録メモリ34に記録され、その後、モニタ装置16に転送されて、スローモーション又は分解されて再生される。この映像情報の記録は現在から過去に遡って所定時間分のデータが更新記録されるようになっており、スタート指示により前記記録が開始される。そして、ゴルフボールが打たれたことがボールセンサ37及びトリガ発生回路45により検出され、同検出に応答して所定時間だけ前記映像情報の記録を続行させて、同時間後に前記記録は自動的に停止する。これにより、記録されている映像情報を再生すると、ゴルフボールを打った瞬間を挟んで前後のスイングが自動的に再生される。
【特許請求の範囲】
【請求項1】 高速度カメラと、前記高速度カメラにより撮影した映像を表す映像情報を記録する記録媒体と、前記記録媒体に記録されている映像情報を入力して同映像情報により表された映像を画面上に再生するモニタ装置とを備え、ゴルフスイングを撮影すると共に同撮影結果を映像するゴルフスイングのための映像装置において、ゴルフクラブがスイング中のほぼ最下点を通過したことを検出して同検出時にトリガ信号を出力するスイング検出手段と、前記高速度カメラにより撮影した映像情報を前記記録媒体に時間経過に従って記録し続けると共に前記トリガ信号に応答して同トリガ信号の入力から所定時間後に前記記録を停止させる記録制御手段と、前記ゴルフクラブの最下点通過タイミングの前後に渡り前記記録媒体に記録されている映像情報を低速で前記モニタ装置に転送する再生制御手段とを設けたことを特徴とするゴルフスイングのための映像装置。
【請求項2】 高速度カメラと、前記高速度カメラにより撮影した映像を表す映像情報を記録する記録媒体と、前記記録媒体に記録されている映像情報を入力して同映像情報により表された映像を画面上に再生するモニタ装置とを備え、ゴルフスイングを撮影すると共に同撮影結果を映像するゴルフスイングのための映像装置において、ゴルフクラブがスイング中のほぼ最下点を通過したことを検出して同通過時にトリガ信号を出力するスイング検出手段と、前記高速度カメラにより撮影した映像情報を前記記録媒体に時間経過に従って記録し続けると共に前記トリガ信号に応答して同トリガ信号の入力から所定時間後に前記記録を停止させる記録制御手段と、前記ゴルフクラブの最下点通過タイミングの前後に渡り前記記録媒体に記録されている映像情報のうちで所定時間毎の映像情報を前記モニタ装置に転送する再生制御手段とを設けたことを特徴とするゴルフスイングのための映像装置。
【発明の詳細な説明】【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、ゴルフスイングを撮影すると共に再生して、同スイングをチェックできるようにしたゴルフスイングのための映像装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来から、練習者のゴルフスイングを他人に撮影してもらい、その後に同撮影結果をスローモーション又は分解して再生し、スイングをチェックするようなことはよく行われていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上記のような方法では、練習者の合図の基に、練習者とは別の撮影者が撮影を開始しなければならないと共に、この撮影終了後、映像情報を記録した記録媒体を巻戻して再生する必要があり、この方法では、撮影者が必要であると共に、前記撮影及び巻戻しはすべて人間の操作によるものであるので、非常に手間が掛かるものであった。本発明は上記問題に対処するためになされたもので、その目的は、前記撮影及び巻戻しの自動化を図ることにより、練習者が単独で簡単にゴルフスイングのチェックをできるようにしたゴルフスイングのための映像装置を提供することにある。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、上記請求項1に記載の発明の構成上の特徴は、高速度カメラと、前記高速度カメラにより撮影した映像を表す映像情報を記録する記録媒体と、前記記録媒体に記録されている映像情報を入力して同映像情報により表された映像を画面上に再生するモニタ装置とを備え、ゴルフスイングを撮影すると共に同撮影結果を映像するゴルフスイングのための映像装置において、ゴルフクラブがスイング中のほぼ最下点を通過したことを検出して同検出時にトリガ信号を出力するスイング検出手段と、前記高速度カメラにより撮影した映像情報を前記記録媒体に時間経過に従って記録し続けると共に前記トリガ信号に応答して同トリガ信号の入力から所定時間後に前記記録を停止させる記録制御手段と、前記ゴルフクラブの最下点通過タイミングの前後に渡り前記記録媒体に記録されている映像情報を低速で前記モニタ装置に転送する再生制御手段とを設けたことにある。
【0005】また、上記請求項2に記載の発明の構成上の特徴は、前記請求項1に係る発明の再生制御手段を、前記ゴルフクラブの最下点通過タイミングの前後に渡り前記記録媒体に記録されている映像情報のうちで所定時間毎の映像情報を前記モニタ装置に転送する再生制御手段で置換したことにある。
【0006】
【作用】上記のように構成した前記請求項1に係る発明においては、練習者がゴルフクラブをスイングすると、スイング検出手段によってゴルフクラブがスイング中のほぼ最下点を通過したことが検出され、同通過時にスイング検出手段からトリガ信号が出力される。一方、記録制御手段は、高速度カメラにより撮影した映像情報を記録媒体に時間経過に従って記録し続けると共に、前記トリガ信号に応答して同トリガ信号の入力から所定時間後に前記記録を停止させるので、記録媒体には、ゴルフクラブの最下点通過タイミングを挟んだ前後のスイングが時間経過に従って記録される。また、再生制御手段が、ゴルフクラブの最下点通過タイミングの前後に渡り、記録媒体に記録されている映像情報を低速でモニタ装置に転送するので、モニタ装置には、ゴルフクラブが最下点を通過した前後に渡るゴルフスイングがスローモーションで表示される。
【0007】また、上記のように構成した請求項2に係る発明においても、前記請求項1に係る発明と同様に撮影及び映像情報の記録が行われ、同記録後には、再生制御手段が、ゴルフクラブの最下点通過タイミングの前後に渡り、記録媒体に記録されている映像情報のうちで所定時間毎の映像情報をモニタ装置に転送するので、モニタ装置には、ゴルフクラブが最下点を通過した前後に渡るゴルフスイングが分解されて表示される。
【0008】
【発明の効果】上記作用説明のように、前記請求項1又は2に係る発明によれば、ゴルフスイングの撮影、巻戻しなどが自動化されて、同スイングがスローモーション又は分解されて表示されるので、練習者が単独で簡単に自分のゴルフスイングをチェックできるようになる。
【0009】
【実施例】以下、本発明の一実施例を図面を用いて説明すると、図1は本発明のゴルフスイングのための映像装置をゴルフ練習場に設けた例を示している。
【0010】このゴルフ練習場は一列に並べられた多数の打席10−1,10−2・・・(ただし打席10−2以降を図示)を有し、各打席10−1,10−2・・・には、地下に埋設された自動ティーアップ装置11−1,11−2・・・(図2に自動ティーアップ装置11として代表的に示す)と、同ティーアップ装置11−1,11−2・・・から上方に突出したティー12−1,12−2・・・(図1にティー12−2のみを示すと共に、図2にティー12として代表的に示す)とがそれぞれ設けられている。自動ティーアップ装置11−1,11−2・・・はゴルフボール13−1,13−2・・・(図1にゴルフボール13−2のみを示すと共に、図2にゴルフボール13として代表的に示す)をティー12−1,12−2・・・上に順次自動供給するもので、ティー12−1,12−2・・・上にゴルフボール13−1,13−2・・・がなくなると、ティー12−1,12−2・・・を地下に下降させると共に同下降状態にてティー12−1,12−2・・・上にゴルフボール13−1,13−2・・・を供給した後、同ティー12−1,12−2・・・をふたたび地上に上昇させるものである。
【0011】これらの各打席10−1,10−2・・・に対応して、練習場の天井には第1カメラ14−1,14−2・・・と、第2カメラ15−1,15−2・・・(第2カメラ15−2以降を図示)と、モニタ装置16−1,16−2・・・(モニタ装置16−3以降を図示)とが設けられていると共に、練習場の柱にはコントロールボックス17−1,17−2・・・(コントロールボックス17−3以降を図示)がそれぞれ設けられている。
【0012】第1カメラ14−1,14−2・・・は高速度カメラで構成されていて、スイングしている練習者の全身をゴルフクラブを含めて撮影するもので、各カメラ14−1,14−2・・・は対応した打席10−1,10−2・・・からずらして配置されている。第2カメラ15−1,15−2・・・も高速度カメラで構成されていて、ゴルフボール13−1,13−2・・・を打つ際のクラブフェースの角度などを観察するもので、ゴルフボール13−1,13−2・・・及びティー12−1,12−2・・・近傍を撮影するものである。モニタ装置16−1,16−2・・・はテレビ受像機(本実施例では画素数縦256×横256)で構成され、各練習者が打席10−1,10−2・・・から見易い位置にそれぞれ配置されている。コントロールボックス17−1,17−2・・・はプリント装置18−1,18−2・・・(プリント装置18−3以降を図示)を備えると共に、練習者が操作するための操作パネル20−1,20−2・・・(操作パネル20−3以降を図示)と、前記各種装置を制御する制御装置30−1,30−2・・・(制御装置30−3以降を図示)とを備えている。
【0013】次に、操作パネル20−1,20−2・・・について、図3を用いて詳細に説明する。なお、図3においては、各操作パネル20−1,20−2・・・を代表して操作パネル20として示す。操作パネル20には、練習者に指示内容などを表示する液晶ディスプレイ21、撮影の開始を指示するスタートスイッチ22、再生の開始を指示する再生スイッチ23、プリントアウトを指示するプリントスイッチ24、模範ビデオスイッチ25、テンキースイッチ群26等が設けられると共に、プリペイドカードの挿入口27が設けられている。なお、プリペイドカードとはゴルフ練習場が発行する裏面に磁気を塗布したカードで、使用前には予め決められた金額が磁気記録されていて、このカードを購入した練習者が練習する毎に前記金額からその料金が差引されて差引金額が自動的に磁気記録されていくものである。
【0014】制御装置30−1,30−2・・・について、図4を用いて説明する。なお、この図4においても、自動ティーアップ装置11−1,11−2・・・、第1カメラ14−1,14−2・・・、第2カメラ15−1,15−2・・・、モニタ装置16−1,16−2・・・、プリント装置18−1,18−2・・・、操作パネル20−1,20−2・・・、及び制御装置30−1,30−2・・・は、一つのみ代表させて自動ティーアップ装置11、第1カメラ14、第2カメラ15、モニタ装置16、プリント装置18、操作パネル20及び制御装置30として示してある。この制御装置30は、第1及び第2撮像回路31,32、撮像信号出力回路33、撮像データ記録メモリ34、変換回路35、バッファメモリ36、ボールセンサ37、カードリーダ38、並びに模範ビデオ装置39を備えると共に、これらの各回路31〜39などを制御するマイクロコンピュータ40を備えている。
【0015】第1及び第2撮像回路31,32は、それぞれマトリクス状に配設されて像映面を構成する多数の半導体撮像素子(本実施例では縦256×横256)からなり、各像映面には第1及び第2カメラ14,15内のレンズ14a,15aにより像が結ばれるようになっていると共に、各撮像素子は撮像信号出力回路33により制御されて各撮像素子に入力された明るさを表す撮映画像アナログ信号をそれぞれ出力する。この場合、第1撮像回路31においては、第1カメラ14により撮影された練習者の全身像が全ての半導体撮像素子(本実施例では縦256×横256)に結ばれて、例えば1秒当り186駒が撮像される。また、第2撮像回路32においては、第2カメラ15により撮影されたゴルフボール13及びティー12近傍の像が一部の半導体撮像素子(本実施例では縦64×横64)に結ばれて、例えば1秒当り2066駒が撮像される。撮像信号出力回路33はマイクロコンピュータ40により制御されて、第1又は第2撮像回路31,32からの各撮影画像アナログ信号を選択的に時分割出力するものである。この撮像信号出力回路33の出力端にはA/D変換器41が接続されており、同変換器41は時分割入力した撮影画像アナログ信号をディジタル形式の撮影画像データに変換して出力する。
【0016】撮像データ記録メモリ34は大容量の書き込み可能なメモリで構成され、前記撮影画像データを記録画像データとして記憶するものである。この撮像データ記録メモリ34にはメモリ制御回路42が接続されており、同回路42はマイクロコンピュータ40により制御されて、撮像データ記録メモリ34のアドレスを指定して同メモリ34への撮影画像データの書き込み、及び同メモリ34からの記録画像データの読み出しを制御する。変換回路35は、マイクロコンピュータ40からの変換比率に応じて、第1又は第2撮像回路31,32にて入力されると共に撮像データ記録メモリ34に記憶されている一画面当りの画素数を、モニタ装置16にて表示される一画面当りの画素数に変換するものである。バッファメモリ36は変換回路35にて変換された記録画像データを記憶するものである。また、このバッファメモリ36にはメモリ制御回路43が接続されており、同回路43はマイクロコンピュータ40により制御されて、バッファメモリ36のアドレスを指定して同メモリ36への記録画像データの書き込み、及び同メモリ36から記録画像データを読み出してD/A変換器44へ転送する。D/A変換器44は前記転送された記録画像データをアナログ信号に変換してモニタ装置16へ出力する。
【0017】ボールセンサ37は、図2に示すように、自動ティーアップ装置11に固定されると共に超音波センサ、赤外線センサなどで構成されており、ティー11上のゴルフボール13の有無を検出して同有無を表す検出信号を出力する。このボールセンサ37にはトリガ発生回路45が接続されていて、同回路45はティー12上にゴルフボールがある状態から無くなった状態への変化時にトリガ信号をマイクロコンピュータ40へ出力する。カードリーダ38はマイクロコンピュータ40により制御されて、操作パネル20の挿入口27(図3参照)に挿入されたプリペイドカードに記録されている記録内容を読み取ると共に、同カードの記録内容を書き換えるものである。模範ビデオ装置39はマイクロコンピュータ40により制御され、模範的なゴルフスイングなどを表す映像情報をモニタ装置16へ出力する。
【0018】マイクロコンピュータ40はCPU、ROM、RAM、タイマ、I/Oなどから構成されており、図5〜7のフローチャートに対応した「撮影プログラム」を実行して各種回路を制御する。また、このマイクロコンピュータ40には、自動ティーアップ装置11、モニタ装置16及びプリント装置18が接続されており、各装置11,16,18は同コンピュータ40により制御されるようになっている。
【0019】次に、上記のように構成した実施例の動作を説明する。まず、練習者が予め購入したプリペイドカードを操作パネル20の挿入口27へ挿入すると、練習者がティー12上のゴルフボール13を打つ毎に、自動ティーアップ装置11はボールセンサ37によるゴルフボール13の欠如の検出に応答してティー12を自動的に下降させた後、新たなゴルフボール13をティー12上に自動的に供給して、ティー12を自動的に上昇させる。これにより、練習者は、ゴルフボール13をティー12上に載せる必要なく、次々にゴルフボール13を打つことができる。なお、この場合、練習者がゴルフボール13を打つ毎に、プリペイドカードの残金が書き換えられる。
【0020】このような状態で、練習者が模範ビデオスイッチ25を操作すると、模範ビデオ装置39はマイクロコンピュータ40により制御されて模範ビデオ情報をモニタ装置16に供給し、モニタ装置16はこの模範ビデオ情報を画面上に再生する。この場合、模範ビデオ情報は、例えばプロゴルファーのスイングフォームを撮影したもので、練習者はモニタ装置16を見ることにより模範的なスイングフォームを見て、同フォームを模倣することができる。また、模範ビデオ装置39内に種々のビデオ情報を用意しておき、練習者が操作パネル20上のテンキースイッチ群26などを用いて、種々のビデオ情報を選択再生することができるようにしてもよい。
【0021】一方、スタートスイッチ22が操作されると、マイクロコンピュータ40は図5のステップ100にて「撮影プログラム」の実行を開始し、ステップ101にて模範ビデオ停止信号を模範ビデオ装置39へ出力すると共に、モニタ装置16に第1又は第2カメラ14,15による撮影映像の表示制御信号を出力する。これにより、模範ビデオ装置39は模範ビデオ情報の出力を停止し、またモニタ装置16は模範ビデオ情報の再生を停止して第1又は第2カメラ14,15による撮影映像を表示するための準備をする。次に、ステップ102にて、スイングの撮影のための料金を徴収するために、カードリーダ38に料金カウント信号を出力する。カードリーダ38は前記料金をプリペイドカードの残金から差し引いて、同差し引いた金額を新たな残金としてプリペイドカードへ書き込む。
【0022】前記ステップ102の処理後、ステップ103にて「練習者のゴルフスイングを第1カメラ14で撮影するか第2カメラ15で撮影するかを選択して下さい」との表示を液晶ディスプレイ21で行うと共に、ステップ104にてテンキースイッチ群26によるカメラ番号の入力があったか否かを判定し、同入力がなければ、ステップ104の処理を繰り返し実行し続ける。この状態で、練習者がテンキースイッチ群26を操作すれば、ステップ104における「YES」との判定の基に、ステップ105にて同入力されたカメラ番号をカメラフラグCFLGとして設定する。この場合、テンキースイッチ群26により「1」が入力されればカメラフラグCFLGは第1カメラ14を表す「1」に設定されると共に、テンキースイッチ群26により「2」が入力されればカメラフラグCFLGは第2カメラ15を表す「2」に設定される。
【0023】このステップ105の処理後、ステップ106にて、前記設定されたカメラフラグCFLGに基づいて、第1又は第2カメラ14,15のいずれかを選択するための選択信号を撮像信号出力回路33へ出力すると共に、画素数の変換を制御するための制御信号を変換回路35へ出力する。これにより、カメラフラグCFLGが「1」であれば、以降、撮像信号出力回路33は、第1撮像回路31を構成する縦256×横 256の各半導体撮像素子からの撮影画像アナログ信号を毎秒186駒分ずつA/D変換器41へ選択出力すると共に、変換回路36は、縦 256×横 256の画素数であって撮影画像データ又は記録画像データを変換しないでそのまま出力するようになる。また、カメラフラグCFLGが「2」であれば、以降、撮像信号出力回路33は、第2撮像回路32を構成する縦 64×横 64の各半導体撮像素子からの撮影画像アナログ信号を毎秒2066駒分ずつA/D変換器41へ選択出力すると共に、変換回路36は、縦 64×横 64の画素数であって撮影画像データ又は記録画像データを縦 128×横 128の画素数のデータに変換して出力するようになる。
【0024】次に、ステップ107にてトリガ発生回路45からのトリガ信号が入力されたか否かを判定し、同信号が入力されるまで、ステップ107における「NO」との判定の基に、ステップ108の処理を実行し続ける。このステップ108の処理においては、メモリ制御42,43へカメラフラグCFLGに応じた制御信号を出力して、撮影画像データの撮像データ記録メモリ34への記録、記録画像データのバッファメモリ36への一時記録、および同データのモニタ装置16への転送を制御する。
【0025】この場合、カメラフラグCFLGが「1」であれば、メモリ制御回路42は、過去2T1 秒分(本実施例では8.5秒分)の撮影画像データが撮像データ記録メモリ34内に時間経過にしたがって古いものから更新されながら継続記憶されるように同メモリ34を制御する。したがって、同メモリ34には、第1カメラ14にて撮影されると共に、第1撮像回路31、撮像信号出力回路33及びA/D変換器41を介した練習者の全身に係る撮影画像データが、図8の2点鎖線で示すように、常に2T1 秒分記録画像データとして記録され続ける。一方、カメラフラグCFLGが「2」であれば、メモリ制御回路42は、過去2T2 秒分(本実施例では1.4秒分)の撮影画像データが撮像データ記録メモリ34内に時間経過にしたがって古いものから更新されながら継続記憶されるように同メモリ34を制御する。したがって、同メモリ34には、第2カメラ14にて撮影されると共に、第2撮像回路32、撮像信号出力回路33及びA/D変換器41を介したゴルフボール13及びティー12近傍に係る撮影画像データが、図8の2点鎖線で示すように、常に2T2 秒分記録画像データとして記録され続ける。
【0026】また、前記ステップ108の処理により、記録画像データのバッファメモリ36への一時記録、および同データのモニタ装置16への転送も制御されるので、前記撮像データ記録メモリ34に記録された撮影画像データと同じデータが、変換回路35、バッファメモリ36及びD/A変換器44を介してモニタ装置16へ転送される。この場合、前述のように、カメラフラグCFLGが「1」であれば、変換回路35は、毎秒186駒ずつ供給される撮影画像データを変換しないでそのまま出力するので、モニタ装置16は第1カメラ14で撮影したとおりの練習者の全身画像を画素数縦 256×横 256で表示する。また、カメラフラグCFLGが「2」であれば、変換回路35は、毎秒2066駒ずつ供給される縦 64×横 64分の撮影画像データを縦 128×横 128の画素数のデータに変換して出力するので、モニタ装置16は第2カメラ15で撮影すると共に前記変換したゴルフボール13及びティー12近傍画像を画素数縦 128×横 128で表示する。
【0027】前記のようなステップ107〜108からなる循環処理中、練習者がゴルフクラブを振ると共に最下点を通過してゴルフボール13を打つと、前記ステップ107にて「YES」と判定して、ステップ109にてタイマを「0」からカウントさせ始める。すなわち、ゴルフボールを打った時点で、ボールセンサ37からの検出信号はティー12上にゴルフボール13が存在する状態から無くなった状態を表す信号に変化するので、トリガ発生回路45はこの時点でトリガ信号を出力し、マイクロコンピュータ40がこのトリガ信号に応答するからである。
【0028】前記ステップ109の処理後、プログラムは図6のステップ110に進められ、同ステップ110にてカメラフラグCFLGが「1」であるか「2」であるかを判定する。今、練習者が第1カメラ14(全身撮影)を選択していて、カメラフラグCFLGが「1」であれば、ステップ110における「YES」との判定の基に、ステップ111にて、タイマのカウント値により、前記トリガ信号の発生からT1 秒(本実施例では4.25秒)が経過したか否かを判定する。この場合、前記トリガ信号の発生からT1 秒が経過していなければ、前記ステップ111における「NO」との判定の基に、前記ステップ108と同様のステップ113の処理を含むステップ110,111,113からなる循環処理を続行する。これにより、前述と同様に、撮影画像データの撮像データ記録メモリ34への記録、記録画像データのバッファメモリ36への一時記録、および同データのモニタ装置16への転送が行われ続ける。このステップ110,111,113からなる循環処理中、T1 秒が経過すると、ステップ111にて「YES」と判定し、プログラムをステップ114へ進める。
【0029】一方、練習者が第2カメラ15(ティー12近傍)を選択していて、カメラフラグCFLGが「2」であれば、ステップ110における「NO」との判定の基に、ステップ112にて、タイマのカウント値により、前記トリガ信号の発生からT2 秒(本実施例では0.7秒)が経過したか否かを判定する。この場合、前記トリガ信号の発生からT2 秒が経過していなければ、前記ステップ112における「NO」との判定の基に、ステップ110,112,113からなる循環処理を続行する。これにより、前述と同様に、撮影画像データの撮像データ記録メモリ34への記録、記録画像データのバッファメモリ36への一時記録、および同データのモニタ装置16への転送が行われ続ける。このステップ110,112,113からなる循環処理中、T2 秒が経過すると、ステップ112にて「YES」と判定し、プログラムをステップ114へ進める。
【0030】ステップ114においては、マイクロコンピュータ40が、メモリ制御回路42へ制御信号を出力して、撮影画像データの撮像データ記録メモリ34への書き込みを停止させる。これにより、カメラフラグCFLGが「1」であれば、図8の破線で示すように、撮像データ記録メモリ34には、ゴルフボール13を打った瞬間のT1 秒前からT1 秒後までの合計2T1 秒間(本実施例では8.5秒間)に渡るゴルフクラブを含む練習者の全身を撮影した撮影画像データが保存される。また、カメラフラグCFLGが「2」であれば、図8の実線で示すように、撮像データ記録メモリ34には、ゴルフボール13を打った瞬間のT2 秒前からT2 秒後までの合計T2 秒間(本実施例では1.4秒間)に渡るゴルフボール13及びティー12近傍を撮影した撮影画像データが保存される。
【0031】次に、ステップ115にてモニタ装置16に制御信号を出力して同装置16における映像を停止させ、ステップ116にて操作パネル20の液晶ディスプレイ21上に、「練習者が再生スイッチ23を押圧する」旨指示表示させる。このステップ116の処理後、ステップ117にて再生スイッチ23が押圧されたか否かを判定し、同スイッチ23が押圧されなければ、前記ステップ117における「NO」との判定の基に、ステップ115〜117からなる循環処理を繰り返し実行し続ける。この循環処理中、再生スイッチ23が押圧操作されると、ステップ117にて「YES」と判定され、プログラムをステップ118へ進める。
【0032】ステップ118においては、メモリ制御回路42,43及びモニタ装置16に制御信号を出力して、撮像データ記録メモリ34に記録されている記録画像データのモニタ装置16への低速転送を制御する。この場合、メモリ制御回路42は撮像データ記録メモリ34に対してゴルフボール13を打った瞬間からT1 秒前の画像に対応したアドレスから指定し始めて、撮像データ記録メモリ34に記録されている記録画像データが前記アドレスに対応したものから順次低速で読み出され、変換回路35、バッファメモリ36及びD/A変換器44を介してモニタ装置16へ転送され、モニタ装置16は前記低速で転送された記録画像データをスローモーションで再生表示する。したがって、カメラフラグCFLGが「1」であれば、モニタ装置16に、ゴルフクラブを含む練習者の全身像が、ゴルフボール13を打った瞬間のT1 秒前からT1 秒後までの合計2T1 秒間に渡ってそのままスローモーションで再生される。また、この記録画像データの転送時にも、変換回路35は前述した画素数の変換動作を行うので、カメラフラグCFLGが「2」であれば、モニタ装置16に、ティー12近傍のゴルフクラブの動きが、ゴルフボール13を打った瞬間のT2 秒前からT2 秒後までの合計2T2 秒間に渡って画素数縦 128×横 128のスローモーションで再生表示される。
【0033】このようなスロー再生が一通り終了すると、ステップ119にて前記スロー再生がn回(本実施例の場合、例えば3回)行われたか否かを判定し、前記再生がn回終了していなければ、前記ステップ119における「NO」との判定の基に、ステップ118,119の循環処理を繰り返し実行する。これにより、前記スロー再生は自動的にn回まで行われる。なお、前記n回を、練習者が種々選択できるようにしてもよい。このようにして、n回の再生が終了すると、ステップ119にて「YES」と判定し、プログラムは図7のステップ120の処理へ進められる。
【0034】ステップ120においては、変換回路35、メモリ制御回路42,43及びモニタ装置16に制御信号を出力して、撮像データ記録メモリ34に記録されている記録画像データのモニタ装置16への分解表示(本実施例では16分解表示)を制御する。この場合、撮像データ記録メモリ34に記録されている記録画像データのうちで時間的に略等間隔の16駒分の記録画像データがゴルフスイングの時間経過に従って読み出されると共に、1駒分ずつの記録画像データが変換回路35にて16分割表示用の所定の画素数に変換され、バッファメモリ36及びD/A変換器44を介してモニタ装置16へ転送される。そして、モニタ装置16が前記転送された16駒の記録画像データを、「16」に分割された同モニタ装置16上の画面に同時に再生表示する。したがって、カメラフラグCFLGが「1」であれば、ゴルフボール13を打った瞬間のT1 秒前からT1 秒後までの合計2T1 秒間に渡る練習者の動きが「16」に分割されてモニタ装置16に同時に表示される。カメラフラグCFLGが「2」であれば、ゴルフボール13を打った瞬間のT2 秒前からT2 秒後までの合計2T2 秒間に渡るティー12近傍のゴルフクラブのヘッドの動きが「16」に分割されてモニタ装置16に同時に表示される。なお、これらの16駒の同時表示においては、時間経過にしたがって順次1駒目から16駒目まで順次表示した後、16駒の同時表示状態を保つようにしても、初めから同時に16駒の同時表示を行うようにしてもよい。
【0035】次に、ステップ121にて、操作パネル20の液晶ディスプレイ21上に、「プリントが必要であればプリントスイッチ23を押圧する」旨の指示表示をさせる。このステップ121の処理後、ステップ122にてプリントスイッチ24が押圧されたか否かを判定し、同スイッチ24が押圧されなければ、前記ステップ122における「NO」との判定の基に、プログラムをステップ123へ進める。ステップ123においては、前記したタイマを用いて前記液晶ディスプレイ21の表示からT3 秒(本実施例では15秒)が経過したか否かの判定処理を行う。この場合、前記時間T3 秒が経過しなければ、ステップ123にて「NO」と判定し、プリントスイッチ24が押圧されない限り、ステップ120〜123からなる循環処理を繰り返し実行し続ける。
【0036】この循環処理中、プリントスイッチ24が押圧されると、ステップ122にて「YES」と判定し、ステップ124にてプリントアウトのための料金を徴収するために、カードリーダ38に料金カウント信号を出力する。カードリーダ38は前記料金をプリペイドカードの残金から差し引いて、同差し引いた金額を新たな残金としてプリペイドカードへ書き込む。次に、ステップ125にて、モニタ装置16における16分割の分割画面上の画像をプリントするように制御信号をプリント装置18へ出力する。プリント装置18は、前記制御信号に応答し、バッファメモリ36からモニタ装置16へ転送されると共に、同装置16にて表示に利用されている記録画像データを入力して、モニタ装置16の画面上に表示されている16駒の画像を1紙面上にプリントアウトして出力する。
【0037】これらのステップ124,125のプリントアウト処理後、ステップ126にて模範ビデオ再生信号を模範ビデオ装置39へ出力して、ステップ127にてこの「撮影プログラム」の実行を終了する。これにより、この「撮影プログラム」の実行前に、模範ビデオが再生されていた場合には、模範ビデオ装置39が模範ビデオ情報のモニタ装置16へ出力して、同装置16が前記模範ビデオ情報の再生を再開する。また、この「撮影プログラム」の実行前に、模範ビデオが再生されていなかった場合には、同ビデオは再生されない。
【0038】一方、前記ステップ120〜123からなる循環処理中、練習者がプリントアウトを必要としないでプリントスイッチ24を押圧しない場合には、タイマが所定時間T3 をカウントするので、ステップ123にて「YES」と判定して、ステップ124,125の処理が実行しないで、プログラムを前記ステップ126,127へ進めて、この「撮影プログラム」の実行を終了する。これにより、この場合には、モニタ装置16の画面上に表示されている16駒の画像はプリントアウトされない。
【0039】以上のような本実施例の動作説明からも理解できるとおり、本実施例によれば、練習者がゴルフボール13を打つと、打った瞬間を挟んで前後のスイングが自動的にスローモーション又は分解されてモニタ装置16に自動的に表示されるので、練習者が単独で簡単に自分のゴルフスイングのチェックできる。また、この場合、練習者が第1カメラ14の撮影を選択すれば、練習者の全身がゴルフクラブをも含めて表示され、練習者が第2カメラ15の撮影を選択すれば、クラブヘッドの部分が拡大されて表示されるので、前記チェックをより綿密に行うことができる。さらに、分解された映像はプリントアウトすることも可能であるので、練習者はゆっくりと自分のスイングの欠点などを把握することもできる。
【0040】なお、上記実施例においては、ゴルフクラブのスイングにおける最下点通過をゴルフボール13の有無により検出するようにしたが、図9に示すように、ティー12に圧電センサなどにより構成したティー12の振動を検出する振動センサ51を固着しておき、ゴルフボール13がヒットされる瞬間のティー12の振動により、前記最下点の通過を検出するようにしてもよい。
【0041】また、図10に示すように、テイー12上のゴルフボール13の多少手前の地点を挟んで発信器52及び受信器53を対向させておき、クラブヘッド54が発信器52からの超音波、赤外線などを遮るタイミングを検出することにより、前記最下点の通過を検出するようにしてもよい。これによれば、ゴルフボール13を打たない素振り時にも、ゴルフクラブのスイングをモニタ装置16を用いてチェックすることができる。
【出願人】 【識別番号】591101733
【氏名又は名称】株式会社カワサキネツト
【出願日】 平成3年(1991)7月12日
【代理人】 【弁理士】
【氏名又は名称】長谷 照一
【公開番号】 特開平5−15628
【公開日】 平成5年(1993)1月26日
【出願番号】 特願平3−198456